関係を築く

メンターの探し方を先生運が最強な私が教える!

メンターの探し方

なぜか分かりませんが、私は先生運がすごく良いです。

今までにメンターというべき人に少なくとも4人出会っていますが、そのたびに人生が大きく変わってきました。

この記事を検索して読んでくださっている方は、既にメンターをお探しの方か、これから探そうとしている方かと思います。

そこで、なぜメンターが必要なのかという話は省略して、どうすれば良きメンターに出会えるのか、という事をお伝えしていきたいと思います。

なお、メンターにもいろんな意味がありますが、ここでは「仕事とか人間性を次の段階に引っ張り上げてくれる先生・師匠のような存在」としておきますね。

メンターの探し方1人目・釣られてみよう

メンターを見つけた方法

最初のメンターには、学生時代に出会いました。

研究室の先輩だったのですが、社会人枠の40代の女性の方でした。最初の印象は、「変な人」でした。

女の人なのに、髪の毛をスポーツ刈りに近いぐらい短くしていて、講義はいつも最前列で「うん、うん」とすごくうなずきながら聞いているので目立っていました。

当時の私は超絶にヤル気のない学生でしたので、起業とかビジネスとかには全く無縁、同級生たちが公務員試験とか教員採用試験の勉強をしている中、適当に就活するかー、ぐらいに思っていました。

そんな「意識低い系」だったので、メンターという言葉さえ知らなかったんですね。

で、4年生になって、その変わった女の人と同じ研究室に入ることになりました。

私は少々空気が読めないというか、人との距離感が分かっていない部分があり、馴れ馴れしくその女の人にも絡んでいったのですが、ある日、ゼミの後でご飯を食べに行かないかと誘われます。

ちょっと変な人でしたが、ISSEY MIYAKEとかのいい服を来ててタクシーで出入りしていたので、「これは、おごってもらえるかも」という下心でホイホイ着いていきました。

(食い意地が張っているので、おごってもらえるセンサーは敏感です。笑)

その後、家族の問題から、就職、男関係まで相談するようになり、大学とは別に研究会みたいなこともやったり、色々とお世話になっていました。なお有料でした。

当時はその人のすごさがあんまり分かっていなかったのがもったいないです。

残念なことに私がかなり依存チックになってしまって、後に離れることとなりました。

なので、ヒントとしては「メンターを探すぞ!」って思っていなくても、身近なところにメンターとの出会いはあるかもしれないですね。

メンターの探し方2人目・セミナーに行ってみる

メンターの探し方

1人目の先生と離れることになってしまったのですが、また戻りたいという気持ちがずっとありました。

お金がないから関わってもらえないんじゃないか、と勘違いしていたので、お金を稼ぐことをポジティブに考えるようになりました。

そこで、何か法律系の資格を取って開業しようと考えていました。

これが既に28歳のときですね。

2人目の先生は、普通にビジネス系のコンサルタントの人をネットで検索して探しました。

「資格で1千万円稼ぎましょう、ドーン!圧倒的実績!!」みたいな、よくある感じの広告が出てましたが、よくよく見ると「なんか真面目そうな人だなあ」という印象がありました。

あと、お客様の声で名前が出ている人たちも調べ上げて、実在する人物でまあまあ上手くいっている人たちっぽかったので本当なんだろうなあと思いました。

それでもいきなりだと心配なので、試しに5千円ぐらいのセミナーに参加して、めっちゃいい人そうだったのでコンサルをお願いすることにしました。

(余談ですが、この時のセミナーで隣に座って名刺交換した人が、奇しくも今のメンターの講座に一緒に参加する仲になっています。)

でセミナーの先生は、実際めっちゃいい人でした。おそらく、相当にマインドの高い人なのだと思います。

1千万円稼ぐとか、1億円コンサルタント〜とか派手な事をやっているのはそういうのを求めるお客さんに合わせているだけで、ご本人は淡々としているというか、もっとよく分からない目標を持って進んでいるような感じです。

本もたくさん書かれている方で、ライティングを最初に教わったのがこの2人目の先生でした。

メンターの探し方としては、パッと見がお金お金しているからって怪しい人とは限らない!ということですね。

実際に会ってみたりとか、その人の言動を見たりとかして、人となりを見るのが良いと思います。

ちなみに、私は興味を持った人の情報を集める習性があるのですが、2人目の先生についてはブログの過去記事とか10冊以上ある本とか全部読んでました。

ストーカーみたいなんですけど、なんとなく文章からって人の雰囲気が分かりませんか? 私だけでしょうか…?

メンターの探し方3人目・講座に行ってみる

コピーライティングの先生を見つけた方法

3人目の先生は、2人目の先生と時期がかぶっていますが、コピーライティングを教わった先生です。

資格の勉強に挫折して(笑)、もう資格なんかなくてもコピーライターで良いんじゃないか? というぬるい考えで、「今日からあなたもコピーライター」という千円ぐらいの講座に参加したのが出会いでした。

取材の仕事に連れて行って見学させてくれたり、添削してくれたりと、すごく可愛がってもらいました。

この方はお金を受け取らない主義だったので、そのかわりに仕事取ってきてお渡ししたり、別のときにこちらもお手伝いしたり、といった感じでやっていました。

あと、教わったことを素直にやって報告する、というのは徹底していました。

最初は練習のために新聞に投書すると良い、とアドバイスをもらい、実際に掲載された紙面を見せたらすごく喜んでくれて、それで仲良くなれた気がします。

メンターの探し方アドバイスですが、メンターとなる人は、必ずしもコンサルタントとかコーチを名乗っているわけではなく、お金を受け取るとも限りません。

ただ、「悪いなあ」と遠慮をしてしまったり、「こんなに良くしてもらったから、頼まれたら断れないかも」って思ったりしてしまうので、個人的には関係のバランスを取るのが難しいと感じた件でもありました。

メンターの探し方FINAL・Facebookを見てみる

Facebookでメンターを見つける

4人目の先生が、GLOBOにもよく登場する黒澤全先生です。

約2年前になりますが、当時Facebookでビジネスのようなスピリチュアルのような投稿をしているのを何かのきっかけで目撃し、ブログやメールマガジンを読むようになりました。

なおストーカー気質により、黒澤先生の発信の類も隅々まで全部読んでました(笑)。

Facebookやブログの投稿にはビジネスの話やスピリチュアル、時にはマジックとかアニメや映画の話が出てきていて、独特な雰囲気がありました。

おそるおそるコメントを付けたりして絡むぐらいにしてました。

それからセミナーに何度か参加して、今に至ります。

黒澤先生に出会って気づいたのですが、黒澤先生はぜんぜん依存させてくれません!

イメージ的には、溺れかけたところに浮き輪を投げてくれて、「ふう〜安心」って思ってるとその浮き輪にプスって穴を開けてまた沈めるみたいな(笑)。

自分で泳がせられるのでしんどいといえばしんどいのですが、そのぶん自分で試行錯誤して成長できるような気がします。

たぶん、スピリチュアルのすごい人とかコンサル・コーチの先生って意図せずとも生徒を依存させてしまうんですよね。(意図してやる人も中にはいるかもしれませんが。)

メンターを探すときに注意したいのは、依存しすぎないようにすることですね。

メンターの探し方まとめ

メンターは「私はメンターです」とは名乗っていません。あなたが師と仰いだ人がメンターとなります。

メンターを探すには、その道の自分よりレベルが高い人がいそうな所に行ってみましょう。

見た目やお金などの外側になるべく惑わされずに、人としてすごい!という人を見つけると絶対に上手くいきます。

あなたも良き先生に出会えますように!

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

私が最初、黒澤先生をネットで発見したときには、まさかこんな感じで弟子みたいになるとは思っていませんでした。

すごそうな人がいるなあ…とは思いながらも、その当時の黒澤先生のホームページには「対面コンサルティング 1回5万円」という価格表が乘っており、お金がない私が気軽に相談できる相手じゃない気がしていました。

でも、ときどき数千円ぐらいのセミナーが開かれていたので、話は聞きに行っていました。

何回目かに参加したのセミナーの日のことです。

その日は、土曜の夜の19:30から開始だったのですが、私は少し早く到着してしまいました。

そこで、会場の会議室からアーケードを挟んで向かいのドトールで、開始までの時間を潰すことにしました。

土曜日でまあまあ混雑しており、先に席を取ろうと奥の方に進んでいくと、黒澤先生と当時のお弟子さんが二人で何やら真剣に話しているとことでした。

(ここにいちゃまずい!)

なぜかそう思った私はダッシュで逃げ、ドトールではなく会議室のビルのロビーで待つことにしました。

なんというか、黒澤先生の周りは不思議な空気感があって、悪いこと出来ないような感じがするんですよね。神社の境内みたいな、ぴーんとした感じ。

というわけで、やましい心の私は浄化力に耐えきれずに離脱したのですが(笑)、黒澤先生とお弟子さんの図を見たとき、はっきりとイメージが降りてきたんです。

(あ、私も黒澤先生の前に座って話してるな…)と。

それは、「なったらいいな」という願望でもなく、「なってやる」という意欲でもなく、「既にそうなってる」かのような感覚でした。

そのビジョンは、半年後の2015年12月13日に実現することとなります。

その時は「引き寄せ」という言葉すら知りませんでしたが、天然でメンターを引き寄せたんじゃないかなと思っています。

“歩く神社”なわがメンター黒澤全先生の無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。おすすめです!

無料メール講座『奇跡の扉』|アリエナイほどの奇跡を引き寄せる抽象力の秘密

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*