魂を磨く

強力に開運する方法、理想の自分を演じて意志の力を発動しよう

開運する強力な方法

運の良い人と運の悪い人の違いは何でしょうか? 一生懸命にやってもなぜか上手く行かない人がいる一方で、多くの成功者は「運が良かった」 と言います。

人の生まれや育ち、才能以外に不平等があるとしたら、「運」の要素は大部分を占めているように思います。

  • ギリギリのところを受験したのに、「たまたま」前の晩に勉強したところが出題されて合格できた人
  • 大事な試合のときに、「不運にも」靴紐が切れてしまった人

たまにある話ではありますが、「運」が本当に不確実なものだとしたら、私たちはそんな訳の分からない物に人生をゆだねているという事になります。

しかし実は、運はコントロールできるものです。

運はコントロールできる

というよりも、現実に起こる全ての出来事は、あなたの意識が作ったものなのです 。あなたが普段考えていることが波動を発し、その波動と近い周波数の出来事が現象として表れています。

運が良い人・上手く行っている人は、見るからに「運が良さそうな」または「上手く行きそうな」エネルギーの波動を発しています。雰囲気とかオーラと言い換えても良いです。

穏やかで、いつもニコニコしていて、何の不安も感じていないような人、周りの人にまで安心感を与え、あった瞬間に信頼できそうだと思われるような人が、あなたの周りにもいませんか?

そういう人たちは、「運が良いから気分が良くなって良いオーラを発している」のではありません。「いつも微笑んでいるようないい気分でいて、温かなオーラを発しているから運が良くなる」 のです。因果関係に注意が必要なんですね。

そして、いつもいい気分でいるというのは言葉では簡単ですが、実行するのは難しい ものです。いつも微笑んでいようと思っても、家族に何か小言を言われてカチンと来てしまったり、なかなか来ないバスにイライラしたり、宝くじが外れればやっぱり少しガッカリします。

そういった妨害に負けずにいい気分でい続けるためには、「意志の力」を発動しなければいけません。

今回は、どうしたら開運ができるのか、意志の力で運命を切り開く方法について、私がメンター(先生)から教わった方法の1つをご紹介したいと思います。

現実よりも思考を先に変える

運を良くするには思考から変えよう

大切なのは、気分・心の状態

まず大前提として、「自分の意識」が現実を作っている ということ認めないといけません。

「運」は誰かが勝手に決めた良く分からない作用ではなく、自分の意識が作り出した現象であるという設定にしなければ、自分で運をコントロールすることができないからです。(実際そうなんですが、信じられないなあ、と思う方は試しにそういうことにして読み進めてください。)

ここで、意識というときには、「宝くじが当たったらいいなあ」と言って表層の意識ではなく、「どうせ一等なんか当たりっこないや」と思っている本心の部分、潜在意識のことです。

引き寄せの法則のメソッドとして、よく言葉を変えましょうとか、感謝しましょう、というのもこの潜在意識の書き換えのことなんですね。繰り返しポジティブな言葉を唱える「アファメーション」がよく紹介されています。

しかし、こういうときにも表面上では「ありがとうございます…ありがとうございます…」と唱えていても、本心では「はい、感謝感謝。言っておけばいいんでしょ」とぞんざいに思っていたり、「こんなことしても無駄なんじゃないかな」と疑ったりしていると全く効果がありません。むしろ、本心のほうが現実化して行ってしまうんです。

本心を変える、ってこれがまた難しいですよね。まだ上手く行っていないのに感謝と言われてもピンと来ないのも無理はないと思います。

そこで、大事になってくるのは「もう願いが叶った理想の状態」「運がよくて何でも上手く行きそうな気がする状態」を明確にイメージして、その時の気分や心を先取りしてしまうということなんです。

次で、その具体的な方法をご紹介しますね。

理想の自分になり切って開運!

自分の理想状態に「なりきる」

自分の理想の状態をイメージして、そのときの精神状態を先取りするには、「なりきってしまう」のが一番早いです。

と言われても、「理想の自分」ってどんなだろう?とあまりピンと来ないのが普通ですよね。

イメージを助けるために、他の人の感覚を借りてくる方法があります。フェイク・イット(虚勢を張るという意味)と呼ばれるやり方です。

≪ フェイク・イットのやり方 ≫

STEP 1 すごい人を5人選ぶ
あなたが目指す理想のライフスタイルを叶えている人や、尊敬する人、こんな風になりたいと憧れる人を5人ピックアップしてください。

例)マザー・テレサ 上司の山田さん 美輪明宏さん ・・

このとき、実在の人物でどんな人なのか分かる人 の方が感覚を写しやすくなります。会ったことはなくても、本などでその人の考え方や生き方が分かればOKです。

ただし、アニメキャラとかゆるキャラとかは、イメージが難しいかもしれません。

STEP 2  特徴を書き出す
5人の人物それぞれの人物像や考え方、ライフスタイルの特徴から、尊敬できるところや真似したいところを書き出しましょう

例)
マザー・テレサ…博愛精神 強い意志を持って行動 清貧な暮らし
上司の山田さん…ひいきをしない いつも穏やかで慌てない 品がある 仕事が早い 気配りがすごい
美輪明宏さん…すごいオーラが出ている 高い美意識 聡明さ 厳しさのある愛

神様になりきるフェイク・イット

STEP 3 特徴を融合した神様を作る
2で書き出した特徴の共通点をまとめて合体せさせ、「すごい神様」みたいな存在をイメージ上で作りましょう。都合上、「人の姿をした神様」にしておいてください。

そして、神様っぽくてカッコいいオリジナルの名前を付けましょう。後でその神様にあなたも合体していただきますので、呼ばれたら気分が上がる名前にしてください。既に存在する神様の名前はイメージが固定されるので避けます。

ヒントどんな見た目ですか? どんな話し方、立ち居振る舞いですか? 普段はどんな家に住んで、何を食べて、仕事は何をして、どんな暮らしをしていますか?

STEP 4 つくった神様になりきる
イメージできたら、その神様と合体し(もちろんイメージ上で)、その神様になりきって生活しましょう。

何か行動するときはいつも、「○○の神だったら、こんなとき怒らないでニコニコしているだろうな」とか「神様だからズルしないはずだ」などと、神様らしく振る舞いましょう。

もちろんフェイク・イットで虚勢を張っている状態ですので、その通りに出来ないこともあります。そんなときも、「神様は一々落ち込んだり自分を責めたりしない!大丈夫!」といい気分で居続けるようにしましょう。

なお、「神様」なので「神様である!」と自分から威張ったり、差別したりしてはいけませんよ。

この方法は演技派の人には特に効果抜群で、服装や性格まで変わってしまうことがあります。効く人はもう、これだけで何でも上手く行ってしまうという成功法則です 。波動状態を神様モードに整えることで、良い運気を引き寄せます。

神様からいつもの自分に戻ってしまったら、「おっといけない、いけない」とすぐに戻せば大丈夫です。これを繰り返すことによって、意志力が鍛えられていきます。

また、いつも「神様」という自分とは別の目線で物事を考えようとするので冷静に考える力も鍛えられ、感情的になって落ち込んだり、怒ったりすることが減る効果もあります。

フェイク・イット、ぜひお試しください。

GLOBOな視点・向いていない人もいます

向いていない人は向いていない

かなり強力に開運できる「なりきり」法ですが、残念ながら向いていない人もいます。

どちらかというとフィーリング・右脳を使う方法なため、左脳型でロジカルに考えるタイプの人はあまり上手ではありません

「なり切ると言っても、自分は今こういう状況だし、もしもこうなったらと言っても経験したことがないなあ。だいたい理想の自分だったら、一々こんな細かいことで悩まないのではないか?」

などとゴチャゴチャ考えている時点で失敗 しています。「思考パターン」もなりきっていないと意味がないんですね。まあ、私がそのタイプなんですけれども。

考えてしまう場合は、細かい設定とか行動はあまり気にせず、単にいつも自分がゴキゲンでいるようにしてみると良いですよ。

開運に役立つ関連記事はこちら

メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる本質的マインドの数々

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*