黒澤全先生との出会い編|何が私の人生に奇跡を起こしたか?

はじめまして、高橋久美です。

今回は、私が過去に送ってきた泥沼の沈みかけ人生からいかに脱出し、今の自由と心の平安を手に入れることができたのかをストーリー仕立てでお伝えしたいと思います。
 

私は地方ではそこそこのネームバリューのある大学を出て、卒業後はホワイト企業に就職し、順調に昇進もしていました。空いた時間に副業もしてちゃっかり稼いでいました。
 

そして、それらを全部捨てました。
 

正社員の仕事も、月5万ぐらい入って来てた副業もやめて、何にもないフリーターになりました。
 

あのまま会社で働き続けていれば、それなりの社会的地位もあるし、給料も、休みももらえる「安定の道」 を歩んで行ったと思います。

でも、私はそれを手放して、社会的地位もお金の安定も失った代わりに、「心の安定」を手に入にしました。
 

それは奇跡的な体験でした。
 

ずっと渇いていた心がスーッと満たされ、内側からエネルギーが無限に湧いてくるのを感じられるようになったのです。

不思議なことに、そうなったら仕事がポーンと入って来て、ほどなくフリーターからフリーランスにジョブチェンジ し、さらに思いがけないご縁や金運 に恵まれるようになりました。
 

私がお伝えしたいことは、よくある「会社を辞めて自由になりましょう」ということではありません。具体的に何をやっているかは関係ないということが、実際いろいろやってみて分かったからです。

心が安定して幸せでいられるかどうかは、会社員だとかアルバイトだとか、お金がどれだけあるとかには全く関係ありません。
 

大事なのは自分の「内面」の成長であり、考え方が変わると世界が変わる、ということです。

そして、そのことを教えてくれたのは黒澤全先生でした。
 

それでは、私が黒澤全先生に出会って人生の大きな転換を迎えた経緯を、これからお話ししたいと思います。

副業ライターを始めたきっかけ

私は、東北大学の教育学部を卒業後、仙台の学習塾に就職しました。

入ったときはまだ創業してから十数年の若い会社で、塾としては先進的な取り組みをしていて業績を伸ばしているところでした。社長はじめ上司もみんな本物の教育者で、温かい目で育ててもらいました。

おっちょこちょいで仕事が全然できない私が、8年間も働いていられたのは会社の人たちの人徳のおかげだったと思います。
 

その会社は、塾にしてはノルマとかもなく、要領良い人なら定時で帰れて、有休ももらえるし残業代も普通にもらえるというホワイトなところでした。

ただし予備校とか大手の集団塾や教材屋さんのような高給ではありません。まあ大卒の平均ぐらいで、特別少ないというわけでもありませんでした。

仙台というのは、生活圏の住宅街と駅前のオフィス街が非常に近く、新卒の普通のOLでも街中に住んで徒歩通勤ができるというすごい街です。(電車も東京のような「ラッシュ」は存在しませんが。)

私も駅近くに住んで、通勤は徒歩10分でした。
 

自由な時間が多い分、すごく勉強していました。

何の勉強をしていたかというと、学生の頃に知り合った、あるスピリチュアルの先生(今のメンターの黒澤先生とは全然関係ない別の人)の勉強会が月に何回かあって、それに参加したり、他にも生徒のみんなと買い物や遠足に出かけたり、個別に会ったり電話したりしていました。

その先生は非情に直観が鋭い女性で、世間的には一応「主婦」なのですが、何でも分かってしまうため上場企業の社長さんや政治家からも相談 を受けていたようです。初めて会う人からは書家か何かの師範と勘違いされるような、ただならぬオーラを発している人でした。

就職活動も、会社での仕事や人間関係も、相談すると「こうしなさい」というアドバイスをもらえます。私はそういう霊感みたいなのが全くないので、「本当かなあ?」と半信半疑なところもありつつ、でも言うことを聞いてその通りにすると全部が上手くいく のでした。
 

そして、いつの間にか、私はその先生にどっぷり依存してしまっていました。

当時のその先生の相談料というのは、基本料金(?)が月に1万円、誰かの名前を出して相談する毎にプラス1万円、就職とかで会社など法人の名前を出すときは1法人あたり10万円、というものでした。

それで電話やメールの相談が無制限にできるので、料金設定自体はそんなに高くはないと思います。

ところが、私の中で「何かに困って相談する」というよりも、「その先生の気を引きたいためにお金をいっぱい払いたい!」という変な方向性に変わってしまいます。

なので、ちょっと変なんですが、自分からトラブルが起こるようなことに突っ込んで行ったり、転職活動とかをして、わざわざお金を払うようなことになっていって、何十万円も一気に使ってしまいました。

限度額いっぱいまでカードでキャッシングしても足りなくなり、「一回距離を置きましょう」という事になりました。
 

このとき、「会社員の給料では足りない、もっとお金を稼がないと」と初めて思いました。

それで、副業・転職ということを考えたのです。

気づかず破滅の方向に突き進む

会社では、営業と事務の仕事を経験しましたが、どちらも向いていないように感じていました。人と関わるのがあまり得意でなく、どんくさくて手際が良い方でもありません。

会社の人たちは皆良い人でしたが、人間関係やっぱり会わない人同士もいて、板挟みになったり、距離感がつかめなかったりしていました。主任ぐらいのポジションにいたのですが、管理能力がまるでなくて自分に限界も感じていました。
 

そこで、何か手に職をつけて一人でできる仕事がしたい、と思ったときに目を付けたのが「士業」でした。

会社の仕事の中で行政書士さん・社労士さんという存在を知り、資格を取ると自分で事務所を構えて一人でも仕事ができるらしいということをネットで調べ、「よしこれだ!」と思って早速勉強を始めました。

法律を勉強するのはほとんど初めてでしたが、長年、受験産業でやってきたのでゴリゴリ覚えるのは苦になりません。心配なのは、資格で本当に食べていけるんだろうか、というのと、実務経験が無くて大丈夫なのか、ということでした。
 

まだ試験にも合格していなかったのですが、士業向けの起業塾に入って経営の勉強も同時に始めました。

仙台から東京のセミナーに通い、コンサルの人や既に士業をやっている人たちに会う機会ができ、「あれ、名刺どうしよう?」ということになります。

会社には内緒で準備していたので、会社の名刺を配るわけにはいきません。起業準備中だとちょっとダサイな、ということと、将来の集客用にちょっとしたインタビューとか書評のブログをやっていたので、「ライター」を名乗ることにしました。

一応、「今日からあなたもコピーライター」という1日のセミナーに出たことはあったので、ライターの「資格」はあったはずです。
 

そうしてセミナーや懇親会に参加していたら、士業の先生たちから「セミナーの案内ページを書いてもらえないか?」「ニュースレターを代筆してもらえないか?」という仕事の依頼をいただくようになりました。

士業の方が知り合いにいると言ったら、今度は雑誌の編集をしているライターの先輩から「社労士さんに取材して記事を書いてもらえないか?」というような話も来るようになったり、知り合ったデザイナーさんから仕事を回してもらったりして、けっこう忙しくなってしまいました。

会社はフルタイムなので、締切前には明け方まで原稿を書く仕事をしてちょっと寝て出勤、週末は取材とか打合せとかセミナーとかでバタバタという生活を半年ぐらいやっていました。
 

あれ? これはもしかして資格の勉強をしなくても「ライター業」で行けるんじゃないか?!

文章を書くのも士業と同じく、一人で、腕二本でできる仕事です。
 

そうこうしている間も、元のスピリチュアルの先生にまた会いたい、戻りたい 、という気持ちは持ち続けていて、その先生が話していた「エネルギー」とか「自然」のようなスピリチュアルなことに強く引かれていました。

その頃私は人脈を増やす目的でセミナーに出ようと、Facebookのイベント情報をチェックしていました。そこで、よくビジネス系のセミナーをやっている人物が目にとまりました。

なんとなく個人のページも見てみると、そこには「エネルギーをコントロールする」とか「精神性」「本質」「球体的思考」など、何やら以前の先生が良く言っていたキーワードが並んでいました。(別に流派とかが同じわけじゃないのですが、真理に近付くとみんな言うことが似てくるらしいです)
 

その人物はどうやら若い人らしく、プロフィール写真は芸能人みたいなイケメンでしたが、不思議と「この人は本物らしい」という感じがしました。

それで、タイミングが合って初めて参加したのが2015年8月の「ナチュラルサクセスセミナー」というものでした。

初めて目撃した黒澤先生は、なんかちょっと怖いような感じがしましたが、話が始まると面白いし、懇親会でも気さくに話してくれて、印象が変わりました。
 

後で11月にそのセミナーの参加者の一部でセミナー&グループコンサル&プチ観光の合宿があったのですが、そちらにも迷わず参加しました。

私はグループコンサルのときに「いっぱいお金を稼いでスピリチュアルの先生に払いたいんです!」と喜々として語ったのですが、黒澤全さんは

「うーん、それって、もしかしてちょっと危ないやつなのでは?」

と、なんだかつれない感じでした。その時の私はちっとも聞く耳を持たず、変な方向にポジティブでした。

いまはしんどいけど、頑張ってお金を稼いだら、また元の先生のところに戻って楽しく暮らせる…と。
 

そして、以前にも増してぎゅうぎゅうに仕事を詰め込んで働くようになりました。

師匠、黒澤全の個別アドバイスで人生やり直す決意をする

合宿がおわってしばらく経った12月の初めに、黒澤先生の個別面談を受けました。合宿で勉強したおかげでお客さんにもついてもらって、順調にやってます、という報告をするつもりで、自分では何も問題がないと思っていました
 

その日は土曜日でした。今はもう無くなってしまった仙台のドトール銀座。黒澤先生は、面談の後にセミナーの予定があるということでスーツ姿でしたが、中は赤と黒のキラッキラのベストでした。昔、マジシャンをしていたときの衣装だそうです。

お金の状況、仕事の状況、これからやろうとしていること、いろいろお話しさせてもらったところ、黒澤先生はにこやかに

「かなり深刻な状況ですね」

と言いました。
 

  • 上手く行っていると思った仕事も、いろんな人から影響を受けて巻き込まれていて主体性がなく、この調子でいくと人から良いように利用されてしまう。
  • 交際費など抜けているお金が多く、借金が大きい。
  • スピリチュアルの先生や、ライターの先輩や、親や、いろんな人に依存していて自分の軸がない

 
口調は穏やかでしたが、切れ味鋭い日本刀で急所をグサグサ刺されているような心持でした。

今まで自分が見て見ないふりをしてきたこと、そして、親も元の先生も誰も言ってくれなかったことを、まだ何回か会っただけの、自分よりもずっと若い青年に見抜かれてしまったんです。
 

きっと、私は引きつった笑顔をしていたと思います。内心は、穴を掘って入りたかったです。
 

そして、いままで過去に受けた洗脳を解いてマイナスから抜け出すためには、いっかい全部を手放して「ゼロ」にする必要があること、そして、そのためにするべきことを教えてもらいました。
 

「一回、全部やめましょう」
 

提案されたのは、物と人間関係の断捨離でした。高橋久美がこの世から消えて、もう一回やりなおす。それは、素敵なアイディアのように思えました。

でも、不安もありました。

この人の言うことを信じて大丈夫なのか、実は助けてくれる振りをして騙そうとする人なんじゃないか。という疑いも全くない訳ではありませんでした。

ですが、スッカラカンで借金まみれな人を狙う詐欺は非効率であるという客観的な事実と、合宿に一緒に参加していた友達が以前に言っていた言葉が、一瞬で迷いを消してくれました。

その友達がまた霊感のある、ちょっと不思議な人なのですが、

「結局、セミナーとかって皆ビジネスださ。(註・仙台弁です)
全くんだけなんだよね、ビジネス関係なく世の中のためにやってる人って

と、どこか何もない空間を見ながらつぶやいていたのです。何の根拠なのかわかりませんが、すごい説得力がありました。
 

そして、今この瞬間、まっすぐで揺らぎのない澄んだ目で「助けます」と言われて、「よし、やろう」と決意しました。

ダメな自分は信じられないけど、この人は信じてやってみよう、と思ったんです。
 

また黒澤先生に依存するだけで意味がないのでは?と思われるかもしれません。それは、私も心配になって尋ねてみたことがありませす。そうしたら、黒澤先生曰く、

「大丈夫です。私が依存させませんから」

ということでした。実際、依存させてもらえないので最初しんどかったです(笑)。

パラダイムシフト、今まで全部勘違いだった

アドバイスを受けたその日のうちに副業の仕事を全部キャンセルし、自宅の断捨離を決行します。洋服も和服も本も、家具もパソコンも、全部手放しました。

年内には会社もやめました。元の先生とも決別。SNSもブログも全部やめて、携帯のアドレス帳は黒澤先生だけになりました。

そして迎えた年末。家具もなにもないガランとした部屋で、なぜだかホッとした気持ちになりました。
 

何にも無いけれど、これから何でもできる。

自分で作っていける新しい人生への希望とやる気に満ちあふれていました。
 

その後しばらくファミレスや牛丼屋でバイトをして、ブログを書いて消して、また新しいブログを書いて消して、セミナー講師やってみたり、いろいろやって、今のところは結局また「頼まれライター」に落ち着いています。

やっていることは大差ないようですが、何かに振り回されている感じが無くなり、自分で関わる人を選んで、自分で進む道を選べるようになったというところが飛躍的に進歩しています。

アビリティ「嫌われる勇気」を装着した、というイメージでしょうか。

いままで「こうしなきゃ」とか、「これがないと幸せになれない」と当たり前におもっていたことは全て、「勘違い」だったんです。それに気づいて、本当に世界がキラキラ輝いて見えるようになり、これがパラダイムシフトか!とびっくりしました。

必要に追われて働いていたころと比べて、モチベ―ションも桁違いに上がりました 。毎日仕事をするのが本当に楽しく、不思議と疲れなくなりました。

ふとした瞬間に街で歩いている人全員に愛おしさを感じたり、水を飲んでいるようなときにブワーッと自然や人との繋がりを体感 できたりと、ある意味「忙しい」生活を送っています。
 

また、朝低血圧で起きられなかったのがシャッキリ目覚められるようになった、過食がおさまった、冷え性が改善した、などの健康面の変化もありました。

「思考は現実化する」、自分の意識や心の状態、雰囲気が環境を作っていくということ、人生を自分の責任で作っていけるということを、日々実感しています。

私の信念と夢

私は、あなたが本心・本音で幸せを感じられる生き方、働き方ができるお手伝いをしたいと思っています。

過去に受けた洗脳やトラウマ、世の中の常識、他人の影響でがんじがらめになって、自分の心の声が聞こえない。本心・本音でやりたいことと、現実の行動がずれていってしまう。「こうあるべき」という誰かの理想を追いかけさせられている。

そういう苦しさを、私はよく知っています。

なので、

「夢に向かって頑張っているのになぜか上手く行かない」
「自分が何をしたいのか、どっちに向かっていけばいいのか分からない」

とお悩みの方に、少し見方を変えてもらって自分を信じられる道自分の本心・本音に素直になれる生き方を知っていただきたいんです。
 

そして、「心が軽くなりました!」「すごく変われました!」と喜んでもらえることが、私の一番うれしいことであり、お役目だと思っています。

その活動の1つとして、私が黒澤先生から学んだことや、それを実践して気づいたことを、このブログやFacebookでもシェアしています。

いつも幸せを感じて微笑んでいられる人を増やすこと、皆が暖かい気持ちで過ごせるような心の面で平和な世の中にすることが、私の夢です。
 

黒澤全先生のメール講座は、期間限定で無料公開中です。

決して不安をあおって何かを売りつけるようなことはなく、人生を好転させるための大切なことが詰まっています。

私の経験上、黒澤先生はすぐにブログを消したり公開終了したりするので、こちらもいつまでご紹介できるかわかりません。

読みたい方は今すぐご登録を!

メール講座「願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)」はこちら
 

最後まで読んでくださりありがとうございます。