心を育てる

おむすびの神様|まるで食べる神棚!神様の塩むすびの作り方。

神様おむすび

お茶碗に盛ったごはんも美味しいけれど、おむすびは何だかちょっぴり嬉しい。

ご飯と味のりと梅干し、だと侘しいおかずな気がするけれど、おむすびになった途端に、ごちそうになる。

おむすびには、不思議なパワーが詰まっています。

この記事では、おむすびのスピリチュアルな側面 についてまとめました。

  • おむすび・おにぎりと神様の関係
  • お米のスピリチュアルなパワー
  • 塩おむすびで過食が止まった話
  • 神様おむすびの作り方

などをご紹介しています。それでは、行ってみましょう!

おむすびと神様との関係

「おむすび」か「おにぎり」か、呼び名も形も地域によって異なるようです。

おむすび・おにぎりは、実は神様と深い関係があります。

古事記・日本書紀には、タカミムスビノカミとカミムスビノカミという、なんともおむすびっぽい神様 たちや、ニギハヤミノミコトというおにぎりっぽい神様が登場します。

一説によると、伊勢神宮の系統の大和族はおむずび、出雲大社の系統の出雲族はおにぎりという言い方をしたのだそうです。

実は、おむすび・おにぎりそのものが神事 なのです。

神棚にお供えするのは米・水・塩、おむずびを作るのに必要な材料と同じですね。

なぜおむすびに神様が宿るのか? お米のスピリチュアルなパワー

神棚の中心がお米な理由

神棚のお供えに欠かせない米・水・塩、それから酒に榊の葉っぱ。神棚のサイズなどによって並べ方は色々ですが、どんなときも中心に来るのはお米です。

「米」という漢字は「八・十・八」に分解できます。これは、天地の恵みの元で、人が八十八の手間をかけてお米が作られることを表しているそうです。

私は山形県の米どころで生まれ育ちましたが、親戚や周りの農家を見ると1年を通して本当に大変な作業だと思いました。どんなに人が手を尽くしても、雨が少なかったり、夏が寒かったりするとダメになってしまう厳しさもあります。

今でこそ稲の品種改良が進んでいますが、昔の人は自然に身を委ねるしかなく、その恵みに神様を見出したのかもしれません。

神棚は米が真ん中

和歌から見えるお米と神様|日本人のスピリチュアリティ

お米が日本人の精神性に大きく関わっていることは、稲や田にまつわる和歌が古くから多く詠まれていることからも分かります。

雲隠(くもがく)り鳴くなる雁(かり)の行きて居む秋田の穂立(ほたち) 繁(しげ)くし思ほゆ
大伴家持『万葉集』

秋の田の仮庵(かりほ)の庵(いほ)の苫(とま)をあらみわが衣手(ころもで)は露にぬれつつ
天智天皇『後撰集』

天皇陛下も、皇居内の水田で稲刈りをされたときの様子を次のように詠まれています。

夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ

その時々の思いを重ねて見つめてきた稲が、日本人にとって特別な存在であることは間違いありません。

先の東日本大震災でも、津波の被害に遭った各地の水田で稲作が再開されたことは復興の大きな象徴でした。

むすぶ、に隠された意味

おむすびの「むすぶ」には、「陰と陽を結ぶ」という意味もあるそうです。天と地がむすばれて力が凝縮されたとき、新しい神様が生まれます。

お米にぎゅぎゅっと力を凝縮した「おむすび」にも神様が宿るわけですね。

そのため、ふわっとお茶碗に盛ったご飯よりもおむすびの方がスピリチュアルなエネルギーは高い のです。

小さなおむすびの中には、稲という作物を大切にずっと受け継いでくれた昔の人や、八十八の手間をかけて育ててくれた農家の人、ご飯を炊いて更に一手間かけて作ってくれた人…人々の色んな思いが一点に凝縮されています。

そんな壮大なイメージをしながらおむすびをいただくと、更にパワーを感じられるかもしれません。

神様の塩おむすびで過食が止まった話

塩むすびで過食が止まった

私はストレスで食べてしまうタイプで、過食の一番ひどいときは一食でご飯を2合食べちゃう程でした。もちろん、他におかずやデザートもあります。

無心になって食べていると、嫌なことを忘れられました。食べ物の刺激で、気を紛らわしていたんですね。

でも、実は食べても食べても心のエネルギー不足は満たされていませんでした。ストレスで食べて、食べる自分を責めて、それがまたストレスになって、という悪循環になっていました。

 

ある時、メンター(師匠)の黒澤全先生の講座で、上記のようなおむすびの話を聞きました。

  • 気持ちを込めて丁寧に作った料理を感謝して食べると、そんなに量はなくてもしっかりエネルギーを受け取れる。
  • そして、白米と塩のおむすびは最もスピリチュアル的なエネルギーの高い食べ物

私は「本当かなあ」とまだ半信半疑でした。だって、形が変わっただけでカロリーは同じではないですか。

 

後日、先生が良い水と塩でおむすびを作ってくれるというので、10個ぐらいいただくつもりで行ってみました。

出てきたのは、ウチのお母さんが作るアホみたいに大きな丸型のとは違って、小さめの三角のおむすびでした。具も入ってなくて、ノリも巻いてないシンプルな塩むすびです。

こんなんじゃお腹の足しにならないなあ、いい塩って言われても塩だけじゃなあ、と心の中で失礼なことを思いながら、パクっといただきました。

味は、普通なんです。塩は確かに風味があって、美味しい塩でした。でも、ご飯と塩の味です。

 

びっくりしたのは、尋常じゃないほどお腹がいっぱいになるってことでした。

1個で満腹で、塩加減が違うということで頑張って2個目を食べましたが、もうお腹いっぱいでした。2個合わせても、ごはんの量としてはお茶碗に山盛り1杯くらいです。

普段なら2合ペロッと食べてしまうのに、なんだこれは。

講座で習ったことは本当だったのだと、お腹でエネルギーを感じて気づいた瞬間でした。

 

今振り返ると、心のこもったおむすびが、自分の内側にある感謝の気持ちを思い出させて、何かを満たしてくれたのかなあと 思います。

それから、黒澤式の通称「神様おむすび」を自分でも気に入って作るようになりました。未だに食い意地は張っていますが、食べる量は1食で2合から1日で2合に改善されました。

神様おむすびの作り方

神様おむすびの作り方

最後に、美味しくてお腹いっぱい幸せいっぱいの塩おむすび「神様おむすび」の作り方をご紹介します。

《材料》

 

《神様おむすびのポイント》

  • 神様に食べさせるつもりで、丁寧に作りましょう。
  • おむすび専用の器を決めて使ったり、作り始める前に場所を綺麗にして「これからおむすびの儀式を始めます」などと儀式っぽくするとなお良いそうです。
  • ラップやおにぎり器などは使わず、手で 握ります。

 

《神様に関係ないけど普通に美味しいおむすびのコツ》

  • ご飯を炊くときにも皇帝塩を少々入れるとシャッキリ美味しく炊けます。
  • 炊いたばかりの熱々のご飯はまとまりにくいので、いったんバットにあけて少し冷ましてからの方が形が崩れません。
  • 三角に握るとき、上から押さえつけるようにすると固くなりすぎます。上の手はほとんど添えるだけで、下の手で挟む力でまとめると程よくなります。

神様おむすび、ぜひお試しください。

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

2017年の6月、宮城県の網地島というところに黒澤全先生と講座のメンバーで合宿に行ってきました。

網地島は宮城県の右上の端っこの方にある人口500人ぐらいの小さな島で、仙台駅からは電車と船で3時間以上かかります。

初日、午前9時に仙台駅のステンドグラス前に集合しました。

海だぜ! っていうことで、みんなラフな格好です。中には家からビーチサンダルで来る強者も。

しかし黒澤先生はちゃんとスーツを来て、丸いサングラスをかけ、1泊なのに大きなキャリーバッグを引いてさっそうと登場。芸能人かな?

…と思いきや、2時間後。石巻港から網地島に向かう船の中で、おもむろにキャリーバッグをガサゴソする黒澤先生。

出てきたのは、ラップにくるまったおむすびでした(笑) 意外と家庭的かな?

神様おむすびは、合宿のセミナー前の勝負ランチだったみたいです。

黒澤先生の無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。おすすめです!

メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる本質的マインドの数々

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメント

コメントを残す

*