関係を築く

寝る前のイメージングで引き寄せる3つのコツ。潜在意識で夢を叶える!

寝る前のイメージングで引き寄せ

引き寄せで夢を叶えるには、寝る前のイメージングがものすごく効きます。

私も毎晩、寝る前に実践しているのですが、イメージングを始めた次の日の朝からいきなり波動が変わったのを実感しました。

なんというか、それ以前の朝起きるのがダルいとか、重さとかが無くなって、目覚めた瞬間からすでに機嫌がいいんです。

これがワクワクするってことか! と感激しました。

そして、ワクワクして高い波動のままで1日生活していたら、行動までもめちゃくちゃ変わりました。

今まで、これはちょっと無理かなと思っていたことが全部、アッサリできてしまったんです。

夢を叶えるためにはこれ頑張らなきゃなー、でも、大変だし今は時間ないしウニャウニャ…ってことがあるじゃないですか。

私の場合はブログの文章を書く量を増やすことだったり、掃除をするとか、瞑想をするとか、いろいろやった方がいいと思いながら後回しにしていたことがありました。

そして、引き寄せに置いて最も重要な「未来を確信すること」、つまり「成功にコミットすること」ができずにいました。

ところが、めちゃくちゃ真剣にイメージングしてみたら、翌日「あれ、普通にできるじゃん!」という感覚に変わったんです。

今まで後回しにしていた作業は1日でほぼ片付いてしまい、やった方がいいけど努力目標だなーと思っていたことも全部できて、「来年の2月には月収30万円にします!」とコミットできました。

なんだか別人になったみたいで、今までのウダウダしていた自分は何だったんだろうって感じです。

あと小さなことですけど驚いたのは、朝、狙った時間に目を覚ませるようになったことです。

私は低血圧な上にねぼすけで、だいたい目覚まし時計を2個とかガンガンに鳴らして、徐々に体勢を起こしながら二度寝しつつ1時間以上かけて起床するのが常でした。

しかし、朝シャキッと起きてすぐ気分良く動き始めるイメージングをしたら、なんと目覚ましアラームが鳴る前に自分で起きられるようになりました。しかも、爽やかに!

寝る前のイメージングは、このようにリミッターを外して夢を大きく引き寄せてくれます。

どうしてイメージだけで行動や体調まで変えられるのでしょうか? その秘密は、潜在意識の仕組みにありました。

イメージングでなぜ引き寄せる?リミッターを外す変性意識状態の秘密

潜在意識のリミッターを外して引き寄せる

私は月に1回、メンターの黒澤全(くろさわぜん)先生の講座に参加しています。

講座では、引き寄せを始めヨガとか古神道、抽象思考、瞑想などいろいろ教わっています。

講座の後には懇親会があって、そこでも面白い話がいっぱい聞けます。

先月の講座の後の飲み会では、黒澤先生が講座メンバーに催眠術を披露してくれました。

黒澤先生は元プロマジシャンです。メンタルマジックはお客さんを催眠状態にして不思議な現象を見せるのだそうです。

催眠をかけられたメンバーは、壁に頭がくっついて取れなくなったり、タバコがパクチーの味になったりと、普通ならありえないことになってしまいました。

「えー、仕込みなんじゃないですか?」

と言って私もチャレンジしましたが、見事に右手が上がって左手が下り、術にかかってしまいました(笑)。

タバコがパクチーの味になったメンバーは、その後で禁煙に成功したらしいです。

催眠状態では、どうしても止められなかったタバコがアッサリ嫌いになってしまったり、非力な女性が腕相撲で男性を倒してしまうほどの怪力を発揮したりといった現象が起こります。

なんでそんなことができるのでしょうか?

それは、催眠状態ではリミッターを外すことができるためです。

私たちは普段、力を出しすぎてケガをしないように普段は自動的にリミッターが働いています。

「火事場の馬鹿力」が出るのは、危機的状況で勝手にリミッターが外れるからなのですね。

リミッターは、筋力だけでなく行動や思考を含みあらゆる能力に対して働いています。収入とか記憶力なんかもそうです。

私たちが大きな夢を叶えたいと思ったとき、邪魔になるのがこのリミッターです。

「このくらいまでなら安全」という領域を飛び出そうとすると、勝手にリミッターが作動して元に戻そうとするのです。

たとえば、月収100万円にするぞ!と思って頑張った人がいるとします。

一回は100万円を達成できても、リミッターが20万円で設定されていると、潜在意識では「あれ、自分が100万円なんておかしいぞ」となってまいます。

すると、まるでわざと自分から失敗したかのように20万円に戻ってしまうのです。

それを外すには、催眠状態になりイメージ上で月収100万円の自分を何回も体験します。

まるでそれが「いつもの自分」であるように潜在意識に覚えさるのです。

これによって、リミッターを20万円から100万円に引き上げられます。理想のパートナーと結婚もできます。

催眠状態は別名「変性意識状態」とも言われ、人から催眠術をかけてもらわなくても自分で作ることができます。

そして、変性意識になりやすく引き寄せのイメージングを行うのに最適な時間帯が、寝る直前なのです。

寝る前の変性意識状態は、イメージングに最適な引き寄せゴールデンタイム

寝る前の妄想を引き寄せる

催眠術にかけられたことがない人も、変性意識状態になったことはあるはずです。

たとえば映画館でおもしろい映画を見ているとき、スクリーンの中の世界に気持ちが入り込むことがあるでしょう。

そのとき、前の席に座っている人の頭や、スクリーンの両脇のカーテンや、映画の光に照らされるホコリなど、本来は見えているはずの物が見えなくなりますね。

エンドロールが出てハッと現実に戻ってきます。

こんな風に、現実世界の感覚を一時忘れてイメージ上の世界に入り込んでいるのが変性意識状態です。

他にも映画やゲーム、勉強、読書などに没頭しているときや、「あれ、きのう何食べたっけ?」などと何かを思い出そうとして目線が上の方に行っちゃってるとき、「宝くじが当たったら何を買おうかな〜」と妄想している時も、現実世界からいなくなってます。

つまり、完全に意識が飛んではいないけれど、目の前のものが目に入らずに頭の中のイメージが優先されている状態です。

催眠や瞑想を練習すると自在に変性意識状態に入れるようになりますが、そんなことしなくても誰でも毎日変性意識になってるときがあります。

はい。お察しの通り、入眠する直前でまだ眠っていないけれど夢を見かけているような、ふわふわした時間がそうです。

寝る前の変性意識状態でイメージしたことは、普段よりも潜在意識に入りやすくなっています。

日中、完全に目が覚めた状態で「お金を100万円稼ぐぞ!」と言っていても、だいたい顕在意識レベルで終わります。

ところが、寝る前の夢とも何とも分からない変性意識状態で「100万円稼いでるわ〜、買い物しても使い切れないや。うふふ」と妄想していると、潜在意識では既に100万円稼いでいるように錯覚します。

それを毎晩のようにやっていると、潜在意識は「自分は月収100万円」と覚えますのでリミッターが100万円まで引き上げられます。

その上で100万円を稼ぐための行動をしていくと、ちゃんと叶って引き寄せられるという仕組みです。

では、次で寝る前のイメージングのコツをご紹介しましょう。

寝る前のイメージングで引き寄せる3つのコツ

イメージングのコツその1 ふわ~っと心地よい気分で行う

イメージングを行なうときは、気分が大切です。

ふわーっとした心地よい気分を作ってこそ、いい妄想もできますからね。

お気に入りの寝具やパジャマを揃えて、寝室はアロマやお香でいい香りにしましょう。

お風呂に入って身体を温め、程よく湯冷めしかけたころにベッドに入るとちょうど良い体温になります。

部屋を暗くしたら横になって、ゆっくり深呼吸しましょう。暖かさ、心地よさを感じてみます。

心配事や明日の予定を思い出しちゃったら、無理に消そうとしないで映像をサーッと流し、もう一回深呼吸してリラックスしましょう。

イメージングのコツその2 リアルな情景を思いういかべる

いい感じに寝そうな雰囲気になってきたら、ここから楽しい妄想タイムです!

夢が叶ったときの情景を思い浮かべましょう。

ATMで通帳を記帳したら、ゼロがいっぱい増えています。

帰りはデパ地下で値段も気にせず、食べたいものをボンボン選びます。お金の心配がないっていいですね。

隣には理想のパートナーがいるかもしれません。

あんまりワクワクして興奮しすぎると寝れなくなるので、そこだけは注意しましょう(笑)

コツとしては、イメージをしやすいようにちょっとだけ体験しておくことです。

結婚したかったら友達の結婚式を見物に行ってみるとか、高級車を持ちたかったら一回レンタカーで借りて乘ってみるとか。

写真や映像で見るよりも、生で体験した方がイメージにリアリティが増します。

イメージングのコツその3 身体の感覚もイメージする

理想の状態を妄想しながら、イメージ上で身体の感覚や気分も味わってみましょう。

お財布に諭吉さんがうじゃうじゃ入っていたら、ちょっと大きな気分かもしれません。

理想のパートナーと暮らしていて、温かくて優しい気持ちになっているかもしれません。

何も不安のない、山の上の澄み切った空気のような清々しい感覚かもしれません。

そういった身体感覚をボンヤリと体験しながら、心地よいままで眠りに落ちていきます。

すると、翌日はそのいい気分(=波動)で過ごせますよ。

寝る前のイメージングで引き寄せるコツまとめ

寝る直前は、催眠と同じ変性意識状態となり、潜在意識のリミッターを外すゴールデンタイムです。

脳内では、現実よりもイメージが優先され、潜在意識はイメージをまるで現実かのように体験します。

まだ現実には叶っていないことも、潜在意識が「これが普通じゃん」と勘違いすれば後から現実になっていきます(引き寄せの法則)。

イメージングの際は、次の3つのコツを意識すると効果がアップします。

  1. 寝る部屋や寝具などの環境を整えて、心地よく寝る体制をつくりましょう
  2. リアルな妄想で、理想を叶えた状態をイメージしましょう
  3. イメージ上で体験した感覚や気分を味わいましょう

まずは翌朝いい気分で起きて、1日を楽しく過ごすイメージで試してみてください。これを毎日やるだけでも人生変わります!

引き寄せについて、更に詳しくはこちらの記事にまとまっています→「引き寄せの法則まとめ|図解・引き寄せ小事典

記事の下にある、メンター黒澤先生の無料メール講座も合わせてチェックしてみてください。おすすめです。

無料メール講座『奇跡の扉』|アリエナイほどの奇跡を引き寄せる抽象力の秘密

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメント

コメントを残す

*