関係を築く

可愛がられる人になるチェックリスト|一流の付き人の可愛げスキルとは?

可愛がられる人

私は凡人ですが、先生や上司など目上の人から可愛がられるスキルだけで世の中を渡ってきました。

  • 学生時代は先生にヒイキされて、髪を染めたりピアスをしたりしてもスルー。
  • 会社員時代はめちゃくちゃ仕事ができないくせに、社長に可愛がられて先輩を追い抜いて主任ポジションに。
  • フリーランスでライターを始めてからも、ベテランのライターさんに気に入られてめちゃくちゃ面倒を見てもらいました。
  • 現在は、メンター先生を何かと手伝わせてもらい、いち受講生ながら弟子ポジションを確保、来年の2月には付き人として採用が内定しております。

生き残るため(?)に天然でやっていたので自分ではそれが普通だと思っていたのですが、「かわいがられる力」というスキルがあることを知りました。

今回は、私が普段いかにして可愛がられているのか、可愛げスキルについてシェアしたいと思います。

可愛がられる人はこんなにお得!可愛げスキルのメリット

可愛げスキルとは、単純にヨイショするとか、「ドジだなぁ」と思わせて気を引く程度のものではありません。

自分よりも段階が上の人と信頼をつくり、相互にとって良いWin-Winな関係性を築くための強力なスキルです。

今は実力もなくて、お金も人脈も何もない人でも、可愛げスキルさえあれば、それらを持っている人から教えてもらったり、紹介してもらったりして何もかも解決できます。

実際、私がライターとして駆け出しのころ、たまたま参加したセミナーの講師の先生が可愛がってくださったおかげで、新人だから仕事がなくて困るようなことは全然ありませんでした。

仕事を見学させてくれたり、案件を回してくれたり、逆に私が取ってきたけど難しいです!っていう仕事を引き受けてくれたり、いろんな人に紹介してもらったり、超お世話になっていました。しかもタダで(笑)。

もちろん、目上の人にも喜んでもらうから、可愛がってもらえるわけです。

おだてたりヨイショしたりは簡単に見破られてしまいますが、真の可愛げスキルがあれば一目置かれて応援してもらえること間違いありません。

では、具体的にどうすると可愛がられるのか、可愛がられる人の秘訣を見ていきましょう。

可愛がられる人になるチェックリスト

可愛げスキルチェック1 弱みは隠さず公開する

上司や先生、メンターなど、目上のすごい人に対しては自分をすごそうに見せる必要はありません。

向こうのほうがあらゆる面でレベルが上なので、すぐに程度を見抜かれてしまうからです。

素のままで、むしろ弱みを隠さずに公開した方が可愛げがあります。

もしも、あなたがペットショップで犬を飼おうとしていて、すごくキャンキャン吠えて威嚇してくる犬と、お腹を見せて無防備にしている犬がいたら、どっちが可愛いですか?

お腹=弱みを見せるのは最初から敗北を認めるポーズであり、「信頼してますよ」のサインです。

100%信頼されたら嬉しいし、守りたくなっちゃいますよね。

もちろん、「自分なんて、あれもできなくて、これもダメで…」と暗〜く、卑屈になってはいけません。

「今はこんなこともできなくて、まだまだなんですが絶対これから頑張ります!」と明るく前向きに、弱みを発表しましょう。

可愛げスキルチェック2 全力で受け取る

目上の人からご厚意でいただいたものは、何であれ全力で受け取りましょう。

遠慮したり、受取拒否をしたりは可愛くありません。「別にいいです」は禁句です!

物をいただいたり、何か教えてもらったり、してもらったりしたら、「え、いいんですか? ありがとうございます!」と、ありがたく頂戴しましょう。

そして、喜びを全身で表現しましょう。

  1. まずは、その場でちょっとオーバーなくらいに喜びます。「嬉しいです!ありがとうございます!わーいわーい!」
  2. そして、その日の夜か翌日ぐらいにメールか何かで再度お礼を伝えます。「こんなにいただいて、本当に感激です!気にかけていただいて感謝です」と。
  3. そしてそして、更に後日、会ったときとか、再度メールとかで、「いただいたコレをこうして使ってます」とか「教わったことをやってみて、こんなに良くなりました」とお礼を伝えましょう。

ここまで喜んでくれたら、あげた甲斐があると思いませんか。これが、必殺「感謝の三段活用」です。

しかし、あまりテクニックにとらわれると逆にいやらしいので、素直に喜びと感謝を表現できれば何でもオッケーです。

可愛げスキルチェック3 全部、鵜呑みにする

これはちょっと危険なのですが、その上司とか先生の言うことは全て一回は鵜呑みにして信じてみます。

相手が変な人だったら本当にヤバイので気をつけていただきたいのですが、この人!と决めたらまずは言うこと全部を信じましょう。

「この人のこの部分は正しいけど、あれは間違っているからこっちだけ信じよう」みたいに、勝手に取捨選択をしないことです。

今までの自分の価値基準を上書きする勢いで、いったんその人の考えを取り入れてみます。

一度しっかり受け入れてから、なお違和感のある事について「これはどうしてだろう? どんな意図があるんだろう?」と考えましょう。

そうすると、今までの自分の頭では気づかなかったことが発見できるかもしれません。

それでも分からなければ、議論を挑むのではなく率直に「これがどういう意図なのか、今の私では理解できないので教えてもらえませんか?」と聞きに行ってもいいわけです。

素直な人は、可愛がられます。

可愛げスキルチェック4 教わったことは速攻で実行する

研修やセミナー、または個人的に教わったことは、速攻で実践しましょう。

教える側になると分かるのですが、教えたことを実行してもらうのは大変で、教えてもやらない人が大多数です。

実行してもらえるのはそれだけで嬉しいことなのです。

私がやった例ですと、コピーライター講座に参加して「最初は新聞の投書欄に原稿を送るといいよ」と言われて、さっそく書いて送ってみました。

もう一つ、今のメンターの最初の面談で「人間関係は全部切ってください。仕事は全部やめてください。物も必要最低限を残して捨ててください」とアドバイスを受けたことがあります。

その帰り道で「仕事をやめます」とか「◯◯抜けます」等の連絡を各所にしまくり、帰宅後すぐに狂ったようにゴミ袋に物を詰めまくり、メールからSNSからアカウントは全削除、アドレス帳消去を決行しました。

我ながら、よくやるなあと思います(笑)。

可愛げスキルチェック5 実行した報告をする

可愛がられるには、実行した報告も大切です。

4でやった例の新聞投書は、運良く地方紙に掲載されたので、「教わった通りにやったら、ギフト券を貰えました!」と報告と御礼がてら、掲載された新聞を持って講師の先生に会いに行きました。

そうしたら、いたく喜んでくれて抹茶プリンなどをご馳走になり、「行動力がすごい」と褒められて、その後も何かと声をかけてもらえるようになりました。

現メンターの先生にも、断捨離したゴミ袋の山を写真に納めて報告しました(笑)。

調子に乘ってTwitterのように報告しまくっていたら、「もうちょっとまとめて送ってください」と言われましたが、報告すること自体は良いそうです。

マメに報告しましょう!

可愛げスキルチェック6 期待しない

可愛がられスキルを駆使しても、だからといって何かしてもらえることは一切、期待しないことです。

こんなに一生懸命やったんだから、そろそろアレしてくれても良いんじゃない? とか、もっと教えてくれてもいいのに! とか「欲しがるモード」になっちゃうと可愛くないからです。

逆の立場で考えてみたら、純粋に信頼されたり、受け取ってもらえたり、喜んでもらえたりしたら、嬉しいじゃないですか。

でも、それが実は下心ばっかりだったら、ちょっと残念ですよね。

何らかの目的のために、あなたを利用しようとされていたらどうでしょうか?

「あ、そうなんだ…。うん…」って感じですよね。

これは、助けや協力を求めるのがダメということではないですよ。

本心を隠して下心で付き合うのが問題なだけで、オープンになって目上の人を頼るのはむしろ喜ばれることの方が多いです。

可愛げスキルチェック7 自分なりに役に立とうとする

レベルが上の人の役に立つなんて、ちょっと難しそうですよね。

それでも、一生懸命に何かを提供しようと頑張っていると可愛げがあるというものです。

何が喜ばれるかはその人や状況にもよりますが、ご参考までに私がやったことの例をご紹介します。

  • 著書やブログ・メルマガなどの熱い感想を送る
  • セミナーはなるべく前列でめっちゃリアクションしながら聞く・積極的に質問する
  • セミナーの感想を自分のブログやSNSでシェアする
  • セミナーの内容をレポートにまとめる
  • その人のことを他の人に話して紹介する
  • 手土産は入念にリサーチして選ぶ
  • その人が専門外で、かつ役立ちそうな情報を提供する
  • グループ・コミュニティを盛り上げる側に回る
  • スキあらば手伝う側に回る

これらも「期待しない」マインドが大事です。ちょっと自分が損してもいいぐらいの気持ちで、進んでやってみましょう。

上司や目上の人に可愛がられる人になる方法まとめ

可愛げスキルチェック、いかがでしたか?

まとめると、明るく素直に、受け取って感謝し、期待しないで提供するということですね。

ぜひ、実践してあなたも可愛がられ上手になってください。

※スキルを発動する相手を間違えると、大変なことになりますのでご注意を。

ライター高橋の開運★引き寄せ研究部

…と、偉そうに書いてしまいましたが、実は私も出来ていないことが多いです。

習ったことを全然やってないとか、メンターに「どうしてこんなにやってるのに!ムキーっ!」って逆ギレするとか(笑)。

そして、今更これを言うとひどいのですが、やっぱり可愛がられスキルだけでは依存的になってしまうので良くないですね。

いや可愛がられスキルはあった方がいいんですよ。でも、それ「だけ」では問題になります。

最初はいいのですが、やっぱり他のスキルやマインドもちゃんと磨いてこそ、依存しないでよりよい関係を作っていけるんですよね。

今のメンターに出会う以前は、すごい人に全力で依存してしまって期待が入り、最終的に関係が悪化することを繰り返していました。

現メンターの先生は良い意味で依存させてくれず、成長の機会を与えてもらっています。

先生の無料メール講座をこの下でご紹介しています。すごい人なので、ぜひ読んでみてください!



※メルマガは終了しました。

終了しました。

メルマガは終了しました。

コメントを残す

*