関係を築く

完全・有給休暇取得マニュアル、グレーな会社で有休を取る方法。

有給休暇の取り方

  あなたは、「有給休暇」をご存じですか? 幻のポケモン、ユーキュー…ではありません。

働かずして給料をもらえるという労働者階級の特権であります。

半年以上同じ会社で働いているなら、新入社員1年目のあなたも、週1だけのアルバイトのあなたにも、有給休暇はあるんです!

…えっ? あなたの職場では、有給休暇なんて見たことも聞いたこともない、ですって?!

有給休暇の制度は法律で定められています。*労働基準法39条

有休の取得を認めない就業規則は違法です!だから、日本全国、雇われて働く人は半年以上経ったらみんな有給休暇がもらえるんです!本当です!

しかも、何年も働いているあなたには、勤続年数に応じて日数が加算される上、前の年までに取得していない有休の日数は2年分キャリーオーバーされています!*有給休暇の請求権の時効は2年(労働基準法第115条)  

こんな素晴らしい制度は使わなきゃソンソン!この記事では、幻の有休をゲットする手順をまとめました。とっても簡単ですので、ぜひ覚えて有給をゲットしてくださいね!

幻の有給休暇!!

有給休暇を取るには

と、その前に有給休暇がどのぐらい幻なのか、見てみましょう。  

むむっ、なになに、あるけど、取れない?!

どうやら、有給休暇とは会社を辞めるときまで取っておいて、まとめてドカッと取るものになっちゃってるみたいですね。

29連休!!ところが、そううまく行かない方も多いようです。

辞めるときに有休が使えるとは限らないようですね。しかも、貯めておける有休は2年分だけですから、使わないと古いものからどんどん時効切れとなり、「働かずにお金がもらえたはずの権利」をドブに捨てることとなってしまいます。

では、どうすれば首尾よく有休をゲットできるのでしょうか?

有休休暇の申請シミュレーション

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s

あなたは、有休が病気や忌引や、何か特別な事情がないと取れないものだと思っていませんか?

実は、有休休暇を取得するのには特別な理由は要らないんです。「家で寝たいから」でも「旅行に行きたいから」でも、「コミケのため」でもオッケーなんです!

しかし、周りの皆が働いている手前、あんまり楽し気な理由ははばかられますね。そんな時、便利な日本語があります。

私用(しよう)」です。

私用なんで~と言えば、「あんまり言いたくないんだな、さてはデートだな」と勝手に察してくれますね。

それでは、有給休暇の申請のシミュレーションをしてみましょう。

有給休暇を申請する方法

まずは、直属の上司の機嫌のところに行きます。忙しい時間帯を避け、機嫌のよいころ合いを見計らいましょう。

すみません、ウチの会社って、有給休暇の申請はどうするんでしたっけ?

ワンポイントアドバイス

上司自信も有給休暇の存在を把握していないこともあります。いきなり「有休ください!」といくと「知らん!」とキレられる恐れがあります。

「有休ありますか?」「有休いただけますか?」などと「ある」か「ない」かの二択で質問をしてしまうと「ウチにはない」とか「ダメ」と言われます。

あくまでも有給休暇はある、有給休暇の申請はできる、という前提でやんわりと尋ねましょう。

ここで、上司が「分からない」場合は人事か労務の担当者のところに行き、同様に聞きます。 もしも上司や人事・労務担当者が「うちには有休はない」と言う場合は、

えっ? 知り合いの弁護士が日本の会社には法律で有給休暇は絶対にある、使用者は違反すると労働基準法第119条の罰則規定により『6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金』って言ってたんですけど…」と不思議そうな顔をしましょう。

ケンカ腰ではいけません。

「変だなあ、うちの就業規則だいじょうぶか顧問弁護士さんか社労士さんに見てもらった方がいいのでは?」と、あくまでも白々しくです。

友達に弁護士なんかいなくってもブラフ、ハッタリで良いんです。

ただし、これからもこの会社にいたい、あなたたちの味方なんですよ~というスタンスは崩さないようにしましょう。天然キャラで、「わーたいへん!皆で有休とらなきゃ、社長がつかまっちゃう!助けなきゃ!」論法を展開します。

まあ、よほどブラックなところでなければ、案外アッサリ「いいですよ~」と言われるはずです。わざわざ有休の消化を推奨はしないけれど、申請されたら取らせる、という会社もありますからね。

オッケーが出たら、指定の方法で申請し、上司にもその日に休む旨を伝えます。基本的には好きな日に休みを取ることができますが、繁忙期など「事業の正常な営業を妨げるとき」は、雇い主側が時季をずらすことができます。*労働基準法第39条4項

上司と仕事の調整を相談して、無理のない日に休みを取りましょう。そして、その日に有休を取るために、全力で働きましょう!

(参考「仕事の効率を劇的に上げる7つのシンプルな習慣。禅から学ぶ仕事効率化」)

ところが、中には年中忙しくて会社に寝泊まり、徹夜続き…という職場もあるでしょう。

その際は、辞める覚悟で「この日は絶対に休みたい」と上司や同僚を犠牲にしてでも、ワガママを通しましょう。一旦は迷惑をかけますが、「有休という概念を職場に持ち込んだ英雄」として、皆に崇め奉られる…かもしれません。あなたもその代わり、誰かが休みたいときに迷惑を被ってあげればいいのです。

しかし、怒られて白い目で見られるかもしれません。そんなだったら、ほんとに辞めて休める会社に転職しましょう。

有休を取る理由を聞かれたら

有給休暇を取る理由

さて、「この日休みたいんですけど」と有休を申請すると、「何で?」と理由を聞かれる場合があるようです。

ここで、「私用です」を発動しましょう。

それで法律上は問題ないのですが、「何でだよ!遊ぶ予定で有休なんか許さんぞ」という空気感が漂っている場合は次の手を使いましょう。

顔芸です。「ちょっと…」と深刻そうな、言えなさそうな顔をします。嘘はついてませんよ! すると、上司や人事は「もしかして、いぼ痔の手術かな?」と勝手に察してくれるはずです。

「理由がないと許可できない」という場合は、「言いたくないんです」とうつむいて顔を覆いましょう。演技派の人はうそ泣きしてください。

それでも許されない場合は、正直に「遊びに行きます」と言ってしまうか、「リフレッシュしたくて」と濁して伝えます。

理由のせいで申請が受理されなければ、法律にそういった規定がないことを持ち出して弁護士ブラフを使えばオッケーでしょう。

さあ、有給休暇です

有休を使おう

有給休暇、あなたもぜひ使ってみてください!

有休は、何に使っても自由です。ひたすら寝ても、ダラダラしても、マンガを読んでも、旅行に行っても、何をしても、働かずに給料がもらえるんです!

あなたは有給休暇を何に使いますか?

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、1,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

コメント

コメントを残す

*