思考を鍛える

引っ越しを機に断捨離で仕事運アップ!結果を確実に出す環境づくり

これは、物が多く、物に囲まれ、なかなか捨てられなかった私のドタバタ断捨離劇です…。

つい最近、400㎞ほど離れた県外へ引っ越しを決行する際、断捨離を試みました。

断捨離で人生が変わるといっても過言ではありません。

何かで結果を出したいというあなた。

私と同じく、これから引っ越すための荷物をまとめようとしているあなた。

また、思い切った断捨離で心機一転を試みようとしているあなたにも読んでいただきたい。

前半では、前のアパートから今の住まいに移るまでの決死の断捨離エピソードの紹介。

後半では、断捨離で運気アップを図るコツやなぜ運気が上がるのかその理由を考えてみました。

どんな物と関わるのか厳選して生きる、シンプルライフを目指していきましょう!

引っ越しが決まり、物を捨て始めたことで見えた私の趣向


今回の引っ越しは、私の師匠の先生の近くで、人生を再スタートさせることが目的です。

以前から言われていた「断捨離指令」を、忙しいことを理由にきちんとできていなかったので、これを機にやってみよう!と決意を新たに臨みます。

ちなみに先生は、その人の本当に必要なことを見極めて、タイミングを見て指令を発動させてくれる、人生のアドバイザー的な存在です。

「よし!バシバシ捨てるぞー」と本棚へ向かいます。

仕事関係や、興味が薄れてしまった本をしばっていきますが、「処分しよう」と決めた途端に、それまで一切開いていなかった本が惜しく見えてしまうのはおかしなことです。

「あー、これ学生時代すごい頑張って勉強した参考書!」
「このレシピ本、美味しそうな料理がいっぱい載ってるんだよね」

などなど出てきますが、いかんいかん今に集中!と気合を入れ選別していきます。

ここで自分の趣味趣向が明確に出てくるもので、迷いはするけれども捨てられる本と、どうしても捨てられない本がある訳です。

私が捨てられなかった本の種類は、

・料理のレシピ本
・お掃除ハウツー本
・漢方、東洋医学系の本
・お気に入りの作家の本
・スピリチュアル系の本

などでしょうか。

自分を客観視して面白かったのが、お気に入りの作家の中に、谷崎潤一郎と江戸川乱歩が入っていたこと。

文豪の中でも、若干偏りのある美意識(神秘性・悪魔的・エロ・グロ・変態性・欲望・究極の美・究極の愛…)の世界観を表現するこのお二方の作品を、どうしても捨てられないということは、私も変態に片足突っ込んでるのね…、と物を通して改めて自分を知れました(笑)

どういう物を持っているかというのは、その人の癖が出ます。

断捨離タイムを、自分と向き合う時間にしてみてはいかがでしょうか。

~まとめ~
・過去(これは〇〇だったなぁ、という思い)や未来(もしかしたら使うかも!)という思いは置いておいて、今の自分が何を残したいかを考えること。
・どんな物を手元に残したいのかを客観視して、自分を見つめ直す。

 

さて、ある程度断捨離をしたつもりになっていた私ですが、致命的なミスを犯します。

忘れていた!お部屋のサイズから残すものを選ぶこと


2LDKのお部屋からロフト付き1Kのお部屋に引っ越すことになった私。

これは、引っ越し先に着いてから気づいたことなのですが、物がまだまだ多かったのです。

2LDKのお部屋の片づけ中は、全くそんなことは思い浮かばず(なんておバカなんだ!)。

結構捨てたつもりだったのですが、まだまだ1Kのお部屋に収納させるには私の荷物は多すぎました。

ちなみに処分したものリスト、

・こたつ ・カラーボックス×3 ・大量の書籍
・大量の食器 ・食器棚
・土鍋、フライパン等の調理器具全て
・冷蔵庫 ・テレビ ・DVDプレーヤー
・パソコン ・大量の洋服 ・衣装ケース
・アイロン台 ・ミシン ・プラスチック4段ケース×2

結構捨てました、よね…(´-ω-`)v

しかし、荷物がお部屋に運ばれたのを見てビックリ!

「何だ、この密集した環境は……、まだまだ断捨離が足りなーい( ;∀;)」

最大の失敗は、布団を早めに処分していなかったこと…。

これは大きいです。

リサイクルショップに電話してみましたが、うちは取り扱っていませんの一点張りで引き取ってくれません。

市の粗大ごみ回収日は月1回しかありません。

お勧めは、不用品回収センターに引き取りを依頼するか清掃センターに自己搬入で持っていくこと。

物が多いと、部屋で仕事をしていても集中力は切れるし、捨てる時にも結構手間だし、これからはもっとシンプルに生きようとしみじみ実感中であります…(´-ω-`)=3

そもそも、日常的に使用しているものは数少ないんですよね。

それを自覚し、いかに執着を手放せるかです。

ちなみに、先生にこのことを報告したところ、「物が多すぎる!」とまた言われてしまいました。

1Kの部屋にダイニングテーブルを持ってきてしまったので、当然と言えば当然です。

最近引っ越したばかりの先生は、段ボール箱10箱分程度しかなかったため、速攻で終了したとのこと。

す、少なすぎる!!

徹底したそぎ落とし生活、恐るべしです。

何が必要で何が不要なのか、無駄を省いているため、集中して力を発揮できるんだなぁと思います。

これをやるかどうかで人生が大きく変わりそうです。

~まとめ~
・普段から何を使用し、何をしようしていないかを見極め生活をする。
・いざとなったら回収業者に一括で引き取ってもらいましょう!
・清掃センターに自己搬入の手もありますよ。

 

次の項目では、清掃センターに実際に搬入した際の様子をお伝えします。

なんと!ゴミたちの最期がこんなことになっていたとは…(;O;)


ちなみに、清掃センターに自己搬入された経験があるかたはあまりいないのでないでしょうか?

今回、初めてチャレンジしてみました!

なぜそんなことになったかというと、引っ越し業者への依頼の仕方をミスったからであります(・ω・)ノ

最大の反省は、お部屋に直接来て見積もりをお願いしなかったこと。

電話口で伝えてしまったために私の方で伝え漏れがあり、正確な荷物の把握ができず、予定よりオーバーしてしまったのですねぇ。

あなたは気を付けて下さいね!

引っ越し業者に運べるだけ運んでもらった後にもさらに残った荷物の多さを見て、愕然とする私。

明日にはここを発たなきゃいけないのに、まずい!なんとかせねば!

ということでさらに捨てられるものを吟味し、袋8つ分の物をゴミへ仕分けしました。

アパートのゴミ収集場所へ2袋だけ入れさせてもらい、あとは清掃センターへ車で運びます。

入口へ行くと、粗大ごみを受け入れる施設と、燃えないゴミ燃えるゴミを受け入れる施設がそれぞれ異なっています。

燃えないゴミを持っていた私は、受付を済ませゴミ搬入場所へ。

驚いたことに、コンクリートの建物の中に、柵もなく地下約ビル5階建て程の穴がガランと空いており、油断すると落ちてしまいそうな恐怖を感じる空間が広がっています。

「そこへ自由に入れてください」

高所恐怖症の私は近くに行くだけで足がすくみます。

一番に思ったのは、「今まで私を支えてくれていたこの子たち(物)を、あんなところに放り投げなければならないなんて…!」ということでした。

そして、「落としちゃってごめん!今までありがとう」と小声で言いながら、大きな穴へ次々と入れていきます。

ゴミたちを潰していく機械音が響く中で、ささやかに「……トサッ」と落ちる音の何と儚いことでしょう。

簡単に捨ててしまうような物は最初から手にしないこと。

所有したならば最後まで感謝を込めて使うこと。

これは、物を所有することの心構えのようなものを考えさせられた痛い経験となりました。

~まとめ~
・そもそもむやみに物を増やさず、買う時にきちんと吟味しましょう!
・清掃センターはとっても便利でした!

 

その8袋分のゴミを捨てても実はまだ荷物がありまして…。

次はそれを車に積み込んだ時のお話です。

さあ、あとは愛車に搬入だ!ぬぅ、入らぬ…。


清掃センターから戻った私は、すぐさま荷物を愛車に入れていきました。

まずは後部の荷物置き場から搬入が始まり、あっという間に満杯になっていきます。

スペースのある後部座席に期待!

段ボールやすぐしようする布団など大物を詰め込んでいき、もう満杯なのにまだまだ荷物があります。

いやいや、まだ助手席があるぞ。

そんなことを思いながら詰め込みます。

普段はこれでも几帳面な性格なのですが、もうここまで追い込まれると、

「頼む!とにかく入ってくれ!」と縦とか横とか関係なく豪快にねじ込んでいく逞しさが身に付きましたね、ホホ…(´-ω-`)

散々詰め込んだ後、最後に残ったのは大事に大事に育てていた(飼っていた)植物たち3カゴ。

「この子たちを誰か置いて行かなきゃならないのかなぁ……」

とカゴをのぞき込むと、お水をあげて葉水をかけたばかりの彼らがとってもキラキラとして見えました。

~カリーネ脳内妄想~
植物A:「ねぇ、ママ~。今度行くところは、どういうとこなんですかぁ?」
植物B:「えー、また新しいとこに行くのぉ?楽しみだなぁ(笑)」
植物C:「今よりあったかいとこだってぇ~」
植物D:「早く行こーよー♪」

 

「ダメだー、置いてはいけないーー( ;∀;)可愛すぎるー」

ということで、多少植物たちには狭い思いをしてもらいましたが、ムギュッ!と詰め込んみました。

パズルのような感覚で、隙間を狙ってどんどん無の境地で入れていくので、車内が恐ろしい程の乱雑状態です…(;^_^A

そして、その後高速で4時間強、恐怖に震えながら運転し続け、やっと引っ越し先へ着いたのでした。

~まとめ~
・いざとなると、普段のこだわりがなくなり、無の境地で行動することができる!
・後ろも左も視界ゼロの運転は恐怖!やはり、きちんと引っ越し業者に頼もう!

 

最初からこんな状況を招かなければ良いだけですね。トホホ。

今の私のお部屋は、まだまだ混乱を極めるさなかにあります(*_*;

ちょっとずつ日々の断捨離を継続していき、快適空間を目指そうと思うのですが、そもそもなぜ断捨離をすると運気が上がると言われるのでしょうか。

持っているモノであなたの運勢が決まってしまう事実


あなたが持っている物で、運気が強く影響されてしまいます。

•冷蔵庫に使われずに残っている調味料
•押し入れの奥やクローゼットにしまい込んでいる洋服や下着
•何となくあるから使っている食器

好きな物に囲まれていれば心地良い空間となりますが、何となくで使っている物に囲まれているのであれば、運気を下げてしまうことになります。

本当はあまり気に入っていないけれども、妥協して使っている物や古い物は、捨てることで運気を上げましょう。

そもそも「断捨離」というのは、物を捨てることだけを指すのではありません。

物に執着しているというその精神状態を「手放す」ということです。

自分が持っている物・部屋の空間を占めている物は、無意識に頭の一部分を支配しています。

実際の物を捨てることは、実は「あ~、片付けなきゃ」とか「余計な物が目に入ってくる」と無意識に思っている、脳内のノイズを削除することになるのです。

ここから少しスピリチュアル的な内容になりますが、そうして新たな空間を生み出すことによって、脳本来の「見えない何か」をキャッチする受信機をフルに働かせることができるようになります。

つまり第六感、直感、虫の知らせという人間の持つ力を発揮できるようになるということですね。

これは物理空間だけの話ではなく、テレビやPC・スマホなどのデバイスから情報を大量に受け取ったりしていると、脳内にノイズが取り込まれ、受信機としての能力は低下してしまいます。

ですから、物だけでなく情報もそぎ落としていくことで、「あ!コレをやった方が良いかも♪」「こっちに進もう」みたいな閃きが起きやすくなり、結果運気が上がっている状態を実感することができるようになります。

ちなみに先生ですが、この手の閃きが冴えわたっているそうです。

とてつもない集中力を発揮することで、面談をしている相手の背景を一瞬で見抜いて、ズバリと指摘してしまいます。

「な、何で分かるんですか!?」

と言われることも多いそうですが、これまで何千人と面談をしてきた経験と、集中力から見える何かしらで言い当ててしまうのです。

相談者と真剣に向き合い、人生をしっかりと考えてくれているので、何かが降ってくるのだと思います。

あなたも断捨離することで、直感に気づきやすいスッキリとした環境を作ってみませんか。

まとめ


引っ越しを通して、物が多かったんだなぁと気づきました。

物を処分するというのは、こんなに大変なんですね(;O;)

これからは、本当に必要な物だけを、長く愛せる物だけを連れて帰るような気持ちで買おうと思っています。

案外と物が無くても生きていけるものだったりもしますよね。

そして、なぜ自分は物を必要としていたのか、と考えてみます。

私が実感したのは「物によって満たされたかったんだなぁ」ということ。

では物があれば満たさせるのか?

1つの物で満たされているのであれば、こんなに物は増えていないのです。

では、満たされないような気もちをどうすれば埋められるのか…。

私は今、「1つのことをとことん極めてみる」ことの実践をしています。

「1つのことに集中して極めてみると、あらゆることに通ずることができる。」と先生が話していました。

私たちは、あらゆることに意識を奪われて生活しています。

ですから、どれもこれも中途半端になってしまっているのが大半です。

どれもこれも中途半端ということは、どれにも満足できていないということですよね。

これを、ただ1つ極めようと集中して行っていくと、他を経験しなくてもそのことに置き換えて物事を捉えることができるようになるということですね。

こんな風に物事に真剣に向き合おうと命を燃やしていれば、「満たされない」なんていう感情は生まれないと思うのです。

そして集中するためにはどうしたら良いか突き詰めると、その結果、不必要な物をそぎ落とす「断捨離」は自然と達成しているはずです。

今一番結果を出したいことは何ですか?

それに集中できていますか?

まずは環境を整えることから始めてみませんか。

先生は、常識に捉われずに多角的な視点から、ヒントを与えてくれます。

始めはその意味が分からなくても、実践していくうちに意味が自然と理解できるので、今はまず受け入れてやってみることにしています。

私は先生の下で教わるようになってから、たった半年間で現実世界の見方がガラリと変わりました。

この短期間で成長できたことを自分でも実感できます。

あなたにも是非この感覚を味わっていただきたのです。

まずは、メルマガの文章から先生を感じてみて下さい。



※メルマガは終了しました。

終了しました。

メルマガは終了しました。

コメントを残す

*