思考を鍛える

思い込みの恐ろしい効果|失敗の裏にある隠れた思い込み

思い込みの効果

思い込みには、人の行動だけでなく性格や健康までも変えてしまう効果があります。

努力しているのになぜか上手くいかない場合、「自分にはできない」という思い込みが深いところで精神的な壁になっているかもしれません。

逆に、良い思い込みの効果を使えば、今までは絶対にできないと思っていた高い目標を達成したり、病気を直したりすることも可能です。

この記事では、思い込みの効果の例と、思い込みを良い方向に使う方法をまとめました。

思い込みの効果の例

思い込みの例

思い込みの効果例1 偽薬のプラシーボ効果

思い込みの効果でよく知られているのは「プラシーボ効果」です。

まったく効果のない偽薬を飲んでも痛みが取れたり病気が治ってしまったりします。

「薬を飲めば痛みが取れる/病気が治る」という思い込みの力は薬効にも優ることがあるのです。

思い込みの効果例2 血液型占いはよく当たる?

血液型や星座占いが当たるのも思い込みの効果による部分が少なからずあります。

占いの本とか周りの人から「あなたは乙女座のB型だから、マイペースで二面性がある性格ですよ」などと言われ続けていると暗示がかかり、思い込みによるセルフイメージが形成されます。

すると、自分でも気づかないうちに乙女座のB型らしい立ち居振る舞いをしてしまい、「やっぱり当たってる!」と思い込みを補強してしまうのです。

思い込みの効果例3 ダイエットできない

食べすぎてしまってダイエットができないのも思い込みによる場合がほとんどです。

「自分は太っている、自分は食べる楽しみがないと辛くなる、このぐらいの量を食べないといけない、自分はダイエットをすると必ず失敗する」

そういった思い込みを無くすことさえできれば、別にそんなに食べなくても辛くなくなるし、あっという間に体型まで変わってしまうこともあります。

同様に、朝起きられない、船酔いする、食べ物の好き嫌いなども思い込みなだけの可能性もあります。

※食物アレルギー等は体質によるものですので「思い込みだから」と無理に食べることは絶対にしないでください。

思い込みの効果例4 名前と性格・能力

親からもらった名前は、良くも悪くも思い込みを作ります。

ご自身や周りの方の名前を思い浮かべてみて下さい。

不思議なことに、なんとなく名前の意味とその人の性格や能力などの特性はよくマッチしていませんか?

たとえば「賢太郎」さんや「聡子」さんは、本当に頭が良い人が多いです。

命名には、こんな子供に育って欲しいという親の願いが込められています。

何年も何十年も名前は呼ばれ続けるため、セルフイメージに大きな影響があり強力な思い込みになっていくのです。

気づきにくい思い込みの効果

それってただの思いこみ

思い込みは、何かを考えるときに当たり前過ぎる前提として染み込んでいるため、なかなか気づきにくい場合もあります。

「私は暗い性格で将来の心配ばかりしてしまうんですけど、どうしたら不安を無くせるでしょうか?」

こんなお悩みがあるとき、出てきた不安をどうしようという事を考えがちなのですが、実は思い込みが根本原因になっています。

この方には、少なくとも次のような思い込みがあるようです。

  • 私は暗い性格である
  • 暗い性格は悪い
  • 将来の心配をするのは暗い性格のせいだ
  • 将来の心配をするのは悪い
  • 不安はない方が良い

たとえば、「自分は暗い」という思い込みをやめれば本当は別に暗く無い人なのかもしれませんし、「暗くても別によい」と思うことができればそれで悩むこともなくなるかもしれません。

しかし、これらは何かを考えるときの前提になっているせいで自分では気づきにくくなっています。

自分の思い込みを発見するためには、いい意味で自分の考えを疑う必要があります。

  • それは本当に事実か?
  • どうしてそう思いたいのか?
  • 逆の可能性はないか?

思い込みは「ある」という事を意識して、ときどき考えてみましょう。

思い込み効果をいい方向に使うには?

では、思い込みの効果をいい方向に使うにはどうしたら良いのでしょうか?

単純ですが強力な方法は「反復」です。

新しく思い込ませたいことを繰り返し言い聞かせると、潜在意識に入って考えが変わります。

たとえば「お前は天才だ」と本気で何回も言ってあげると本当に天才性を発揮してくれます。

「気が利くね」といつも褒めてあげると、ますます気を利かせてくれるでしょう。

誰も言ってくれない時は「私は◯◯だ」と自分で繰り返し言ってもオッケーです。

ただし、気持ちがこもっていなければ効果はありませんよ。

力強く、本当にそうなっているかのように自己洗脳をかけて良い思い込みを作っていきましょう。

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

人の相談に乗る人は、相談者がどんな思い込みを持っているかに注目してみましょう。

悩みや質問にそのまま答えようとすると埒が明かなくなることがあります。

たとえば、「朝起きられないんですが、強力な目覚まし時計はないですか?」という質問に対して、「この目覚まし時計は音がすごく大きいですよ」とか「こっちは光るのでまぶしくて起きられますよ」と答えるのは直球でそのまま答えるパターンです。

「どうしてそもそも起きられないんですか?」と朝起きられないという前提にアプローチすると、そもそも睡眠時間が足りていないとか、寝具が悪くて眠りが浅いとか、本当の問題が見えてきます。

思い込みを解消する方が根本的な問題解決につながりやすいのです。

思い込みや潜在意識についても学べる無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。おすすめです!

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、私のメンターでもあり、2,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全(くろさわ ぜん)先生。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

コメントを残す

*