関係を築く

いつもお金が足りない問題を解消する3つのマインドセット

いつもお金が足りない人へ

□ 給料日前はいつもお金がピンチ になって、カードで買い物してしまう。

貯金できないのは収入が少ないからだと思う。

□ いつも欲しい物がたくさんあって、冬のボーナスは年末のセールで既に消えている

 

ひとつでも当てはまったら、要注意です!

欲しい物を我慢して不満に思ったり、貯金ができなかったりするのは、「収入が少ない」せいだと思っていませんか?

しかし、実はそんなことはありません。

「毎月あと5万円多く収入があったら貯金ができるのに」と思っている人は、年収に関わらず、たとえ収入が倍になったとしても貯金ができないのです。

年収300万円でも貯金できる人はできますが、年収600万、1000万でもできない人はできません。

なぜなら、お金の感覚は収入が増えるのに比例するからです。たとえば、あなたが小学生のときを思い出してみてください。駄菓子屋で10円、20円のお菓子を買って1回のお買い物では何十円とか、せいぜい数百円ぐらいしか使わなかったと思います。

その頃の100円の感覚って、きっと今の千円ぐらいの感覚になっているのではないでしょうか?

同じように、年収300万円から年収3000万円に増えたときには、お金の価値が10分の一に感じられるのです。つまり、今の千円の感覚で万札を使うようになり、千円、5千円は小銭感覚に変わります。

そして、そのお金の感覚で、欲しい物もランクアップしていき出費が増え、結局全部使ってしまう のですね。

収入うが増えるとお金の感覚が変わる

本当にお金に執着がなくて「宵越しの金は持たない」主義の人ならば、それはそれで良いと思います。

しかし、お金が足りないことにいつも不満を抱いていたり、貯金がないことに不安を持っていた里するのならば、収入を増やすことよりも先にお金の使い方から改めた方が良いかもしれません。

何か目標があって収入を増やそうと思うのは悪いことではありませんし、お金儲けそのものも世の中に価値を生み出す大切な行為です。

でも、たとえその目標にまだ到達していなくても、今の収入、今の暮らしでも、幸せを感じていられた方が良くありませんか?

不思議なことですが、「あれも欲しい、これも欲しい、もっとお金!お金」とハングリー精神で頑張る人よりも、今の暮らし満足して幸せを感じながらも目標を持って進んでいる人の方が、結果的にお金にも愛されてしまうようです。

これは、心から良い気分で幸せな状態だと、そういう雰囲気・オーラを発して更にお金や好運を引き寄せてしまうからなんですね。(参考「お金を引き寄せ、不安を解消!お金のスピリチュアルな特性とは?」)

そこで、今回はあなたの今の収入と使えるお金の枠の中で十分に満足して幸せを感じられるためのマインドセット をお伝えします。

「お金が足りない!」を内面から解消し幸せオーラを発することによって、実際に後から収入もついて来るでしょう。

お金が足りない!の解消法1 情報を遮断する

物欲を煽る情報を遮断

「お金が足りないんだけど、どうしよう?」と、考える前に、前提となっている「お金がない」状況がどうして起こってしまったのか を考えてみましょう。

きっと、何か欲しい物・必要なものがあって、それに対してお金が足りていないという事だと思います。

生きるために最低限必要なものについては仕方がありません。でも、おそらくこの記事をご覧いただいている方は、それほど生きるか死ぬかという事態までは行っていない と思います。

なぜなら、ここは日本 ですから。

本当にお金がなくても、生活保護とか、そこまで行かなくても住み込みで働ける仕事とか、ホームレスのための炊き出しとかがあります。人徳のある場合は友達の家に居候させてもらうとかで、なんとか命をつなぐことはできるでしょう。

お手元のパソコンやスマホも、状態が良ければ数千円で下取りしてもらって何日か食べる分にはなる はずです。

そういう話ではないですよね。

  • スマホを最新機種に買い替えたい
  • もっと広い家に住みたい
  • 毎日でもホテルのランチを食べたい
  • もっといい服を着たい
  • 年に1回は海外旅行にいきたい
  • 1億円ぐらい貯金をして早期リタイアしたい

などという、「プラスアルファ 」の話かと思います。

では、なぜ必要最低限のものでは足りずに「プラスアルファ」を求めてしまうのでしょうか?

ひとつには、外から「ほしいと思わせられている」ということがあると思います。

たとえば、もしも「くるくると動き回る自動お掃除ロボット」という存在を知らなかったとしたら、それを「必要だ」と思う事もありませんよね。だって今まで、なくても掃除出来ていたわけですから。

(中には必要だと思って「こういうのあったら便利だから開発しよう」と考えたり、「こういうの無いかな」と探しに行く人はいるかもしれません。これなら自分から欲しいと思っているので本当に必要なのだと思います。)

欲しい欲しい!

さて、テレビCMや街の看板、店頭、雑誌の中やインターネット上にも、たくさんの広告 が出ています。

最初は特ににそういうのが「必要だ」と思っていなかったにもかかわらず、なにか素敵な広告を目にしたときに「欲しい」と気持ちが変わってしまいます。

そして、欲しいと思ったのものが手に入らないと不満とか不幸になってしまう わけですね。

子どもだって、家にあるもので楽しく遊んでいられるのに、おもちゃ屋に連れて行ったら「あれが欲しい」「これが欲しい」と床に大の字になってジタバタ暴れて泣きわめき、買ってもらえないと不機嫌になります。

持っている物は同じでも、「情報」を取ってしまうとそれが欲しくなって、手に入れないと満足できず不幸になってしまうんですね。

もう一つは、他人と比較してしまうことです。

有名人を見て、または、周りの友人知人を見て、何かが欲しいと思うこともありますよね。

「人並みに新車ぐらい買えたらいいなあ」

「あの人はが持っているのよりいいものが欲しい」

「月の小遣い1万円は少ない気がする」

などと、最初に自分ではなんとも思っていなかったのに、影響を受けて欲しくなってしまいます。

これも、子どもが友達の家にあるおもちゃやゲームを見て「自分も欲しい」と思うのとおんなじですね。

では、どうすれば影響を受けずに済むかというと、方法は2つあります。

  • 気にしない
  • 見ない

「よそはよそ、うちはうち」と、広告や人から全く影響を受けない自信のある方は、「気にしない 」というだけで余計な物を欲しいと思わなくなるでしょう。

どうしても気にしてしまう人は、情報を見なければ良い ということになります。

完全に情報を遮断するのは不可能でも、テレビを見る時間を減らしたり、交友関係を広げ過ぎないようにしたり、特に買う予定もないのにウィンドーショッピングに出かけたりしないことです。

お金が足りない!の解消法2 欲しい物を決める

本当に欲しい物を決めよう

物欲そのものが悪いということではありません。なにか憧れの欲しい物があるから、それに向かって頑張って働こうと思えるとか、良い物を買って心地良く暮らせるとかは大事です。 人生、楽しむことも必要ですから。

ただし、毎月使えるお金には限りがあり、何もかも全部は手に入らない ということを忘れないようにしましょう。

欲しい物を我慢するのではなくて、本当に欲しい物に集中 するんです。

最初に、自分が一番欲しい物をハッキリさせましょう。たくさんありすぎて分からないときは、「何のために必要なのか?」を考えてみてください。

たとえば、「皆持っていて、持っていないと恥ずかしいから」とか「何となく良さそうだから」というのは大した目的ではありませんよね。

本当に自分が大好きで、持っていたら気分が上がるもの、長期的にみて良い物、自分の人生のテーマにどうしても必要なものを優先して、どうでもいいものにはお金を使わないことです。

たとえば、「旅」が大好きで、人生のテーマが旅である!というぐらい旅を愛していれば、他に何をおいても旅行のためにお金を使うべきです。しかし、「皆ハワイに行ってていいな~」ぐらいの気持だったら、1円も使うべきではありません。

お金が足りない!の解消法3 自己投資にお金を使う

お金は自己投資に使おう

お金が足りないのにお金を使うというのは、ちょっとおかしいように見えるかもしれませんが、その時だけ楽しいことにパーッとお金を消費してしまうよりも、将来にリターンが得られるものに投資した方が良い ということです。

たとえば、お金に困ってしまうのは、お金のことを良く知らないからです。千円いくらで本を一冊買ってお金について勉強するだけでもだいぶ変わります。

しかし同じ自己啓発セミナーに参加するのでも、ちゃんと成長して自分の仕事や生活に活かすことができれば「投資」となりますが、その時だけ気分がよくなって終わってしまって何も変化がないのでは「消費」となって、あまり意味がありません。

反対に、何でもないような普段の食事をするのでも、ただ気分で好きなものだけバクバク食べていたら「消費」ですが、将来の健康のためにと意識的に選んで食べたらそれは「投資」と言えます。

高級ブランドバッグを購入するのでも、「皆が持っていて羨ましいから」と何となく買ったらただの無駄遣いになるかもしれませんが、「高級ブランドバッグを買うという体験から上質なサービスを学ぼう」とか「このバッグにふさわしい自分でいるような感覚をつかもう」とか、何かしらの目的があって学ぼうとしているのなら、それは自己投資 になるかもしれません。

大事なことは、流されて気分でお金をつかってしまわないで、「自分はこういう生き方をするんだ」と主体的にお金を使うということです。

そして、最も割の良い自己投資は「人に会うこと」です。 これは、経営者や起業家の方はみんなやっていることです。

  • ランチをするのでも、誰かに会って話を聞いて自分の世界を広げる。
  • 何かにおいて自分よりもレベルが高い人に会いにセミナーに参加する。

もちろん、変な人に会ったらだめですよ。自分を引っ張り上げて成長させてくれる人に会いに行く、そのためにお金を使う というのが、一番リターンの大きな自己投資です。

GLOBOな視点・金欠を楽しもう

お金が、増えてる!

お金はあればあったで良い物ですが、ないから不幸ということはありません。

貯金があるとか、借金が何百万円、何千万円ある、とかは「アクセサリー」のようなもので、その人の本質ではありません。

もしも、今、あなたがお金がないせいで不幸だと思っているのなら、それは全くの勘違い です。

…と言われても、あんまり納得できないかもしれません。私自身も、メンター(先生)からそれを言われて「嘘じゃないの?」と思っていました。

そんなこと言えるのは、先生がお金があって余裕があるからなんじゃないかと。

でも、私も実感することがありました。

すごく金欠で、もうこれ以上借金もできないしどうしよう…というときに、ちょっとした出来事でものすごい幸せを感じられることがあったのです。 (参考「愛されない子、というトラウマを私が克服した一瞬の出来事について」)

収入で言ったら、会社員時代の方がまだ多かったですし、安定もしていましたが、いつも何かを追いかけているような焦っている感じでした。こんな心が震えるような幸福感を、お金に関係なく味わうことができて、やっぱりお金は幸福感にはあんまり関係ないんだなあと思いました。

ところが、そんな気分になったとたん、その日のうちに思いがけないところから約2万円の臨時収入がありました。ショボいですが、その時の私にとってはすごい大金でした。お金への執着を忘れた途端にお金が入ってくるというのも本当のようです。

よく、「無欲でお金に執着せず、人に親切にする正直者が最後にはお宝をゲットする」というパラドックスを含んだ昔話があります。お金に興味がないと言いながら、最後のご褒美がお金、 というのはどういうことなのだろうかと。

これは、何やら難しい哲学ではなくて、単に現実がそういう法則で動いているという話です。

今が金欠でも、今あるものに感謝して幸せでいると、何でか知りませんがお金が引き寄せられてきてしまうのです。

なので、お金が足りないときでも、まるでもうお金に不自由がまったくないようにゴキゲンで過ごしましょう。 すると、心に現実が追い付いてきます。

金欠に役立つ記事はこちら

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、私のメンターでもあり、2,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全(くろさわ ぜん)先生。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら


【期間限定】GLOBO1周年特別記事

コメント

コメントを残す

*