関係を築く

仕事の人間関係でイライラするときの最も良い解消法

あなたは日々穏やかに過ごせていますか?

イライラしないで過ごせる日はあるでしょうか?

本当はしたくないのに、気づいたらイライラしてしまっていませんか。

特に仕事ではイライラしてしまう要素がいくつもあります。

仕事が思いどおりに進まない、やることが多すぎる、仕事が遅い人に腹が立つなど挙げるとキリがありません。

イライラした状態で仕事をしても能率は上がらないし、いいアイディアも浮かんできません。悪いことづくめです。

ですから、できるだけ早いうちに対処法を学んでおきたいところです。

今回は主に、一番多いと思われる人間関係でのイライラ解消法を取り上げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


基本は深呼吸

イライラしている状態は、交感神経が活発になっている状態です。

自律神経である交感神経をコントロールすることは難しいと言われていますが、呼吸は自律神経を整えるのに最も簡単で効果的な方法です。

リラックスする方法としても知られていますよね。

交感神経が活発になると脈拍数が上がりますが、自分で脈拍数をコントロールすることは難しいです。

ですが呼吸をコントロールすることは簡単です。

イライラをすぐに鎮める方法として、深呼吸することはとても優秀な方法です。

いつでもどこでも人目を気にしなくてもできるし、即効性もあります。

できるだけ深く長く行い、イライラが強い場合は回数を増やすと効果的です。

オフィスには悪い空気が充満していることもありますので、可能なら外に出て新鮮な空気を吸いながらやるといいでしょう。

楽しいことを考えて気をそらす

イライラして悪い感情が浮かんできたとき、そのことばかり考えてしまうと、怒りがどんどん膨らんできてますます悪化します。

「気にしないようにしよう」とか「受け流そう」と思っても、すでにイライラしてしまっているのだからもう遅いです。

気にしないようにしても余計に気になってしまうだけです。

ですが、逆に楽しいことを考えることでかき消すことができます。

悪いことと楽しいことを同時に考えることはできないのです。

普段から楽しいことのリストを作っておき、ネガティブな思いが浮かんできたら、リストの中から楽しい気分になれそうなものを選んで、それに思いを巡らせることです。

これは中和しているわけではなく消しているため、楽しいことを考えるのに集中できれば、イライラしていたことなんか忘れているはずです。

実際に行かなくてもいいので旅行のプランを立てたり、ライブに行く計画を立てたりといったものをリストに入れることをおすすめします。


スポンサーリンク


計画を立てるのはいつだって楽しいものです。

楽しみにしていることがあるというのは、気をそらすのに十分に役立ちます。

普段ならイライラして叫びだしたくなる状況を、楽しくて歌いだしたくなるような状況に変えてしまいましょう。

それはとても有意義な時間です。一日のうち悪い時間よりも良い時間が多いほうが良いに決まってますよね。

休憩時間を有効に使おう

仕事場のトイレには不思議な力があります。

リラックスするのにあまりいい場所ではないように思えますが、仕事のストレスから解放される唯一の場所です。

トイレに入っているとき「ふー」と思わずため息をついてしまうことがありませんか?

これは緊張の糸が切れて安心している状態なんですね。

ですから、イライラした時はトイレに入るというのも意外と有効な手段なんです。

それから仕事場の環境が許すなら、ヒーリングミュージックで心を落ち着けるのも手です。

音楽を聴きながらできる仕事は少ないかもしれませんが、休み時間などに聴いて少しでも気をまぎらわせるのは効果的です。

休み時間のときは休憩することに専念してください

そういうときはできるだけ一人でいるほうがいいでしょう。寝てしまうのもありです。

寝ると思考が一旦ストップしますので、少なくともその間は何も考えなくて済みます。

起きたらイライラしていたことは忘れているときもあります。

コツは寝る前に先ほどのテクニックを使って、楽しいことを考えながら眠ることです。

そうすると、いい気分で目覚めやすくなります。試してみてください。

イライラしない人はどんな人?イライラしない人になるには?

イライラしたくないのにどうしてもイライラしてしまう。自分だけ?

イライラしてしまう自分が悪いのでしょうか。

決してそんなことはありませんが、中にはイライラしない人もいます。

あなたのまわりにはそういう人はいますか?いるならその人がどういう言動や行動取っているのかを観察してみてください。

話を聞いてみるのが一番参考になるかもしれませんね。

そういう人が周りにいない場合は、自分が想像できる限りでいいので、イライラしない人とはどんな人なのかをイメージしてみてください

その人はどんな人なんでしょう?いつも笑っていますか?人に親切ですか?愚痴は言っていますか?

いずれにせよ悪いイメージは湧いてこないはずです。


スポンサーリンク


イライラしない人のイメージが出来上がったら、今度はその人が行動するように自分も行動してみましょう。

普段の自分の言動や行動とはまったく違うことに気づくはずです。

時間はかかりますが、そうして自分が変わっていくうちに、だんだんとイライラしなくなっていきます。

イライラしていると気づき、許してあげる

人は誰かに対して反応するとき、今持っている他人の情報を参考に反応を選んでいます。

例えば、話していると必ず愚痴を言い始めて止まらないという人がいたとして、休憩中その人と昼食を食べているときに、「あぁ、またこの人の愚痴を聞かなきゃいけないのか…」と思ってイライラしてしまう、ということです。

これは自分の中に「この人は愚痴っぽい人だ」という情報があるから感じることなのであって、初対面のときはそうは感じていなかったはずですよね。

自分の中にそういう情報があるということや、自分がイライラしていることに気づけない人は意外と多いです。

それに気づいて自分を客観的に見ることで、冷静になることができます。

イライラに囚われるよりも、そういう冷静な状態のほうがいい方向に持っていけます。

さらに言えば、そのときに「イライラしても良いんだよ」と自分に言ってあげることです。

これは「怒ることを自分に許していない人」にはとても効果がある方法なんです。

もしあなたがそういう人なら、心がすーっと晴れていくのを感じられるはずです。

いっそ辞めてしまう

今の仕事でイライラするのなら、いっそ辞めてしまうのも選択肢のひとつです。

「そんなに簡単に辞められない」と思うでしょう。

ですが辞めたとしたらどうなるでしょう?

辞められないと思っている人は、辞めるのが難しいのではなく環境が変わるのを受け入れるのが難しいのです。

もし辞める方向で真剣に考えてみたらどうなるでしょうか。

少し考え方を変えて、こう考えてみてください。

もし今日会社をクビになったらどうするか、と。

クビになってしまったものはしょうがないですから、新しい職を探しますよね。

自主退職の場合も同じように考えましょう。

辞めると決まったら前向きに次にやるべきことを探し始めるはずです。

要するに自分が決断できるかということだけなのだとわかりますね。

確かに職場が変わって環境も変わると大変です。

ですがそれは一時的なことで、必ず適応できるようになっています。

過去を思い出してみてください。あなたはこれまで何度も苦しい状況に置かれてきました。

でも今ここにいるということは、その困難な状況を乗り越えてきたということです。

今まで越えられない壁なんかなかったはずです。

最も良い解消法は、相手に正直に伝えること

ストレス発散させたり、緩和させたりする方法も悪い方法ではありません。

ですが一時しのぎとなってしまう場合も多く、根本的な解決とはなりません。

根本的に解決するには、元を正す必要があります。

つまりイライラの原因に直接アプローチすることです。

その人の行動や言動にイライラしてしまって、もう我慢の限界だというときは、正直にそのことを相手に伝えるのが実は一番良いのです。

「そんなことはできるわけない」って思いますよね。確かにそうです。

だから今苦しんでいるんですよね。

思ったことを正直に伝えるというのはとても難しいことです。

何か自分が悪者になったような気がしてしまったり、我慢できない自分が悪いのではないかと思ってしまったり、「相手が悪いのに、なんで自分が言わなきゃいけないんだ」と考えてしまったり、上司など目上の人なんかは特に言いづらかったり、と言えなくさせる原因はいくらでもあります。

ですが言わなければ、その会社にその人がいる限り、自分が会社を辞めない限りは一生苦しみ続けることになります。

それに耐え続けるのと、正直に伝えるのとではどっちが簡単でしょうか。

どうか自分を苦しめるのをやめてください。

あなたを最も苦しめられるのはあなた自身ですし、あなたに最も優しくできるのはあなただけです。

ある程度怒りに任せて言うこともできるかもしれませんが、そういう風にしか言えないのであれば、あなたは「上手な怒り方」を知らないのです。

確かに怒らないに越したことはないですが、怒らない人が立派で素晴らしい人間だということではありません。

怒りはすべての人に自然に備わっている感情のひとつなのです。

怒りは相手に対して「NO」というのに必要な感情です。

怒らない人なんていません。どんな立派な人でも怒りという感情はあります。

怒らない人は、ただ怒らないという選択をしているだけに過ぎません。

そして、あなたもそういう選択をすることができます。

ですが、まずは「上手な怒り方」を知って、うまく対処できるようになりましょう。

でなければ、もし今の苦しい状態をクリアできたとしても、またいつそういう状況になるかわかりません。

そういうときに上手な怒り方ができるようになると、今度はもっと簡単にその状況から抜け出すことができるようになります。

怒りに任せて言いたいことを言ったあと、気まずい気持ちを感じることもあるかもしれませんが、同時にすっきりした解放感を感じたことはありませんか?

これはあなたの中に長い間溜まっていたモヤモヤが解放されて自由になったことを意味しています。

もし常にそういう状態でいられるなら、そのほうが健全だしいい生活を送れますよね。

思っていることを正直に伝えることは、怒りの状態から素早く抜け出せる方法です。

ただ、怒りに任せて言うというのは最適な方法ではありませんよね。

それが原因で相手との関係が悪くなってしまうことだってありえますし、できるなら穏便に済ませたいって思うのが普通です。

ではどう伝えれば状況を良い方向へ導くことができるのでしょうか?

思っていることを正直に伝えるにはどうすればいい?

まずは自分に正直になることです。

相手に正直に伝えるには、自分がどう感じているか、何を思っているかを明確にする必要があります。

自分自身の怒りを認めることは難しいかもしれません。

なぜか人は自分が怒っているということを認めたがりません。

ですが、正直になるために怒りを認めるのはとても重要なことです。

時間がかかったとしてもやるべきことです。

自分の感じていることがはっきり認められたなら、あとはそれを口にしなくてはなりません。

認めるだけでも少しは気が楽になりますが、正直に口にして解決することが一番の救いになります。

優しく、穏やかに語ることです。

怒っているのに穏やかに語ることはおかしいと思うかもしれません。

ですが、自分の怒りを認めることができたあなたなら、難しくはありません。

怒りがある程度落ち着くまでは言うべきではありません。

怒りの状態からは破壊的な言葉が生まれます

あなたが怒りを鎮めて優しく伝えるなら、相手を傷つけることはありません。

関係がこじれたように感じられることはあっても、それは一時的なことです。

完全に自分の感じていることを認められたとしても、実際に相手を前にすると言いづらいこともあると思います。

ですが、だからといってそれを隠してはいけません。感じていることはすべて伝えましょう。

でなければまたそれがあなたを苦しめることになります。

どうせ言ってしまうのなら、この機会にモヤモヤした気持ちはすべて取り払ってしまいましょう。

あとは、勇気だけです。一時的には言ってしまってもいいのか迷うかもしれませんが、結果的には相手との関係を良く保つことができます。

自分を守るために一歩踏み出しましょう。

まとめ

イライラしている人はだいたい感情に囚われてしまっています。

それに気づくだけでも少しは対処ができるようになります。

気づかなければ、気づくまで囚われてイライラし続けるだけです。

それがわかっていたとしても忘れてしまうんですよね。

ですからイライラしないためには、「意識的に生きる」ということも必要になってきます。

わたしたちは一瞬一瞬どうあるかを選択できるということを忘れてはいけません。

意識的にイライラしないための方法を選択していくことで、ずいぶん環境が良くなったと感じられるはずです。

その中でも正直に相手に伝えることは最も効果的な手段です。

ですが、どうしても言えないのなら仕事を辞めてしまうのも手です。

耐えられないほどなら我慢して続ける必要はありません。

長い間抑えられてきた怒りは争いの種になりますし、最悪病気さえ生み出します。

自分を守ることを最優先してください

仕事は多くの人が長い間続けていかなければならないものです。

イライラの正しい対処法を知って穏やかな生活を送りましょう。


無料メール講座『アンサー』|理不尽なルール・人から離れ、人生を思い通りで快適に過ごすために必要な全て

っと自由に生きていきたい!と思うものの、具体的にどうすればいいか分からない、と悩んでいませんか?

このメール講座では、

・将来が不明確なままでも安心感を得られるきわめて興味深い方法……
自由になるには3つの要素があればいい。その3つの要素とは?
・最短でお金の自由が手に入る非常識だけど確実な自己投資法!

など、思い通りの人生を生きられる「不思議な力」と、豊かになれる具体的な方法をお伝えするものです。

ぜひ、あなたの人生や仕事にお役立てください。

→ 詳しくはこちら



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク