思考を鍛える

タイピングを楽に速くできる! 簡単「最適化」入門・練習問題つき

タイピング最適化入門

皆さんはパソコンのキーボードのタッチタイプ(ブラインドタッチ)を習たことはありますか?

学校で習った、という方、タイピングゲームで覚えたという方もいらっしゃると思いますが、おそらく、こんな方法で覚えていると思います。

ホームポジションに両手の人差し指を置いて、10本の指でそれぞれ押すキーが決まっている、と。

最初はこれでキーの位置を覚えるのは良いのですが、実は、これだと少し打ちづらいことがあります。

たとえば、いまパソコンがお手元にある方は「ふゆでゆきふり、ざわざわ」とメモ帳か何かに打ち込んでみてください。

教科書通りのローマ字入力だと、

huyudeyukihuri,zawazawa

となります。

「huyu」は全て右手の人差し指が連続していて、「de」は左手の中指、「ki」は右手の中指の連続打鍵です。

「zawazawa」なんか左手の小指が忙しくて大変じゃありませんか?

慣れているからどうってことないなあ、と思われるかもしれません。でも、これからご紹介するアレンジ「最適化」を取り入れるとローマ字入力がスピードアップして、しかも指が楽になりますよ。

お仕事でパソコンを使う方は、 ぜひ試してみてください!

タイピングの最適化とは?

まずは、こちらの動画をご覧ください。

神業的にタイピングが速い人の手元ですが、よく見ると教科書通りにはタイプしていない のがお分かりいただけると思います。

たとえば、右手の中指が[u]まで伸びてきたり、左手の人差し指が[y]や[h]まで伸びてきたり、 ポジションをスライドしながら流れるように打鍵しています。

そう、教科書通りでは打ちづらい文字を、自分が打ちやすいように「最適化 」しているわけですね。

ローマ字入力を速くするには、同じ指を連続させないというのが一つポイントになります。

また、手の大きさや指の長さのバランスは人それぞれですので、自分に合った入力方法にアレンジすることで楽にタイプできるようになります。たとえば、動かしにくい小指をなるべく使わない方法や、下段キーの一部で親指を使う方法もあるんですね。

ここまで早くする必要は無くても、高速タイパーの最適化技をいくつか取り入れて見るといつものタイピングがスピードアップしてミスタイプも減らせると思いますよ。

次では、私がやってみた最適化の中で、特に簡単で覚えやすくよく登場するものをご紹介していきます。

最適化の方法には、

  • 指使いを変える
  • 打つキーを変える

の2通りがあります。それぞれ順番に見ていきましょう。

指使いの簡単な最適化

凡例
():ローマ字入力の表記
[]:キー
《》:指使い
例)《右人・右中》
…1つ目は右手の人差し指、2つ目は右手の中指で打鍵

ゆ(yu)の最適化

「ゆ」の最適化

ゆ(yu)はホームポジションからのタイピングですと、右手の人差し指が連続 してしまいますね。(yu)の指使いを変える最適化は2パターンあります。

・パターン1《右人・右中》
ホームポジションから[y]に右手の人差し指を伸ばしたら、その隣の[u]にスッと中指をスライドさせましょう。

ゆ(yu)の最適化練習問題

ゆさゆさゆらす (yusayusayurasu)
ゆうべゆでたゆば (yuubeyudetayuba)
ゆとり世代と脱ゆとり世代 (yutorisedaitodatuyutorisedai)

・パターン2《左人・右人》
パターン1の方法では、「ゆき」(yuki)などその後に《右中》が連続してしまう場合や、「きゅうきゅう」(kyuukyuu)のように先に《右中》を使ってしまっている場合に辛くなります。

その時は、《左人》を[y]に伸ばしてヘルプ してあげましょう。キーボードの配列はすこし左斜めになっていますが、下段の[b]の真上あたりに[y]がありますので、そんなに無理はありません。

ゆ(yu)の最適化練習問題

救急 (kyuukyuu)
有給休暇ください (yuukyuukyuukakudasai)
ゆっくり入力してください (yukkurinyuuryokusitekudasai)

き(ki)の最適化

「き」の最適化

き(ki)は、《右中》が連続しないよう、《右中・右薬》 に変えます。中指はピアノを弾くようにクッと曲げ、薬指を添えるようにすると無理がありません。

き(ki)の最適化練習問題

キキが聞き耳 (kikigakikimimi)
君の機器は危機的だ (kiminokikihakikitekida)
雪でゆきが危険な汽車(yukideyukigakikennnakiksya)

で(de)の最適化

で(de)も《左中》が連続しないようにしますが、前後の流れで2パターンあります。

・パターン1《左中・左薬》
き(ki)と同じ要領で、中指を折り曲げ気味にして[d]を押し、薬指を添えるように[e]を押します。キーボードが左斜めに傾いているので、(ki)よりは楽ちんですね。

で(de)の最適化練習問題

でろでろ(derodero)
デデンデンデデン(dedendendeden)
電話に出ないので(dennwanidenainode)

・パターン2《左人・左中》
パターン1で困るのが「です」(desu)です。[e][s]と≪左薬≫が連続してしまいます。そこで、別パターンの《左人・左中》 を使います。

こうすることによって、(des)は《左人左中左薬》と指を持ち上げることなく流れるように打鍵できます。これはかなり気持ちいですよ! 「です」は頻出ですので、ぜひ覚えとくと便利です。

「です」(desu)の最適化練習問題

デスノートです (desuno-todesu)
出すぎです (desugidesu)
デスクにはデスクトップです (desukunihadesukutoppudesu)

む(mu)・ぬ(nu)の最適化


む(mu)・ぬ(nu)は《右人・右中》としても良いですが、おすすめは親指を登場させることです。いずれも《右親・右人》 で楽ちんです。

親指が[スペース]や[変換]に引っかからないようにするには、すこし反らせて爪で叩くようにするとやりやすいです。

む(mu)・ぬ(nu)の最適化練習問題

むぬむぬする (munumunusuru)
盗む娘 (nusumumusume)
ぬかるむ (nukarumu)

応用編として、にゅ(nyu)、みゅ(myu)を《右親左人右人》 とすると非常にらくちんです。全部を《右人》で打つのと比べてみてください。すごいカタルシス!

にゅ(nyu)、みゅ(myu)の最適化練習問題

入眠導入 (nyuumindoumyuu)
ニューミュージック (nyu-myu-jikku)
むにゅむにゅするきゃりーぱみゅぱみゅ (munyumunyusurukari-pamyupamyu)

ざ(za)の最適化

「ざ」の最適化

ざ(za)は《左子》の連続という鬼畜な文字です。「ざざざざざー」なんて見るだけで嫌 になっちゃいますよね。

ざ(za)の最適化は、ポジションをなるべく崩したくない場合は《左薬左子》 が良いでしょう。小指を動かしづらい人は、手をずらして《左中左薬》 にしても良いと思います。

しかし、私は親指を使って《左親左子》 としてしまっています。これだと「ざわざわ」とか「わざわざ」が楽です。しかし手が大きい人は大変かもしれません。

実際にやってみて、あなたの手に合ったものを選んで工夫してみてください。

ざ(za)の最適化練習問題

さざなみがザザザザザー (sazanamigazazazazaza-)
金銀財宝ざっくざく (kinginzaihouzakkuzaku)
わざわざざわざわ座禅 (wazawazazawazawazazenn)

別のキーを使う簡単な最適化

ローマ字入力には、同じ平仮名に対して何パターンかの入力方法があります。打ちやすいキーで入力できるパターンを使いましょう。

ふ(fu)(hu)

「ふ」の最適化

「ふ」は(hu)を《右人右中》で最適化しても良いですが、(fu) に打ち変えて《左人右人》でやれば自然ですね。これは既にやっている方が多いかもしれません。

練習問題には、ここまでに登場した他の最適化も含みますので、やってるよ~という方もチャレンジしてみてください!

ふ(fu)の最適化練習問題

ふぐがふふふ (fugugafufufu)
不出来な息子 (fudekinamusuko)
不急の雑務(fukyuunozatumu)

じゅ(ju)(zyu)

「じゅ」の最適化

「じゅ」は(ju)を《右人・右中》にするとキー2つで行けますが、その前後で[k]などが入り右手が忙しいときは左手を使える(zyu)で《左子左人右人》とすると楽な場合があります。

混乱しないためのポイントは、基本的に(ju)《右人・右中》で固定、たまに打ちづらい単語だけ(zyu)で覚えておくことです。

じゅ(ju)(zyu)の最適化練習問題

・(ju)《右人・右中》が好ましいもの
授業 (jugyou)
受賞 (jushou)

・(zyu)《左子左人右人》が好ましいもの
受講 (zyukou)
受験 (zyukenn)

・組み合わせ
受講したら受賞して授業料受験料が無料 (zyukousitarajushousitezyukenryougamuryou)

お(lo)(xo)

「ぉ」の最適化

小文字の「ぉ」は(lo)だと《右薬》が連続しますので、(xo) に打ち変えます。これは簡単!

お(xo)最適化練習問題

うぉぉぉぉぉ (uxoxoxoxoxo)
オォノオォ (oxonooxo)

おまけ・ん(xn)

ん?

「ん」の次に母音文字や「やゆよ」が来るとうっかり「な」とか「にゃ」とかにしてしまって「ウワァァ!!」と思う事ってありませんか? あと、文末は(nn)にするのと混乱して連打しすぎてしまったり。私だけ?

そんなとき、普段から「ん」を(xn)に統一しておくと間違いにくくなるようです 。変換が確定してくれるので、目で見ても安心感があります。

一回試してみてください。ちょっと気持ちよくありません? 一つ押すキーが増えますが、ミスタイプを減らして全体的なスピードアップにはできると思います。

最適化練習問題

恋愛わかんない (rexnaiwakaxnnai)
おかんあかんやかん (okaxnakaxnyakaxn)
親愛なる案内人(sixnainaruaxnnainixn)

GLOBOな視点・最適化したら速度が落ちる?!

守破離

タイピング最適化、いかがでしたでしょうか?

最後に一つお伝えしておきたいことがあります。タイピング速度を上げ、ミスを減らすための最適化ですが、打ち方を変えて最低3日間はタイピングがむしろ遅くなりますし、間違いも出ます。

しかし、そこで「やっぱりホームポジションが楽だわ~」と思って戻してしまうと、ずっと教科書通りの打ちづらいタイピングで消耗してしまうことになります。

切り替えるときだけ少し我慢しましょう。

そして、今回は(yo)だけ直そう、今度は(mu)を変えてみよう、などと分散させずに、全部一気に矯正してしまうのがおすすめです。メールなど書く量が多い人ならば、3日あれば慣れます。

週末にタイピングのゲームなどで練習しておくのも良いと思います。

慣れ親しんだことを変えるのには、かなりのエネルギーが掛かります。しかし、古い考えや習慣を捨てて新しい素晴らしい物も取り入れると、長期的にはエネルギーの無駄遣いを無くして良くなることがあります。 仕事の改善でも同じことですね。

また、誰かに言われたこと・教わったことをまずはその通りにやってみる時期は必要です。もしもあなたがまだタッチタイプを覚える途中ならば、教科書通りにやってキーの位置を体で覚える必要があるでしょう。

しかし、教わったことに全く疑いを持たないこともまた問題なのです。「はいはい、そうなんですね~」とただ受け入れるのではなく、「どうしてそうしているんだろう?」「何のためにこういう仕組みなんだろう?」と疑ってみることが大切 です。

そうすると、「自分にはこうした方がやりやすいんじゃないか」とか「ここはもしかしたら無駄かもしれない」と工夫・改善の余地 が生まれるのです。

タイピングも、仕事や生活のいろんなことも、「自分なりに」研究してみると面白いですよ!

仕事効率化に役立つ記事はこちら

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、1,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

コメント

コメントを残す

*