心を育てる

座右の銘にしたい!かっこいい仏教用語「四法印」の意味一覧

座右の銘にしたい仏教用語

仏教って、どことなく地味で暗いイメージがありませんか? そう、まさにお葬式のような…!

死んだらお世話になるイメージの仏教ですが、実は、生きている間にこそ役立つ教えがいっぱいなんです。

仏教が生まれる以前のインドには、唯物論がはびこっていました。

「神なんかインチキだぜ、食べて、飲んで、楽しく暮らそう。天国も地獄もない。借金の返済なんか考えるな、ヒャッハー」という感じの、ひどい唯物論です。

現代で言うと、「今が楽しければ将来なんて知ーらない、キャッシング、リボ払い!」みたいなのと一緒でしょうか。

そこへブッダが悟りを開いて堕落した民衆に教え、インドを救ったと言われています。

人生を堕落から守るため、仏教の教えで自分を戒めたいものですね。

というわけで今回は、仏教の基本の教えが全部含まれている「四法印」の4つの仏教用語について、調べてまとめてみました。

座右の銘にもぴったりの、かっこいい四字熟語です。さっそく見ていきましょう。

四法印とは?

四法印とは

「印」と言えば、みなさん宅配便の受取りや、書類には欠かせない大切な、ハンコのことですね。

ハンコを押すということは、これは他の人ではなく私に間違いありませんよ、と証明する行為です。

仏教にもハンコと同じように、他の宗教・思想と区別する大事な教えの旗印があります。

釈尊の教えは、伝統的なバラモン思想や六師外道と呼ばれる自由思想家など、当時のインド思想一般を批判し、それを超えて新たに求められたものだといえます。

そこで仏教徒は諸々の思想との根本的な違いを四(または三)つの項目にまとめ、他の教えと区別する目安としました。

これが四法印(三法印)と呼ばれる教えです。

「印」

とは旗印を意味し、もしこの条件が具わっていれば、その思想は真実仏教の教えに違いないと断定するための証拠としたのです。

したがって、たとえその教えが、仏教思想だと伝えられているとしても、もし四法印に照らしてみて、明らかな間違いが認められるとすれば、それは仏教ではないということになります。

『四法印(三法印)』

三法印は、次の3つの四字熟語です。

  • 諸行無常(しょぎょうむじょう)
  • 諸法無我(しょほうむが)
  • 涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)

さらに、

  • 一切皆苦(いっさいかいく)

が加わると四法印となります。

仏教を特徴づける4つの教え、それぞれの意味と使い方をチェックしましょう。

座右の名におすすめ!仏教用語の意味

変化を恐れないかっこよさ「諸行無常」

諸行無常とは

諸行無常の意味

諸行無常(しょぎょうむじょう)は、皆さん、どこかで聞いたことがあるかと思います。

そう、古文で習った『平家物語』の冒頭です!

原文(本文)
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

現代語訳(口語訳)

祇園精舎の鐘の音は、「諸行無常」の響きがある。沙羅双樹の花の色は、盛んな者も必ず衰えるという道理を示している。おごり高ぶっている人(の栄華)も長く続くものではなく、まるで(覚めやすいと言われている)春の夜の夢のようである。勢いが盛んな者も結局は滅亡してしまう、まったく風の前の塵と同じである。

平家物語『祇園精舎・冒頭』(祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり)のわかりやすい現代語訳 http://manapedia.jp/text/2321

「おごれる人も久しからず」は、調子こいてる人に言ってあげたい言葉ですね!…というのはさておき。

諸行無常とは、「この世の存在は全部、姿も本質も常に変化するものであり、一瞬たりとも変化しないで同じでいることはできない」という意味です。

座右の銘におすすめな人

すべては常に変化していて、永遠はありません。

平家物語の書かれた中世も戦乱の不安定な世の中でしたが、現代は変化のスピードと量では負けていません。

仮想通貨で栄華を誇った「億り人」たちは、ビットコインも急落により大変なことになっていると聞きます。

安定と安心の大企業と思われていた東芝の社員たちも、大量リストラの憂き目にあっています。

変化が激しい世の中ですので、変化を恐れずに挑戦し続ける心と、変化に対応するサバイバル能力が求められるのではないでしょうか。

たとえ一時は都落ちしても、絶望せずに強く生きていける、何度でも這い上がれる、しなやかさを持つ人が変化の時代に成功していくのでしょう。

諸行無常を座右の銘として、変化に翻弄されない人生にしましょう。

世界は繋がりでできている!「諸法無我」

諸法無我とは

諸法無我の意味

現代の日本では「引き寄せの法則」が流行っていて、世界は繋がりで出来ているんだ〜なんて言われていますが、ブッダはなんと紀元前5世紀にその仕組みを説いていました。

諸法無我(しょほうむが)の意味は、全ての物事はおたがいに影響を及ぼし合い、因果関係によって成り立っており、他と関係なく独立して存在するものはない、というもの。

自分という存在から考えてみても、両親が2人いて、両親それぞれにまた2人ずつ両親がいて、ずっと昔から命のバトンを受け継いできてくれたおかげで生まれてこられました。

自分の財布の中に入っているお金は「自分のもの」という感じがしますが、そもそも「お金」と交換で商品やサービスを提供してくれる人々がいるから、お金を使って豊かに暮らせています。

お手元のスマホが完成するまでに、いったい何人の人が関わってきたでしょうか?

実際に設計した人や、工場で組み立てた人、輸送や販売に関わった人だけでなく、その原料となる石油を汲んで運んでくれた人、電気やいろんなテクノロジーを発明した昔の人、それらの人々が生活するためのご飯を作った人、育ててくれた人、先生、友達…すごい繋がりの上で奇跡的にできています。

野生の生態系が絶妙なバランスを保って成り立っているように、世の中のあらゆるものはお互いに影響し合って存在しています。

自分ですらも自分のものではなく、世界との繋がりそのものが自分なんだなあ、という教えが諸法無我なのです。

座右の銘におすすめな人

「無我」まるで自分が消えたような感覚を味わった経験はありませんか?

  • スポーツですごく集中して体が勝手に動いているように感じる
  • 音楽を演奏しているときに観客や音とも一体化してしまった気がする
  • すばらしい自然の景色や芸術作品を見て感動に震える
  • ものすごい強い感謝の気持ちになる

「自分」がどんどん小さくなって、何を考えるでもなく、ただ「在る」という感覚を、どなたでも一度は体験されているかと思います。

繋がりを感じて自分が無くなっているときは、ハートが熱くなるというか、胸の奥から力がこみ上げてくるような感じがします。

逆に、世界の繋がりからオフラインになってしまうと、モチベーションがなくなったり、なぜか運が悪くなったりもします。

人との繋がりを感じながら、自分を手放して、無心に動いていれば、自然と感謝が湧いてきて、いろんなことがうまくいくようになります。

感謝を忘れないために、「諸法無我」いかがでしょうか。

いつか悟りの境地へ「涅槃寂静」

涅槃寂静とは

涅槃寂静の意味

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)とは、悟りの境地のこと。

煩悩(ぼんのう)が消えた悟りの世界には、苦しみはなく、静やかな安らぎだけがあるそうです。

せっかくの人生なんだから幸せになりたい、と誰だって思いますよね。

素敵な恋人と結婚したいし、お金持ちで大きい家と新車と大きい犬がいて、子供も欲しい!

しかし、なかなか思い通りにならないのが人生というもの。

何で自分ばっかり恋人ができなくて結婚できないんだ、給料が安いんだ!と不満がいっぱいです。

仏教では、こうした不幸の原因は自分の心、つまり煩悩(ぼんのう)にあるとされています。

煩悩とは、心を見出し悩ませるもの、たとえば疑いや欲望、プライド、憎しみ、などなど。

つまり、現実が問題なのではなくて、煩悩によって現実を問題だと思ってしまう心が問題なんですね。

煩悩をなくして心を安定させることが、静かに幸せを感じられる秘訣です。

座右の銘におすすめな人

涅槃寂静、ちょっと難しい漢字ですが、頑張って覚えて「座右の銘です」と書けたらカッコイイですね!

欲望が強すぎて何かと失敗してしまうという人には、特におすすめです。

私も欲望がめちゃくちゃ強くて、いろいろと失敗しているのですが、本当に良いことがないと思います!

たとえば、見栄っ張りなせいで高い服を買っていたことがあります。

お金が有り余っているなら良いのですが、普通の会社員の給料で、ボーナス払いとか分割とかにして何万円とかするブランドの服を買っていたんです。

いい服を来て、素敵な風に見られたい、おしゃれだと思われたいという承認欲求を満たすためなら、お金はいくら使っても惜しくありませんでした。

でも、それをやってもいつまでも満たされることはないんですよね。次の服が欲しくなるだけで。

なので、本当に心穏やかになるためには煩悩を満たし続けるのではなく、卒業するべきなんです。

まあ、それが難しいんですけどね!!涅槃寂静、いましめにどうぞ。

明らめの「一切皆苦」

一切皆苦とは

一切皆苦の意味

一切皆苦(いっさいかいく)、この世の一切は、皆、苦しみである、なんだか悲しい字面ですね。

人生って、そんなに苦しいのかよ!と思っちゃいますが、じつは「苦しい」の意味がちょっと違うようです。

仏教用語での「苦」とは、「自分の思い通りにならない」という意味を表します。

「四苦八苦」と慣用句で言いますが、この「四苦」と言うのは生・病・老・死のこと。

よーし、人間に生まれるぞ!と思って生まれてきました、という方はどれほどいらっしゃるでしょうか。

「誰が産んでやったと思ってるんだ」「頼んだ覚えはない」というのが親子ゲンカの決まり文句なぐらい、生まれるタイミングも場所も、思い通りにはいきません。

病気にだって、できればなりたくないものですよね(たまになりたい人はいるみたいですが)。

否応なしに「老い」もやってきます。

成長期をすぎるとだんだん肌ツヤがなくなり、小じわが増えて、細かい文字が見えなくなって…。

死にたい人が死にきれなかったり、早くお迎えに来て欲しい人が長生きしたり、「死」も思い通りにはなってくれません。

八苦は「人との別れ」など色んな思い通りにならないことを表しています。

とにかく何も思い通りになりませんよ、というのが一切皆苦の教えです。

座右の銘におすすめな人

思い通りにならない人生を幸せに過ごすには、どうしたら良いのでしょうか?

簡単なようで難しい答えは、「苦」と仲良くしましょうという、つまり、「思い通りにしたい」という期待を手放しましょう、ということです。

思い通りにしたいから、思い通りにならない時に「チェッ」となるわけじゃないですか。

ならば、最初から思い通りにしようと思っていなければ、「おおー次はそう来たか」と人生を楽しむことができます。

引き寄せの法則でよく言われる「宇宙にお任せ」マインドがこれに近いです。

自分では何もできませんので、全部宇宙(天/神様)にお任せします、という考え方です。

生きていれば、人生いいこともあれば、悲しいことも、普通の意味で苦しいことも、いっぱいあると思います。

それを自分で思い通りにしてやろうと思うと、思い通りにならなくて悲しい。

でも、「これも何か意味があって、宇宙が采配をしているんだなあ」と思っていれば、その中でも幸せを感じることはできます。

例えるならば、人生は脚本を知らない映画の主演をさせられているようなものです。

平凡で安定して、何事も起こりたくない!と思っていても、映画ってだいたい山あり谷ありにさせられるじゃないですか。

でも、映画の中で演じているだけなので、本当にやばいことにはなりません。

宇宙の脚本を信じて、来た流れを楽しむのが「一切皆苦」マインドです。

座右の銘にしたい仏教用語・四法印のまとめ

  • 諸行無常…変化を恐れるな!
  • 諸法無我…この世は繋がりだ!
  • 涅槃寂静…煩悩を捨てろ!
  • 一切皆苦…宇宙におまかせ!

あなたはどれを座右の銘にしたいですか?

仏教から古神道、ヨガ、NLPなど、精神世界のことを統合的におしえてくれる我がメンター、黒澤全(くろさわぜん)先生の無料メール講座をこの下でご紹介しています。

アニメや映画も好きで、身近な例え話で難しい精神世界のことも分かりやすいとご好評をいただいています。ぜひチェックしてみてください。

無料メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる方法

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、13万文字を超えるテキストと450分以上の音声セミナーという大ボリュームでお伝えするものです。

ありがたいことに、すでに参加した人からはこんな感想も頂いています。

・まだ読み始めて数日ですが早速小さな奇跡が起きています。
・薄っぺらい知識ではなく、本物の知識を学べてるので幸せです。
・今まで学んだ中で一番すーっと入ってくる内容でした。


講座の講師を務めているのは、2,700人以上の相談実績を持ち、全国のリーダー達から魂の指導者と呼ばれる私のメンター、黒澤全です。

今ならどなたでも無料で参加できますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*