関係を築く

個人でセミナーをやるときの集客方法。初めてでも上手くいく7つのコツ!

個人でコンサルタントやコーチ、セラピスト、士業などのいわゆる「先生ビジネス」をやっている方なら、セミナーや研修会、講演会に呼ばれることが1つのブレーク・スルー・ポイントになるかと思います。

セミナーで話すようになると、いいことがいっぱいあります!

まず、セミナーに参加した人に自分のことを売り込むことができますし、セミナーで教えているという実績も本業のブランディングになります。

主催者から呼ばれて話すだけでなく、自主開催で自分でお客さんを集めて受講料をもらえれば、セミナーそのものもビジネスとして成り立たせることができます。

私自身も自分でセミナーを開催してお仕事やご縁に繋がったことが多々ありました。

セミナーを開くのは敷居が高そうですが、いくつかのポイントを押さえれば初めてでもそんなに大変ではありません。

そこで今回は、初めてのかた向けにセミナー集客のコツをまとめました。

私がいろいろ教わったり実験したりして編み出したものですので、かなり実用的かと思います。最後にチェックリストも付いてます。

それでは、どうぞ!

個人のセミナー集客・コツ1 目的をハッキリさせる

セミナー集客の前に目的を決める

初めてセミナーを開くときに大事なのは、セミナーの目的をしっかり決めておくことです。

何をしゃべったらいいか、参加費は無料か有料か、時間や場所はどうするか、プロジェクタは使うのか…などと細かいことは後からどうにでもなります。

しかし、目的が最初にないと何も決まりません。

何のためにセミナーを行なうのでしょうか? たとえば、こんなことがあると思います。

  • 商品・サービスのセールスのため
  • 講師としての実績を作るため
  • セミナー自体で収益を得るため

あれもこれも欲張ると中途半端になることもあります。

複数の目的を果たすことができれば最高ですが、「今回はコレのために」という優先順位は付けておきましょう。

個人のセミナー集客・コツ2 とりあえず会場を押さえる

初めてセミナーをやると決めて、目的もハッキリしたら、次にセミナー会場を予約しましょう。

「やろうかな? でも、まだ早いかな…」と迷っていても何も進みません。

会議室なりイベント会場なりの空き状況を調べて予約し、決行日を確定してしまいましょう。

日時が決まったら、逆算してその日にめがけてやるべきことも決まります。

自分が講師で話すセミナーが初めて、という場合はできるだけ行ったことのある慣れ親しんだ会場を使うのがおすすめです。

参加者として一回でも行ったことのある場所なら、なんとなく雰囲気や設備の使い方も分かるので安心です。

私も初めて自分のセミナーを開いたときは、メンターの講座で何回も入ったことのある会議室を使ったのでホーム感ばつぐんでした。

どうしても初めての場所を使わざるを得ないときは、下見が必須です。

そして、実際にセミナーで話す場所に立って、景色を見渡して慣れておきましょう。これで心の余裕がかなり違います。

広さや動線、備品のチェックも忘れずに。

日付はセミナーへの集客を考えると2ヶ月以上先が望ましいです。

個人のセミナー集客・コツ3 広告を小さくテストする

セミナー集客は広告のテストを

日付と場所が確定したら、告知を開始しましょう。

ただし、最初から新聞広告ドーン!みたいに大々的に打ち出して失敗すると、広告費もイメージ的にも大変なことになります。

セミナー集客で失敗しないためには、予め複数の広告を準備して反応をテストします。

案内文や広告画像を何パターンかつくり、それぞれ少しずつ広告を出してどれが一番ヒットするのかを確認します。

さらに、一番良かった広告だけを残して、それをちょっとだけアレンジしたのを複数パターンテストすると最強の案内広告が作れます。

テストにはFacebook広告が便利です。ターゲットや地域を絞って数百円から広告出稿ができます。

ちょっとコピーライティングの勉強をすると良いかもしれません。

個人のセミナー集客・コツ4 メインの告知は45日前から

約45日前からは、メインの広告等で告知しましょう。

なぜ45日かというと、これより早く告知すると前もって予約した人のキャンセル率が上がり、遅すぎるとみんな予定が入って来れなくなってしまうためです。

テストをして一番反応が良かった画像や文章を用いて、可能な全ての媒体でお知らせします。

地域の告知サイト、Facebookイベントページ、Facebook広告、Google等のPPC広告、他にチラシやフリーペーパー等の紙媒体もあります。

媒体は、セミナーで来て欲しい客層に合わせて選びましょう。

ターゲット層をよほど年齢高めにしない限りは、紙媒体よりもインターネットの広告が良いようです。

このとき、予めブログやメールマガジン等の自分の媒体を持っていると楽ちんです。

既にファンになってくれた読者の人たちに、「何月何日、これやります」とブログやメールマガジンでお知らせするだけで済みますから。

個人のセミナー集客・コツ5 他力をお借りする

広告費がない、ブログもメルマガも何にもない…というときは、他力をお借りしましょう!

  • SNSをやっている人にシェアしてもらう
  • ブログやメールマガジンをやっている人に推薦してもらう
  • お店にチラシを置いてもらうなど

ただし、こちらからの「お願い」ばっかりではなく、相手にとってもメリットがあるように提案しましょう。

紹介してもらう代わりに、セミナーに無料で招待するとか、セミナー会場でその人のチラシ等を配ってあげる、などアイディア次第です。

普段の信頼関係と人徳が問われますね。

個人のセミナー集客・コツ6 キャンセルも見込んだ人数で締め切る

めでたく満席になっても、まだ安心はできません。

人間どうしても気が変わることもありますし、当日に体調を崩すこともあります。

急に出張が入ったり、雨が振ったりして、「やっぱり行くのやめよう!」となるのは仕方のないことです。

特に、無料のセミナーや当日に集金する場合はキャンセル率が高くなります。

予めキャンセルを見込んで定員よりも多めに申込を受け付けしておけば、ドタキャンが出ても慌てません。

個人のセミナー集客・コツ7 リマインドメールでお知らせする

セミナー集客

キャンセルするつもりがない人でも、自分が申込んだことをすっかり忘れてしまうことがあります。

日にちが近くなったらリマインダーのメールでお知らせしましょう。

リマインダーの内容の例は次の通りです。

  • 参加申し込みのお礼・あいさつ文
  • セミナーに参加するとどんな良いことがあるか(参加者にとってのメリット)
  • 日時や場所などの詳細
  • 問い合わせ連絡先
  • 申込をもらってすぐの折り返しメールと3日前〜前日ごろのリマインドは必須です。

申込から当日まで期間がある場合は、更に1〜2周間前にも1通送るとより丁寧です。

講師もドキドキしますが、参加者もけっこう緊張しているものです。不安要素を減らしてあげると、当日もいい雰囲気で開催できます。

メールの文面は、セミナー当日に参加者の皆さんが笑顔になっているイメージをしながら、温かい気持ちで書くと良いですよ。

個人のセミナーで集客するコツまとめ

個人のセミナーで集客するコツをチェックリストにまとめました。

□セミナーを開催する目的を明確にする
□セミナー会場を予約する(〜2ヶ月前まで)
□小さめに広告を打ってテストする
□メインの告知を開始する(45日前〜)
□シェアや紹介、推薦など他力をお借りする
□定員よりも多めに集まってから締め切る
□心を込めたリマインダーメールを送る

これで、初めてのセミナー集客もバッチリ、あとは当日しゃべるだけです!

…と言われても、やっぱり最初は人前で話すって敷居が高いですよね。

セミナー自体も広告と同じように、いきなりドーン!と大人数でやっちゃうとプレッシャーですし、失敗したときのダメージが大きくなります。

最初は知り合いの人にでも集まってもらって少人数で小さく練習をしてみることをおすすめします。

あなたの初セミナーの成功を祈っています!

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

私が初めてのセミナーを開いたのは、メンターの黒澤全(くろさわぜん)先生に勧められてのことでした。

それまでにも、自分で文章を書くライターの仕事をしていましたが、まさか自分が人に教える立場になるとは思っていませんでした。

だって、私よりすごいライターさんはいっぱいいるし、知識も技術もまだまだなんですよ。

偉そうにセミナーなんか開いて、先輩のライターさんたちに生意気だと思われたり、参加した生徒さんに「なんだこの程度か」と思われたら恥ずかしくて死んじゃいます。

そんなことをメンターに言うと、

「お客さんは別に、講師がすごいから参加するわけじゃないんですよ。自分が何か良くなることに価値を感じるから来るんです」

と返されました。

本当かなあ? と疑心暗鬼になりながらも、思い切ってセミナーを開いていることにしました。

最初のセミナーは、定員5人のところ2人集まってこじんまりと開催することになりました。

緊張するし、内容が作り込みすぎて難しくなっちゃってるし、いろいろと反省点はありましたが、お客さんには「ためになりました!」とすごく喜んでもらえました。

何が価値になるのかは、お客さん次第というのは本当なんだなあと思い、その後もセミナーを続けることになったのでした。

最初の2人の参加者のうち、1人の方はその後もリピーターになってくれました。

セミナーの講師をやるのは、それ自体をビジネスにしていなくても、いろんな意味で自分の殻を破るような良い経験になるので、すごくおすすめです。

私のメンター黒澤先生の無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。

無料メール講座『奇跡の扉』|アリエナイほどの奇跡を引き寄せる抽象力の秘密

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*