思考を鍛える

オーラを見るには? オーラの色を見るコツとトレーニング方法

オーラの見方トレーニング

HUNTER×HUNTERを読んでオーラを出す練習をしていた元中二病の人は少なくないと思います。

オーラ、見えますか?

私は元から霊感が皆無でオーラも何にも見えませんでした。水見式をしても鼻息でちょっと葉っぱが揺れるだけでした。

それでも、ある方法で1年と3ヶ月かけてオーラを見る練習したら…ちょっと見えるようになりました!!!

「なんだ、ちょっとかよ…」と言わずに、師匠の黒澤全先生から習ったオーラの見方とトレーニング方法をシェアしますので、よろしければ見ていってください。

オーラが全く見えなかった私が1年と3ヶ月間練習した結果

オーラの色はオーロラのように見える
師匠はオーラがまるでオーロラのように、いろんな色が混ざって見えるそうです。

人や空間にもオーラがあって、何人か集まっているとそのコミュニティ全体のオーラっていうのもあるらしいのです。

私はさっぱり見えなかったのですが、練習方法を教えてもらって多少は分かるようになりました。

まず、オーラの強弱は感じられます。

ドラゴンボールとかハンター×ハンターとかでも、強い人はシュコー!シュコー!ってすごいオーラ出てるじゃないですか。放出している感じで。

現実の人物でも、この人なんかすごいエネルギー高いぞ!って言う人からはなんか押されるような感じがします。(師匠は「風が吹いてくる」っていう表現をしてました。)

もしくは、もっとめちゃくちゃ強い人(セルとか魔人ブウとかクラス)になると、ピタッと止まっているような感じでむしろ静かな感じになります。すーん!ってしてるけど、入っていけないような雰囲気ですね。

あと、逆にすごい弱ってる人というかどす黒い感じで、エネルギーを吸い込もうとしてる人も分かります。重くて、どよーんっていうやつですね。

そんな感じで極端なのは分かりますが、色とか細かいところはまだ練習中です。

ただ、副作用?として、色は分かりませんが「文字」でインスピレーションが下りて来やすいようになりました。

私はときどきポエムを書く習性があるのですが、誰か知ってる人を思い浮かべたときに言葉が文字情報としてボン!って下りてくることがあります。

たまたまかもしれませんが、「お月様」をテーマにポエムを書いた人が、ちょうどその時間帯に月を見上げていた、「ジグソーパズル」で書いた人の息子さんがタイムリーにジグソーパズルをやっているところだった、などのシンクロニシティが発生しています。

また、インスピレーションから来たポエムは、自分で頑張って技巧を凝らして書いたやつよりもよくウケます。

このように、オーラを見る練習をすると色が見えるだけでなく、直観が働きやすくなりインスピレーションが下りてきやすいという嬉しい効果もありました。

オーラを見るには? 目で見るんじゃないんです

オーラを見るコツ

では、オーラを見る方法を伝授しましょう。

当たり前ですが、オーラは目で見るものではありません。物理的に色の付いた光を放っているわけではないですからね。

では、何でキャッチするのかというと…

ずばり、「雰囲気」です!!

ズコーってならないでください。これ、本当ですから!

オーラとは何かというと、その人の外見とか社会的な地位などの外側の部分を取り払ったときに残る「人間力」みたいなものです。

スキルや才能とはイコールではありませんが、半分関係しています。

でも、何となくありますよね?

たとえば歌が上手でカラオケが趣味の学生さんと、矢沢永吉さんが並んで立っていたら、雰囲気が違います。

そして、同じぐらいの年齢で背格好の歌舞伎役者とサラリーマンとバーテンダーを同じ服装をさせて並べても、たぶん誰がどの職業だか分かりそうですよね。

なんとなく歌舞伎役者は歌舞伎役者っぽいし、サラリーマンはサラリーマンっぽく、バーテンダーはバーテンダーっぽい。

誰でも人の雰囲気を察知する力は持っているのですが、そのセンスを磨くとオーラが色や形や大きさで「見える」ようになるのです。

オーラの色を見る方法「見立ての法」とは

オーラの色を見る方法

では、どうしてオーラは「色」で言われるのでしょうか?

これは私の予想なのですが、人類は色に対してある程度共通のイメージを持っているためではないかと思います。

実際、見える人が複数いるときに同じ色として感じていることは多いです。

たとえば、色には何となくイメージってあるじゃないですか。赤と青だったら赤のほうが悪者っぽいとか。白は純粋っぽい、緑は癒されるとか。

一人の人にもいろんな特性があるので、ハッキリ何色というわけではなくオーロラのように動いているし混ざっています。

ただ、その人の平均的なオーラの色はあって、それがその人の平均的なイメージということになります。

あと、ある程度の使い手になると自分でオーラを消すことも出来ます。ハンター×ハンターでいう「絶」ですね。(知らない人は知らないままで大丈夫です。)

師匠の黒澤先生も普通にしていると、その手の見える人からは「なんかすごいオーラ出してるね」と言われるそうですが、オーラキャンセル(笑)して講座の参加者に紛れ込んでいると気づかれません。

じゃあ、その色ってどうやって見るの?という話なんですが、これもやっぱり雰囲気で感じ取るしかありません。

なんかこの人は水色っぽいな、とかフィーリングでオッケーです。というか、それ以外に見ようがありません!!

コツは、決めつけずに「何色かもな〜」と予想しながらいろんな人や物や空間などを見ることです。

これを、「見立ての法」と言います。あるものを関係ないものに例えるわけですね。風水などもこれの応用となります。

練習すればあなたも見える!オーラを見るトレーニング

それでは、オーラを見るトレーニングをしてみましょう。

《練習問題》

  1. 今の気分を色にたとえると何色ですか?
  2. あなたの人生を数字にたとえると?
  3. あなたの周りの人をアニメや映画のキャラクターで言うと誰に似てる?
  4. 役職や先輩後輩などの立場を抜きにして一番強いのは誰?
  5. その人から出ている雰囲気に形があるとしたらどんな形?
  6. その人の雰囲気を色でたとえると何色?

特に正解も間違いもありませんので、自由にイメージを繋げてみましょう。

ただし、「この人はいい人/悪い人に違いない!」と決めつけてしまうとありのままの姿を見られなくなってしまう ので、あくまで予想にしておきましょうね。

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

私は昔、『オーラの泉』というテレビ番組を熱心に見ていました。

江原啓之さんと美輪明宏さんが出演されていて、当時は「霊感のある人はすごいなー」と思ったぐらいにして、オーラが見えるというのは全く別世界のことのようでした。

「見立て」でオーラを見る方法を教わったのは、かなりの衝撃でした。

私が生活している普通の世界と、スピリチュアルの世界が結びつき、オーラとかスピリチュアルということが普段の生活とかビジネスにも使えるんだというのが分かってびっくりしました。

自己啓発の勉強をするとき、本やセミナーのたぐいは大体2種類に分けられます。

現実的な成功法則と、精神論です。

前者は、キャリアップとか資格とか、なんとかノウハウみたいなもので、具体的で分かりやすいものです。

精神論は、成功哲学とかスピリチュアルとか、ちょっとボンヤリして抽象的ですが、使えると応用が効くものです。

今のメンター(師匠)は、普通はバラバラに扱われるその2つを同時に教えてくれる先生です。

ビジネスのセミナーの中で「エネルギー」がどうとか「祈りなんですよ」みたいな話が出てきたり、逆にスピリチュアルなセミナーで「腹筋を鍛えましょう」とか具体的な健康の話になったり、現実とスピリチュアルのハイブリッドな感じです。

その師匠、黒澤全先生の講座で一緒に勉強している方で、急にオーラが見えるようになったという方がいます。

黒澤先生と会って話している時に胸のあたりに紫色が見えて、最初は見間違いかと思ったそうですが、やっぱりどうしても見える!!と。

集中してじーっと見ていると見えやすいとのことでした。

紫オーラな黒澤先生の無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。おすすめです!

メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる本質的マインドの数々

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメント

コメントを残す

*