心を育てる

夢を実現するノートの作り方・書き方7選|夢ノート・自己啓発ノート・目標ノート

自己啓発ノートの作り方

スポーツ選手や経営者、そして幸せな結婚を手に入れた人も書いているという「夢ノート」が夢を叶えるノートとして密かなブームになっていますが、あなたの成長を後押しして願望成就に近づけてくれる自己啓発ノートは他にもいろいろな書き方がありました!

ここでは、人気の「夢ノート」の書き方から、仕事や勉強の成果を上げるノート、内面を磨くためのノートなど私がメンターや色々な起業家の方から教わった、あまり知られていない方法まで7種類の自己啓発ノートの作り方・書き方をご紹介します。

あなたに合ったノートがきっと見つかるはず!それでは、さっそく見て行きましょう。

引き寄せを発動して願望成就!「夢ノート」

夢ノート

夢ノート」はサッカーの本田圭佑さんや中村俊輔さん、ジェンソン・バトンと結婚していた道端ジェシカさんがやっていたそうです。 目標・願望を目に見えるようにし、毎日見直すことで目標に向かう意識を高めてくれます。

これは、自己啓発の基本である「引き寄せの法則」のビジュアライゼーションという手法で、繰り返し理想のイメージを思い描くことで潜在意識が書き換えられ、意志の力が発動して行動を変えられるというもの。

作り方はとっても簡単で、効果は抜群です!

≪夢ノートの作り方≫

1.A4またはスケッチブックなど、持ち運べるサイズで、なるべく大きめのノートを用意します。中身は白い無地の物が良いでしょう。また、デザインや素材はなるべくあなたの好みに合う、自分の機嫌が良くなるものを選んでください。毎日持ち歩いて開きたくなるものにしましょう。

2.書き始める前に、気持ちを穏やかで気分が良い状態に整えます。休日の朝起きてすぐがおススメです。落ち込んでいる時やテンションが上がってワクワクしすぎている時は避けましょう。

3.叶えたい夢や目標を文字で1ページに1つか、多くても2、3個ずつ書きます。夢は大小さまざまでよく、期限は書いても書かなくても構いません。ポイントは、「絶対に実現できる」と確信できるように書くことです。大きな夢ほど期日は曖昧になりますので、自分の中で無理のない範囲にしましょう。

4.文字の周りにその夢が叶っているイメージのを書いたり、欲しい物の雑誌の切り抜きを貼り付けてコラージュを作りましょう。

ノートで自己啓発

5.ノートは毎日、出来れば朝起きた時と夜寝る前は必ず眺めましょう。移動するときも持ち歩き、時間が空いたら見るようにしましょう。

朝や日中に見るとその日の行動のモチベーションが上がり、夜寝る前に見ると潜在意識にイメージが書き込まれやすくなります。最低3か月は継続してください。

6.夢が叶ったら、ご褒美シールを追加したり、「○年○月○日、達成できました。ありがとうございます」等と書き加えましょう。増えた夢もどんどん追加していきましょう。

※コラージュめんどくさい、持ち運ぶのヤダ!っていう人は、普段お使いの手帳の見えるところに写真を挟んでおいたり、スマホの待ち受け画面を夢の写真にしておくだけでも効果があります。

フィギュアスケートの羽生結弦さんは、オリンピックの金メダルの写真をずっと待ち受けにしていたそうですよ!

成功と自信を積み上げる「未来日記」

未来日記の書き方

続いて、セルフイメージが低い、自信がない、という方におススメの「未来日記」をご紹介します。夢ノートと異なる点は、「当たり前にできること」を未来の出来事として文章だけで書くというところ。

未来のことを書く→達成するの繰り返しにより「書いたことは絶対に実現する」と潜在意識に刷り込み、セルフイメージを高めます

目標達成に向けて行動力が上がるだけでなく、当たり前のことに感謝ができ、毎日幸せを感じられるのも良いところです。

≪未来日記の書き方≫

1.A5かB6ぐらいの小さめでシンプルな罫線のノートを用意します。こちらも気分が上がる気に入ったデザインの物であれば何でも構いません。小さめがいいのは、書く量が少ないためです。

2.ノートに記入するのは、

  • 日付
  • 未来に100%絶対にやること
  • 「私は真我です」

の3つだけです。

未来日記の例

2016年11月20日
今日、私は100回以上まばたきをします。
明日、私は仕事をします。
来週、電車に乗ります。
私は真我です。

「真我」とは、潜在意識にいるパーフェクトな自分のようなものです。詳しくは「スピリチュアルとは何か?精神世界を客観的に分かりやすく解説」を参照してください。

不正確なものや感情を伴うものは、ウソになるかもしれないので書きません。行動を簡潔に書き、他に余計なことは一切書いてはいけません。絵を書いたり、写真を貼ったりしてもダメです。

×~だと思います。(←感情は後で変わってウソになるかもしれない)
×明日、16時に~さんに会います(←相手が遅刻するとウソになるかもしれない)

3.なるべく毎日続けて書き、少しずつハードルを上げて行きます。万が一達成できなかったときは、そのページを破って捨て、ノートには1つもウソがないようにします。何回か破ってしまうときは、もっと書く内容のハードルを下げた方がよいでしょう。

4.最終的には、全てのことで「言ったことがその通りになる」有言実行ができるようになります!

情報と思考を整理する「アウトプット帳」

自己啓発に、アイディアノート

自己啓発で大切なことは、学んだら即、行動することです。(「意味ない自己啓発は今すぐやめて下さい!元中毒者からの警告」参照)

しかし、すぐにはその通りに実行できないことや、まだ何をしたらいいか分からない抽象的なこともあるでしょう。そんなときに、「アウトプット帳」にまとめておくと頭の中が整理され、記憶どうしが繋がりやすくなり、アイディアが浮かびやすくなります。

読書の記録や、勉強したことのまとめ、考えたこと、ひらめいたアイディア、行動の記録と結果などを、頭に浮かんだ事は何でもとりあえず書いておきます。

書くという行為自体が思考の交通整理になり、後で「あれなんだっけな?」というときに振り返るための外部記憶装置としても優秀です。

≪アウトプット帳の書き方≫

1.B5かA4の普通サイズのノートを用意します。無地か方眼がおすすめですが、罫線でもなんでもOKです。ミニマリストな人は、後でスキャンして画像として保存できるタイプのノートにしておくと保管に便利です。

2.思いついたことや、学んだ事、考えたことなどを適当に書きます。書式を決めるとめんどくさくなるので、あえて書き方は決めず、都度自由に書きます。

いろんなノート術を試してみたり、マインドマップを書いてみたり、落書きをしたり、見に行った映画のチケットを張り付けたり、使い方はあなた次第!

3.満杯になったら、「1冊目 2016年11月~12月10日」などと表紙に書いて、2冊目に進みましょう。パラパラめくって振り返り、素晴らしいアイディアや重要なことがあれば、他の手帳などに転記します。

毎日最高のコンディションに「アンカリングノート」

自己啓発ノートの書き方

人間、どうしても調子には波が出ます。また、最初は目標に向けて高い意欲があったのに、時間が経つにつれてだんだんやる気が無くなってしまうものです。

そうした問題を解決し、毎日モチベーションが高く調子のよい状態を思い出させてくれるのが「アンカリングノート」なのです。

アンカリングとは、ある体験に五感の刺激を結び付けてその体験を定着させ、いつでもそのときの精神状態に持っていけるようにするテクニックです。

イチローさんが打席に立ったときにバットを回して袖を引っ張る、内村航平さんが跳馬の助走前に行う独特な腕の動き、羽生結弦さんが演技前に十字を切る、高梨沙羅さんが滑り出しのときに腰を反らせるなどなど、トップアスリートはみんなそれぞれのアンカリングを行っています。

あなたもアンカリングを行うことによって、いつも調子のいいときの自分をキープし、最高のパフォーマンスを発揮できますよ。

≪アンカリングノートの作り方≫

1.ちょっと良いノートを1冊用意します。大きさや罫線などは好みで構いません。

2.最もモチベーションが高いとき・調子が良いときの体験を思い出しましょう。

3.その時の身体的な感覚――見える景色、聞こえる音、匂い、着ている服の感触、体の内側をめぐるエネルギーの感じ等――をノートに書き出します。

4.「おまじない」を決めます。「私は今最高です」など呪文でも良いですし、ちょっとしたジェスチャーでも良いです。

5.毎朝、そのノートを見ながら「おまじない」をして最高の状態の感覚を再現しましょう。これが、「おまじない」から最高の精神状態を引き出す練習になります。慣れてくると、ノートが無くても、いつでもどこでも3秒ぐらいでできるようになります。

6.同じ要領で、忘れてはいけない大事なことをアンカリングするページを足していきます。

例)プレゼンの前に思い出す、上手く行ったプレゼンの感覚

仕事の成果を上げる「お役立ちノート」

自己啓発ノートの作り方

「お役立ちノート」は、ノートが役に立つのではなく、あなた自身を役立たせるためのノートです。

仕事で成果を上げるためには、お客さんや周りの人に何らかの「価値」を提供できることが大切です。どうしたら喜んでもらえるのか、どうしたらお役に立てるのか、に普段から意識を持っていくと、いざ商談のときなどに気の利いた動きをすることができ、喜ばせ上手になれます。

このノート1冊を極めるだけで、出世や商売繁盛が思いのままとなります!

≪お役立ちノートの書き方≫

1.A4の普通の罫線ノートに、1ページに1人ずつお客さんや職場で関わっている人の名前を書きます。

2.自分がその人たちのために出来ること、喜んでもらえること、役に立てそうなことを全部書きます。良く分からないときは、聞ける場合は直接聞いたり、リサーチしたりしましょう。

3.ノートに書いたことを全部実行します。

4.反応を見て、修正・追加します。

5.3~4を繰り返します。

※なかなかできることが見つからなかったり、力不足で役に立たなかったりします。しかし、それはいい無力感で、もっと自分が成長しなければ!と自己啓発のモチベーションとなりますので悩まなくて大丈夫です。

成功者の思考をインストールする「写経ノート」

写経、と言っても、般若心経ではありません。(般若心経でも良いですが。)あなたが目標とする人、理想の生き方・働き方をしていると思う人の本やブログを書き写します。

文章には、書き手の人としての在り方・考え方や、雰囲気がにじみ出ているもの。文章を真似することによって、その人の思考や雰囲気を自分の中にインストールすることができるのです。

≪写経ノートの作り方≫

1.量の方が大切ですので、もったいないと感じない物にしましょう。裏紙でも構いません。

2.真似したい人の書いた文章を書き写します。このとき、文章の内容だけでなく行間の意図を汲み取るつもりで、よく考えながら写しましょう。たとえば、次のようなことを考えます。

  • この文章全体は誰に向けて、どのような意図で書かれたのか
  • なぜその単語/表現/句読点の位置/フォント/挿絵/媒体/なのか
  • 本質的に優れた特徴はどのような点か

3.自分でも何かオリジナルの文章を書いてみましょう。これは別のノートにでも、ブログなどにパソコンで書いても大丈夫です。

究極の自己啓発「ダメノート」

自己啓発に「ダメノート」

夢に向かってイメージを膨らませることも大切ですが、地に足を付けて自分の弱さと向き合い、一つ一つ直していくことこそが自己啓発に最も重要なことです。

特に、自信過剰になってきたと感じるとき、調子に乗って失敗してしまったときに取り組んでみると良いでしょう。

「ダメノート」は、自分のダメなところを書き出し、意識して直していくというものです。これにより自意識(エゴ)を減らし、内面的に成長することができます。実は、これが成功への一番の近道なのです。

≪ダメノートの作り方≫

1.専用のノートでなくても、手帳のフリースペースなど良く見るところに書いたり、パソコンのメモ帳などで作ったりしても良いです。私のおすすめは、パソコンで書いてスマホで見られる「Googleドキュメント」です。

2.自分の悪い癖や、直したい行動・考え方などを、その時のシチュエーションも含めて全部書き出します。

ダメノートの例

□他の人どうしが話している時に、話をさえぎって割り込んでしまう
□自分よりも美人な人に劣等感、ブスな人に優越感を持っている
□本当は知らない事でも、つい知ったかぶりをしてしまう
□エレベーターに乗り、廊下の向こうから人が歩いてくる気配があったら速攻で「閉」ボタンを連打する

だいたい100個ぐらいは出てくるはずです。かなりドM、というかしんどい作業ですので、セルフイメージが極端に低い人や精神的に不安定なときはまだ止めておきましょう。

3.生活や仕事をしながら、自分のダメな部分が出たら意識的にすぐ止めるようにします。完全に治ったらノートにチェックしましょう。ご褒美シールでも良いですね。

おまけ・小さな目標ノート「キューブ付箋」

付箋で自己啓発

ノートに書くほどでもないな、というちょっとしたアイディアや、今日1日の目標、TODOリストなどは、正方形の付箋に書いてデスクの目の前のところに貼っておくと便利です。

1日貼っておいて、要らなかったら捨て、取っておきたいアイディアや行動の記録はアウトプットノートに転記するか付箋ごと貼っちゃいましょう。

付箋の実はすごいところは…

  • ノートよりも面積が小さく、書ける事が限られているのでその分要点が絞られます
  • デスクに常駐のキューブ付箋はノートを取り出したり、スマホやパソコンのアプリを立ち上げたりする面倒がなく、ひらめいたことをサッとメモしておくのに適しています。
  • その辺に貼っておけるので飛んでいく心配もナシ!

おすすめです。

あなたの夢を叶えるノートはこれ!

7つの自己啓発ノートを一気にご紹介してきました。全部一気に作ろうとすると大変ですので、どれか1冊か2冊ぐらいから始めてみましょう。

目的別のおすすめノートは次の通りです。

モチベーションを上げたい
→夢ノート、アンカリングノート、お役立ちノート

ビジネスの成果を上げたい
→アウトプット帳、お役立ちノート、写経ノート

自信をつけたい
→未来日記、アンカリングノート

内面的に成長したい
→お役立ちノート、ダメノート

結婚したい
→夢ノート、お役立ちノート、ダメノート

目標が分からない
→未来日記、お役立ちノート

自己啓発ノートを活用して、ますます輝く人生を!

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

未来日記を書くようになってから、「書いたら必ず実現する」経験を無理やり積み重ね、自分自身や潜在意識を信頼できるようになりました。

無理なんじゃないの?って思うようなことでも、日記に書いて追い込むと案外できちゃうんですよね。

そして、きょうできた小さなことへの感謝の気持ちが異常なぐらい湧いてくるようになり、毎日の幸福度がぐーんと上がりました。

お湯を飲んでも幸せだし、息してても有り難い。そんな気分になります。

そしたら、なぜか美味しい仕事が入ってきて収入が倍以上になったり、絶縁状態だった両親が急に開業祝いをくれたり、お金がいっぱい舞い込んできました。

次は彼氏と結婚を引き寄せるべく、未来日記を続けています!

未来日記の書き方を教えてくれたわがメンターの無料メール講座はこのすぐ下からご登録いただけます。おすすめです!

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、私のメンターでもあり、2,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全(くろさわ ぜん)先生。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

【〈講師:黒澤全〉7月29日(土)仙台市開催】
究極の一体感を生で体感して人生に奇跡を招き入れる
↓ ↓ ↓



GLOBO推奨 超体感型セミナー(残席わずか)