思考を鍛える

恋愛が上手くいかないのはあなたの劣等感が原因かも?

誰しも恋愛についての悩みは尽きないとは思います。

そもそもあんまりいい恋愛ができないとか、ろくな異性に出会えないとか、仮に付き合えてもすぐに浮気されたりして別れてしまうなどなど・・・

とにかく恋愛運的なものがないのでは?と思うほど、なかなか充実した恋愛ライフが送れていないってことがあるんじゃないでしょうか?

なんとかしてステキな恋愛がしたいって思ってさまざまなノウハウ本なんかを読んで頑張ってきたかもしれませんが、ちょっとその前に、もっと根本的な原因がある可能性があります。

今回は多くの人の恋愛の足を引っ張っている“劣等感”についていろいろお話ししていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


恋愛の心理

好きになる理由

まず劣等感がなんで恋愛の足を引っ張るかの前に、そもそもの恋愛における人が人を好きになったりなられたりするときの心理や仕組みを簡単に説明していきます。

これがわかっていないとなんで劣等感があると不利になってしまうのかをうまく理解できないので、しっかりと頭に入れるようにしてください。

恋愛においてぼくらはほぼ無意識に自分と同じかやや魅力の上の人を好きになるように本能レベルでできています。

特に女性は少なくとも自分よりも魅力レベルの低い男性のことは恋愛対象にはしません。
男性はその逆の心理が働きます。

これは本能の問題で、女性の場合は自分と自分の子供を守れる相手かどうかを見極める必要があるので、結構シビアに男性を見ているんです。

この魅力ってものは時代や個人の価値観などでまた変わってくるので難しいところですが、要はセルフイメージの高さとも言えるでしょう。

そのセルフイメージのレベルが自分と同等くらいの人と恋愛関係になることが圧倒的に高いんです。
あまりにすごい人は逆に恋愛対象にはならないし、低すぎる人は当然対象外なので、一番バランスの取れている相手と自然とくっつくようにできているんですね。

25%上の魅力

先程のセルフイメージの話ですが、実はもっと具体的な話があります。

ある海外の研究によると、恋愛においては自分よりもおよそ25%魅力レベルの上の人を求める傾向があるそうです。

わかりやすくお金の話で例えて言いますが、自分よりも年収が約25%上の人が一番魅力的に写って、そういう人といたいって思うんですね。

年収300万の人は400万円行かないくらいの人と付き合うって感じです。

恋愛の場合は具体的に数値で言えないこともあるのであくまで目安ですが。

この辺の仕組みを理解しておくと、劣等感がなんでよくないのかがなんとなく見えてくるんではないでしょうか?

劣等感とセルフイメージ

劣等感とは、つまりはセルフイメージの低さと言えるんです。

セルフイメージが著しく低いという状態が劣等感を持っている状態です。

その状態だとどうなるのでしょうか?

人は自分のセルフイメージに合ったものを無意識に選んでいきます。

それはもちろん人間関係でも同じで、だいたい同レベルの人と一緒にいるようになります。

そして恋愛関係の場合は同じようなレベルかつ同じように劣等感を持っている異性や、セルフイメージを証明するような異性を引き寄せる結果になるんです。

セルフイメージを証明とは、例えばあなたがもしも自分はとても異性に恵まれないって思っているとしたら、実際によくない異性にばかり出会うように無意識に行動してしまうってことです。


スポンサーリンク


自分で思う自分像を実現させようとしてしまうんです。

劣等感があるとこうした低いセルフイメージが必然的に出来上がってしまい、望む方向とはどんどん逆にいってしまうんですね。

劣等感を消し去るために

劣等感はどこからくるのか?

劣等感が恋愛でどんな悪影響があるかっていうのははわかったと思います。

それじゃどうすればその劣等感を払拭していけるんでしょうか?

そのためにはまずその劣等感がどこからやってきたのかという、根っこの部分を知る必要があります。

根本がわかることで、劣等感の原因をどうにかしようという対症療法ではなくて、そもそもそんなもの感じる必要がなかったことに気がつけるんです。

さっそく結論から言ってしまいますが、僕らが持っている劣等感というのは、他人との比較によって生まれています。

他の誰かに比べて太っているとか、誰々さんよりも収入が低いとか、モテないとかその他もろもろ。

どんなものにせよ、全部“他の誰か”という存在なしにはなかったものです。

他人との比較があって、浮き彫りになった“違い”を常識とかに照らし合わせて優劣をジャッジしているんです。

この劣等感を感じるからくりがわかるとそもそも今まで感じてきた劣等感というのはなんの根拠もなく、あなたの持っている価値や魅力を貶める理由にはなんらならないってことに気がつくはずです。

なぜならその欠点などを劣っているというふうに最終的に判断しているのは実は自分だけだからです。

太っているとか勉強ができないとか、そういうところをなんら悪いこととか思っていない人もたくさんいることをそれが単なるイメージや思い込みなこともわかりますよね。

つまり全部勘違いなんです。

意味付けを変えよう

他人との比較で根付いてしまった自分は劣っているという勘違いをやめていくには、その自分の劣っていると感じるポイントへの認識を変えていくのがいいです。

つまり意味付けを変えるってことです。

劣等感を感じているポイントを、いくつか上げていって、それに付随している悪いイメージを逆にするんです。

欠点としてではなく、それを長所とかいい部分として捉えてみてください。

例えば太っていることで劣等感を感じているのなら、それをいいこととして捉えられないかって考えてみるんです。

ふくよかとか、愛嬌があるとか、いくらでも太っているということをいい感じの表現に言い換えることは簡単にできます。

言葉遊びのように感じるかもしれませんが、言葉を変えるって想像以上に効果的です。

僕らは言葉でいろんなものを定義づけていくので、使う言葉を変えるってことはそのまま感じるものや思考さえも大きく変えていくんです。

いけないとかダメなこととして捉えるのではなく、この点のいいところはなんだろうって思考を持つんです。

太っていても、それをなんにも気にせずにとてもすかれていたり幸せに生きている人もたくさんいます。


スポンサーリンク


そうである以上、太っていることは他社よりも劣っているという証明にはならないのです。

問題はそれをあなたがどう思っているか?

自分で自分を“劣っている”ことにしないでいいんです。

それも愛嬌だなとか、キャラの一つという風に、ポジティブな意味付けをする習慣を持ってみてください。

セルフイメージを書き換える

幸せな恋愛のために

ここまではセルフイメージと劣等感の説明でした。

人は無意識で自分にふさわしいと思うものや人、状況を選んでしまうので、劣等感があるとその分恋愛においてもその劣等感を裏付けるような人や行動をしてしまうんで、うまくいかないってことが多くなってしまうんですね。

そしてここからはもっと具体的に幸せな恋愛をするために劣等感によって低くなってしまったセルフイメージをどう改善していくかをお話していきます。

まず幸せな恋愛ってものをしっかり自分の中でイメージすることから始めましょう。

恋愛に限った話ではないんですが、思い通りにいかないとか欲しいものが手に入らない、もしくはやりたいことができない人の特徴で、そもそもゴールや求めているものがはっきりとしていないってことが多いです。

それでは目的地もわからないままふらふらと歩いているようなもので、どこにもたどり着かないのは当然です。

なのでちゃんとどんな恋愛がしたいのかを明確化させましょう。

これまでの恋愛を基準にしてしまうと、うまくいかないイメージばかりになってしまうので、一旦過去は忘れて自由に考えるのがコツです。

あなたの今と未来は決して過去の延長ではないんです。

どんな人といると幸せでしょうか?

デートはどんなのがいいですか?

結婚につながるような恋愛がいいですか?

自分が幸せだと思う恋愛をはっきりと映像が見えるようになるまでイメージしていくんです。

それができた時に、自分がその幸せにふさわしいと感じられるかよく考えてみてください。

そんなの当然そうに決まっていると言いたいでしょうが、表面的なものではなく、結構心の奥底では今の自分にはちょっと見合っていないのではなどの思考があるのです。

雲の上の存在って表現がありますよね?

憧れの芸能人とかアイドルみたいな存在をものすごく求めていて、妄想で付き合えたらいいなとか思うわりにこうこう存在をものすごく上の人って感じてしまっているので、現実的には感じられないんです。

その非日常的な感覚こそ、それが自分のセルフイメージには合ってないって感覚なんです。

セルフイメージを書き出そう

幸せな恋愛のイメージをして、でもそれがまだセルフイメージに合っていない段階だと思います。

それでは決してそれを実現することができないので、幸せな恋愛のできる自分という新しいセルフイメージを作る必要があります。

そのセルフイメージを作るためには、現状のセルフイメージを明確にしていく必要があるんです。

自分で自分はどういう人間だと思っているのか?

それをどうすればわかるんでしょうか?

ちょっと紙とペンを用意して、時間をとってやってみてください。

まずは思いつつままの自分のイメージを書き出していって欲しいんですが、個人的にセルフイメージを理解するコツは、今の自分の人間関係や収入、住んでいる環境、健康状態なんかをよく見てみることです。

セルフイメージは自分に相応しいと思う人生を無意識で作っていくので、今のそういうものを見ると自分が自分をどう扱っているかどうかがわかるんです。

特に収入はその人の内面的な豊かさや、価値を反映しているケースが多いので、収入の額もそうですがそれに満足しているかなども見ていくと自分自身をどの程度の価値ある人間と思っているかがわかります。

それらを紙にどんどん書き出していってください。

そうすることであなたの今のセルフイメージがわかるようになります。

その書き出したセルフイメージをだいたい10個以内くらいにまとめてリスト化するんです。

出来上がったリストが今のあなたのセルフイメージになります。

愛されるあなたへ

現状のセルフイメージがわかったならそれを書き換えていくだけです。

幸せな恋愛をすること、ステキな人に愛されるということがごく当たり前なことだというセルフイメージにしていくことで、恋愛は出会いでもその後の関係もどんどんうまくいくようになります。
やり方は文字通り書き出したセルフイメージの中で恋愛や人間関係の部分で足を引っ張っている劣等感を感じている部分を書き換えていけばいいんです。

リストにした10項目前後の今のセルフイメージを書き換えて新しいリストを作ったなら、それを声に出して読み上げていきます。

やると分かると思いますが、最初はものすごく違和感というか、抵抗感みたいなものがあると思います。

その感覚はまだその新しいセルフイメージが定着しておらず、元に戻ろうといている証拠です。

セルフイメージとして新しいイメージを定着させるには、何度何度も繰り返して呟いたり作ったそのリストを常に携帯して頻繁に読むことです。

最初は抵抗感を感じていても、徐々にそれが薄らいでいき潜在意識に新しいイメージが定着していきます。

かかる時間は人それぞれですが、継続することで必ず新しい愛される自分というセルフイメージに書き換えていけると思います。

大切なことは何度も繰り替えして刷り込んでいくことです。

まとめ

自分は劣っているという人生最大の勘違い。

あるいはなんの根拠もない思い込みでしょうか。

そんなものに足を引っ張られ恋愛においていつも望まない結果しか得られない人はほんとうにたくさんいます。

ここでお話ししてきたセルフイメージと劣等感の関係がわかることでこれまでの失敗やうまくいかなかった根本的な原因がわかったと思います。

そしてそれらは突き詰めると何も悪いものでもないし、問題ですらなく、本当にただの思い込みで、勝手に今までやっていたことだったんです。

全てを知った今、あなたはもう自分に劣等感を持つ必要はなくなりました。

わざわざ自分を貶めるような現実や状況を作る必要もなくなったんです。

これからの人生ではあなたが心から求める最高のもの、本当に満たされる幸福な恋愛を経験しても大丈夫なんです。

あとは自分がそう本心から信じられるかどうかだけです。

セルフイメージを理解して、不要な劣等感をさっさと捨てて幸せな恋愛をぜひ楽しんでください。



※メルマガは終了しました。



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク