思考を鍛える

文章力と話す力で心を掴め!惹きつける基本的な方法~応用まで

人と会話をしているとき、この人にはつい引き込まれちゃうなぁという話し方をする人はいませんか?

また、この人のブログはなぜだか面白い!魅力がある!と思って、ついついチェックしてしまうことはありませんか?

人を惹きつける魅力のある人は、話す力や文章力に長けていることが多いのです。

しかし多くの人はこんなことを感じています。

「自分の話はつまらないのではないか」

「何をネタにして話をすれば良いか分からない」

こんな思いを抱えて悩んでいる、ブロガーや講師業の人も多いようです。

かく言う私もその一人です。

「この人面白い!」

「もっと話を聞きたい!」

面白そうに自分の話を聞いてくれたり自分のブログを楽しみにしてくれる読み手がいたりするならば、きっと心が震えるほど嬉しいはずですよね。

では、そんな文章力や話し方をどうしたら身につけることができるのか、私なりにまとめてみました。

スポンサードリンク


常にネタを探すという視点をもつ


あなたは毎日の生活を何となく過ごしてはいませんか?

私はブログを書くようになってからというもの、周囲を見渡しては記事になるようなことを探すようになりました。

常にアウトプットを前提として、インプットするということです。

ちなみにこれは、私の師匠である黒澤先生の受け売りであります。

日々何となく生きていると、常に大量にインプットし続けるのみで、ほとんどのことを忘れてしまうか、全く実行することなく日々が過ぎてしまいます。

いざ人前で話そう・何かを書こうとした時に、はて、何を話せばいいのやら?となってしまいますよね。

学習の定着度をはかる調査では、「教えること」が何よりの定着につながるという結果があることをご存知でしょうか。

これをあの人に伝えよう、いつかこのネタを皆にシェアしようという気持ちでいると、不思議と自分の中でその出来事がどんどん熟成していき、独自の考え方を持つことができるようになっていきます。

ですから「今日の出来事を日記に書いておく」「短くてもよいのでブログを書く」など、まずは何を伝えようかな♪と思うと自然とネタ探しの視点に切り替わりますよ。

このような視点で生きていると、自分の人生をまるで語り手であるもう1人の自分が俯瞰してみているような、不思議な感覚になります。

そうすると、どんなに辛く苦しい出来事があっても、もう1人の語り手視点の私が「これはネタになるなぁ」と、その時の感覚をより深く味わおうとしているのです。

こうすることで、同じような苦しみを抱えた人同士理解し合うことができ、いつか人様の役に立つことができるかもしれません。

物語の主人公になったような気持ちで、自分を眺めながら、オリジナルな体験や思考を紹介していきましょう。

身振り手振りを加えながら話す


これは直接話すことに特化したものになりますが。

あなたが観客側だった場合、

A:直立不動のまま話をする人

B:身振り手振りを加えながら表情豊かに話をする人

の、どちらを魅力的に感じますか?

Aの場合、この人どんな人なんだろう?と別の意味で気にはなりますが(笑)、話の内容がきちんと入ってこないかもしれませんね。

Bのジェスチャーを加えながら話をする方が、より印象に残りますし、見ていて飽きませんね。

また、直立でいられるとこちらまで緊張してしまいますが、話の流れに沿って動きが感じられればリラックスしながら聞くことができそうです。

話し手の側からも、大勢の人の前ではどうしても緊張してしまうと思うのですが、身振り手振りを加えることによってその緊張を緩和することもできます。

人というのは、視覚に大きく影響をうける生き物です。

楽しげに、軽やかに、体を動かしながら話をしている様子を見て、好印象を抱いたり、信頼感を持ったりするのです。

大げさに動くというのではなく、ココ!という時に右手の人差し指を上に指してみても良いですし、両手のひらを見せながら話しても良いでしょう。

伝えたい!という熱い思いに比例して素直に体を動かしてみると、より人の印象に残る伝え方となりそうです。

このような表情の豊かさを文章で表現しようとする場合は、「!」「?」とつけてみたり、語尾に「~ですね」「~しましょう」「~ではないでしょうか」とアレンジを効かせたり、相手の心に響くような表現を探すことになりますね。

「自分が表現したい」という見方から「あなたに届けば良いな♪」という気持ちに切り替えれば、自然と表現方法が変わってくると思うのです。

具体例・体験談に置き換えて話す


意見を話す時に、ダイレクトに「これは○○だ」と伝えても、相手がうまく理解してくれないことはありませんか?

自分の頭の中だけで考えていることは、とても抽象度が高く「え?どういうこと?」と相手がイメージできないことが多いのです。

たとえば、以下の2つの文章はどちらがより分かりやすいでしょうか。

A:この例え話がうまくできれば、相手が「しっかりと」理解してくれるようになります。

B:この例え話がうまくできれば、相手が「手に取るように」理解してくれるようになります。

どうでしょうか。

言葉を身体的に捉えられるような例えに変えただけで、より体感的に掴めるような気がしませんか?

長い具体例やエピソードを挿入しても良いですね。

A:この時は、失ったことがとてもショックだった。

B:この時の気持ちは、まるでまだ食べていないソフトクリームを地面に落としてしまった時のような絶望感と喪失感があった。

大げさに言うとこんな感じですね。

一つのことを伝えたいと思った時に、「○○のような」で表すならば何がしっくりくるかなぁ?という芸人のネタ帳のようなものを作ってみてもよいと思います。

自分の体験から話すとよりリアリティがありますよね。

どの具体例・体験談・引用が印象として残しいやすいのか、引き出しを増やしていきましょう!

五感の感覚を意識する


私たちは五感「視覚」「聴覚」「触覚」 「嗅覚」「味覚」を通して、脳へ情報をインプットしています。

相手により分かりやすく伝えることができる上に、脳により鮮明な印象を与えるため、五感を使った表現をすると深く記憶させることができるのです。

では、五感で表現するとはどうすれば良いのでしょうか。

心理学NLPでは、「触覚」「嗅覚」「味覚」を、「身体の感覚」として1つにまとめることで、五感を3つに分類しています。

a 視覚(Visual)

視覚(Visual)の数値が高い人には、

「~に見える」「明るい・暗い」「はっきりしている」など視覚に関係している表現を使うと、理解されやすいです。

視覚タイプの人は、上のほうを見る癖があります。

b 聴覚(Auditory)

聴覚(Auditory)の数値が高い人には、

「聞こえる」「思う」「リズムが良い」など聴覚に関係している表現を使うと理解されやすいです。

話をしている時は、目を左右に動かしやすいという特徴があります。

ボディーランゲージはあまりなく、何かを考えているときに、手が鼻や口元に行く傾向があります。

c 身体感覚(Kinesthetic)

体感覚(Kinesthetic)の数値が高い人には、

「感じる」「触れる」「楽しい感じ」「気になる」など体感覚に関係している表現を使うと理解されやすいです。ボディランゲージを多用するのが特徴です。

これらの3つの頭文字をとって「VAKモデル」と言います。

相手がどんなタイプなのか見極めながら話すのはとても高度な技ですが、まずはこういうことがあるということを頭に入れて、相手は何タイプかな?と考えることから始めてみてはいかがでしょうか。

ブログを書く場合には、直に話すよりは時間を掛けられますから、そういった感覚的な言葉を散りばめてみると、色々な人にとって「なるほど!」と思ってもらえるような文章になりそうですね!

相手を観察しながら話す


よく話をしている人を見ると、自分が話していることに精一杯で聞き手のことが見えていない人を目にすることがあります。

これだと、優しい人は「あぁ、頑張って話しているのね」と微笑ましく見てくれますが、「何を言っているのか全く心に響かないんですけどー」と置いてきぼりの人が多数出てしまいますよね。

私は人前に立つ仕事をしていたので分かるのですが、人前で恥ずかしがるくらいダサいことはないです(笑)!!

ですからもう開き直りしかありません。

こちらが人前で話すのをナチュラルだと思ってさえいれば、聞き手も「慣れている人なんだな」と勝手に思ってくれますから大丈夫ですよ。

とはいえ、自分の中でいっぱいいっぱいになってしまうことって誰しもありますよね。

そんな時は、「今日はとっても緊張しています。でも、一生懸命伝えますね♪」と言ってしまえば、皆味方になってくれるはずです。

そうすれば、応援してくださっている聞き手の目を見ながら話ができるので、伝わっているかが確認でき、歩調を合わせた話ができるようになるはずですよ。

一方、ブログなどで思いを伝える場合は読み手が見えませんよね。

そんな時は、自分の中でもう一人の突っ込みキャラを登場させましょう。

自分だけが得意とするマニアックな記事を書いている最中に、「そんなこと書いて、誰が分かるんだよぉ!」というようにツッコませることで、分かりやすく説明を加えながら共感を得られる記事を書くことができます。

笑いを取る


「笑いを取る」のは難しいので、笑われにいっているカリーネです。

ちょっとしたことでも良いので、あなたには笑って元気になってほしいのです。

「笑う」ことは、生きていくうえでとても大切なことだと私は思っています。

ユーモアというのは、会話(や文章)の中で楽しませたり息抜きになったり、心の浄化につながったりするのではないでしょうか。

いわば周囲へのサービス精神とも言えますね。

これは自分を素晴らしく見せたいとか、格好いい自分でないと受け入れられないという精神があると「笑わせること」は難しいのかもしれません。

自分が受け手側として考えると、心から笑える話や文章に出会ったとき、理由もなくその人を好きになることってありませんか?

個人的な話になりますが、ピースの又吉直樹さんの笑いがとても好きなのです。

彼の笑いは、悲哀の情緒があり、やるせなさや切なさの中に「笑い」が見出されている気がします。

主に自虐ネタの中にその種の趣があるのですが、その根底にあるのは「優しさ」なのです。そんな自分をさらけ出すことであなたの笑顔が見たい、という愛情が感じられます。

「もう笑うしかない」

「笑えたから明日も生きられる気がした」

人生、そんな時もありますよね。

そんな苦しい時にそっと寄り添えるような文章が書けたら、とても幸せだなぁと思いながら書いています。

まとめ


私なりに日々気を付けて書いていることをまとめてみました。

現代社会には、情報があふれています。

そして便利な世の中なので、何かを知りたいと思った時にはすぐに解答を得られるようになりました。

私は書き始めの頃、記事を書けなくて書けなくて停滞することがとても多くありました。

なぜかというと、「正しいことを書かなくては」「完璧なことを書かなくては」と思っていたからです。

ですから、一生懸命調べることに時間を費やし、様々な人の見解を読み比べ、見解に偏りがない記事を書き……

なんてやっていたら、息が切れてしまっていたのです。

けれども、このGLOBOの先輩高橋久美さんや私の師匠黒澤全先生に、「自分の中に答えがある」ということを教えていただいてからは、何となく楽に書けるようになってきました。

「自分の中に答えがある」ということの一つの意味は、「皆情報だけが欲しいのではない」ということです。

確かに、「この人のブログでは正確な情報が得られるぞ」というのも魅力の一つですよね。

けれども、結局読みたいと思ってチェックしてしまうブログというのは、「なんだかこの人面白いぞ」という感覚のあるものではありませんか?

そうです、いつの間にか情報ではなくて「その人」に会いに行っているのです(笑)

この人の変わったところが好き!

この人の体験を知りたい。

この人ならどう考えるかな?

と会いに行って、読み終わった後に「面白かったーー♪」となれるかどうかが結構重要ですよね。

誰がどう思うかは分かりませんが、人間味の感じられない正確な情報よりも、あなたなりの人間臭さ(?)が出ていた方が読んでいて面白いのです。

これは話すことでも通じますよね。

さあ、肩の力を抜いて、あなたのことをどんどんさらけ出して書いていきましょう♪

初心者スピ部長・カリーネの愛の引き寄せ道場!

師匠黒澤全先生のオフィシャルサイトを見たとき、こんなに自己解放する人っているんだ!と驚きました。

黒澤物語『本当の自分を探す旅』

ここには彼の生い立ちから現在に至るまでのストーリーがつづられています。

これを読んだら、私は何をそんなに守ろうとしているのだろう、と考えさせられました。

それまでは随分と秘密主義でしたし、人と距離をとる人間でしたから。

結局、恥ずかしい・みっともない自分を見せたくないと力が入ると、周りの人からは「何でそんなに自意識が高いの?」と浮いてしまいますよね。

考えてみれば、誰も彼も自分が生きることに精一杯で、他人のことなど大して気にしていないのです。

むしろ、自分の恥をさらけ出しオープンに生きていた方が、潔くてなぜだか皆助けてくださいます。

まあ、これは私があまりにも不器用であるからそうさせるのだと思いますが(汗)

恥を捨てられれば、人前に立っても気取って壁を作らずに話せるので、気さくな雰囲気が醸し出されるのではないでしょうか。

黒澤先生のセミナーを受けていても、「この人は自分がどう見られたいとかは、全く関係ないんだろうな」と思われるほど、のびのびと時に捨て身で(笑)話されていますよ。

そんな先生の無料メルマガ、是非お読みください♪

無料メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる方法

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は、私の先生(メンター)である黒澤全が『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、13万文字を超えるテキストと450分以上の音声セミナーという大ボリュームでお伝えするものです。

ありがたいことに、すでに参加した人からはこんな感想も頂いています。

・まだ読み始めて数日ですが早速小さな奇跡が起きています。
・薄っぺらい知識ではなく、本物の知識を学べてるので幸せです。
・今まで学んだ中で一番すーっと入ってくる内容でした。


無料で参加できますので、よろしければご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*