黒澤全との出会いが私の人生にどのような奇跡を起こしたか?

「高橋さんですよね? ブログ読んでます!」

2017年の7月29日、仙台市の某セミナー会場にて、師匠の黒澤全先生のイベントが間もなく始まろうとしていました。

それは、夢に見たような光景でした。

ブログの記事を読んでくださった方が県内外から、遠くは関東から集まり、会場は50名の満員になっています。

受付に立っていると皆さんから声をかけていただきます。

私は既に泣きそうになっていました。

 

これは「ものすごい成功」ではないかもしれません。第一自分のイベントではないですし、何百人も集まる出版記念パーティーでもありません。

でも私にとっては、今までやってきたことが全て報われるような、何もかもが繋がったような、強烈な成功体験となりました。

誰かに喜んでもらえる。感謝される。ご縁が繋がっていく。

諦めないで、生きていて、ほんとうに良かった。

私がライターを始めた、不純な動機。

2015年の12月まで、私は普通の会社員をして働いていました。新卒で入って8年目、手取り17万でボーナスが3ヶ月分。

最初はそれで満足していたのですが、あるスピリチュアルの先生に貢ぐためにもっとお金を稼ぎたいなーと思うようになりました。

公務員試験を受けて失敗し、じゃあ起業だ!となんか極端な考えで、とりあえずコッソリと副業を始めました。

最初は勉強して士業でもと思いましたが、資格も何もいらない「コピーライター業」をやることにしました。

学生時代にたまたまコピーライターの人と知り合いになり、その人が年収1000万だと自慢していて羽振りよく寿司などをおごってくれた経験から、コピーライターって儲かるんだなあ…ぐらいの考えでした。

 

ライターに「なる」のは簡単です。

「コピーライター 高橋」と書いた名刺を交流会などで配っていたら、すぐに紹介で仕事がもらえるようになりました。

順調なようで、実はいろんな色んなセミナーに出たり交際費がかかったりしてカードの支払いが大変なことになっており、ボーナスを入れても足りないけどどうしよう?!っていう状況でした。

既にツッコミどころが満載ですが、それを見抜いてツッコんでくれたのが今のメンターの黒澤全先生でした。

黒澤先生との出会い

先生との出会いは、Facebookとブログを見つけたのがきっかけでした。

コピーライティングなどビジネスの内容から哲学・精神世界、アニメや映画まで豊富な話題から、本質的なことが分かりやすく書かれていました。

メールマガジンからFacebookの過去のタイムライン、ブログ記事の全部をチェックしたところ、「あ、なんかこの人は本物っぽいぞ」という結論が出ました。

何度かセミナーを聞きにいった後、対面で相談する機会をいただきました。

そこで順調に行ってるので会社やめてフリーランスでやってくんです!と報告するつもりが、思いの外ダメ出しをされてしまいます。

そもそも人に貢ぐためにお金を稼ぐのが意味が分からないこと、人付き合いを広げすぎてお金や時間が抜けていること、人に依存しすぎて利用されていること。

 

ぐうの音も出ずに、そのまま弟子入りして全部やり直すことにしました。人生の再スタートです。

仕事は会社も副業ライターも全部やめて、お付き合いも全部やめて、服とかパソコンとか家具とかは最低限を残して断捨離しました。

ガランとした部屋の床に座って、なんだかホッとした気持ちでした。

まっさらにして新しく始めたのはブログです。最初はバイトでもしながら、自己啓発系のブログで有名になって講師業をしようという計画でした。

先生の講座で一緒に勉強している仲間には、自営業でコンサルやコーチなど講師をしている人が多く、社長さんやその他フリーランスの人もいます。

よーし、私も!と思ったのですが、次々に壁にぶつかることになります。

 

まず、自分なんかが意見を書いても誰が読むんだろう、と自己評価が低すぎてブログを書くのにブロックがありました。

ライターをしていたので文章自体はそこそこ書けるつもりでしたが、私がそれまでやっていたのは情報をまとめるとか、インタビューをしてまとめるというような「まとめ記事」でした。

自分でゼロから何かを作るとか発想するというのが全くできなかったのです。

それまでずっと、親とか先生とか、会社の上司とか、誰かの言いなりになって依存していたので当たり前なのですが。

また、セミナーで人前で話すのも下手っぴで、人にアドバイスするのもどうしたらいいか分かりませんでした。

対面で人に影響を与えるという能力が極端に低かったようです。

そこで黒澤先生に相談して、今度は教材を作ってネットで販売してはどうか、ということをやってみることにします。

借金に追われるどん底の日々

この頃はアルバイトもしないで、消費者金融で借金しながらの生活です。

自分の講座に生徒さんは数人集まってくれていましたが、その受講料ではとても食べていける金額ではありません。

親とは仲が悪く、頭を下げるぐらいなら野垂れ死んだほうがマシと思っていました。

公共料金も各種ローンもカードの支払いも滞納して、毎日いろんなところからズラリと督促の電話がかかってきます。止まったものから順番に払っていました。

このまま続けても何にもならなくて、お金も無くなって、誰からも相手にされなくなって寂しく死んでいくんだ。今さら普通に働いても借金を返しきれない。

先生だって、コンサル代が払えなくなったらただの他人なんだから見放すに決まってる。そんな風に勝手に悪い人みたいにしちゃってました(笑)。

どうせなら死ぬ前にと、まだ止められていないインターネット回線で海外ドラマのフルハウスとフラーハウスをボーッとイッキ見するなどして、電気が止まるのに怯えながらダラダラ過ごしていた…

そんなある日のことです。

 

黒澤師匠から電話が掛かってきました。

黒澤「なぜブログを書かないんですか?」

高橋「んー、、、もう無理です。どうしたらいいか分かりません。ブログなんか書いても何もならないし、、、」

黒澤「今まで伝えたことを思い出して下さい。『何もならない』方を自分で引き寄せてるんですよ。無理だと思ったら現実も無理な方になるんです」

高橋「だって、本当にもうお金ないんです。なのに怠けてるし、終わってる感ハンパないです。私が勉強したってビジネスなんか無理だったんです。」

黒澤「いいですか、実際に高橋さんがお金あるとかないとか、今成功してるとかしてないとかはめちゃくちゃどうでもいいことなんです」

高橋「ええーっ…?」

黒澤「意識がどこを向いているかだけなんです。今はどんなにお金がなくても、成功してなくても、怠けてても、『成長したい』『変わりたい』と思ってちょっとでも上を向いている人を、私は絶対に見捨てませんよ」

高橋「、、、はい。変わりたいです(号泣)」

奇跡への道のり

というわけで、2回目の人生再スタートです。

自分でビジネスができないということで、黒澤先生を手伝わせてもらうことになりました。

先生の目的は「精神性のイノベーションを起こして清らかな世界を創ること」だそうです。

今は精神的に奪い合いが起こっている世の中なので、「与える側」の人を増やしていきたいとのことなのですが、急に言われましても…???ってことになってしまいます(笑)。

そこで、私が先生の話を聞いて学んだことや気づいたことをブログに書いて、より多くの方に分かりやすい形で、少しでもお伝えしようということになりました。

またアルバイトで生活費を稼ぎながら、せっせと記事を書く生活に逆戻りです。

 

やっていることは以前と同じようですが、迷走して一周したことにより私自身もパワーアップしたようです。(バイトの時給も高いところに変わりました。)

何よりも変わったのは、プライドが打ち砕かれて自分の無力さを味わったおかげで気持ちがオープンになり、いい意味で人を頼れるようになった点です。

受講生仲間からサイトづくりのノウハウを教わったり、ブログやFacebookをしている方がシェアしてくれたり、感想メールを送ってくださる方がいたり、たくさんの方に支えていただいています。

ケンカしていた親も、なんだかんだ助けてくれるようになり、借金の一部を立て替えてくれたり、ときどき食料を送ってくれたりしています。

皆さんから力を分けていただいたお陰で、うまくいっています。

黒澤先生のメール講座の読者の方も増え続け、ついに体験型イベント”Connection”が実現しました。

 

以前からの受講生やお客さんに混じっていて、まるでコンサートのようなエネルギーの高い空間で、”繋がり”を体感するワークで時間を超えて、後半には50人の半分以上が涙するという奇跡のような2時間でした。

さらにイベント後、シンクロニシティのような奇跡的な出来事が続いています。

全く知らない方がブログで記事を紹介してくださったり、他県でもConnectionをやってください!というお話をいただいたり、ニートみたいに腐っていた1年前には想像も出来なかった大きな流れが起こっています。

それでも、まだ始まったばかりです。

これからの活動を通して、ますます多くの方に「気づき」や「感動」を体感していただき、次に進むきっかけにしていただけたらなあと思っています。

あなたの奇跡も、すぐ目の前にある。

これから、あなたにも数々の想像もできなかったような奇跡が訪れるでしょう。

  • 年収の桁が増える
  • ビジネスで大きく成功する
  • 最愛のパートナーに出会う
  • 願ってもないチャンスを引き寄せる
  • 助けてくれる人が現れる

私はたまたま黒澤全というメンターに出会って、ストーリーが進み始めました。

あなたのストーリーが始まるきっかけは、身近な人かもしれませんし、その道のマスターや先生かもしれません。

心をオープンにして流れを受け入れる準備ができたとき、人生は大きく変わっていくはずです。

メンターらしき人が特に誰も思い当たらないという方や、色んな人から影響を受けすぎて迷っているという方は、ためしに先生の話を聞いてみるのでも良いと思います。

私もそうなのですが、スピリチュアルとか自己啓発とか宗教とか、いろいろやって、最後の最後に先生に「辿り着く」という人がなぜか多いんですよね。

ピンと来た方は、ぜひ黒澤先生のメール講座をどうぞ!

 

寄稿:高橋久美 2017年1月4日

 

※ 黒澤全は活動を終了しました。