心を育てる

ぶれない自分軸の作り方、自分軸を作る3つの質問

自分軸を作る方法

自分軸という言葉を知ったのは、もう30歳を過ぎてからでした。

確かに自分は飽きっぽいし、すぐに影響されてコロコロ変わるという自覚はありました。

しかし、自分軸がないせいで人間関係をまともに作れていないことには気づいていなかったのです。

ここでは、自分軸がなかった私の体験と、メンターから教わった自分軸を作る方法をまとめています。

ブレない軸を作りたい方にご参考になれば幸いです。

自分軸・他人軸とは?

自分軸と他人軸とは

「自分軸がないから、そうなるんですよ」

メンターの黒澤全先生から、2回目の対面アドバイスのときに言われました。

当時まだ会社員をしていた私は、会社の人に年賀状を出すべきかどうかについて悩んでおり、「一応出したほうが良いですか?」と黒澤先生に聞いてみたのでした。

一般常識では、だいたい同じ部署の人ぐらいには年賀状を送るべきとされています。しかし、黒澤先生じゃない別のスピリチュアルの先生からは、あまり人間関係を深めない方が良いので最低限の上司にだけ送るようにと言われていました。

そして、会社を辞めるかどうかの微妙なタイミングで、どうしようか迷っていました。黒澤先生から、「こうした方がいい」という指示が欲しかったのです。

ところが返ってきた答えは、「自分軸で決める」ということでした。

軸と言われても、何のことだか分かりません。頭の上に「?」マークを3つぐらい浮かべていたら、もうちょっと噛み砕いて教えてもらいました。

師曰く、「私なんか、年賀状が来ても返しませんからね。もしもそれで送ってきた人が怒ったとしたら、その程度の人なんだなと思って縁を切ります。

人の顔色をうかがうのではなく、自分の優先順位で決めるということです。

人生で何を大切にしたいのかが決まっていない軸がない状態だと、人から言われたことに振り回されて高橋さんみたいになるわけです」と。

確かにそうだな〜と思いました。今までの人生は人に言われたことをやるというのが当たり前になっていて、自分でコレをしよう、と決めていることがなかったのです。

いろいろ行動はしていましたが、あっちにフラフラ、こっちにフラフラでした。

そんな私の軸なしなエピソードを、次にいくつかご紹介します。

自分軸がない人の特徴

自分軸がない人の恋愛

軸がない人の恋愛はこうなる

自分軸のない「軸なし人間」な私は、恋愛をすると相手に好かれたいために200%相手の色に染まってしまいます。

いつも、相手の顔色をうかがい、自分にどういう反応を期待しているのかを計算してリアクションしていました。

あるときはUFOキャッチャーが上手な人と付き合っていたのですが、「こういうときにキャーキャー喜ぶのが可愛げのある彼女なのではなかろうか」と思い、別に楽しくもないのに飛び跳ねて喜んでました。

エッチも完全に相手のペースに合わせてしまい、自分からの希望はあんまり言えなかったです。

結果、アパートは要らないヌイグルミばっかりになり、「都合の良い女」扱いになりました(笑)。

とにかく、嫌われるのを一番に恐れていたんです。嫌われないように相手に合わせる努力をし続けていました。

しかし皮肉なことに、そのせいで魅力的な人ではなくなっていたんです。

付き合う人みんなから、「なんで自分のことを好きなのか分からない」と言われました。

私も分かりませんでした。だって、「こういう人が好き」という軸がそもそも無くて、ぶっちゃけ付き合ってくれる人なら誰でも良かったんです。

まさかそんなことも言えないので、適当に誤魔化していましたが、なんとなく長続きしないで振られるということばかりでした。

自分軸で恋愛をしている人は、「こういう人と付き合いたい」という理想をしっかり持っています。

そして、相手に合わせすぎないで素に近い自分で接しています。

恋愛においては、ちょっと自己中でワガママなんじゃない? ってぐらいのほうが魅力的に見えるのです。

男女問わず、モテる人は小悪魔っぽいと思いませんか?

自分軸がない人の仕事

自分軸で仕事をする

ちょっと自分軸以前の話なんですが、私には仕事の能力がありません。

ADHDっぽい感じでおっちょこちょい、総務なのに締め切りを忘れる(!)、コミュ障で失言しまくり、集中力無し、という会社員としてはどうにも使えないやつでした。

にも関わらず、抜擢されて先輩を追い抜かして係のリーダーポジションになりました。

働いていたのはワンマン経営の…じゃなくて、アットホームな中小企業です。

熱意を持って仕事をしている社員は「もっとこうした方がいいと思います!」「これはおかしいのでは?」などと、社長とぶつかることがありました。会社と方向性が違うということで辞めていく人もいました。

私には、こういういい仕事をしようとか、成果を上げよう、お客さんに喜んでもらおうみたいな高尚な仕事の哲学はありませんでした。その場をやり過ごしてお給料がもらえればよし、ぐらい。

とにかく逆らわないでおこう。そう思った私は、基本的に全部言われたとおりのことしかやりませんでした。というか、言われたことも十分にできていなかったと思いますが。

社長や上司の顔色を伺って気に入られようとする「他人軸」的な努力が、ある程度は実を結んでいたのです。

(社長と派手にケンカしたのは、手渡しだった給料を振込に変えて!とゴネたときと、辞めるときの2回だけでした。)

しかし長く勤める間に、仕事に対する軸がないのがバレてきます。上司から、「高橋さんは、将来どうなっていきたいの?」と聞かれて困るような場面もありました。

ヤバイ、何も考えてない!みたいな(笑)。

そして誰かから影響を受けてはフラフラと副業してみたり、会社をやめてみたりすることになります。

自分軸がない人のスピリチュアル依存

自分軸じゃないとスピリチュアルに依存する

自分軸がないと、色んな人や物に依存しやすくなります。

自分の中に優先順位が定まっていないので、何か見たり聞いたりすると、感化されやすくて影響を受けてしまうんですね。

  • テレビでGacktがすごい筋トレしてるってしゃべってるのを見たら、自分も急に筋トレを始める。SAVAS買ってきちゃう(笑)。
  • YouTubeで「弾いてみた」のカッコイイ動画を見たら、ピアノをめっちゃ練習し始める。
  • 街中で和服を着て歩いてる人を見たら、着付けを習いに行っちゃう。

他にも書道とかゲームとか、あれこれやり過ぎて何もかもが中途半端でした。

そう、自分は人生でこれを極めていくんだ!っていう何かバシっと決まったもの=軸がないために、要らないことにお金と時間と労力を無駄にしまくっていたのです。

そんな私が最終的にハマったのが、スピリチュアルでした。これも、人の影響です。

最初の先生(黒澤先生とは別の人)がなんか素敵っぽい! ぐらいのノリで足を突っ込んでみた所、そのままどポンと溺れてしまいました。

そういう意図では無かったと思うのですが、スピリチュアルなことを教わっても、会社で社長の言うことをただ聞いていたように、ただ言われたとおりにするだけになってしまいました。

たとえば、「エネルギー」とか「男性性・女性性」とかの話を聞いて、それが「自分にとって」何なのかを考えていなかったのです。

もうブレない!自分軸の作り方

自分軸で生きる道

自分軸を作るということは、自分の人生で優先したいことを決めることです。

「何でもいいや〜」と、その時のノリで反応して流されたり、他人が敷いたレールの上を走るのが、他人軸です。

それに対して、「これがいい!」と人生で大事にしたいものを自分で選び、自分で道を作っていくのが自分軸なのです。

自分軸を作る方法として、人生をちょっぴり哲学する3つの質問をご紹介しますので、ぜひ、時間を取って考えてみてください!

自分軸を見つける質問1人間関係編

Q1. あなたは、これからの人生でどんな人たちと関わっていきたいですか?
逆に関わりたくない人はどんな人たちですか?

関わりたい人の優先順位を決めることで、どうでもいい人間関係に悩まされることがなくなります。

自分軸を見つける質問2 仕事編

Q2. あなたが働いていて一番幸せだと感じるのはどんな仕事をしたときですか?
逆にどんなにお金をもらっても、これだけはやりたくない仕事は何ですか?

仕事の哲学を持つことで、上司に振り回されにくくなります。自分の気分でコロコロ変わってしまうことも減っていきます。

自分軸を見つける質問3 ハート編

Q3. あなたが心から嬉しいとき、感動するときは、どんなときですか?
どんなものを見て、何をしているときですか?

このために生きてるな〜!と実感できるものを意識すると、どうでもいいことに時間やお金を浪費しなくなります。

ご参考までに、今の私の軸はこんな感じです。

  • 関わりたい人…心が温かい人、明るく前向きな人、人に依存したり、逆に人をコントロールしたりしない人。いまはそうなっていなくても、そこを目指して成長したい人。
  • 関わりたくない人…一方的に巻き込もうとしてくる人、お金でしか人を見てない人。
  • 仕事で幸せなとき…インスピレーションから出た文章を誰かに伝えて感動してもらえたとき。文章を通してでも、人に会ったときでも、相手に笑ってもらえたり、元気になってもらえたりしたとき。価値の対価としてお金をもらったとき。
  • どんなにお金をもらってもやりたくない仕事…人を騙すこと他、良心に反すること。
  • 心から嬉しい・感動するとき…すごく感謝したとき、励まされたとき、強い信念に触れたとき。

私は意志が弱くて何回もポキポキ折れては、また軸を立て直しています。

それでも、だんだん変なことに惑わされないで、やるべきことに集中できるようになってきました。人間関係でも・嫌われる勇気!みたいなのがちょっぴり出来るようになってきましたよ。

それでは、あなたも楽しい自分軸ライフを!

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

自分軸と関係ないようで関係があるのが、引き寄せの法則です。

すごく大雑把に言ってしまうと、願いを叶えるには宇宙に欲しいものをオーダー(注文)しないといけないんですね。

「お金が欲しいです」とか「理想パートナーに出会いたいです」ってオーダーしない限りは、宇宙が気を効かせてそれをコッソリくれるということはありません。

その時に、なんで自分はお金が欲しいのか、なんでパートナーに出会いたいのか、自分軸がしっかりしていないとなんとな〜くのお願いになってしまって、なんとな〜くしか引き寄せられなくなってしまいます。

自分はこれをやっていくために、お金が必要だし、こういう人に出会いたいんです!って堂々と宇宙にお願いできるようになると、じゃんじゃか引き寄せが発動します。

私の先生の無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。おすすめです!

無料メール講座『奇跡の扉』|アリエナイほどの奇跡を引き寄せる抽象力の秘密

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメント

コメントを残す

*