心を育てる

自信がない人が目標設定するときのコツ。2種類の目標で謎の自信を手に入れよう。

目標達成のコツ

ビジネスとか自己啓発系のセミナーに出ると、「1年後の目標を設定しましょう」などと目標を立てる機会があります。

コミットすることで、そこに向かって行動できるようになり、成功を引き寄せるというのは「引き寄せの法則」の基本です。

ところが以前の私は、自信がなさすぎて目標を立てるのが非常に苦痛でした。

周りの参加者は「月収100万円を達成する」とか「従業員と家族全員を幸せにする」などと大きな目標をドーンと掲げているのですが、私は1年後にそんなに良くなってるなんてイメージができず、書くのに躊躇してしまいます。

私の目標の立てられなさについては、メンター(師匠)や講座の受講生仲間からずっとネタにされているエピソードがあります。

スポンサードリンク


目標立てたくなくて号泣事件

2017年の6月、宮城県の網地島という離島で、メンターと受講生仲間とで合宿セミナーに行いました。

そのときの内容の1つに、「習慣を変える」という話がありました。

大きな目標を達成している未来の自分はどんな感覚で、毎日どんな生活をしているのかをイメージし、それを今から生活習慣に組み入れようというものです。

たとえば、遅くまでダラダラ寝ていたり漫画を読んでいたりしないで、朝は早起きして、しゃっきり歯磨きして水を飲んで、筋トレをして…のように、参加者それぞれの理想のライフスタイルに合わせて習慣リストを作りました。

問題は、もしそれをやらなかったときに行なう「罰ゲーム」が設定されている点です。

各々絶対に避けたいけれど実行は可能な罰ゲーム、たとえばメンターに罰金を払うとか、3日間野菜を食べるの禁止とか、中には「できなかったら社長をやめる」とまで宣言した人もいました。

こうすることにより、目標までを一本道にして成功をぐーんと近づけられるのです。

で、私はどうしたかというと「罰ゲーム無理です、やりたくありません〜」と帰りの船の中で号泣しました(笑)。

だって、今まで生きてきてそんな毎日何かを続けられたことなんて無いのに、これから何年もずっと続けていくなんて気が遠くなります。

それに、朝が弱いので「朝5時に起きる」なんて習慣を設定してしまって、1回でも寝坊したらアウトとか無理ゲーです。

私がやったら絶対に罰ゲームをやるのが予想されるに、その罰ゲームは絶対にやりたくないことにしなければいけないのです。嫌すぎます!

それで、断固拒否を訴えて大泣きしました。

その様子を隣で見ていた受講生の西村敏さんは、

「別に罰ゲームにならないようにやればいいだけだし、なったらなったで罰ゲームやればいいし、その時に罰ゲームやっぱりやりたくないんだったら講座を抜ければいいだけじゃないですか」

と爆笑していました。

が、私は「罰ゲームも嫌だし、講座抜けたくないです〜」と更に号泣しました。

西村さんと私のマインドの差が、なんとも如実に現れていますね。

目標を達成できなかったらどうしよう?の罠

自信が無い人は目標設定が逆効果

私のように自信がない人というのは、目標を立てたその瞬間から「達成できなかったらどうしよう?」と目標を達成できない前提で心配し始めます。

西村さんは何が違うかというと、目標を達成している未来を前提として、「どうしたらできるか?」を考えているわけです。

目標に対して「そのぐらい当然できるでしょ」とは思っていますが、「絶対に達成しなきゃいけない」という執着はありません。

なお西村さんの罰ゲームは「1ヶ月分の収入を罰金としてメンターに払う」に設定されています。

正気の沙汰ではありませんが、そのぐらい一本道に追い込んでいるからか、一番安定的に習慣を実行できているしビジネスでも結果を出しているとのことです。

メンターからは、「実際にできるか、できないか、よりも『やる』とコミットすることが大事なんですよ」と言われました。

よーし、私も…と思ったのですが、「絶対に避けたいこと」を罰ゲームにするのは怖いので、「ちょっと嫌」程度に設定して習慣をやってみることにしました。

朝は5時±10分に起きて、歯磨きして、水を飲んで、瞑想して、ブログを書いて、夜もいろいろやって何時までに寝るというリストを、実行できなかった時は翌日が丸一日断食の罰ゲームです。

トライしてみたら、さっそく初日から寝坊して次の日が罰ゲームになりました。その後も罰ゲームやりすぎて、けっこう痩せました。

「ほら、やっぱりできないじゃないですか(泣)」と、おかしな方向にコミットし始まったため、私の習慣チャレンジは一旦とりやめになりました。

どうも罰ゲームは意識しすぎてそのイメージに向かってしまうらしいので、いちおう習慣は「やりたいときだけやる」努力目標として残し、罰ゲームはナシとしました。

一本道で「絶対にやる!」と完全コミットするのに比べて成長は遅かったようですが、その後、何だかんだ早起きなども続けられるようになってきました。

現在は「少し無理目かな?」と思う目標でも、最初から諦めることはなくなり、達成にコミットして前向きに取り組めるようになりました。

たとえば、今の目標のひとつには「ブログを1日3万文字書く」があります。

いま私が文章を書く速さは時速1500文字〜2000文字ぐらいなのですが、これを時速3000字までスピードアップして、しかも1日10時間ぐらい書いていないと達成できません。

以前だったら、「今できないから無理」と思っていたはずですが、「プロの作家さんには時速8000文字で書く人がいるんだから、これから自分も成長して絶対できるようになるんだ!」と未来の自分の成長を考慮に入れられるようになったのです。

今できる自信は全然ないのですが、「そのうち出来るようになる」という謎の自信が芽生えました。

目標を設定する目的はそもそも何か?

目標の目的

今は自信がなくても目標を立てられるようになったのは、おそらく「目標を設定する本来の目的」を理解できたからだと思います。

以前の私は、「目標を達成すること」にこだわり過ぎていました。

誰かに何か言われるわけでなくとも、自分で立てた目標を達成できなかったらダサいと思っていたんですね。

だから、今の自分の感覚で「これは行ける」と思うことは目標にできるけれど、成長しないと達成だきないことだったら怖くて目標にできないのです。

よく考えてみたら、これっておかしなことではありませんか?

高い目標を決める目的には、もちろんそこに到達すること自体も大ありますが、「自分を成長させること」が含まれているからです。

余裕でクリアできてしまう目標だったら、それは目標ではなく普通にこの程度はやりましょう、という「ノルマ」です。

また、目標が達成できたからといってそこで終了ではなく、次の新しい目標が設定されることになります。

目標の本質は、達成することよりもむしろ「成長」にあるように思われます。

ここで改めて、大きな目標を設定しても自信満々で「絶対できる」と思える人と、「できなかったらどうしよう?」と思ってしまう自信がない人の違いに注目してみましょう。

「できる」と未来を决められる人と、「できない」未来を想像してしまう人の違いは、現在持っている知識やスキルの差ではありません。

良い方の未来をどれだけ思い描けるか、の差です。

「できなかったらどうしよう」と考えるとき、頭の中には失敗したときに悪いイメージが次々に現れます。

努力が無駄になり、周りの人を失望させ、皆に笑われて、仕事もお金も無くなって…のようなネガティブ妄想ワールドに飛んでいってしまうのは、きっと私だけではないでしょう。

謎に自信がある人は、「どうしたらできるか?」と上手くいく道筋だけをイメージしています。

ただ楽観しているだけでなく、ちゃんと失敗した時のリスクなども考えてはいるのですが、失敗のイメージに浸ることがないのです。

上手くいくイメージをして具体的に行動ができるので、結果的に上手くいきやすくもなります。

「達成できなかったらどうしよう?」と心配しながらクリエイティブなアイディアは出てきませんし、行動も手につきません。

では、どうしたら上手くいくイメージを持てるのでしょうか?

目標設定のコツ

小さな目標から

微塵も自信がない人は、最初は小さな目標をクリアする体験を積み重ねるのがオススメです。

近い未来に小さな目標を設定して、何回もそれを達成することです。

たとえば、「明日、3人以上の人に会う」のような、それ自体には意味のない目標で構いません。ノルマよりも簡単にして良いです。

ちょっとバカバカしいなと思われるかもしれませんが、手帳などに書いて毎日繰り返していくと、だんだん「自分は目標を達成できる人間なんだ」と謎の自信が付いてきます。

それとは別に、今すぐに達成するのは難しそうな目標も作りましょう。

このときのコツは、「既にその目標を達成している気分」になりきってみることです。

「こうなったらいいなあ」と、遠い未来の関係ないことと思うのではなく、「もう実現しているとしたら、どんな感じだろう?」と感覚を味わってみましょう。

目標を達成している進化した未来の自分は、どんなことを考えて、どんな行動をしているでしょうか? 気分はどうでしょうか?

そして、そのままその感覚で生活してみましょう。

「達成しなければ!」と焦る必要はありません。なぜなら、未来のあなたにとってはその目標は、今の「明日3人の人に会う」と同じぐらい楽勝だからです。

最初はちょっと落ち着きませんが、だんだん「そんなの達成できるのが当たり前」と本気で思うようになっていきますよ。

超楽勝な目標とちょっと背伸びした目標の二本立てで、なぞの自信を手に入れましょう。

多くの人を驚くほどの成長に導いている我がメンター、黒澤全(くろさわぜん)先生の無料メール講座をこの下でご紹介しています。

合わせてチェックしてみてください!

無料メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる方法

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は、私の先生(メンター)である黒澤全が『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、13万文字を超えるテキストと450分以上の音声セミナーという大ボリュームでお伝えするものです。

ありがたいことに、すでに参加した人からはこんな感想も頂いています。

・まだ読み始めて数日ですが早速小さな奇跡が起きています。
・薄っぺらい知識ではなく、本物の知識を学べてるので幸せです。
・今まで学んだ中で一番すーっと入ってくる内容でした。


無料で参加できますので、よろしければご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*