関係を築く

副業ライターしてた会社員が青色申告したら還付金がもらえたよ。ずぼら確定申告実録

副業の青色申告で還付金がもらえた

マイナンバー制度が始まり、副業をOKとする会社が増えているそうです。

ネットビジネスとかランサーズ・クラウドワークスなどの在宅系副業なら空いた時間にちょこちょこできて、お手軽ですよね。

私も2015年に会社員をしながら文章を書く「ライター」の副業していました。

そんな副業サラリーマンが悩むことは、確定申告をしたほうがいいのか、しなくていいのか

そして、申告する場合は申告書をどうやって書いたらいいのか

そしてそして、期日までに確定申告に行かないとどうなってしまうのか!?

ご参考までに、私が青色申告をサボって10か月後に遅れて申告したら還付金がもらえることになった経緯にすいてシェアさせていただきたいと思います。果たしてその金額やいかに!

会社員しながら副業ライターをしていました

記帳が分かりません

私の場合、会社員の仕事はフルタイムで、週末とか空いた時間にライター業を副業でやっていました。

クラウドソーシングではなく、ご縁に恵まれて雑誌やウェブメディアの編集部とか、ウェブデザイナーさんとか、ライターの先輩とかから直接お仕事を紹介してもらってました。

しかし、交流会に参加したり、仙台から東京までセミナーを受けにいったり、パソコンとかICレコーダーを新調したりしてお金もかかっており、実際にはかなり赤字 になっていました。

もちろん、会社員なので本業は源泉徴収税をがっつり引かれています。

さて、確定申告はどうしたものでしょうか。

私の会計知識はというと…

  • 日商簿記3級 ゲット!しかし実務は謎
  • 簡単でいい白色申告と、めんどくさい青色申告とがあるらしい
  • 年間のもうけが20万円を超えなければ申告不要 らしい

ぐらいでした。

副業だけど青色申告を選んだ理由

副業で青色申告をしてみた

結論から言うと、私は個人事業の開業届をして、青色申告をする方を選びました。 その理由は以下の通りです。

「特別控除」なるものが受けられるらしい

何だか詳しくは分かりませんが、個人事業主は青色申告をすると「特別控除 」なるものが発動して税金がお得になるらしいと風の噂に聞きました。

ゆくゆくは独立するつもりだった

ずっと副業を続けるのではなく良きタイミングで独立したいと思っており、何となく「開業」という言葉に憧れを感じました。

別に開業届しなくてもライターの仕事はできますが、完全にノリ でした。

屋号があるとカッコいいと思った

開業届を出すと「屋号」が付けられるということで、何となくカッコいいと思いました。

はい、完全にノリ でした。

日商簿記3級取得という自信

かねてから簿記の勉強をしており、日商簿記3級を取得していました。経理の実務経験はゼロでしたが、「個人事業の帳簿なんかチョロいだろう」という謎の自信 がありました。

なお2級は落ちました。

確定申告に行かなかった言い訳

確定申告しないとどうなるのか

確定申告の提出期限は2月半ば~3月半ばですが、結論から言うと私は期日までに確定申告をしませんでした。 わざとじゃないんです。できなかったんです。すみません。

言い訳は以下の通りです。

超絶に忙しくて記帳指導を受けられなかった

個人事業主は、開業した年は無料で税務署の記帳指導を受けることができます。

しかし、当時の私はダブルワークで忙しく、気づいたら日程が全部終わっていて参加できませんでした。

青色申告のアプリとかあるし、大丈夫だろうと思っていました。

青色申告アプリを断捨離してしまった

途中までは「Free」というアプリでちゃんと記帳してたんです 。領収書とか注文書とかも取ってありました。

しかし、年末に若干メンタルを病んでしまうという事件が勃発します。

病気というほどではなく、そんな大したこともなかったのですが、リハビリの一環で断捨離を決行します。

それまで持っていた本とか物とか、パソコンとか、名刺やら書類やら何もかも処分し、電話帳もメールとかSNSアカウントとかも一回全消去しました。

その際、「Free」アプリは勢い余って削除してしまい、その登録メールアカウントも消すというアホをやらかします。

領収書等は残っていたので「時間ある時にまた入れ直せばいいや~」ぐらいに思っていました。

まあ、やらないですよね。会社も辞めるだのなんだのでバタバタしてすっかり忘れ去られました。

マイナンバーカードを断捨離してしまった

アホついでに告白しますが、マイナンバーの登録カードも何かと一緒にゴミに出してしまいました。 去年の分は要らなかったですが、今年の申告どうなるんだろう…。

いや、言い訳なんですが、一回は再発行のチャレンジをしたんですよ。

国のマイナンバーの問合せ先に電話したところ、区役所に行ってください とのこと。

で、区役所に行きました。

したらば、窓口たらい回された結果「警察署に盗難届を出しに行ってください」だそうです。

めんどくさい。もういいや。って思って、別にマイナンバー法に反対でも何でもないですがマイナンバーカードを1年以上所有してません。

なお、頼むと住民票にマイナンバーを記載してもらえるので今のところそれで事足りてます。

すみません、脱線しました。確定申告の話に戻ります。

赤字だし申告しなくても怒られないと思った

儲けてたら税金が発生しますが、私の場合は完全に赤字でした。申告してもどうせ収める税金はないだろう と予想。

「むしろお金戻ってくるんじゃないの?」という個人事業主仲間の声もありましたが、めんどくささには勝てず…。

経費計算が面倒くさかった

何が面倒くさかったかというと、一回ちゃんと入れたのにまたやり直さないといけない経費計算です。

完全に心が折れていました。

原稿料の源泉徴収をどう書いていいか分からなかった

とどめを刺したのは、ライターに特有の「原稿料の源泉徴収税」の扱いです。

法人・個人からの案件が入り混じり、原稿料の源泉徴収税が引かれたり、引かれなかったりで、発注書のデータは断捨離済です。

文系な私には、通帳に振り込まれた金額からどれが源泉を引かれているやつなのか、また消費税と源泉税がどうなってるのか計算をしようという気概がありませんでした。

折れた心は穴を掘って埋めました。

10カ月遅れでも確定申告できた!

期日に遅れて確定申告

約10カ月ほど放置していた去年の確定申告書類ですが、税金が戻ってくるのって本当かな?

と、ちょっとが出て来てしまいました。

埋められた「申告しようという心」が長期間の風雨にさらされ、ちょっと地表に顔を出したのです。

でも、めんどくさいよなあ…。

税務署の封筒に相談窓口の電話番号が書いてあったので、「1回だけ電話してみて、めんどくさそうだったらやめよう」と思い、電話してみることにしました。

税務署に電話したらめちゃくちゃ優しかった

「遅れたからもうダメです!」とか怒られるんじゃないか とビビリながら電話してみました。

わたし「あのー、去年会社員で源泉徴収されてたんですけど、ちょっと副業もしていて、赤字だから申告しなくていいかなと思って確定申告してなかったんですけど、今からでもしたほうがいいですか?」

税務署の人「それ、お金戻ってきますよ。期日過ぎてるので、早めに申告してくださいね。申告書は自分で書いてもらいます」

わたし「はい、わかりました」

怒られませんでした!税務署の人優しい!神ってます!

でも申告書書くのか―。めんどくさいなあ。

税務署に行ってみたらめちゃくちゃ優しかった

結局書き方が良く分からず、領収書の山と源泉徴収票を小脇に抱えて税務署に凸激してみました。 いいんだ~。怒られたら、出直すか、諦めるかしよう。

*

わたし「すみません、去年会社員をしてまして、副業もしてたんですけど、まだ申告してなくて、書き方が良く分からないんですが…」

税務署の受付の人「はい、こちらの番号札でお待ち下さい。今5,6人相談に並んでいるのでお時間かかりますが、大丈夫ですか?」

わたし「はい、待ってます」

怒られませんでした!税務署の受付の人優しい!神ってる!

*

原稿を書きながら待つこと30分。名前を呼ばれて個室に案内されました。同じ部屋には、職員さんに何やらキレて食ってかかっている女性 がいました。関係ないけどドキドキするわたし!

*

担当してくれたのは若い女性の職員さんでした。

ほぼ未完成な私の申告書に対して、イライラした様子を微塵も見せずに手伝ってくれました。

源泉税の数学も二人で力を合わせて解読し、無事に申告できました。

そして、還付金が1万3千円戻ってくる そうです。3か月後に振込まれるらしいです。嬉しい!

以下は税務署にて教わった申告の仕方の覚書です。

税務署で分かったこと1 経費は「その仕事をするのにかかったお金」ならOK

わたし「これって経費にしてもいいんですか?」

税務署の職員さん「そのお仕事をするためにかかったお金なら、経費にしていいです」

わたし「なるほど、書籍代はどこの欄にいれたらいいんですか?」

税務署の職員さん「自分で分かればなんて書いてもいいですよ」

わたし「そうなんですね(まじかー、知らなかった)」

税務署で分かったこと2 家賃などの按分の割合は「自分で決める」でOK

わたし「電気代とか通信費とかの按分って、どういう割合にしたらいいんですか?」

税務署の職員さん「家賃だったら面積とかですね。そこはご自身にしか分からないところですから」

わたし「そうなんですか。(多めにしてもいいのか…。いや、それは人としていかんだろう…。うーん…。)…半々にしときます。」

税務署の職員さん「はい^^」

税務署で分かったこと3 青色申告の会計アプリを使うといいらしい

わたし「よく分かって無くてすみませんでした。今年の分はちゃんと書いてきます」

税務署の職員さん「パソコンのソフトとか使うと金額入れるだけで簡単ですよ」

わたし「はい!」

副業で確定申告の仕方が分からないときにすべきこと

副業の確定申告、した方がいい?

確定申告の仕方が分からなくて悩んでいる副業サラリーマンのあなたに、どうしてもお伝えしたいことがあります。

それは、、、

その1 悩んだら近くの税務署に電話して聞いてみよう

ネットで頑張って調べるより、税務署に一本電話した方が間違いなく一瞬で解決します。

税務署の人は思いの外とても優しいので大丈夫です。

その2 分からなかったら確定申告の会場に行って相談する

申告書の手引きとか分厚くて訳が分かりませんが、頑張ってやってみても分からなかったときは、とりあえず出来たところまででいいので、確定申告の会場に行ってみましょう。

ネットで頑張って調べるより、プロに相談した方が間違いなく一瞬で解決します。

なお、儲かっている人は税理士さんに丸投げするのが吉 なようです。こういう作業にエネルギーを無駄遣いしない方が本当は良いのです。

GLOBOな視点・思い込みはもったいない

映画『ジョー・ブラックをよろしく』に、“Death and Taxes”(死と税からは誰も逃れられない、の意味)という言い回しが登場します。

それと関係あるようで無いようで、なんとなく税務署は怖そう、怒られそう、というイメージ がありませんか? 私はありました!

でも、行ってみると意外と優しいです。むしろ市民の方が怖かったです。

思い込みで決めつけてはいけませんね。確定申告、ちゃんと行きましょう。

収入アップに役立つ記事はこちら

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、1,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

コメント

コメントを残す

*