思考を鍛える

今日が人生最後の日だと思って生きる、の正しい用法

今日が人生最後の日だったら

こんにちは、スピリチュアリティは半人前、食い意地は二人前の高橋です。

人生を充実させるためには「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」と言われることがあります。

スティーブ・ジョブズも、

「今日が人生最後の日だとしたら、今日やることは本当にやりたいことだろうか」

と毎日、自問していたというのは有名ですね。

でも、私としてはもしも今日が人生最後の日だと毎日思っていたら、とても大変なことになってしまうと思うのです。

今日が人生最後の日なら、お金も太るのも気にしないで死ぬほど食べまくりたいんじゃ!

今日で人生最後なら死ぬほど食べたい

もしも今日が人生最後の日なら、私は所持金を全部持ってコンビニに行って、全部食べ物にお金を使い果たして死ぬまで食べたいです。

だって、普段は我慢してるじゃないですか。食費も限られていますから、お菓子だってコンビニの新商品はなかなか食べられなくてドラッグストアのセール品に手が伸びてしまいます。

揚げ物とかポテトチップとかも、食べ過ぎると明日になって胃もたれするよなあ、って思うと思いっきり食べられない。太っちゃいますし、健康にも悪そうですし。

でも、今日で最後だと思ったら何にも気にしないで食べられますよね。

普段は我慢して食べられないようなお菓子の新商品とか、揚げ物とか、スナックとかを買い占めて、死ぬまで食べ続けたいです。あとスイーツパラダイスにも行っておきたい。

しかし、それで人生が充実するのでしょうか?

 

…という話を、メンターの黒澤全(くろさわぜん)先生にしてみたところ、

 

黒澤:黒澤:そう思うのなら、やってみたらいいじゃないですか^^

 

と言われました。

 

高橋:高橋:いやいや! 実際まだ明日も生きてるかもしれないですし、実行しちゃったら明日以降ご飯が食べられなくなるので、それはまずいですよ。

 

黒澤:今日が最後の日なんですよ?

 

高橋:いやいやいや!そんなの例え話じゃないですか。明日生きてたらどうしてくれるんですか!

 

黒澤:フッ(笑)

今日が人生最後の日なら、本当にそれでいいのか?

やってみた。

自分でも、「なんだかおかしいなあ」とは思ってました。

本当の本当にやりたいことだったら、なぜ今したくないのでしょうか?

試しにできる範囲でやってみようと思い、とりあえず近所の定食屋からラーメンと半チャーハンと餃子の出前を取り、ついでにアイスクリームを食べてみました。

 

う、うまい!!

そして、お腹いっぱい、幸せいっぱいです。

満腹になり、程なく眠気が襲ってきました。

(ああ、こうやって死んでいくんだなあ…。いい人生だったなあ…。)

 

ん?

…あれ?

 

まずい、今日のGLOBO(※このブログのことです)の記事をまだ更新してなかったあぁぁぁぁぁぁぁ!!!

死ぬ前にあと1つでもアップしておけば、今日の内にあと10人はクスッと笑ってくれる人がいたかもしれないのに。無念である。

 

というわけで、満腹で死んだ高橋は無事に地縛霊となりました。ひゅーどろどろ。

そんな人生の最後って、なんだか嫌ですね(笑)。

結論。今日が人生で最後の日なら…の正しい用法について

今日が人生最後の日だったら

実験して分かりました。

私は食いしん坊なので、「どうせ今日で死ぬなら、死ぬほど食べて死にたい!」という願望があったわけなのですが、これって何かというと、「どうせ今日で死ぬんだから、本当にやりたい事はもう達成できないから、ヤケクソでどうでもいいことをやってやろう」的なやつだったんですね。

夢も何も放り出して、ただ本能のままにボーっと食べているとき、確かに美味しいしお腹は満たされます。

でも、心のどこかで「何やってんだろう、自分…」って思ってるんですよ。

 

本当の本当にやりたいこと、叶えたい夢って何だろな?と考えてみると、急に真面目な話になっちゃうんですけど、「私が今まで人から教えてもらったり、失敗しまくったりして学んだことを、本にしてたくさんの人に届けたい、未来にも残したい」というのが1つあります。

論文みたいな難しいのだとあんまり読まれないから、何か絵本とか物語みたいな形にして、読んだ人が感動してその中で愛とか生きる喜びみたいなボンヤリしたものに気づいてもらえたらいいなと。

そして、できればベストセラーになって、いっぱい印税もらって小学校とか児童館とかにプレゼントもしたいし、全国に講演会をして回りたい。ぐへへ。

 

もしも今日が人生で最後の日だとしたら、そういう夢は1日では到底叶えることはできなくなってしまいます。

でも、そこに向かって一生懸命に何かやっていれば、きっとそれ自体が楽しいし、充実感があります。

毎日、全力を尽くして「今日できることは全部やった!」と悔いのないほど行動できていたら、いつ死んでも「あ、あれやっておけば良かったなあ」とはならないわけですよ。

 

私の場合だったら、ベストセラーの本を書くという目標はあるのですが、その先には多くの人に幸せに気づいて欲しい、悩んでいるループから抜け出す道筋を照らす光を灯したいっていうもっと大きな野望があります。

今日が最後だったら、そんなの1日じゃ絶対無理ですよね。

それでも、そこに向かってできることはいっぱいあります。

その本の中身を書き進めるというのももちろんですが、今できる範囲でブログを見てくれた読者さんにもっと感動してもらえるように工夫して記事を書いてみるとか、感動する物語って何だろうって研究するとか、具体的に出版社に企画書を送るとか。

本当の本当は、そっちをやりたいし、やってるときは輝いてると思います。

だから、それを諦めて放棄して、食べまくるっていうのは全然ちがう(笑)。

おそらく「今日が最後の日だったらやりたいこと」の正しい用法は、「本当の本当に叶えたい大きな夢に向かって、悔いのないように全力でやり切りましょう」ってことですね。

もしも今日が人生で最後の日だったとしたら、あなたのやりたい事はなんですか?

こちらもどうぞ↓

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、1,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

コメントを残す

*