関係を築く

その勧誘のやり方はどうなの? どうして初めてのメッセージで勧誘してくるのか問題

勧誘のやり方

私はFacebookを実名・顔出し&公開投稿でやっています。

有り難いことに読者さんからのお友達リクエストを多くいただくので、いただいた友達申請やメッセージのリクエストは基本オール承認しています。

ところが、フタを開けてみたら全然知らない人からいきなりビジネスの勧誘がきた!ということもしょっちゅうです。

Facebookはそういうものだと思って構えているので一々「うわっ」となったりはしませんが、もうちょっとこうした方が良いのになぁとか、モヤモヤしてしまいます。

そこで今回は、Facebookの「はじめまして」メッセージでいきなり勧誘するやり方問題について、ちょっぴりスピリチュアルな視点から考えていきたいと思います。

あなたは、初対面でいきなり勧誘されるのは好きですか?

ある意味で効率的なFacebook勧誘のやり方

1ヶ月くらい前、友達リクエストを承認した人からメッセージが届きました。

無言で送ってくる人の方が多いのに、マメだなぁと思って開いてみると、そのメッセージがメチャクチャ長いんです。

たまたまスマホのアプリで開いたので、吹き出しがものすごく長くなって下の方しか見えず、何回もスクロールしてやっと最初の方が読めました。

なるべくコンパクトに要約すると、こんな感じ。

高橋さん、はじめまして。

友達リクエストを承認していただき、ありがとうございます。

私は✕✕に住んでいて、◯◯(←コミュニティ名)創設メンバーの△△と申します。

どうぞよろしくお願いします。

私は、こういう人たちを元気にして、社会をこういう風に変えていきたい気持ちを持っています。

現在は、◯◯で仲間と共にビジネスを学び、こういう活動もしています。全国に拠点を増やしています。

◯◯とは?
(コミュニティの概要、理念の説明、こんな人が参加しています)

他のインチキコンサルとは違う、本物の成功者の考えを学べる環境です。

失敗する人の特徴はこうで、ビジネスに必要なのはこれこれこういうことです!

イベントの日程は〜〜です。ご興味を持たれましたら、ぜひどうぞ!

長文をお読みいただき、ありがとうございます。

はあ、どういたしまして…と思いながら、「リクエストありがとうございます。これからよろしくお願いします」と、ほんのり塩対応で返信してみました。

まあ実際、理念とか活動内容を見ると、とっても素敵だなあと思うんですよ。

でも、「だからなんなの?」と言いたくなってしまいます。

全国に支部がいっぱいあって、人がいっぱい集まって儲かってて、だからって、なんで私が興味を持たなきゃいけないんですか、と。

私の先生がインチキだと言いたいんですか、と。

きっと、勧誘してきた人からすればそのような悪意は微塵もなく、相手の状況が見えていないだけなのでしょう。

いきなり「あなたの理想は?」と聞いてくる目的

いえ、相手がどんな人なのか見る必要はないし、見ているヒマもないのです。

一応、見ようとしているフリはしています。私のテンションの低い返信に対して、更にこんなお返事が来ました。

高橋さんは、ライターさんなんですね!

これからのお仕事での夢やビジョンを持っていますか?

よろしければ、聞かせてください。

まあ、ありますけど、なんでわざわざ個別であなたにプレゼンしなきゃいけないんですか?

少しでも私に興味を持っていたら、Facebook投稿からここのブログにたどり着くはずですし、だいぶ熱く理想を語ってますけど。

分かりますよ、人数を多く当たるには一人ひとりそんなに時間はかけていられませんから。せいぜい、Facebookのプロフィールを読むぐらいです。

最初は無差別にコピペでどんどん友達リクエストとメッセージを送って、何%かでも反応する人がいたら「理想は何ですか?」と相手に自己紹介してもらえば、相手をよく知ろうとして調べる手間がありません。

そして、それらに素直に答えてくれる「コントロールされやすい人」が自動的にコミュニティのメンバーになっていってくれるというおまけ付きです。

だから実際に人数が増え続けているのかもしれません。

スルーしていたら、後日また同じコミュニティの別の人からほとんど同じコピペメッセージと「ビジョンを教えて」の質問が来ました。

スピリチュアルで考える適切な勧誘の仕方

誤解のないように、私は決して勧誘をするなと言いたい訳ではありません。

むしろ、本当に良いタイミングでオファーしてもらったら嬉しいです。

余計なお世話かもしれませんけど、私はスピリチュアル的にはそのコミュニティの勧誘のやり方が、少しもったいないなあと思います。

エネルギーと信頼残高の話

スピリチュアル視点では、お金や物理的な動きだけでなく「エネルギー」の動きが重要になります。

ここでいうエネルギーとは、「何にでも交換できるもの」だと思ってください。

お金や物、体力、感情、人とのご縁、運、などなど、エネルギーはあらゆるものと交換が可能です。

実際に何かエネルギーという「物質」があるわけでなく、あくまで見立てですが、エネルギーに注目すると物事の本質に気づきやすくなります。

さて、エネルギーは普通に生活をしている中で、何をするにも消費されます。

体を動かしたり、考えたり、感情がでてきたりしていると、エネルギーは減っていき、食事や睡眠で回復します。

こういったブログとかメッセージの文章を読むのも、頭を使うし、スクロールするのに手も動かさないと行けないし、少しはエネルギーが必要です。

単純な話、くたくたに疲れて一刻も早く寝たいときに、細かい文字がいっぱいの分厚い本を読む気にはなりませんよね。

このブログを読んでいただくのにもエネルギーを使っていただいていますから、消費した分よりもエネルギーが上がるようなことを書かなければいけないと、私は思っています。

読んでちょっと疲れても、それ以上に「面白かったなあ」とか「ためになった」「気分がスッキリした」など、何かしら感情を満たしてもらえるように、読んでエネルギーが上がる文章を目指しています。

読む前と後のエネルギー量の差分が、何か別のことに使うエネルギーにしてもらえるからです。

たとえば、書いてあったことを実際に試してみるとか、他の記事も読んでみるとか、行動のエネルギーに変換されます。

何もしなければエネルギーは「信頼」として貯蓄されていき、後から使うことができます。

「こんどイベントがあるので良かったら来てください」という勧誘ともなると、相応な信頼残高が必要になります。

たとえ無料のイベントだったとしても、時間というエネルギーをくれというわけですから、行って何もなかったらエネルギーを消費して終わってしまうでしょう。

信頼残高というエネルギーを先に作っておくことにより、「この人は自分のエネルギーを上げてくれる人だ」と認識されて「ぜひ行きましょう」となるわけです。

私のメンター黒澤全(くろさわぜん)先生は、ほとんど勧誘しないのにお客さんが集まるのでよく不思議がられます。

イベントを開けば、ホームページの「新着情報」にお知らせをアップしただけで、あっという間に申込が来てしまいます。

今日は朝から驚いたことがありました。

いつもどおり朝5時に起きると、
ホームページにこっそり掲載していた新しいセミナーへの募集が
7件も入っていたのです。

まだ告知していないのに申し込んでいただけたことに驚きつつ、
ありがたいなぁ、という気持ちが出てきました。

申し込んでいただけた方への感謝もありますが、
人を集めるのを手伝ってくださる方や、
このようにインターネット上でやりとりできる
システムや仕組みに対しても感謝の気持ちが出てきました。

公式メールマガジンでも、上記のような独り言みたいなのを書いただけです。

特に申し込んでくださいとも、イベントページのURLすらも書いていないのに、当初用意していた22席が24時間で満席になってしまいました。

場所が仙台、金額は25,000円、しかも全く有名ではない講師で、といったらどんなにあり得ないかお分かりいただけるでしょうか。

何か秘密の集客方法とかを使っているわけではなく、単純に、普段から地道に信頼を積み、エネルギーをプールしているだけなのです。

信頼残高なしで勧誘すると何が起こるか

「はじめまして」での勧誘について、エネルギーの動きを見てみましょう。

信頼残高の初期値は基本的に0です。誰かの紹介だったりすると少し高い位置からスタートすることになります。

Facebookで友達リクエストを承認してもらう、メッセージを読んでもらう、というのも相手のエネルギーを消費していますので、相手がメッセージを読む頃には0どころかマイナスになっちゃってます。

そこで、届いたメッセージがいい感じに相手のエネルギーを上げることができれば、信頼残高が増え、次につながります。

私に届いたコミュニティへの勧誘は、読む人によってはものすごくエネルギーが上がる内容かもしれません。

ちょうど起業したけど仲間がいなくて困っていて、ビジョンを誰かに語りたいと思っていたところだったとしたら、「待ってました」となるでしょう。

でも、そういうタイミングじゃない人には、いきなり興味のない長文の勧誘を読まされて「え、なんなの」と更にエネルギーダウンすることになります。

勧誘してきた人も、これをやったらエネルギーが下がるのを予想してか「長文を読んでくれてありがとう」の回復呪文を添えています。

自分たちが役に立てる人・助けたい人のためなら、それ以外の人に多少のネガティブエネルギーが生じるのはやむ無しというわけです。

そうやって大量にメッセージを送りつけていけば、いつか必ず興味のある人には当たりますから効率は良いです。

私も一時期、そうやってFacebookの友達を増やそうとしていたことがあるので、自分のことを棚に上げていると思います。ごめんなさい。

ただ、もったいないのは、もうちょっと工夫すればネガティブエネルギーという逆効果を小さくして、信頼残高を増やせるという点です。

ちゃんと人と関わって信頼を積んでいけば、たとえコミュニティメンバーにならない人たちにもファンや協力者になってもらえます。

たとえばディズニーランドも1つのコミュニティですが、いろんな関わり方があります。

  • 年間パスポートを持ってて毎週遊びに来るコアなメンバー
  • 年に数回は来場する準レギュラーの人や旅行でたまに来る人
  • パークには行かないけど、映画やDVDで作品を見たり、グッズをたくさん持っていたりして世界観を楽しむ人
  • YouTubeでパークの動画だけ見て満足する人

お金を1円も払わずにディズニーのコミュニティには属している人がいて、その人たちもコミュニティを盛り上げるのに一役買っています。

なのに、仮に「年間パスポートを買うのがヤル気のある素晴らしい人です! 他のテーマパークは全然楽しくないです! だから来てね!」

と言われたら、コアな層は喜ぶかもしれませんが、周辺の人からしたら微妙じゃありませんか?

え…USJはダメなの? みたいな風に思われて、ファンになりにくいどころか、「あの人たち、何なの!」とネガティブなエネルギーが周囲に広まってしまう恐れもあります。

なので、いきなり勧誘してエネルギーを奪うよりも、まずは雰囲気や世界観を見せてエネルギーを提供し、信頼を作るのが大事ではないでしょうか。

そうすれば、お客さんではない人もファンになって紹介してくれたり、世界観を気に入って広めてくれたりしますので、短期的には非効率でも長期的には良いはずです。

信頼残高をプールしながら勧誘する方法

全体の信頼残高を減らさない具体的な勧誘方法としては、興味のある人だけにオファーが届くようにすれば良いだけです。

Facebookのメッセージなら、「はじめまして」に全部書いて送るんじゃなくて、1通目は簡単に「こういうことしてるものです、どうぞよろしく」のみにして、相手の反応を見ます。この程度なら、そんなにエネルギーを奪いません。

その時点で「どんな活動なんですか?」などと食いついてきたら、「実は、近々こういうイベントがありまして、お近くに間もなく拠点もできるんですよ〜」などと勧誘してあげればよく、微妙な反応だったり無視されるようならそこで一旦ストップし、Facebookで交流しながら信頼を積むようにします。

タイムラインで情報提供をするなどして信頼を作っていけば、「この人の話なら聞いてみたいな」と興味を持ってもらえるかもしれませんし、あんまり関係ないわ〜と思ってる人にもネガティブな印象を与えず信頼残高をキープすることができます。

問題は、相手の反応をちゃんと見ながら丁寧に関わらなければいけないので、一斉にコピペで送るよりも数倍、手間がかかることです。

その手間をスキップしてでも、とにかく大勢の人を集めなければいけないような事情もあるのでしょう。

しかし、やっぱり勧誘される側の立場で考えると、その他大勢として見られているのか、個人としてきちんと見られているのかでは、印象がまるで違います。

同じような、日本最大級のなんちゃらコミュニティのお誘いが他にもいっぱい届くのですが、メッセージで一度やりとりのワンクッションがあってからだったり、先に大量に「いいね!」を押してくれてから遠慮がちに「ご興味があればどうぞ」と来る人は上手いなあと感心します。

まとめると、相手との間にどのぐらいの信頼があるのか、「エネルギー量」に注目するといい感じに勧誘できるのになあ、という独り言でした。

コミュニティ勧誘に限らず、集客とか営業とかに使える発想だと思いますので、ご参考になれば幸いです。

こんな長文を最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

ここまでスクロールされた方は、少しは興味をお持ちいただいていると見込んで、私からも勧誘なのですが(笑)、ビジネスをエネルギーの動きで見る方法を教えてくれた我がメンターの黒澤全先生の無料メール講座をこの下でご紹介しています。

きっと、登録して読むのに使うよりずっと多くのエネルギーを受け取れると思いますので、もしご興味があればチェックしてみてください。

無料メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる方法

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、13万文字を超えるテキストと450分以上の音声セミナーという大ボリュームでお伝えするものです。

ありがたいことに、すでに参加した人からはこんな感想も頂いています。

・まだ読み始めて数日ですが早速小さな奇跡が起きています。
・薄っぺらい知識ではなく、本物の知識を学べてるので幸せです。
・今まで学んだ中で一番すーっと入ってくる内容でした。


講座の講師を務めているのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる私のメンター、黒澤全です。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*