第4回「人生が変わらない原因」

はじめに

それでは、UTENAライブ第4回目始めていきたいと思います。
本日もよろしくお願いします。

今日はですね、

「人生がなかなか変わらない原因」

について話していきます。

今日初めて参加される方もいらっしゃると思いますし、
いつも参加されている方もいると思います。

毎週木曜日21:30からこのライブを開催しています。

前回は、睡眠の話をしました。
そしてその前は、片付けの、掃除の話をしました。

いろんな角度から話をしているんですが、
徐々にこのUTENAライブで伝えていきたいことが
(回を重ねて)少しづつ見えてくるんじゃないかな?と思います。

いろんな話をします。

今日もこんなことを言ってますが、
正直、皆さんのコメントを見て、
途中から全然違う話になる可能性もあります。

それは出来る限り、
「今」参加されている皆さんに合うような話を
していきたいなと思うからです。

皆さん一人ひとりの。

もちろんオンラインなので、直接ではないのですが
皆様一人ひとりの状況を感じながら、
少しでもお役に立てたらいいかなと思っております。

ぜひリラックスして聞いていただいて
構いませんが

「この時間を、
みんなで盛り上げていけたらいいな。」

と思いますので、
コメントは遠慮なく、関係あることも、全然関係ないことも、
質問でも何でもいいので書いておいて下さい。

(コメントを)見ながら喋っておりますので、
全部は拾えないのですが、

どんどんコメントを書いていただけたら!と思います。

後から聞く方も、
まるでライブで聴いているかのように聞いていただくと
臨場感がより上がるんじゃないかな?と思います。

では始めていきたいと思います。

人生が変わらない原因

人生がなかなか変わらない原因ですね。

そもそもです。

そもそも、このライブで話してることも、
これからお伝えしていこうとしていることも、
ずっと前から話していることではあるのですが

「人生を良くしていこう」

という方向性は、みんなあるはずなんです。

あるからここにいるのだと思います。

「何かしら良くしていこう」

というのはもちろん全員あると思います。
でも、なかなか、うまくいかないこともありますよね。

何かしら課題にぶつかったりとか、
誰か人と衝突したりとか、
お金の問題があったりとか。

人それぞれ、いろんな問題があると思うんです。
けれども「人生を良くする」というところでは共通なんです。

これは、なかなか広いテーマですね。
「人生を良くする」って・・・

ですので、いろんな角度から話してはいきますが、
今日は、
ちょっと違う角度から見てみたいな、と思っています。

人生を変える方法というよりかは、
そもそも何で変わらないのか。

「幸せになろう。」

とか、あるいは

「成功したい。」

っていう気持ちはあると思うんですよ。

例えば「願いを叶えたい」かもしれないし、
人それぞれあります。

そういう何かしら「これを得たい」とか、
「こう変わりたい」ってあると思うんですけど
変わらなかったり、あるいはちょっと遅いとか。

変化がよくあるのは、セミナーに出て

「なんか自分めっちゃ成長した!!」

と思って帰ってきて、3日ぐらいしたら元に戻ってるとか。
「戻っちゃう」という話はよく聞きます。

例えばこういうライブセミナーを聞いている時、
聞いた後はすごく調子が上がるんだけど

時間が経つと、
いつのまにか過去の自分に、元通りになってしまう。
なんか変わらんな〜とか、
あるいはちょっとずつ変わるんだけど

「もっと勢いをつけたい。」

というのはあると思うんです。

そこで今日は、どうやったらなるべく早く、
しかも一瞬で変わるのか、

(この一瞬というのは一瞬で変わるまでの蓄積が
もちろんあるんですが)

根本的に、と言ったらいいかな。
あなたが本当に深いところから変わっていくような。

もしかするとそれは、あなた自身が変わっているのに
気づかないかもしれないのですが、

振り返ってみた時に「めっちゃ変わってる。」
みたいな感覚を共有していけたらいいかなと思います。

変わる基準は人それぞれ

そもそも私自身が変わったことというのは、
全然、自覚があるわけではないです。

でも何か周りから「ちょっと変わったね。」って言われたり、
ふとした瞬間に

「前だったらこういう風に思っていたけど、
考え方変わってるな。」

という風に、自分自身で気づいたということはあります。

では、そもそも何を基準に「変わった」と言えるのか?
ということですよね。

皆さんはどう思いますか?

これは正解があるわけではないんです。

あなたなりの、
自分自身はそもそも「何が」ゴールなの?
ってことじゃないですか。

どうなったら変わったことになるのか。

その基準がないと、なんとなくな感じになってしまうわけです。

「幸せになったなぁ。」

とか、あるいはお金を基準にしてる人は

「お金増えたら幸せだわ。」

となるし

「自分の好きなことができたら幸せだわ。」

っていう人もいるし。

あるいは、今コメントにありましたが

「雰囲気」

自分の発する雰囲気ですかね。
皆さんそれぞれ基準があるはずなんです。

それは成功にしても幸せにしても
人生が変わるっていうことは
何かしら、皆さんそれぞれの基準を持っているし、
人それぞれ違う。

というのは当然ありますよね。
今コメントに出ているのは、

「日常生活が変わったらってことかな。」
「周りの声」
「憧れの成功を手に入れたら」
「トラウマを解消する」

とか色々ありますよね。

「思考パターンが変わる」

それもそうですね。
全部合ってると思います。

合ってるとか間違ってる、ということではないので。
あなたなりの基準というのは全然、持ってていいと思うんです。

究極のゴールを目指す

じゃあどんな基準を持ったら最短ルートで変われるか?
ってことなんです。

人が根本から変わるというのは
本来、ものすごい時間と労力とエネルギーが必要になります。

それは、周りの人をイメージしたらわかるかもしれません。

例えば、誰か一人に、

「この人に変わってもらえたら。」

と思うとするじゃないですか。
「何とかして、この人に変わってもらいたい」って。

それは例えば、
お子さんかもしれないし、仲間や、友だちかもしれない。

その人に変わってもらいたくて色々やって、

「本当に、この人根本から変わったなー。」

という状態に至るまで、というか、
そんな人がもし一人でもいたら、
それは素晴らしいことだと思いますが・・・
なかなかいませんよね。

なかなかいないと思います。

私自身いろんなセミナーに参加したり、
あるいは自分でセミナーをやっていても感じます。

「めっちゃ変わる。」って何だろうって。

確かに結果がちょっと出たりとか、
何かしら表面的なものは出ると思うんです。

でも本当に

「この人は、すべてにおいて、
もう元に戻らないぐらい変わったなー。」

という風に感じる事は、めったにないですね。
例えば「お金で成功した」となっても、

1年後、2年後、3年後、5年後、10年後・・・
と見ていき、ずっと先、人生全体で見たら
不幸になっていたというケースもあります。

これは特定の人を言っているわけじゃないです。
そういうパターンっていうのは結構あります。

逆にその瞬間だけ見たら、そんなにうまくいってないんだけど
何年か後までずーっと見ていったら、
じわじわじわじわ豊かになっていて、

別にものすごい成功しているわけではないんだけれど。
何て言うのかな・・・

心が穏やかで、満たされた生活をしてる人もいますね。

そう、何が正解かとは言っていません。

ただ、ここ(UTENA)にいらっしゃるということは、
何かしら「変わりたいな」という思いを持っているはずなんです。

じゃあ、そのマックスは?

(変わりたい気持ちを)無限まで飛ばした時、
数学で言えばリミットです。

色んなものがあると思います。

基準が変わる、お金、成功、幸せ・・・
色々あると思うのですが、
全部をひっくるめて究極形ということですね。

「究極系でうまくいってる状態ってなんなの?」

ということです。

違う道を歩みながら同じゴールを目指す

それはすごく重要なこと。

何でかって言うと普通に生活していたら、
目の前の目標だけを見てしまうんですよね。

もちろん目の前の目標を見ることも大事です。

ですが、もし目の前の目標しか見なければ
結局自分ってどこに向かってるんだろう?ってなります。

究極系のゴールがない状態で行くっていうのは
方向性がわからないままに歩いている、みたいな感じです。

偶然、どこかにたどり着くかもしれませんが、確率は低いです。

だから「人生の究極のゴール」を持っているかどうかで
そもそも人生は大きく変わってしまう、
ということです。

でも、学校でわざわざ

「究極のゴールとはこうです!」

とは教わらないと思います。

本などを読んでいて見つかることもあるかもしれませんが、
その辺から急に情報が入ってくることはないでしょう。

その「人生の究極のゴール」を知っていたら。
知っていて、その方向性に向かっていけばいいんだな、とわかっていたら。
細かいことは、人それぞれ違うじゃないですか。

ルートは違うんだけど、登っていくその先、
山で例えたら、てっぺんは同じなんですよ。

いろんなルートがあるということです。

ゴールは言葉にできない

私が学び始めたとき、最初に教わったことは
「目的をちゃんと持とう」ということです。

これはもちろん、よく言われます。

自己啓発の世界でも言われるし、
スピリチュアルの世界でも言われるし。

でもそのゴールっていうのが、
実はそもそも言葉にできないんです。

「言葉っぽいもの」にはできるのですが、
難しいというか、簡単には辿り着けないところなんです。

言葉にできたらいいのですが、
言葉にした瞬間、それは具体的な「何か」になっちゃうんです。

だって、そうですよね。

言葉というのは全て、
何かと何かを区別して表現するものだから。

言葉にした瞬間、それは具体的なものになってしまう。

だからこそ、そんな簡単に「ゴールはこうです」
というのは出てこないわけですね。

そういう感覚的な部分なんです。
とは言っても、

「なんじゃそりゃ!?」

みたいな感じじゃないですか。

それを、今日はいろんな角度から
言葉で何とか表現しようと思います。

いつもより少し抽象的な話になると思います。

ただ最後に、
「具体的にこれをしましょう」という話もしていきます。

私自身のエピソードを話した方がわかりやすいので
その話を始めようと思います。

そうですね・・・

私自身、本当に体感も伴って大きく変わったのは
ここ2年ぐらいだと思います。

皆さんも経験があると思いますが、大きく変わる前は、
ぱっと見ると大変な状態になります。

結構苦しいことが起こったり、
大変なことが起こったりすることもあると思います。

私自身も2年前、いろんなトラブルが連続で起こって大変な状態でした。

すぐに変われたら良かったんですけど、
なかなか変われなかったんですね。

幸い、すごい良い先生にめぐり逢い、
良い環境・仲間にも巡り会えた。なのに、変わらない!

今だったらわかるんです。

「今だったらわかる」って感覚、皆さんもあるでしょう?

「あの時の自分、ああしてたらもっと早く変わったかもな」
みたいなものです。

別に後悔はしていませんが、今の視点で見た時に
「あぁ、なるほどな」とわかります。

なぜ、自分の変化が遅くなったか。
なぜ、もっと早く変われたなと思うのかというと

「自分はこう思う!」

というのを、(以前は)全然捨てられなかったんです。

「自分なりの感覚」というやつです。

これが人生を変える時のブレーキや、
ストッパーみたいなものになっているのです。

例えば
「自分なりのこだわり」あるいは「自分なりの方法」。

言葉を変えると「人生の癖」みたいなものだと思ってください。

これは色んな人の影響を受けています。
例えば、親の影響を強く受けているでしょう。

そういう、今までの経験や過去が邪魔になることもある、
ということです。

もちろん過去の経験が活きてくることもあります。

それはわかりやすいですけど、
でもそれだけじゃないってことですね。

実は、
今までの蓄積、「やってきた」という過去があるからこそ、
そこにこだわってしまい、なかなか変われなくなる。

私はずっと
「年齢は関係ないですよ」と言ってきました。
これ(過去)を、手放せるのであれば。

でも、年齢が関係あるとしたら、

確かに年齢を積み重ねるほど経験が増えていき
過去の方が増えていくから、変わりにくくなる。

というのは、正直に言えば多少あります。

無理とは言いません。
全然、変わっていけます。

ただもし「変わりにくい」と感じるとしたら
それは、今までの過去の感覚を握りしめているからです。

それ以上は、なかなか変わりにくいと思います。

もちろん、年齢関係なく、20代であれ、10代であれ、

自分なりの感覚、
俺のやり方、
私のやり方、

だけに固執していたら、なかなか変わらないでしょう。

それはどんな分野でもそうですが、
広い範囲、人生で見たら変わらないと思います。

私自身、人生という規模で大きく変わったのは
それを手放したからです。

もう少し狭い範囲、例えばビジネスでも同じです。

私がビジネスを始めたのは21歳とか、それくらいの時でした。

そこから、いろんなオンラインのネットビジネスを始めるんですけれども、
最初はなかなかうまくいかないんです。

それこそ、自分なりのやり方ですからうまくいかないし、
教わったとしても「自分のやり方」を手放そうとしない。

「だってこの方がうまくいったし」
「だってこの方がうまくいくし!」

というのが、なかなか手放せないんです。
ここから手放すところまで、さっさと行けばいいんですけど。

私たちは、
どうやって手放すパターンに行き着けるかって言うと

うまくいかない・・
うまくいかない・・
うまくいかない・・!

の連続で、ようやく手放すのです。

逆に言うと、これは
次元を1次元ぐらい上げて考えてみたら

「うまくいかない」

という現象はいいことなんです。
だって、メッセージだから。

なぜかというと、全部うまくいっていたら
同じことの繰り返しで多分、変わろうと思わないですよね。

だからもし今、
あなたがうまくいかない何かがあるとしたら、
メッセージかもしれない、ということです。

「手放す時には何が起こる?」(コメントより)

手放す時は怖いんですよね。
恐怖を感じるんですね。

それはそうです。
未知の世界に行くわけですから。

本当は、むしろ今までの世界、
安心領域の内側(コンフォートゾーン)に、こもっていたい。

これが、心理的な心の引きこもり状態というわけです。

この状態では、いかに物理的に外に出て、
いろんな人と関わろうとも、人と深く関われなくなってしまいます。

だって踏み込まれるのが怖いので。

「あなた、このままではいけませんよ!」

なんて言われようなら、猛反発ですよね。

だから、わざわざ言う人も少なくなっていくでしょう。
というか、言う人は少ない社会になっていますね。

今のコロナの状況で顕著になっていますが、
言われにくいし、言いにくい環境になってきていると思います。

でも、こんなに頑固だった私が変われたのは、
踏み込んでくれた人がいたからです。

それは、自分が嫌われるかもしれないことよりも
私自身を、こんなやつでも「変わる」と信じてくれて、
時には厳しく接してくれた人がいたから、
変われたんだと思います。

だから実は、
今日のテーマは「人生を変える」ですが、
今の話の中に、非常に重要なヒントを紛れ込ませています。

何かというと、

「一人で変わろうとしなくていい」ってこと

なんです。

それが今、UTENAをやっている理由でもあります。

一人で変わるのは、めっちゃ大変です。
あるいは一人を変えるのも大変です。

私は別に、
コーチングとかセラピーの否定をしてるわけではないですが、
本当に深いところから変えようと思ったら、かなり大変です。

自分の生命エネルギーを削ってでもやらないと、
あるいは、自分の生命エネルギーを削って、
ようやく一人を救えると思います。

なぜならそれは、そうですね・・・
『不自然』だからです。

ある人が突然治ったら、
宇宙の法則から見ると等価交換なので。

今のこの三次元世界っていうのは、
もし一人が何か良くなったということは、
その不自然な部分は他の所にしわ寄せがいくんです。

「自分が直してあげなきゃ」
「自分が助けてあげなきゃ」

と、思えば思うほど、うまくいかないんですよね。

だから、人のためにと言って
いい人なのに、いい人に見えるのに、

なかなかうまくいかない人はいらっしゃいます。

もったいないですね。

そう、だから実は
「頑張ればいい」ということではないんですよ。

自分が頑張れば頑張るほど、むしろあなたは
その限られた生命エネルギーを消費していく。

そして頑張って救えても、
本当に救えるのは限られた人しかいない。

まぁ、そういう生き方もありだとは思うのですが、

もし、自分自身も幸せになって
周りの人にも幸せになっていこうと思ったら、
自分一人の力だけではかなり厳しいと思います。

これをよく「他力」と言います。

他力とは

「他」に「力」と書いて「他力」と言いますが
他力というのは、人だけではないです。

他力というのは、他の何かの力ですが、
それは人の力だけではないんです。

もっと言ってしまえば、
本当にぶっとんだところから言ってしまえば、

「神様からの応援」です。

この、神様からの応援を受けられる人は
自然とうまくいくし、その人と関わる人も
どんどん豊かに幸せになっていくということです。

この感覚をいかに自分の中に持っているかによって
人生を変えることに対してのイメージがだいぶ変わります。

普通、人生を変えると言ったら、

自分が努力をする、
自分が才能を身につける、
自分が何かにエネルギーや時間、お金や労力をかけていく

というのが普通というか、世の中一般的な成功法則です。

ですが、
もしUTENA的な成功があるとしたら、もっと他力が働いて、
神様じゃなくてもまるで、導かれているかのように変わっていく。

それを人は「運がいい」と言いますが、
そういうことです。

運がいい自分になっていくことが、
「人生を変える」ということです。

では、どういう人が「他力」を使うことができるのか、
ということなのですが、

どういう人だと思いますか?

(コメントより)
素直な人、優しい人、柔軟な人・・・

そうですね。
(他力を使える人とは)あなたが「応援したい」と思う人です。

簡単に言えば、
「心からこの人を応援したい!」と思う人ですね。

それは、

感情的な好きとか、恋愛的な好きとかを置いておいたとしても

「うわーこの人すごいな!」

と、自分の好き嫌いすらも超えて、
なんか応援したくなる、という人です。

イメージしてみてください。

それは必ずあなたの中、魂にはあるんです。
どんな生き方が美しいか。

そういう人は人からも応援されますし、
神様からも応援されるようになります。

もちろん私も、
そんなめちゃめちゃすごい人間だとは思っていません。

そんな完璧な人、いないじゃないですか。
私も弱点だらけです。

みんな弱点がある

みんな「穴」があります。
もし完璧な人間がいるとしたら勘違いです。

正直に言いますね。

世の中一般的に「この人成功者」って言われている人や、
才能がある人ほど大きな弱点があります。

ただ、目立たないというのはあるでしょうね。

見せ方がうまいので目立たないのもあると思いますが、
そんな完璧な人はいません。

だから、自分の力で人生を変えようと思えば思うほど、
このダークサイドが待ってるんですよ。

ダークサイドとは何か?

「完璧な人になる」といった超人願望です。

この超人願望を持ってしまうと、
確かにその自力によってその人は
人生を変えていくことはできるでしょう。

ですがそれはどこかで終わりを迎えます。

なぜなら、その人は
自分の生命エネルギーを使っているからです。

だからどこかで運が悪くなったり、大きな問題が起こります。

問題は、大体7年以内に起こります。
7年以内に何か問題が起こって、すべてが崩れる瞬間が来ます。

そういうパターン見たことないですか?

芸能人や有名人でめっちゃ成功してた人が
気づいたら数年後・・・
死んではいないでしょうけど、
その業界から姿を消していたとかあるじゃないですか。

いやむしろ、そのプチパターンは
みなさん経験していると思いますよ。

一時期うまくいったのに、
7年持たず廃れていく、衰退していく。

プロジェクトでもいいし、何でもいいです。
そう、そもそも続けようとしてないんですね。

今の成功のパターンっていうのは、推奨しませんよ。

推奨はしないんですが、
今の世の中、一般的な成功パターンは

「短期間でいかに刈り取るか」

です。言い方悪いですけど。

ビジネスにしても農業にしてもそうですね。
大規模にやって、なるべくスケールを大きくして、
その間に刈り取って、
その間何か犠牲が生まれても知らない、
みたいな感じで切り捨てていく。

合理のパターンですね。

もしこれを人生でやっていたとしたら、
一瞬はうまくいくでしょうが、継続性・持続性はないですね。

そもそも続ける気がないんですよ。
その今の世の中の成功っていう考え方は。

だからもし、その世の中一般的な成功
というものだけやろうと思ったら、
一瞬何かいい思いをすることは、あるかもしれません。

でもその次の瞬間には、
たった数年後には
それが崩れている可能性があるということです。

それが一般的な世の中になってしまっている。

コメントで

「だから世の中が変なんですね。」

ってきているんですが、そう。

変なんですけれども、なかなかそれに
正直に正面から突っ込む人も少ないし、

あるいは世の中の何かが変だと気付いても、
その「変」の部分があまりにも巨大すぎて
立ち向かえなくなっている、
という人は多いと思います。

実際そういった煽りを受けて
皆さんそれぞれの問題・課題になっているんだと思います。

だからあなた個人の問題も、
実はよ~く見ていったら
世の中にももちろん原因はあると思います。

でもそれは世の中のせいと言ってるわけではなくて、
その世の中を構成している私たち一人ひとりにも
もちろん課題や責任があるとは思います。

世の中の「変」を変えるには

それを変えていこうと思ったら
自分の一人の力だけでは絶対に無理です。

だからこそ、この他力というのを使って
いや、使ってじゃないですね。

・・・

他力を感じて、他力と一体となってやる。

ということによって大きな変化が生まれます。

今日のテーマとして

そもそも、才能やパワー・超人願望・力だけでやろう、
と思うのには限界があるということです。

結論を言ってしまうと、
私はこのセミナー自体(しゃべり自体)に
価値があるとは思ってないです。

(ただ皆様とこうやって空間や時間を超えて、
何かができるということにはすごく価値を感じています。)

なぜかと言うと、知識はコピペできるからです。

このライブだって書き起こしは
毎回、運営メンバーに行っていただいています。

けれども、情報というのはコピペできちゃうんですよ。

0と1の世界で。

ですが、もしもこの世の中の知識を全て集めて
自分は最強になろうって思ったとしても、
成功しようと思ったとしても、
たぶんものすごーく時間がかかりますね。

というか多分、一生かけても無理でしょう。
めっちゃ時間かかるんですよ。

ちょっとぶっ飛んだ例えですが、

例えばキリストとかブッダとか、
あるいはガンジー、マザーテレサ、日本で言えば空海とか、
そういった人物みたいになろうと思ったら
普通に今のまま過ごしていても、

急に空海みたいになりました!!

みたいなことは何か起こりようがなさそうな気がするし、
そもそも、そんなの別に目指してないし、って思うかもしれませんね。

何か遠いものに感じるかもしれません。

でも、もし変わろうと思ったら
本当に、リアルに、
そういった空海や孔子のような感覚を自分の中に入れようとしたら、
実際に大きな変化はやってくるはずです。

人生を変えるUTENA的方法とは

だから、一番人生を変える手っ取り早い方法は、

そのぶっ飛んだぐらい本当にうまくいった人の感覚を
自分の中に入れ、その空気を写すということによって
変わっていけるんです。

私自身もそうやって「自分がこう思う」と
捉えていた時もありましたが

それを手放せば手放すほど、
私は運良く人生の師匠と呼べる人に出会えました。

その人の感覚を写しているうちになぜか、
ここはポイントです!

「よくわからないのに、いつのまにかできるようになる」

という現象が起こるんですよ。
これはみんなも多分経験したことがあると思います。

忘れているかもしれないですが、
なんかいつのまにか出来ていた、みたいな事は
結構あるんですね。

逆に、よくわかっていて出来たというのは、普通です。

わかるからできると言うのは普通なのですが、
時間がかかるんですよ。

「なんかよくわからないけどできた」

これはなぜかというと
一番高い究極系のゴールですね。

最初の話に戻ります。

このゴールを先に体感してしまえば、
途中最短ルートで
いきなり高い次元に行けるということです。

人生が変わらない人というのは、
さっさとそこに行けないんですよ。

自分のこだわり
自分のやり方
自分の今までの人生のパターン

というものに捕らわれてしまう。

ようは今までの

日常
くせ
生き方

を手放さないからそのまま、ということです。

もし「それ」をぱっと手放したら
自分の中に、
その高い感覚が、そのうち入ってくるでしょう。

(コメント欄に)質問が来ていますね。

「写すと写るは違うのですか?」

そうですね、
正確に言うのであれば、写ります。

ただ一緒にいるだけで、教わらなくても
近くにいるだけで写ります。

そんなのありえるのか?
と思うかもしれないですが、

例えば、一流の近くにいたら
一流のような空気になっていくんですよ。

逆も然りですね。

こちらはちょっと・・・あんまり言わないようにしましょうか。

想像する通りです。
空気感染するんですよ。

「波動の影響ですか?」

と質問が来ていますが、そう、
近くにいるだけでその波動の影響はもちろん受けますから、
勝手に写るんです。

その人の感覚とか、その人が持っている波動は
近くにいる人から写ります。

昔、ヨガの聖者で本当にすごい方がいて、
その聖者は何も喋らないんですよ。

(周りの人は)何をやってたかというと、近くにいるだけ。

第三者が見たら「この人たち何やってんだろ?」みたいな。

みんなで一緒にただ瞑想しているだけ、
みたいに見えるんですけど、
近くにいた人は、めちゃめちゃ変わったと思いますね。

また質問が来てました。

「近くって、距離のことですか?」

そうですね。
物理的・物質的、この三次元的な距離は結構大事です。

大事なのですが、
それだけではやはり、限界もあると思うし
今の時代、正直に言えば邪魔されてると思います。

だって、うまくいかないじゃないですか。
そういう波動の電波というものが、
ソーシャルディスタンスとかによって
今、起こりにくくなっているんです。

起こりにくいですが、無理とは言わないです。

離れていても
その波動というのは伝わっていくので。

ただもちろん、近くにいたほうが早いです。

例えばこういう音声でも
その波動っていうのは伝わりますし、

その人が作った作品とか
その人が書いた文章にも宿ります。

波動は紙に写る

それはもちろん
デジタルよりもアナログの方が伝わりやすいので

例えば、
書籍であれば電子書籍より紙の本の方が
波動は伝わりやすいでしょう。

だからお金も・・・すごく影響を受けるんですよ。

お金って紙じゃないですか。

10円玉とか100円玉もありますけど、
札(さつ)ありますよね。

あの札にも、いろんな感情や、
その日持ってた人のエネルギーが入っているんです。

だからずっとお金を触っていたら
多分ネガティブになってきますね。

やらないでくださいね(笑)
わざわざこの話を聞いてやる人いないと思いますが。

だってお金の事を考えてたら
大体おかしくなるんですよ。

ちなみにお金の事を考えていたらおかしくなるというのは
お金がめっちゃいっぱいあっても同じです。

お金がいっぱいあったらあったで
何に使って、どうしようかなとか思ったり、
このお金をどうやって守ろうかな、
みたいな感じで将来の不安に繋がって。

めっちゃお金貯めていくけど
そのまま死んでいくみたいな。

逆にお金なさすぎてどうしようみたいな。

なぜそうなるかと言うと
お金にはそのエネルギーが含まれているからです。

お金のことを考えるとネガティブになる?

多くの人は、お金の事を考えたら
不安になったりネガティブになるじゃないですか。

そのネガティブなエネルギーが、お金に入っているんです。

だから、仕事で触る人以外は、
お金にずっと触っていないほうがいいと思います。

事務的な計算とかを(感情を入れず)冷静にやるのはいいんですよ。
それは、むしろやらなきゃダメですね。

家計や売上の計算とかもそうだし、そこはちゃんとやる。
まあ、ある意味「無」の状態ですよ。

感情入れずに、
「はい、これはいくらでこっちは・・・はいはいはい~」
そんな感じでやれるならいいんですよ。

でも、そこからまた
「あ~ぁ、なんかこのお金がこうなって・・・」

どうしようー!!(と、ネガティブ思考になっていったら)

その瞬間に、ものすごい、そう。
今コメントにもありましたが、
ずっとお金に対して蓄積されてきた、
ネガティブなエネルギーが「ぱっ」と写っちゃうんですよ。

これはね、空気感染するってことです。

だからお金に不安を感じている人の近くにいるだけで、
自分もお金が不安になってきます。

持ってる「量」は関係ないです。

ちなみに、私そんなにお金持ってないですからね。
今、たぶん皆さんが想像してるぐらいないっす(笑)

ないんですけれども、不安はゼロですね。

だから持ってるお金の量や資産ではなくて
そこに対する自分の意識の状態が、実は重要なんです。

だから例えば、
先ほどから話している空気感染するっていう話ですけれども、

あなたがよくわからなくても、それが近くにいるだけで
良くも悪くも写っていくってことですね。

いろんな言葉や影響が写ってくってことです。

大切なのは感覚を”合わせにいく”こと

じゃあ究極的に考えたら「何」の影響を受けたら
いいかってことですけれども。

まあぶっちゃけね。ぶっ飛んだ方から行きますよ、

「神様の感覚に合わせる」

ことが最短なんです。

人の感覚なんて、例えばめっちゃその人がすごくても
まあ、人なんですよ。

もちろん神様に近い方というのもいらっしゃいますけど、
(感覚を合わせるべきは)神様ということです。

その、神様の感覚に合わせる「場所」というのが
日本は昔から、そういう仕組みや構造と言うのが既に出来ていて
それが神社ということです。

これは、昔から引き継がれてきた、秘儀と言いますか

「意識をあげて、人生を変える」

そういう仕組みというのが
もともと日本にはあるというわけです。

ちょっと最近は、力が弱まってたりするんですけれども。

その(場所の)一つが神社というわけですから、
神社に行くのはいいでしょう。

いいんですけれども、
例えば、ちゃんと掃除されていない神社とか
あまり「気」が良くない神社というのもありますので。

もしも神社に行かれる場合は、綺麗な神社がいいですね。

ちゃんと掃除がされていて、
あまり人が多すぎない方がいいです。

そして、それぞれの地域で「一宮」と呼ばれている
神社であれば比較的良いかなと思います。

その辺の感覚も、だんだん掴めるようになってくると思います。

今までのセミナーでも「五感を整えましょう」と言っていますが
なぜかと言ったら、そういう感覚的な

「あ、ちょっとここまずいかも」とか、
「ここはすごく “ 気 ” がいいな」

というのを感じやすくなるのもあるし、
あなた自身の感覚も、もちろん高めていくというのもある。

と同時に、高い感覚っていうのを自分の中に取り入れていく
というのが大事なんですね。

でも、別に神社に行かなくても
うまくいくケースというのはあって、それは何でかというと。

そりゃ当然で、
一応仕組みとしては神社というのが本当に理想の形としてあります。

でも神様って、日本の考え方では色んなとこにいらっしゃるんですよ。

それはあなたの体の中でもいろんな神様が動いているし、
もちろん、あなたが今いる「空間」にも
神様っていうのはいらっしゃいます。

つまり、あなたが空っぽだったら、
そこ(空)に神様が、自然と何かうまいこと考えてくださって、
不思議なことが起こるんですよ。

でも、あなたが頭の中で
自分の感覚、自分なりのこだわり、自分的な感覚っていうのを
持ってたら・・・

神様的な感覚に、なりようがないんですよね。

だから私は、実はそんなに頑張らないで、
変わってきていると思います。

なぜなら、そんなに頑張ろうとしてないからですね。
そもそも何かを頑張ろうと思って(こだわって)ないからです。

もう何か、「ただそこにいるだけ」で

その、自分なりの感覚というのを手放して
自分自身がクリアな感覚でいれたら、
自然と(感覚が)入ってくるんですよ。

それは電波みたいなものでも、そうですね。

この空間中にも、
あなたがいるところも何か飛んでますよね。

WI-FIの電波とかスマホの音、
3Gとか4Gの電波が飛んでるじゃないですか。

そんな感じで、神様のエネルギーってのも
この空間中に満ちてるんですよ。

その(エネルギーが)めっちゃ満ちている場所っていうのが、
いわゆるパワースポットって呼ばれてる場所だったりしますが。

ゼロではないんですね(どんなところでも)。

もちろん神様以外にも、いろいろな善霊ですね。
善い霊がいらっしゃったりした時に。

あなたが、
例えばお金の事ずっと考えて、めっちゃネガティブで、
教えてた睡眠法とかもやらずに、

それこそ前回話したようなパソコンのとこで寝てます~
みたいな感じの状態で、
ネットサーフィンやYouTubeをずっと見てて・・・笑

「もう自分なりの生き方しかしたくない~」
「もう変わりたくない!自分なりのやり方でやらせてくれ~」

みたいな状態のところに
そういう(神さま的な)高い感覚って入っていきにくいんですよ。

けれども、その人はその人なりに頑張ってるんですね。

その人なりに、何かをよくしようと思って頑張っているんですけど、
それは、先ほど話した「何かを足していくやり方」なんです。

何かの知識や技術を足して行ったり。

でも普通にやっていたら、
そういうのは時間がかかるって事ですね。

それをすっ飛ばして、先に高い感覚を
「あ~これが高い感覚なんだなぁ」ってわかったら、
もう(変化は)早いんですよ!

もちろん、ここから、その理想型に追いつくまでの
時間差はありますよ。

ありますけど、早いでしょ。
ここに行けばいい、という感覚がわかってるから。

その間、すうーっと自分は変化している途中なんだっていう
気持ちを感じながら変わっていける。

こんないいことないじゃないですか。

でも普通はその「高い感覚、ゴール」っていうのを知らないから、
とりあえずめっちゃ頑張ってるけど、

なぜか、何かをやれば何かがうまくいかなくなる。
そんな感じになってしまう。

ということです。

神さまにも人にも応援される感覚とは

なんだかうまくいかない。

どういう時にそうなるのか?簡単に言うと、
人生において「楽をしようと思った時」に起こりやすくなります。

楽をして成功しよう!
楽をして学ぼう!
楽をして稼ごう!

みたいな感じでやってる時というのは、

神様からしたら
「この人のこと、ちょっと応援しよう」とはなりにくいのです。

それが悪いと言っているわけじゃない、
その人なりに頑張ってはいるからね。

でも、もしもあなたが変わりたいのであれば、
自分なりのやり方というのを、いつかは手放す時が来ると思います。

それはもしかすると、
今世じゃないかもしれませんが。
「手放す」ことができる時が来ると思います。

今、コメントで、神様
「声かけづらい」ってセリフがありましたね(笑)

そんな感じ。
ちょっと来てみたんだけど、神様的には。

「なんか・・・ちょっと今じゃないかな~」
「ちょっと、どうしようかな。この人ちょっと大変だなぁ・・・」

みたいな感じです。

ちなみに、神様もいろんな神様がいらっしゃって
特に日本はそうですね。(八百万の神々など)

日本の神霊界で行ったら、いろんな神様がいらっしゃるんで。

でも、神様も完璧じゃないですからね。

圧倒的に人間よりは凄まじいですよ!
ですが、いろんなキャラの神様がいるので。

厳しい神様とか、割と優しい神様とか。

厳しい神様もいるんですよ。
学校の先生で言ったら「厳しい、でもなんか愛のある先生」
そんな先生いるじゃないですか。

愛のムチみたいに、時には厳しく叱ってくれる。

そういう感じの神様もいれば、逆に、
優しい愛で包み込むような、母性のような神様もいらっしゃる。

いろんな神様がいらっしゃるんですけれども、
そういう神様の感覚に、自分から合わせに行かないと、
なかなか変わらないんですよ。

その感覚や空気の体感っていうのが(普通は)ない。

だから究極的なゴールは言葉にできない。
って言ったんですけれども。

言葉にしようと思ったら、
「そういう神様的な感覚」を、先に自分の中に取り入れてしまえば
変わるのめっちゃ早いよ、ってことですね。

私も日々先生から
そういった空気を下ろしていただいて、話を聞く中で

「あ、高い感覚ってこういう感じなんだな~」

というのを日々感じさせて頂いています。
あるいは別に、そういった直接的なものじゃなくても

「今、神様降りてるな」

というふうに感じるときはあります。

それは例えば、
本当に盛り上がっている時とか、
ただ単にバカ騒ぎしてるって事ではなくて。

「よし!みんなでこれをやっていこう」とか
こうやって(ライブの時のように)盛り上がってる時とか。

たとえ大変な状況でも、
前向きにみんなで「よっしゃ!やろう」となっている、
その熱いところに神様は降りるんですよ。

だから、頑張ってるのにうまくいかない人
というのを見ていて。

これは過去の自分を見ていても思うんですが・・・

「あー、ちょっと神様には応援されないだろうな。」
っていう感じなんですよ。

それは何かというと、
ライブの前半でコメント書いてくれた人がいましたけれども、

素直じゃなかったり、
可愛げがなかったり、
自分なりのこだわりや頑固だったり。

そういう人は、なかなか
人も神様もちょっと(手をつけにくい)応援しにくいでしょう。

だから、そこに関しては能力じゃないんですよ。

ぶっちゃけ能力や才能じゃなくて、その「心の器」と言うか
素直で純粋な気持ちというのがあれば、
そういう人を神様も応援しようと思うはずです。

そして(幸せや成功の)高い感覚を知った時、
幸せや成功の基準が変わるんです。

子どもの頃に欲しかったもの、今でもほしい?

なぜなら、子どもの頃に欲しかったものを、
今でもめっちゃ「喉から手が出るほど欲しい!」みたいな人、
あまりいないと思います。

「このおもちゃとか、このゲームめっちゃ欲しい!」

とか今でも思っていたら、ちょっと怖いですよね。

前にディズニーランドの話をしましたけど、
今は「ディズニーランドに行けなくて苦しい〜〜」
みたいな気持ちって、あんまりならないじゃないですか。

(コメント欄を見て)
マクドナルドのハッピーセット、シルバニアファミリー!
(みんなの欲しかったものが)いろいろ出てきましたけれども。

それが今では、まあ、あったらあったでいいけど
別になくてもいいかな、みたいなことってあるじゃないですか。

逆に言えば、
そのことを過去から現在にスライドして
現在から未来に置き換えたとしたら、
今、あなたがめちゃめちゃ

「これやりたい!」
「こういう人生がいい!」

と思っていることが、あなたの究極系の未来から見れば
どうでもいいことかもしれない。

これ、めちゃめちゃ重要です。

「こういう風に生きたい!」
「これが自分の幸せだ!」

と思っているものが、もしかすると
あなたがめっちゃ成長した先には、

「うーん、まぁどうでもいいかな」

という感じになっている可能性もあるわけです。

過去の自分を捨てる時

ここでちょっと言いにくいのですが、私の話をします。

過去の目標というか、願望は、
お金を稼ぎまくって、自由な時間と自由なお金の状態にして
家でずっとゲームをするっていうのが夢だったんです。

やばいですよね(笑)

言葉にすると、ひたすらやばそうですが
まあ、そういう夢を抱いていたわけです。

家では掃除も誰かがやってくれて
ご飯も誰かが作ってくれて。

夏だったら涼しいエアコンの効いた部屋で

「ずっと好きなゲームをやり続けるような未来になったらいいな・・・」

なんて考えていたんです。
まあ、今でもゲームは好きですよ。

好きだし、それをやろうと思ったらやると思うんだけど
なにかって言ったら・・・

それよりも高い感覚、高い幸せを知ってしまったら、
もはや、過去の幸せなんて、どうでもよくなっちゃうんです。

そして、心というものは
より高い次元の方に、勝手に向かい始めるのです。

そんな高い感覚を自分の中に「先に」入れるというのは
ものすごい重要なんですよ。

高い感覚を知ってしまったら、もう逆には戻れない。

その高い感覚で、幸せ・成功・豊かさというものを知ったら
自然とそっちに向かっていくでしょう。

言葉を変えるとしたら、神様の感覚です。

そして、この神様の感覚というのは、
普通に過ごしていたら、なかなか感じにくいのですが、

どうやったら感じやすくなるか?

という話を、毎回このライブセミナーでしているし
この先も、いろんな話をしていこうと思っています。

とりあえず、今日は感覚として
『神様に応援される』
というのを想像してみてほしいです。

神様に応援される生き方をしていたら
自然とそれを感じる瞬間が増えてくるでしょう。

ああ、「なんか豊かだなー」って。
普通に過ごしてるだけでも、ものすごい幸せを感じたり。
強烈に。

もう何でしょうね、わかんないけど・・・

本当に、自分のキャパを超えるような
愛や光が自分の中に入ってきた時に
ちょっとトリップするような感覚になります。

それは、違法な薬物とかでトリップするのとは違って
もっとあたたかみのある感覚になるということです。

それがUTENAの状態とも言えます。

このコミュニティでは、そういう状態を
みんなで目指して行けたらいいなと思うので、

最後に、残り10分くらいありますので、
1つ「これをやりましょう」という話をします。

神様に応援されるには?

それは何かというと・・・

ここまでずっと言ってきていることではあるのですが、
1つは、報告するということです。

これは、「わたしに報告して」ということではなく
たとえば神社でもいいんですよ。

神社に行って、日々の感謝をして
また日々を過ごしていく中でいいことがあったら
感謝した方がいい。

ようは、また報告した方がいいんです。

「・・・をやってみて、こんなにいいことがありました。
ありがとうございます!」

というのを、神社に報告しに行くのです。

これは、人間界でも同じです。
人間界というと・・・なんだか別の世界の人みたいですが(笑)

社会でも、報告をちゃんとしてくれる人というのは
比較的、応援されやすいのです。

もちろん、それだけで応援されるとは言わないですが
報告上手の人というのは、すごく応援されやすいです。

それは神様の世界でも同じ。

ちゃんと報告してくれる人というのは、
より神様の力を受け取りやすくなるでしょう。

とはいえ神社に毎日行く必要はないです。
月に1回とか2回でもいいんです。

でもたまに、
お願いに行くとかではなく、単純に、報告に行く。

「この間、こんなことがあって、
今はこんな課題が降り注いでいて、いろいろ問題が起きていますが、
わたしはこうやっていこうと思います。」

みたいなことですね。
そうやって、より神様と近い位置にいる。

そういう風にやっていたら
自然とこの世界でも、そういう振る舞いを
その人はするでしょう。

たとえば、上司にちゃんと報告するとか。
感謝をするのもそう。
なにか教わったり、してもらったら感謝して
なにか変化があったら報告をする。

そんなふうに自然となっていくと思います。

そうなれば応援されやすくなるし、わざわざ
今日の前半で話したように、無理に頑張らなくてよくなります。

ちなみに、頑張らなくていいって言っているのは
何もしなくていいとか、そういうことではなくて
頑張る方向性が違う、ということです。

より高い感覚を自分の中に入れていけば他力が働き、
ちゃんと報告していたら、より、周りの人が応援しやすくなる。

報告していない人は、何か応援しにくいんですよね。
この人、なんか苦しそうなんだけど
一体何をしてあげたらいいんだろう・・・

みたいなことって、人間でも神様でもあるんですよ。

なんか辛そうな顔して、一人でめっちゃ頑張ってるけど

「声かけても大丈夫かな?」

みたいな人、いらっしゃるじゃないですか。

本当は、報告して
困っているなら「困っている」って言っていいんですよ。

そして、いいことがあったらそれもオープンにする。

そうやってオープンにして公開していけばいくほど

「この人はこれを欲しているんだな」
「こういうふうに導いていけばいいんだな」

っていうのが、
神様的にも、人間的にも、分かりやすくなってくるんです。

このコミュニティでも、できる人はやったらいいですよ。

明らかに成長は早いです、やっぱり。
報告送ってくれる人は。

もちろん強制ではないですし、
忙しい人はなかなか難しいと思うので
そういう人は無理にやらなくてもいいんです。

でもね
たとえばコミュニティに入って、UTENAに入って
しばらくして、ちょっと余裕が出てきたら

「こういうことがありました」
「教わったこれをやってみたら、こういう変化がありました」

なんて送ってくれたら、私も次のライブに反映できます。
それは、間接的ではあるけれど「還って来ている」ということだから。
つまり、応援されているって事です。

伝える力を磨く

今、コメント欄に
「うまく言葉にできないんです」と書いてくれた人がいましたが、
そうなんです、最初はそうですよ。

だから「言霊力」が重要ですし、
なぜ言霊力がある人は他力を発動できるのか?
というのも、

お願いする時に使うのも、神様に対しても、人に対しても
言葉を使うからです。

だから、言霊力が大事なのですが、
そんな話を始めたら、セミナー10回分くらいの話になってしまうので
今日はしませんけれども・・・

一つ言えるのは、『表現力』ですね。

伝える力を磨いていくって、めちゃめちゃ重要ですから。

ただ言葉の力を磨くというのは、国語力を磨くとかではないです。
もちろん、それも磨いていいですが。

ですが、言葉が下手でも気持ちって伝わるので。
この人なんか、頑張って伝えてくれてるんだなって。

なにかが伝わるんです。

言葉ありきじゃなくて、気持ちありきで。
想いや気持ちから伝えるのって、すごく大事です。

まあそれでも、伝わらない人には伝わらないけど・・・
でもいいんですよ。

伝わりやすくする心構えとしては、

「言葉だけで何とかしようとしない」

逆に、言葉だけでなんとかしようとするのは限界がありますね。

上手くなっていった先に、
自分のことですら、言葉でごまかすようになるし、
誰かに対しても、言葉だけで、なんかそれっぽい感じで
喋るようになってしまうんです。

言葉の技術があればいい、ということではなく

「この人、本当にどうにかできないかな・・・」

という愛かもしれないし、
報告するにしても、感謝を込めるとか・・・

そういう気持ち、あなたの想いがその言葉にのって伝わります。

もちろん、言葉もより良いものだったらいいですね。
言葉は乗り物なので、
より良い乗り物(言葉)だったら伝わりやすくなります。

言霊力の話は、今後また、細かく話していきますが、
今回の話につなげるとしたら

「言葉の出し方を変える」

を意識するといいかもしれません。
より神様的な感覚になった状態で、言葉を出すのが大事です。

それは、「よし!自分神様だぜ」とかではなく(笑)

神様というのは、みんなのためを考えているし、
めっちゃめっちゃ深い愛があります。

それを自分の中で持っておいて、
まるで神様が発する言葉かのように発する、
ということです。

・・・さて、今回も終わりの時間が来ました。
もっともっと話したいことはありますが、
本当に伝えたいことは、伝えられたと思います。

なかなか変われない理由は、
人間的な、あるいは世俗的な、
自分なりの感覚で生きてるから、ということですね。

もし、高い感覚、神様的な感覚で生きていたら
ものすごいスピードで変わっていくでしょう。

ということで、今回は以上となります。

ありがとうございました。

To be continued…