思考を鍛える

仕事のやりがい、会社にどこまで求めるべき?

先日の記事『ホワイト企業のヤバいエピソード。実はブラック企業よりも要注意!』につきまして、メールやメッセージ、Facebook等で今までにないほどの反響をいただきました。

一部をご紹介させていただきます。

・ハッとしたポイントで、会社に自分のアイデンティティー?ややりがいをどこまで求めるか?というのは私も考えてしまいます。

・今の職場が良さすぎて、迷ったけど転職することにしました。押してくれてありがとうございました。

・居心地がいいとこは、素晴らしい事と思い込んでいた自分を発見しました。

・タイムリーすぎて、今まさに転職しようか迷っています…

などなど。

(フィードバックいただいた皆さま、ありがとうございます!
全部はお返事できませんが、ちゃんと読んでますよ〜^^
※ご感想はグロボお問合せフォームまたは高橋久美のFacebookにて承っています。)

「仕事に何を求めるのか」は、どなたにとっても大きなテーマなんだなあと実感しました。

というわけで、今回は関連して仕事に求める「やりがい」について、ちょっぴりスピリチュアルな視点から考えていきたいと思います。

仕事のやりがいは、会社が決めてくれるもの?

さて、この「やりがい」ですが、会社でやってることと、自分がやりたいことが完全に重なっていて、100%満足して働けるんだったらもちろん最高ですよね。

人生の目的に向かっていける仕事で、高いお給料がもらえて、多くの人に感謝され、自分も成長できて…だったら、本当に天職です。

でも、会社の目的と人生の目的は完全に重なることはまれで、部分的に重なってることの方が多いと思います。

仕事のやりがいの図1

重なってる部分が少ないほど、やりがいは少なくなります。

本当に100%会社=人生にできるのは、むしろ経営者とかほんの一部の人だけじゃないでしょうかね。

しかし、経営者や管理職の人たちはどうにかして社員に「やりがい」を感じさせ、会社への帰属意識と意欲を持って働いてもらおうとあの手この手です。

ブラック企業みたいに洗脳するのか、またはホワイト企業みたいに甘い蜜を吸わせるのか。

手法は分かれますが、会社に与えられた目的が人生の目的になるとどうでしょうか?

仕事のやりがいの図2

私は昔の正社員時代、まさにこんな感じになっていました。

あまりキツくなくてそこそこのお給料をもらえて、居心地も良いという、割とホワイトな会社だったので、私はなんとしても定年まで居座ろうと頑張っていました。

ボーナスの査定の目標をどうやってクリアしよう? どうやって出世しよう? どうやって社長や上司の機嫌を取ろう?

そんなことばっかり考えていたので、振られた仕事は無理でも断らないし、自分からサービス残業しちゃうという有様でした。

一番の問題点は、会社の会社の目的の内側に入ってしまうと、会社の中の出来事が大事件になってしまうことです。

査定の点数が取れなかったり、何かミスって怒られたりすると大変です。

一回ずつ「もうだめ、人生詰んだ!」みたいな感じでした(笑)

逆に、係長ポジションに昇進したときなんかは、めっちゃ調子に乘って喜んでいました。

つまり、精神的に会社に振り回されてコントロールされやすくなってしまうのです。

これが逆になっていた方がいいんじゃないかな、と思うんです。

仕事のやりがい、どこに求める?

仕事のやりがいの図3

私は今、某コールセンターでフルタイムで働いています。

でも、それがメインの仕事だとは思っていません。生活するための一時しのぎのバイト、という感覚です。

私の「本業」は何をしているかというと、このブログを書く作業もしていますし、メンターの黒澤全(くろさわぜん)先生のイベントや雑用を手伝ったり、ブログ仲間に文章のアドバイスをしたりもしています。

ゴチャゴチャいろいろやっている風にも見えるかもしれませんが、実は本業の方には全て共通点があります。

それは、人の心や頭の中をパッと明るくすることです。

ものすごく感動したときとか、新しい発見があったとき、それから自分の人生の伏線が回収されて一気に繋がったとき、漫画で電球マークがピコーンと出てくるみたいに、光がでてきます。

私は人生ずっと暗闇の中を歩いているような気がしていましたが、メンターの黒澤先生に光を見せてもらいました。

そして、私も暗闇の先頭を歩いて人を導くリーダーになりたい!と思うようになりました。

私は黒澤先生みたいに魔術(?)も使えないし、ものすごくいっぱい知識を持っているわけではないけれど、私は文章が書けます。

文章を通して多くの人に「光」を届けたい。

そう考えたときに、私が黒澤先生から教わったり実践したりして学んできたことをブログでシェアしようと思ったのです。

黒澤先生の生徒さんを増やそうという魂胆ではなく(もちろん、一緒に勉強する仲間が増えたらうれしいですが)、ブログだけでも役立つようにと心を込めて書いています。

黒澤先生の手伝いをしているのも、ブログの仲間をサポートしているのも、すべては「光を届ける」という同じ目的のためです。

なので、私がいちばん仕事のやりがいを感じるのは、読者さんから「インターネットをたまたま見ていたらGLOBOを発見して、黒澤先生メルマガも読んで、人生変わりました!」みたいなメッセージをいただくときなのです。

わざわざメッセージをいただかなくても、ブログのアクセス解析を見てはニヤニヤして幸せを噛み締めております。

じゃあ、この「やりがい」は会社で働いているときには得られないのかというと、じつは結構やりがいを感じています。

会社で感じるやりがい

お客さんのトラブルを解決して、「なんだ、そういうことだったの! 良かった〜」という声をいただいたときはすごく嬉しいです。

めっちゃクレームが来ても最後にスッキリしてもらえたときは、とこちらもスッキリして、まあ仕方ないか!と思えます。

となったとき、もっと大きな会社の理念とかも突き詰めると自分の人生の目的に含まれることになります。

会社で働くのも、自分の大きな目的を果たすための1つの手段に過ぎなくなるのです。

すると、気持ちが大きくなって、会社で上司に何か言われたとかのトラブルはものーーーすごくどうでもよくなります。

会社の目標をクリアできたらそれは嬉しいけれど、そんなに浮かれないで次の目標に向かっていきます。

だって、ミサイルが落ちてくるって大問題に取り組んでいるときに、隣の人に足を踏んづけられたとか、1万円もらったからっていちいち気にしてるヒマなんてありませんよね。

会社の目的が自分の目的に含まれているから「やりがい」も感じられるけれど、会社だけが世界のすべてではありません。

実際に会社員なのか社長かよりも、どれだけ大きな目的を見据えているのか、どこまで高い視座をもっているのかによって影響を与える側になるか、影響される側になるのかが決まります。

仕事のやりがいか、お金か、時間か? 全部ほしいんじゃー!

やりがいもお金もほしい

あと悩ましいのは、「やりがいのある仕事」か「つまらなくて激務ても給料のいい仕事」がいいのか、どっちもなくても「時間の自由が効く仕事」かという択一式問題です。

現実的には全部を満たす会社ってなかなか見つからないかもしれませんが、ここは欲張って追求した方がいいんじゃないかなと思います。

  • やりがいあるからいいよね〜って給料がめっちゃ少なくて疲弊するのはおかしい。
  • いくらお金をもらっても、健康を損ねたり家族を犠牲にしたりするのもおかしい。
  • 子育て中とかで時間の融通が効く仕事だからといって、それで対価が下がるのもおかしい。

もっと追求していいし、何かないかな? って探し続けていればきっと何かはあるはずです。

家族を幸せにするのが自分のゴールだったら、時間を自由に、しかもお金もいっぱい稼げる仕事をしていい。

そういう就職先が見つからないからって、自分で事業を作っちゃって、夕飯は必ず子どもと一緒に食べるというポリシーを貫く女性起業家の方を知っています。

必ずしも自分でビジネスをしてなくてもいいし、会社員をしていてもいいけど、自分の人生の目的で譲れないところは大事にしなくちゃいけない。

自分の大きな目的があって、それが会社とか多くの人と重なっているほど「やりがい」のパワーも大きくなるはずです。

結論・仕事のやりがい、会社にどこまで求めるべき?

仕事のやりがいは、会社の目的と自分の目的の重なっている部分に存在します。

100%重なっていればやりがいマックスの天職と言えますが、会社の目的の内側に自分が入り込んでしまうと振り回されて大変です。

会社の目的も含んでしまうような、大きな目的を自分で持っていれば、やりがいを感じながら、かつ、自分軸で働けます。

  • あなたが人生で叶えたい大きな目的は何ですか?
  • どんな嬉しさ、楽しさ、豊かさが欲しいですか?
  • 世の中や業界を見て「これはおかしい」と憤りを感じることは何ですか?

もしも、それがどんな遠大な計画でも、自分には無理なんじゃないかと思うことだとしても、それを思い描いて願うことからスタートします。

あなたの人生は、会社ではなくあなた自身がデザインするものです。
 
仕事もお金も時間も、人生全体の調和をとりながら複数の理想を同時に叶えるヒントは、この下の無料メール講座を読んでみてください。

私のメンター黒澤全先生の書き下ろしです。超おすすめです!

無料メール講座『奇跡の扉』|アリエナイほどの奇跡を引き寄せる抽象力の秘密

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、50,000文字のテキストと150分を超えるセミナー音声という大ボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる、私のメンター黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*