関係を築く

一人暮らしで猫を飼うと結婚できない?その原因と解決方法

一人暮らしで猫を飼うと結婚できなくなるって聞いたことはありませんか?

今飼っている人の中には、もしかしたら言われたことがある人もいるかもしれません。

私が最初にこの話を聞いたとき、やっぱりそうなんだと思いました。

まわりの「独身一人暮らしの猫飼ってる率」がやけに多いなと思っていたからです。

人から聞く前に私自身そうじゃないかと思っていました。

なぜそう思ったのかは自分でもよくわかりませんが、もしかしたらそう思わせる何かがあるのかもしれません。

そういう噂が立つということは少なからず一定数の人はそう感じているということではないかと思います。

ですがこの噂、本当にそうなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


猫を飼うと起こるデメリット

猫と結婚って一見関係なさそうにも見えますが、猫を飼うことによって結婚に対してどんなデメリットがあるのでしょうか?

猫を飼うと人付き合いが悪くなる場合がある

猫を家で留守番させておくのはかわいそうだからという理由で、食事や飲み会の誘いを断って早く帰るという人もいるでしょう。

ですが、飲み会で会社の異性と親密になるという場合もありますよね。

あとは、コンパなどに誘われたときにも行きにくくなってしまいます。

結婚している人に子供ができると、あまり会うことができなくなってしまいますが、それに近いものがありますね。

子供のようにお世話が必要だと、できるだけそばにいる必要性が出てきますから。

飼っているのが子猫だとなおさらですよね。

要するに私生活が猫ベースになってしまうと、予定が立てにくくなり外出の機会が減り、出会いがなくなってしまうということでしょう。

猫離れできないと結婚は難しい?

もしかすると女性に多いのかも知れませんが、子離れならぬ猫離れができないと恋愛や婚活に充てる時間がなくなり、結婚が難しくなってくるということもあります。

仕事や外出時に、家で猫が寂しがっているんじゃないかとか、エサや水が足りなくなっていないかとか、トイレは大丈夫だろうかといったことがすぐに心配になってしまったり、家ではずっと一緒にいるために、外出時にも自分が寂しくなってすぐ会いたくなったりしてしまうなら要注意です。

もう一つのチェックポイントとしては「猫にどのくらいのお金をかけているか」です。

予防接種や病気の治療代、エサ代、必要最低限の備品といったものは必ず要るものなので問題ありませんが、必要以上に猫グッズを買い漁ってしまう場合は気をつけましょう。

化粧品を買うのを我慢してまで猫用の着ぐるみを買ってしまったり、趣味をやめてまで高級猫グッズを買ったりといったことは控えて、自分を磨くことにもお金を使いましょう

見た目も少しは結婚に関係がありますし、趣味をたしなむことで出会いのきっかけになることもありますよ。

充実してしまうことも原因?

猫を飼っている人のほとんどは、猫との生活が充実していると感じているのではないでしょうか。

もしかしたら、それ以外のことも充実していたり、特に今の生活に不満はなく十分だと感じているかもしれませんね。

そうなると積極的に「恋人を探そう!」と行動することが減ってきて、余計恋人ができなくなります。


スポンサーリンク


出会いは外に出なければありませんから「休日は家でずっと猫と遊んでいます」という場合、そもそも結婚の前の前の段階である出会いをクリアできないので結婚できないのは当然とも言えます。

もともと猫を飼い始めた理由が「寂しいから」ということなら、さらに危険です。

恋人を探す理由が「寂しいから」という人もいますので、猫を飼うことで寂しさが紛れて「別に恋人はいなくてもいいかな」という気持ちになってきてしまいます

猫が苦手な人とは結婚できない可能性も

単純に、付き合う恋人が猫が苦手だったら結婚は簡単にはいかないでしょう。

猫が原因で婚約を破棄してしまう人たちもいるくらいです。相手が理解してくれれば良いですが、そうでない場合は途方にくれてしまうでしょう。

また、付き合った人が猫アレルギーを持った人だった場合も大変です。

猫も生き物ですから、簡単に飼うのをやめることはできないし、引き取ってくれる人を探すのも簡単ではありません。

反対を押し切って無理やり結婚したとしても、それが原因で相手にも猫にもストレスになってしまったり、ケンカの原因になってしまうことは容易に想像できます。

猫が病気で看病してあげないといけないときにご飯も作らなきゃいけないとか、会社に行かないといけないので奥さんに看病を頼まなければいけないとか、問題になりそうなことはたくさんあります。

夫婦になれば一生をともに過ごすわけですから、意見が分かれることは何度となくあります。

自分から譲歩していく精神も必要になってきます。もしそういった状況になった場合はなんとかうまく話し合って折り合いをつけることができなければいけません。

恋人がいるときにも心配事が・・・

恋人ができたときや、すでにいるときにも心配事が絶えません。

デートで夜が遅くなってしまうと、猫がどうしているか気になってしまったり、旅行となれば行くことはかなり難しくなります。

要するに家を長時間空けておくことができなくなるということですね。

また、猫も生き物ですから病気になることもあります。

場合によっては付きっきりで看病をしなければならないときがあり、デートがキャンセルになってしまうこともあります。

実家暮らしなら誰かが代わりに世話をしてくれますので、こんな心配はありません。

このように、猫と恋人を天秤にかけなければいけないときもあるんですね。

また、恋人ができたとしても猫にかまってばかりで「やっぱり恋人いらないかも」と思いはじめると、結婚はもう絶望的です。

猫にまっしぐらになることは独身街道まっしぐらになることと同じです。

「癒やしを与えてくれる存在」という意味では恋人も猫も似ていますので、ケンカしたりとあまり難しい関係にならない猫のほうが良いと思ってしまうこともあると思います。

寄ってきて甘えられるとかわいいですしね。ですが、恋人と猫は別物です。

猫の寿命は人間に比べると短いので、一生そばにいてくれるわけではありません。

一生を共にする夫婦が与えるもの、与えられるものはとてつもなく大きいものなのです。

本人が結婚は無理かもと思ってしまう

上記で紹介した理由などにより、人との付き合いが次第に減っていき、恋人がいない生活が長くなってくると、だんだん「もう恋人はできないんじゃないか」とか「もう結婚は無理かも」と思い始めます。


スポンサーリンク


そういったネガティヴな考え方は余計に結婚から遠ざかってしまいます

ですが、それよりも問題なのは「別にそれでもいいか」と感じてしまうことです。

逆の考えで猫を飼っている人たちも

最近では結婚に興味がなく、一生独身でいいと考える人が増えてきました。

そのかわりに自分がやりたいことをやって人生を充実させていこうとする人たちです。

私の知り合いにもそうした人たちがいて、彼らは猫や犬などのペットを飼っている率が高いように思います。

この場合は逆のパターンで、「猫を飼っているから結婚できない」のではなく「結婚しないから猫を飼う」というスタンスです。

逆のパターンではありますが、一人で居ることに満足しているという共通点はありますね。

解決策はある?

猫を飼っている人は100%結婚できないかというと、そんなことはありません

それでも結婚している人はたくさんいます。

それでは、猫を飼ったままどういうふうに婚活をしていけばいいのでしょうか?

猫がいても積極的に出会いを探しに行く

会社の飲み会は良さそうな人がいないとか、女子会に行っても出会いがあるわけじゃないから、猫と遊んでたほうがいいという理由で断るのも、チャンスを逃している可能性があります。

その付き合いで知り合ったり仲良くなったりした人に紹介される場合もありますよね。

出会いの種はどこに転がっているかわかりません。チャンスはどんどん活かしていきましょう

恋人ができてから飼うのがベスト

今から猫を飼おうとしているのなら、恋人ができた後または結婚後に猫を飼うほうがスムーズで、問題も少ないでしょう。

相手が猫好きで一緒に住むことに理解があったとしても、猫が相手に懐いてくれるかはわかりません。

恋人ができた後なら、猫を選ぶときに事前に相性が良いかを確認することもできますので安心ですよね。

強い意志を持つことが大事

猫がいても何が何でも結婚するんだ!という意志があれば、結婚することも難しくはないでしょう。

「猫を連れて結婚するのは、連れ子を連れて結婚するのと同じようなものだ」と表現されることもありますが、猫を結婚の足かせにしてしまうかどうかは飼い主次第です。

アラサーに突入して、そのままずるずるアラフォーに近づいていく人たちは、どこか消極的だったりネガティヴ思考だったりという人が多いようです。

猫好きの利点を活かす

実は猫好きというのは男性にとっては利点となります。

というのも、8~9割の女性は動物好きの男性を魅力的だと感じているという調査結果があるからです。

もちろんすべての女性がそうだというわけではありませんから、このデータを過信しすぎるのはダメです。

では、動物好きの女性は男性からどう思われているのでしょうか?

残念ながらこれに関してはよくわかりませんが、動物好きの女性と動物嫌いの女性とではどっちが好印象かを考えてみると、動物好きのほうが良い印象を受けませんか?

ペットの面倒見が良かったり、お世話をちゃんとできるなら家事もできそうという見方もできます。

つまり、猫好きはデメリットとはなりにくいのですね。

猫好きのための婚活手段もある

最近は街コンにも「アニメコン」「スポーツコン」「お笑いコン」などいろいろな種類があって、「猫コン」というものもあります。

中には飼っている猫を連れて行ける猫コンもあるんです。

猫カフェなどの場所で開催されていますので気軽に参加できますし、猫好きの異性ということで、最大の問題となる「相手が猫好きかどうか」の問題は最初からクリアできます

当然話題も猫の話。「どんな猫を飼ってるの?」とか「なんて名前?」といった具合に盛り上がります。

写真を見せ合うのもいいですね。

まさに猫を飼っている独身の人にとってはうってつけの場所ですので、利用しない手はありません。

猫コンじゃなくても、ただ猫カフェに行ってみるだけでも、出会いのきっかけになる可能性がありますよ。

猫カフェはお客同士の距離も近くなりやすいですからね。

また、動物が好きな人のための結婚相談所なんかもあったりします。

こちらも登録しているのは動物好きの人たちですので、気兼ねなく利用できます。

自分次第でどうにでもなる!

個人的な意見ですが、猫を飼っていて結婚できない人は、別に猫のせいで結婚できないのではなく、変な言い方ですがもともと「結婚できない素質」のようなものがあるのかなと思います。

例えば、「もともと一人で居るのが好き」という人なんかはその素質を持っているように感じます。

過去に異性と付き合ったことはあるけど、付き合っているときには閉塞感を感じ、別れたときに解放感を感じるような人や、「恋人は欲しいと思うけど自分から動いてまでは欲しくないかな」とか「付き合うのは面倒くさいな」と思っている人が、猫を飼いたくなったという感じです。

もともと面倒くさがりなので、婚活をどんどん先延ばしにしてきた結果、アラサーやアラフォーになってしまったという人が、「猫を飼うと結婚できない」と言われるようになった可能性があるのではないでしょうか。

要するに猫を飼っていようといまいと結婚する人はするし、しない人はしないということなのでしょう。

これから飼おうと思っている人は、飼ったことによって自分がどうなるのかをよく想像してみると良いです。

そして飼ってからも、猫のお世話と婚活を両立できるようにすれば結婚が絶対できないということはないはずです。

旅行に行くことになっても、実家や知人に預けたり、お金はかかりますが一時預かりサービスを利用する方法もあります。

1日未満で長時間家を空けるときは、カメラを設置してスマホで確認できるようにできる機器を利用すれば、外出中も安心できますよね。

猫は生き物ですので、恋愛が大事だからといって放置するのであれば、ペットを飼う資格はありません。

それに、年収一千万の人や20歳年下の美人といった人を見つけるのに比べれば、猫好きの人を探すのはそんなに難しくはありませんよね。

逆にそれさえクリアできれば結婚も可能ということです。

ここが一番妥協できないポイントですから、猫が好きな人じゃないと付き合わない!結婚しない!くらいの強い気持ちを持ったほうがいいのかもしれません。

実際に結婚できない、長い間恋人もできない状態で「猫を飼うと結婚できないよ」と言われると、「本当にそうなのかも・・・」と思って落ち込んでしまうかもしれませんが、今回ご紹介した通り、ぜんぜん無理ではありませんし自分次第でどうにでもなります

まわりの言うことは気にせず積極的に幸せをつかみに行きましょうね。


無料メール講座『アンサー』|理不尽なルール・人から離れ、人生を思い通りで快適に過ごすために必要な全て

っと自由に生きていきたい!と思うものの、具体的にどうすればいいか分からない、と悩んでいませんか?

このメール講座では、

・将来が不明確なままでも安心感を得られるきわめて興味深い方法……
自由になるには3つの要素があればいい。その3つの要素とは?
・最短でお金の自由が手に入る非常識だけど確実な自己投資法!

など、思い通りの人生を生きられる「不思議な力」と、豊かになれる具体的な方法をお伝えするものです。

ぜひ、あなたの人生や仕事にお役立てください。

→ 詳しくはこちら



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク