思考を鍛える

絶対成功するカリスマはこんな人!魅力的な人の特徴とは

あなたの周りで、こんな人はいないでしょうか。

・なぜかこの人の言うことなら間違いないと思えてしまう人

・その人がいるだけで、場が明るくなる人

・何だか分からないけど、すごそうな雰囲気を醸しだしている人

そういう人は、何をやっても成功すると思いませんか?

成功者には何か独特のオーラがあり、周囲を惹きつける魅力があります。

それを見て、皆引き寄せられるようにその人について行くのです。

もし、自分がそんな人になれたら、成功することに大きく一歩近づけそうですよね!

では、私たちはどんな人にカリスマ性を感じるのか、また、どうやったらそのような存在になれるのか、カリーネ的視点でまとめてみました♪

スポンサードリンク


華がある


私の知人にカリスマ美容家の方がいらっしゃるのですが。

彼女がこんなことを話していました。

「私が周りの人と比べてちょっと綺麗だと言われるくらいだった頃は、いくら誘っても私の美容法をやってみようっていう人が出てこなかったの。

ところが、それから更に自分を磨いて女優並みに綺麗になったら、一気にビジネスがうまくいきだしたのよ。」

なるほど、そういうものかと思いました。

どんなにその美容法の理論が素晴らしく、その方の精神性が高くても、その世界で突出して結果を出していないければ、人は動かないのです。

ある意味、人に影響を与えよう・何かの教育をしようと思うならば、「入り口の分かりやすさ」が必要不可欠なのではないでしょうか。

それは、「外見」以外でも「お金」なのかもしれませんし、「結果」や「知名度」なのかもしれません。

頭一つ二つ他の人よりも飛びぬけているところを見て、「凄い人がいるぞー!」と人目をひくことができるのだと思います。

分かりやすく目に見えるものを磨く・極めるということは、成し遂げたいことをするための過程なのです。

ところで、この分かりやすさで言えば、本物と偽カリスマとはあまり見分けがつかないかもしれません。

本物はもはや人からの評価を必要としておらずあくまで自然体なのに対し、にわか偽カリスマ(←ヒドイ)は「どうだ凄いだろ感」が出ているのもと思われます。

ふとした時にその人の本質が表れますから、見逃さないようにしましょう。

圧倒的な話す力


これは、セミナーでもそうですし、個別セッション及びブログの文章にも当てはまりますが、まずは何かの接点を持った時に「この人面白いから会ってみたい」「また会いたい」と思ってもらえることが大切ですよね。

満足感を与えられれば、リピーターになってもらえること間違いなしだからです。

では、この話す力を上達させるために何をどうすれば良いのでしょうか。

それは地道に文章(特にブログ)を書くこと!です(笑)

ちょっと、地道という言葉は苦手なんですけど~…という心の声が聞こえてきましたが、愛の鞭でこう言わせてください。

書くと本当に人生変わるりますよ(^_-)-☆

「書く」という行為は、まず自分の中のモヤモヤとした感情を、言葉で切り取ることです。

ですから、書きながら自分と対面しているような、新鮮な感覚を味わうことができます。

これがとっても楽しいのです。

「話すこと」と「書くこと」の能力は別物じゃないの?と思うかもしれませんね。

人に見られることを意識した文章を書くことで、具体的にどのような意識の変化が起こるのでしょうか。

・話しの筋道(起承転結)を考えるようになる。

・相手に伝わるような文章を心掛ける。

・常にネタを見つけようという気持ちで、アウトプットをする前提でインプットできる。

これらを意識するようになることで、会話力は格段にレベルアップします。

これらを意識するようになることで、会話力も自ずと端的に筋道だったものに格段にレベルアップしていきます。

自分を高~い棚に上げたうえで、私が考える面白い話は何かと考えたとき、

(1) 適度な長さでまとまっている

(2) 伝えたい内容が明確

(3) クスッと笑える

(4) 分かりやすい

(5) 実は深い!

のようなことではないかと思います。

(5)が特に難しいですね。日々の自分の在り方というのが文章に出てしまいますから。

でもこのように人目にさらされることも修行の一つ。

皆さんに面白い・読みたいと思っていただけるようなブログを書けるように、私も日々奮闘中です♪

人としての温かみ


孤高のカリスマはカッコいい存在ではありますが、どこか他を寄せ付けない冷たさが感じられると、あまり近づけないですよね。

それよりは、様々な経験を通して人の辛さや苦しみの分かる人が、本当の意味で人々に感動を与え影響力を持つことができるのではないかと思います。

そういったことは、やはりその人からにじみ出る雰囲気や、話す言葉、所作から分かるものです。

人と真剣に向き合い、人の幸福を願っているかどうかは瞳に表れますよね。

確かに一見すると華がありそうな人は沢山いますが、その中で精神性が高く、心からこの人について行きたいと思わせられる人はどのくらいいるのでしょうか。

内面が未熟で傲慢さが垣間見られたのであれば、いくら外見を着飾ったところですぐに見破られてしまいます。

そこで大切なのは、「謙虚さ」・「ひたむきな努力」・「継続」・「本気」。

本当のカリスマ性を身につけているは、楽に生きようとはしていません。

自ら困難な道を選びます。

華やかに見えるのは一瞬だけ。隠れている膨大な日々の生活は修行僧そのものなのです。

それでも命を燃やして本当の自分の使命に気づき、温かな心で人々の幸福を願い生きている。カリスマ性とは、そんな人だけが手にすることのできる眩い輝きなのかもしれません。

まずは他人と自分を切り離すのではなく、身近な家族や友人の苦しみなどを自分のこととして真剣に考えてみる。

人を徹底的に観察し、興味を持つ。

そんなことをしていく中で、次第に人の気持ちが分かるようになり、共感的な姿勢で接することができるようになるはずです。

日々の何気ない生活から学ぶ力


時間は皆平等に与えられています。

けれども、ある人は精神的にもの凄いスピードで成長し、またある人はいつまでも同じ次元に留まり続ける。

なぜこのような違いが生じるのでしょうか。

これは、同じ時間でも過ごし方が変われば「時間の濃度」が違ってくるのだと私は思います。

たとえば、ただボーっと何も考えずに過ごすのと、何かを必死に考えたり集中して取り組んだりしているのでは、圧倒的に成長度が変わってくるのは明白ですね。

そして常に分かっているつもりにならず、新しい生まれ変わったような気持ちで世界を見ることができるか。

もう既に自分は全て知り尽くしている、と思って「あぁ、それはもう知っているから」と何に対しても上から目線では、新しいことを学ぶ余地がありません。

つまり、成長が止まることを意味します。

毎日同じことに触れていても、ある日ふと「これってこういうことだったのかー!!」と雷に打たれたような気付きがあるかもしれません。

小説を読んでいて思うことは、名文というのは何回読んでも気づきがあるものだということです。

高校生の時に読んだ話が、社会人になって読み返してみると「これって、こんな話だったっけ?」と全く別のストーリーにも読み取ることができるようになっています。

そして更に、苦しい経験をしたとき、病気になったとき、愛の苦しみを知ったとき、様々な経験を経るとそれだけ精神が成長し、全く同じ風景であるにもかかわらず新たな世界が広がるのです。

いつも目の前には新しい世界が広がっており、新しい自分になっても良いのです。

そうして凝り固まった思考を壊し、どんどんと自分の変化を受け入れていけば、新たな問題にもぶつかることもありますがそれによって人よりも10年・20年と先を生きることができるのです。

そんな人はきっと、その苦労に見合った成功を手にすることができるはずですよ。

まとめ


本当に恵まれていることに、私はカリスマ性をもつ人たちに多く会う機会を得てきました。

いつも自分がこのままではいけない気がして、駆り立てられて動いていくと、気持ちが通じるのかそのような方が現れるのです。

そんな方たちと接する中で、全員が全てに当てはまる訳ではありませんが、このような共通点を見出すことがきました。

本当に飛びぬけて成功している人は、皆謙虚な姿勢で生きていらっしゃいます。

もともとの自分が凄いとは思ってはおらず、なりたい自分になるために努力を惜しまなかった人たちが、成功を手にされているように思うのです。

皆に惜しげもなく「こうすれば良いよ」「こう考えれば良いよ」と教えてくださるのに、なぜかその境地に行ける人は少ないようです。

そこに達するためにはいかなる苦労もものともしない信念と、厳しいまでの覚悟が必要とされます。

ですから多くの人は尻込みしてしまう訳ですね。

「同じように実践すれば成功できるのに、何を怖がっているの?」

成功者たちは決まってこのようなことを言います。

口では成功を望んでいながら、本当は何かに恐れている自分はいませんか?

誰かのせい、環境のせいにしてはいませんか?

いつだって目の前には成功の機会が転がっているのかもしれません。

あとはあなたの覚悟と飛び込む勇気だけ。

あとはあなた次第ですよ。

初心者スピ部長・カリーネの愛の引き寄せ道場!

カリスマに私はなる!(^^)/

某アニメっぽく宣言してみました、カリーネでございます。

こんな挑戦的なことを書かせていただきながらも、カリスマへの道のりはまだまだ遠いのですが、目の前のことを丁寧に明るく楽しみながら行っている日々です。

私が師匠黒澤先生に初めて会った時のことは(現時点で4か月程前)、なぜかよく覚えています。

黒澤先生が来ることは知っていましたが、事前情報はあまり知らないまま、あるイベントに参加することにしました。

会場の入り口で主催者の方とお話をしていたその背景に、ぼんやりと姿が見えていたのですが、直感的に「あ、この人だ」と分かったのです。

なぜか理由は分かりませんが、他の人とは何か雰囲気が違うと言いますか、見ているものが違いそうだと言いますか。

やはり何かが醸し出されるのでしょうね。

そんなこんなで、いつの間にかブログを書かせていただいておりますが。

カリスマとは、言わば台風の目のような人ではないかなと思うのです。

(気象とは異なりますがイメージで捉えてください)

その人の近くにいるだけで、大きく影響され、自分の人生にものすごいスピードで変化が訪れます。

一瞬は下降気流気味になりますが、その後程度の差こそあれ上昇気流に乗ることができる。

まあ、台風の目とはいうものの、黒澤先生自身高速で次の次元へと回転しているんですけどね(笑)

という訳で(どんな訳だ!)、黒澤とは何者だ?と思ったあなた。

是非無料メルマガをお読みください。

私のお話しする意味がきっと分かっていただけると思いますよ。

無料メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる方法

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は、私の先生(メンター)である黒澤全が『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、13万文字を超えるテキストと450分以上の音声セミナーという大ボリュームでお伝えするものです。

ありがたいことに、すでに参加した人からはこんな感想も頂いています。

・まだ読み始めて数日ですが早速小さな奇跡が起きています。
・薄っぺらい知識ではなく、本物の知識を学べてるので幸せです。
・今まで学んだ中で一番すーっと入ってくる内容でした。


無料で参加できますので、よろしければご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*