体を整える

命が芽吹く「清明」は肝臓を労わる時!4月5日頃から2週間の過ごし方

4月5日頃から約2週間、二十四節気の第5節目であり心が湧きたつような期間を、「清明(せいめい)」と言います。

ちょうど桜の花が開花時期を迎え、咲きほこる桜を前に外で過ごしてみると、心身ともに健康的な効果を得られることはご存知でしょうか?

春は一年の中で人体が最も調和を取り戻す時ですから、冬に固まってしまった体をほぐすような気もちで外へ積極的にでかけ、生命の息吹を身体で感じることで、健康美を目指しましょう。

けれども一方で、春の陽気についていけず、ちょっとした怠さや眠気・体の不調を抱えやすい時期でもあります。

毎日の食事を少し気を付けるだけで、それらは緩和することができますよ。

空気が澄み渡り太陽が周囲を明るく照らし、全てがはっきりと鮮やかに見え出すこの期間、「生き生きと過ごすために心掛けたいこと」や、「旬の食材」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


外に出て春を楽しむ風習「シーミー」とは


中国では、「清明節」と呼ばれており、日本のお彼岸のようにご先祖を供養する風習があります。

お墓の前に集まり、重箱に詰めた料理をお供えするそうですよ。

沖縄ではこれと風習があり、「清明祭(シーミー)」といって、旧盆・旧正月と並ぶ三大行事です。

まずはお墓を綺麗に掃除をして、泡盛・水・お重をお供えし、ご先祖様がお供え物を頂いている時間であるお線香が燃えている間は、集まった親族たちで歓談します。

お線香が燃え尽きたら親族皆で楽しくご馳走をいただくとうものだそうです。

お墓の前でまるで遠足をしているようで、何だか心が温まりますよね。

年に一度のシーミーは、沖縄ではとても重要な行事なのです。

重箱の中身が気になるところですが、縁起の良い食べ物と言われている9品を用意します。

「揚げ豆腐」、「昆布巻き」、「天ぷら(海老、イカ、魚など)」、「田芋」、「皮付き三枚肉(ラフテー)」、「ごぼう煮」、「蒲鉾(かまぼこ)」、「蒟蒻(こんにゃく)」といった縁起の良い食べ物を9品詰めるのだとか。

清明の頃は「清く明るい」季節と書きますから、お花見など外で過ごす行事も多いですよね。

外で活動することで、春の季節を感じることはどのような効果があるのでしょうか?

外で活動することで得られる健康効果


春の陽気は私たち人の身体にはどのような影響をもたらすのでしょうか?

気候が穏やかになり温度も安定的になるこの季節は、人体にとってもバランスを整えやすい季節です。

自然が芽吹くということは、自然の一部である人体も活性化するということ。

それでは以下に、散歩、ウォーキング、ランニングなどで得られる効果をまとめました。

・暖かい気候の中で散歩をなどを生活に取り入れることで、基礎代謝を上げることができ、むくまない体を作ることができる。

・清々しい太陽下で、散歩しながらの沐浴は紫外線による殺菌効果がありますし、その日光によってカルシウムやリンの吸収を促進し骨粗しょう症予防になり、身体の健康に磨きをかけることができる。

・季節が廻り緑が芽吹きだすと空気が浄化されるため、公園や小道などの緑のあるところをウォーキングするだけでも新鮮な空気を取り入れられ、心肺機能を高めることができる。

・緑の濃度が高いマイナスイオンを吸うことによって、呼吸が整い心疾患が改善する。


スポンサーリンク


 
などなど、自然の循環により新しい季節を迎えたことで、得られる効果は大きいようです。

ただ注意なのが、まだ春は天候が変わりやすいため、風邪をひき易いという点ですね。

寒暖の差が大きい時もあるため、心臓病や高血圧の人は特に気を付けましょう。

立夏(5月6日頃~)までは、意識して身体を冷やさないよう心がけると良いですよ。

また皆が春が来ると浮足立ってしまい、自分との差に落ち込んでしまう人もいるかもしれませんが、ペースを合わせる必要はありませんよ。

あなたのタイミングで、春の季節を感じてみて下さい。

春眠暁を覚えず|春眠くなるのはなぜ?


清明の前後は雨が多く、まさに陽気という言葉があるように身体の「陽」の気が上昇する時期のようです。

草木がいっせいに芽吹く春は、「陽」の気が徐々に強まっていきます。

この自然界の法則でいうと「春夏養陽」という言葉があり、春夏には「陽」の気を養いましょうということです。

ちなみに、自然界には陰と陽がありまして、

~「陰」に分類されるもの~

静的・消極的・受動的・女性的・寒・闇・湿・柔・水・霊・月・植物・副交感神経・リラックス

~「陽」に分類されるもの~

動的・積極的・能動的・男性的・熱・光・乾・剛・火・生・太陽・動物・交感神経・緊張

 
対比させるとこんな感じです。

陰の気が勝っていた冬の状態から、陽の気が増しはじめる春への変化により、対応しきれない体が倦怠感や眠気を覚えることがあります。

そうか!だから眠くなるのか~(ノД`)・゜・。

中国語では「春困(チュンクン)」と言い、「困」には眠いという意味が含まれています。

自然界が「陽」の気を帯びる

体内の血管が拡張

冬の間に血流が減っていたため、足りない!

巡りが悪くなり、だるさや眠気に襲われる

というメカニズムらしいです。

また、春湿度が高まることから体内に湿気が溜まり体調を崩すなどとも考えられています。

漢方的には昔から季節の変わり目で起こる体調不良を乗り切るために、食べ物や体操などで備える方法を伝えてきました。

その体調不良時の対策についてみていきましょう。

春の体調不良対策!


春には「陽」の気が高まると書きましたが、特に、「肝臓」の陽の気が過剰になりやすく、その影響で消化を司る「脾(ひ)」や「胃」を傷めてしまったり、「肺」が乾燥したりしてしまうそうです。

全てが連鎖的につながっているのですね。


スポンサーリンク


台湾では「春天養肝」という言葉もあるほど、肝臓をいたわることが春の養生ポイントとなります。

この季節は、肝臓を労わる「陽性」の食材を摂りたいところですが、やや軽めのものが良いそうです。

たとえば、アサリやシジミ・タコなどの貝類や海藻類、餅や豆腐種実類などの植物性蛋白食品を摂ることがポイントです。

また、浄化エネルギーが高まるため、酵素が豊富な薬味食材や毒素排出を促す野草・山菜類、発酵食品を意識的に摂ると怠さを感じずに過ごすことができます。

また、古来より中国では、体を温める性質を持つか、冷やす性質をもつかという観点で食材を分け、すべての食べ物を「熱・温・平・涼・寒」の5つに分類しました。

これを「食性」と呼びます。

おおまかには、温・熱をまとめて「温性」、寒・涼をまとめて「冷性」とし、「平」とあわせて全体を3分類となりますが、「陽」の気が高まる春だからと言って、反対の冷性のものばかりを食べるのではなく、3分類の調和を考えながら体調によって調整していくことが大切です。

以下、「温性」「平」「冷性」の食べ物をご紹介します。

~温性~
〇食材
・もち米・ふ・ライ麦・黒砂糖・水あめ・ごま油・くるみ・松の実・くり・いんげん・そら豆・納豆・あじ・さば・えび・たい・たら・ぶり・あなご・うなぎ・羊肉・鶏肉・チーズ・玉ねぎ・にら・しょうが・にんにく・ねぎ・かぶ・かぼちゃ・大根・シソの葉・チンゲンサイ・よもぎ・れんこん・ごぼう・にんじん・桃・ざくろ・日本酒・紅茶・ココア・中国茶・ハーブティなど

〇調味料
•塩 •黒砂糖(黒糖) •味噌 •しょうゆ
•ラー油 •唐辛子 •明太子

~平~
〇食材
・米・とうもろこし・里芋・じゃがいも・さつまいも・はちみつ・ごま・ぎんなん・落花生・ココナッツ・大豆・エンドウ豆・はまぐり・さより・すずき・しらうお・平目・あわび・イカ・かき・くらげ・牛肉・豚肉・鶏肉・ぶどう・いちじく・干し柿

〇調味料
・醤油・食塩

~冷性~
・そば・小麦・こんにゃく・豆腐・かに・かき・しじみ・たこ・馬肉・牛乳・バター・バナナ・マンゴー・パイナップル・なし・柿・すいか・いちご・メロン・みかん・りんご・青のり・昆布・もずく・わかめ・緑茶・コーヒー

〇調味料
・白砂糖・酢・マヨネーズ・ドレッシング・化学調味料

 
この3分類をバランスよく食べながら、ちょっと冷えるなぁと思ったら「温性」の食材を足してみたり、逆に体が火照るなと感じたら「冷性」の食材を摂るなど工夫してみましょう。

春の食養生(ようじょう)


身体の熱に関する分類を紹介しましたが、食べ物の味も、「五味」といって陰陽五行では五つに分類されます。

「酸・苦・甘・辛・鹹(しょっぱい)」なのですが、肝臓の気を過剰に働かせないために、春は「酸」を控え目にすることと、脾や胃に良い「甘」を積極的に摂った方が良いとされています。

~少し控えめにする「酸」の主な食材~
豚肉、レモン、トマト、ザクロ、イチゴ、ミカン、リンゴ、梅、米酢、黒酢 など

※酸の効果…血液を浄化し、解毒作用があり、血管や皮膚、筋肉を引き締める効果がある。摂り過ぎると胃に不調が現れる。

~積極的に摂りたい「甘」の主な食材~
牛肉、鶏肉、豚肉、卵、もち米、ソバ、黒豆、カボチャ、トマト、タケノコ、山芋、エビ、アジ、キャベツ、サヤエンドウ、ダイコン、ニンジン、牛乳、リンゴ、ブドウ、バナナ、ゴマ、ハチミツ、砂糖 など

※甘の効果…体力不足を補い、滋養強壮に効果がある。体を緩める作用をもっている。摂り過ぎると体にだるさを引き起こす場合もある。

 
また、「湿熱」を避けるためには濃い味付けのものよりも、さっぱりした料理を食べましょう。

「春」は五行で「青」が対応する季節です。

ほうれん草や春菊・三つ葉やセロリ・アスパラガスなどの野菜を摂ることもお勧めです。

清明の頃の旬の食材とは


色々と書きましたが、取り合えず旬のものを食べておくけば、該当します(笑)!

あとは味付けを少し工夫するだけですね。

旬の食材から力強いエネルギーをもらいましょう。

沢山ありますので、今日の旬の食材の効能はどうかな~という感じで、楽しみながら確認してみて下さい。

~清明の頃に旬を迎える食材~

1 野菜

・ふき…新陳代謝促進・美肌・貧血予防・疲労回復・利尿作用・高血圧の予防

・にら…スタミナ増強・便秘や下痢・腹痛の改善・冷え症や貧血の改善

・ごぼう…むくみの改善・美肌・精力増強・解熱作用・がんや動脈硬化の予防

・たらの…高血圧の予防改善・細胞の老化を予防・整腸作用

・ぜんまい…皮膚や粘膜を保護風邪予防・便秘の解消・むくみや高血圧の予防

・三つ葉…ストレス解消・視神経の活性化・視力向上・食欲増進・心臓病予防・脳の老化防止・皮膚の新陳代謝・造血作用・安眠効果

・新じゃが…風邪予防・疲労回復・肌荒れ改善効果・むくみ改善・老化防止

・グリンピース…便通改善・有害毒素の排出・大腸がん予防・美肌効果・老化防止

・そら豆…疲労回復・代謝促進・肌トラブルの解消

2 魚貝類

・さより…細胞の新陳代謝促進・皮膚の機能維持・ストレスを和らげる・貧血予防・動脈硬化予防・疲労回復・高血圧の予防

・鰆(さわら)…疲労回復・新陳代謝促進・皮膚の機能維持・脳神経の正常化促進・動脈硬化予防・免疫力アップ・疲労回復・高血圧予防

・初鰹(はつがつお)…高血圧予防、ボケ予防、動脈硬化予防、眼精疲労緩和、肝機能強化、疲労回復

・桜海老(さくらえび)…骨粗鬆症の予防改善・免疫力向上・疲労回復・老化防止・動脈硬化の予防・眼精疲労の改善・整腸作用

・メバル…血中コレステロール及び中性脂肪を減らす・脳機能を高める・老化防止・動脈硬化予防・がん予防

3果物
グレープフルーツ…シミやソバカスを防ぐ・美肌効果・血栓防止・がんの抑制・疲労回復・食欲増進

春の季節らしく、新陳代謝促進!という効果のものが目立ちますね。

強いデトックス効果を持つものが多いので、冬にためた体内の毒素を一気に排出するべく、旬の食材をいただきましょう!

まとめ


色々と書きましたが、「清明」の時期のポイントは、

1 お外に元気にでかけて、良い空気を吸い太陽の光を浴びましょう。

2 「陽」の気をもつ、身体を温める食材を摂りましょう。ただし偏りすぎは注意。

3 豚肉やトマト、イチゴ・梅干し・米酢などの「酸」の食材は控えめに。

4 体に「湿気」が溜まりやすい季節なので、それを助長する濃い味付けは控えめに、さっぱりとしたものを食べましょう。

5 ほうれん草や春菊・三つ葉など、「青」の色を感じる野菜を多く摂りましょう。

6 旬の食材を、素材の味が楽しめるような味付けで食べましょう。

 
ということですね!

春の怠さをすでに感じている人は、もしかしたら何かが足りないサインかもしれません。

体が「何か足りないよ」と言っているものと受取り、そこから食材を選んでみると良いですね。

春は肝臓をいたわる!

意識してみると、清々しいこの季節を心地よく過ごせますよ。

初心者スピ部長・カリーネの愛の引き寄せ道場!

最近、ひどいこむら返りにあった?カリーネです…(=_=)

無茶苦茶痛いですよね、あれは。

肝臓は栄養処理を行う臓器ですが、過剰な栄養を処理しきれない場合、筋肉を痙攣させて燃焼させようとするらしいです。

ま、まずい、大して運動していないのに、栄養を摂りすぎたー。

「ちょっと~、そんなに食べたら処理できないじゃん!」

と肝臓姉さんからの通達かもしれません。

身体を管理し健康を維持することは、自己実現の欠かせない要素です。

健康をないがしろにすると、結局成功もつかめません。

私の師匠のK先生は、健康オタクでもあるようで、何でも知っています。

健康に限らず、様々な話題を用いて説明をしてくれるので、先日の講座では「健康」「料理」「音楽」「ビジネス」「成功曲線」「鬼」「味噌」「引っ越し」など、あらゆる話題が出てとっても興味深いものでした。

メルマガでも玉虫色の切り口から、予想しない話へと展開させてくれる先生のメルマガを、是非お読みください。


無料メール講座『アンサー』|理不尽なルール・人から離れ、人生を思い通りで快適に過ごすために必要な全て

っと自由に生きていきたい!と思うものの、具体的にどうすればいいか分からない、と悩んでいませんか?

このメール講座では、

・将来が不明確なままでも安心感を得られるきわめて興味深い方法……
自由になるには3つの要素があればいい。その3つの要素とは?
・最短でお金の自由が手に入る非常識だけど確実な自己投資法!

など、思い通りの人生を生きられる「不思議な力」と、豊かになれる具体的な方法をお伝えするものです。

ぜひ、あなたの人生や仕事にお役立てください。

→ 詳しくはこちら



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク

終了しました。

メルマガは終了しました。

コメントを残す

*