関係を築く

普通になりたい。これって変ですか?

先日、美容院の予約をしたら、何だか悩ましいこと になってしまいました。すごくどうでも良いかもしれないのですが、もしあなたが今1、2分おヒマがあれば、お読みいただき、私の対応が「普通の人」の許容範囲かどうかを判定していただきたいと思います。

ことの経緯は、次の通りです。

前置き。アプリminimoでカットモデルに応募する

スマホでカットモデル予約したよ

私はケチなので、髪を切る時はカットモデルで無料でやってくれるところを探しています。

一応、知らない方のために、カットモデルとは、見習い美容師さんの練習台になる代わりに無料または格安でカットしてもらえるものです。

モデルとはいえ、髪の毛が生えていればブスでも差し支えありません。

何回かカットモデルで練習した見習い美容師さんは、めでたくデビューすると正規料金になります。なので、いつまでも同じ美容院でカットモデルを募集しているわけではなく、ちょうどデビュー前の人がいるときだけ募集している、というわけです。

 

今回も「仙台 カットモデル」とググって近場の美容院を探してみました。

ところで、以前ホットペッパービューティーのサイトから予約をしたら、リクルート系列のメールマガジンが大量にとどいてひどい目にあったため、ホットペッパービューティーだけは使わないと心に決めていました。

あと、私は美容師さんはできれば女性にお願いしたいと思っています。技術とかセンスとかの問題ではなく、イケメンが至近距離にいるとドキドキしてしまうという問題でもなく、女性の手の方が柔らかくて頭を触られた時に気持ち良い からです。すいません、変態です。

というわけで、ホットペッパービューティーではない美容室の紹介サイトから、近場で女性のアシスタントさんがいるサロンに応募してみることにしました。

そのサイトから予約するにはminimoというスマホアプリをダウンロードする必要があるようでした。直接連絡を取らせないようにするためか、電話番号やメールアドレスなどの記載はありません。

アプリをダウンロードして予約ボタンを押して、数時間後に通知がました。LINEみたいな感じで使えるようで、サロンから確認のメッセージがとどいていました。

問題となった、美容師さんとのやり取り

美容師さん。イメージです。

女性アシスタントさんから、

「ご予約ありがとうございます!今の髪の長さはどのくらいでしょうか?」

との質問。

ちょっと、困りました。私は昨年の春頃にベリーショートにしたのを伸ばしっぱなしにしており、襟足の方はゴムで束ねてポニーテールにできるぐらいの長さなのですが、以前刈り上げにしていたサイドはやや短めで耳がちょっと出るぐらいです。

無料のカットモデルにすら行かずにモッサリ伸ばしていたのは、完全なる女性としての怠慢であります。

「のびちゃったショートで、襟足はちょっと束ねられるぐらいですが、サイドは短いです」

送信したものの、これが的確に私の髪型を表現できているのか疑問になりました。

と、LINEのようなminimoアプリのメッセージ送信画面には、カメラのアイコンがあるではありませんか。なるほど、これで自分の写真を送ってあげれば、一目瞭然です。

最近の写真の中から頭がよく映っているものを選んで画像を送信しました。

現在の髪の長さを伝える

すると、アシスタントさんから程なくお返事が。

「わざわざ画像までありがとうございます!かしこまりました!」

その文面を見て私は、またやらかしてしまったかもしれない、と思いました。

こんなに詳しく説明する必要も画像も要らなかったんじゃないか

やっちまったか!

「わざわざ画像まで」という文言には、画像まで送ってよこす客は少数派であることを暗に示している ような気がしてきました。

そもそも、襟足がどうとか細かい情報はこの段階では必要なかったのかもしれません。ざっくりショートか、セミロング、ロングの違いだけ答えるのが普通だったのかもしれない。

詳しくは当日に見たら分かるのに、わざわざ画像まで送るなんて自意識過剰なんじゃなかろうか 、と一瞬もんもんとしてしまいました。

そんなことどうでもいい、というのは頭では理解しています。美容師さんも、別にお礼を言ってくれている訳だし、「見てみて、この人変なの、プーッ!クスクス」とサロン内で笑い者になっているというのは完全なる妄想 です。きっと何とも思ってないはずです。

それでも、私は「普通」ができなかったということに対して多少なりともガッカリし、さらに「普通でいなければいけない」と自分に変な抑圧をかけていることにもガッカリしてしまいました。

私の父親もけっこうな変わり者なのですが、床屋に自分の写真を持参して「これと同じにしてください」と毎回同じ七三分けカットにしてもらっていました。私も似たようなことをしてしまった、とさらにガッカリです。

皆さんは、どう思いますか? 予約の時に写真まで送るなんて変? それとも普通にアリですか?

普通の人になりたいと思うと辛い

普通になりたい。

私はずっと「普通の人」になりたいと思っていました。

何が普通なのかは、その場に集まった人によって変わります。その時にその場に集まった人たちの中で浮かずに、できるだけ多くの共通点を持つことが私の中での「普通」の基準でした。

なので、頑張って周りの人のマネをして、同じテレビ番組を見て、同じ習い事をして、同じ系統のファッションを心がけました。

しかし、どうやら感覚がズレているらしく、予期せぬ会話の中ではどうしてもボロ を出してしまいます。美容院アプリみたいな小さなズレを、いろんなところでやらかしてしまうのです。

皆と違うことをして仲間外れになってしまうことは、非常な恐怖でした。

特に小学校、中学校あたりが一番トラウマで、高校、大学の進学時には普通の人デビューを図るも見事に失敗。大人になってだんだん諦めがついてきましたが、未だにフッと「やらかした」と思ってしまうことがあります。

期待される「普通」の反応を常に正解することは至難の技です。 何を期待するかは人によってもタイミングによっても違い、いつも誰かの顔色を伺って自分を変えようとしても、次々に外してしまいます。

そして、その度に「ああ、間違えてしまった」とガッカリしてしまうのです。その人が期待したリアクションができなかった、皆と違うことをしてしまった、と。

都度どうでも良いことで悩み、自分の軸を見失ってしまいます。

本当は自分が何を思って、何がしたかったのか忘れてしまって、いつも見えない「普通の人」らしい正解を探す癖がついてしまいました。 それが辛いんです。

とっくにバレていた!

変なのバレてた

メンター(師匠)の黒澤全先生にも相談したら、

「高橋さんが変なのは、周りの人にはとっくにバレてるから大丈夫ですよ」

とのことでした。変人でも受け入れてくれる仲間がいるのは、とても有難いものです。

また、

「むしろ、もっと変人になってください」

とも言われました。「変なことしたらダメ」という抑圧をやめて、のびのびと本質を発揮できた方が人間関係でも仕事の面でも良いそうです。

というわけで、自意識にもんもんとしつつもますます変人を目指していきます。 ご清聴ありがとうございました。

自意識過剰を治すには、合わせてどうぞ!

自意識過剰を治す超具体的な20の方法
「嫌われるのを気にしない」では自意識過剰は治らない。なぜなら、嫌われるのを気にするのが自意識だからだ。ここでは、自意識過剰を治す具体的ですぐにできる方法を公開している。

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、私のメンターでもあり、2,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全(くろさわ ぜん)先生。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

【〈講師:黒澤全〉7月29日(土)仙台市開催】
究極の一体感を生で体感して人生に奇跡を招き入れる
↓ ↓ ↓



GLOBO推奨 超体感型セミナー(残席わずか)


コメント

コメントを残す

*