思考を鍛える

引き寄せの法則でお金が引き寄せられない4つの理由とは?

たくさんお金が欲しい!

きっとあなたもそう思ったことがあると思います。今の仕事の収入を増やしたいとかビジネスで成功したいとか方法は様々ですが、今よりももっと経済的な豊かさを味わいたいってきった思ってるはずです。

それで引き寄せの法則を知り学んでやってみたはいいけれど、ちっとも収入が増える兆しも臨時収入が入ってくる予兆もないんじゃないですか?

今回は引き寄せの法則でお金を引き寄せられない理由を大きく4つに分けてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


理由その1 明確な理由がない

お金の使い道

引き寄せの法則をいくら学んでもお金が増えないという悩みはかなりの人が直面していると思います。

僕自身過去どんなに頑張ってもお金はちっとも入ってこない時期があって、あまりにもうまくいかないものですから引き寄せの法則なんて嘘なんじゃないかと思うほどでした。

まあそういう思考が余計にお金の入ってこない現実を強化していたわけですが。

それでも諦めの悪い僕はいろいろ学んでいく内に自分の思考の矛盾に気がついたのです。

お金が欲しいっていうけれど、一体何のために?

そう、お金が欲しい明確な理由がないことに気がついたんです。

なんでお金が欲しいの?

どうしてその金額なの?

その辺のことを考えず、とりあえずお金があればなんとかなるんじゃないかって感じのとても短絡的な気持ちでお金を引き寄せようとしていたんです。

お金が欲しいと思う理由、それはつまり得たお金の使い道のことです。

月収100万円欲しい!とか、年収1000万円になりたい!ってみんな引き寄せの法則を知るとそんな感じで願望を抱いたりしますが、じゃあ実際にそうなったらそのお金でなにするのってことを聞くと結構ふわっとした答えしか返ってこないんです。

明確な理由、必要性がないとお金に限らず欲しいものは引き寄せられてこないんです。

これが欲しいからいつまでにいつら必要だとか、そういう具体的かつ明確に願わないといけないんですね。

安心と安定を求めている

なぜお金が欲しいのかということを深く掘り下げていくとあることがわかってきます。

深く掘り下げるには一度例えば欲しいだけのお金が手に入ったらそのお金をどう使うのか?

そういう質問を自分に対して真剣に投げかけてみて欲しいんです。

欲しいものが好きなだけ買えるなとか、こんなこともできるなとか。

色々浮かんでくるとは思うんですが、共通して言えることがあります。

それは、お金とは単なる道具である

ということです。

そう、お金って道具です。もっと言うとただの紙で、鉄くずで、情報です。


スポンサーリンク


それそのものに実はたいした意味も価値もないのに、それをいっぱい欲しがるってことに矛盾があるんですよ。

お金そのものを求めている人なんて実はいなくて、そのお金によって手に入ると思っている”何か“を求めているんです。

その何かとは、安心と安定です

お金がたくさんあれば、毎月に支払いのときに支払えるかどうかとかいちいち気にしなくていいですよね?

お金がたくさんあれば、仮に急な出費があってもなにも生活に問題はありませんよね?

そう、お金がことでいらない不安や不安定感を消していけると思うから、お金を求めているんです。
安心して安定した状態で、いろんな贅沢だったり楽しみを味わうほうがいいですからね。

理由その2 お金を引き寄せた後を考えていない

すべてを手に入れたら?

ここまでの話で人によっては自分がいかになんとなくお金を欲しがっていたかわかったと思います。

明確な理由がないのに、お金があればとりあえずなんとかなるんじゃないかって感じでお金を求めていたのです。

そして2つめの引き寄せられない理由になりますが、これはもうちょっと踏み込んだものです。

あなたはこんなこと考えたことありますか?

もしも引き寄せの法則でお金が好きなだけじゃんじゃん入ってきて、もうなにもお金にまつわる心配も不安もない人生を実現できたらどうしますか?

きっと今まで買えなかった欲しいものをたくさん買うでしょう。

行きたかったところにも好きなだけ旅行もするかもですね。

今現在思いつく限りのやりたいこと、欲しいものをお金で手に入れていくと思います。

家、車、高級でハイセンスな服、などなど。

でもですね、こういうのって多分数年程度でやり尽くしてしまうんです。

今あなたがの年齢がいくつかはわかりませんが、なんにせよ人生とはお金を欲しいだけ手に入れた後の方が長いのは間違いないのです。

たっぷりとお金を手に入れて、それまで欲しかった物と体験をすべて手に入れ尽くし,
夢をすべて実現したら、どうしますか?

それを考えずにお金をただ求めても、最後に訪れるのは単なる孤独と退屈だけなんです。

夢の後の人生

今現在の夢も目標も、願望も何もかもが叶った後の人生について考えている人なんてきっとほとんどいないでしょう。

でもそれを考えるってことは、自分の夢や願望がすべて必ず叶うってことを前提にしている思考だってことは気がついていますか?

引き寄せにおいてはこの前提というのはとても大切なことです。

欲しいものすべてを引き寄せ手に入れた後のことを考えるとは、叶う前提になっていないとできないので、それができたときに自然とあなたの潜在意識は書き換わり思考と感情が切り替わるので引き寄せが発動しやすい波動を発することができるようになります。

夢が叶い理想の人生を実現した後のことを考える習慣をぜひ持ってみてください。


スポンサーリンク


理由その3 お金さえあれば思考

不足感からお金を求める僕ら

お金をうまく引き寄せられないのはそもそもなんでお金は欲しいか明確な理由がないからだというのはさっきまでの話で理解できたかと思います。

その明確な理由をきちんとはっきりとさせるだけでも人によってはこれまでが不思議なくらいお金の流れが増えたりするんですが、やっぱりダメって人もいます。

そういうダメな人は、大概お金を引き寄せたがるモチベーションに問題があるんです。

単純にお金が欲しいのなら、働いたりいろいろ現実的ですぐにできる方法はそれなりにあるのに、なぜ“引き寄せの法則”でそれを実現しようとしているんでしょうか?

たぶんですがそれは、今の状態が現実的な行動では改善できないくらいに厳しいと思っているから、神頼み的に引き寄せに頼っているんだと思います。

僕も以前はそういう、もう自分ではどうしようもないからなんとか引き寄せでお金をじゃんじゃん作れないかなとか考えていました。

でもですね、その心理状態はどう考えても引き寄せの法則が作用するような豊かな状態ではなかったんです。

むしろその逆。

不足感、お金がない、自分は無力だ。

こんな状態でした。

引き寄せの法則をちょっとでも学んだのならわかると思いますが、こんな精神状態ではますますそのネガティブなものを現実化させる一方で、お金どころか何一ついいものは引き寄せられないんです。

心の状態に目を向けよう

引き寄せの法則は別におまじないでもなんでもなくて、ただただあなた自身の感情の伴う思考を現実に映し出すものです。

なのでお金が欲しい!という強い願望はお金を欲しがらなければならないハングリーな状態を現実化させてしまうんです。

つまり今この瞬間の心の状態がどんなものか?どうあり続けるのか?

それこそがとても重要なことなんです。

なんですがそもそもお金がないのをどうにかしたくて引き寄せの法則を学んでいるのに、そのお金がないことで発生するお金が欲しい気持ちが引き寄せを邪魔していて・・・・という非常にややこしいというか、矛盾を孕んだ状態になってしまうんですよね。

あるものを意識する

不足感をベースにした願望はその不足感をより強化してしまうわけですが、じゃあどうすればいいんだ?ってことですよね。

お金がないのをどうにかしたいから引き寄せの法則を学んだのにそもそもお金を欲しがるのことがよくないなんて、どうすればいいんでしょうか。

僕自身もこの矛盾の中で試行錯誤してわかったのですが、結局どこに意識の焦点を合わせているのかが問題だったんです。

お金が欲しいというそもそもの始まりが、不足感、支払いができないとか、そういうお金にまつわるネガティブな出来事がきっかけになってしまっているんです。

そもそものスタート地点からしておかしかったんですね。

”お金がない“という前提の下ではなにをやってもうまくはいきません。

じゃあどうすればいいんでしょうか。

それは簡単で、今この瞬間に“ある”ものに目を向ける、意識を向ける習慣を取り入れていけばいいのです。

お金がないって思っているかもしれませんが、それならば今この記事を読んでいるスマホやタブレット、あるいはPCはどうやって手にいれたんでしょうか?

ネット代、今住んでいるへやの家賃、電気、ガス、水道などなど。

なんだかんだで今この瞬間にはなんの問題もなくありますよね?

そう、昔の僕もそうだったんですが、そういう当たり前にあるもの、すでに持っているものについてあまりにも意識を向けていないんです。

すでにある十分な豊かさを無視したままもっともっとと求めても、それは欠乏によるもので、引き寄せの法則はその欠乏感をしっかりと現実化してくれるだけなんです。

理由その4 欠乏マインドを持っている

いまこの瞬間に満たされる

引き寄せの法則でお金を引き寄せことができないほとんどの人がこれまで話してきたようなことを無意識でやってしまっています。

その根本的な原因は、“欠乏マインドです。

欠乏マインドとは、その名の通り、自分の人生は常に何かが足りないというマインドです。

そのマインドがベースとなっているので、そもそもマイナスからの出発になってしまって仮にお金とかいいものが引き寄せられても満たされるってことがなくまたもっともっととなってしまうんです。

引き寄せの法則ってあなたの自身の思考、感情、それらを総合した“あり方”をただただ現実に反映してくれるものです。

お金がたくさんあるから豊かじゃないんです。

今豊かな人になるから、結果的に豊かさの象徴であるお金もたくさんあるって現実にいつのまにかなるんです。

そうなるためには、今この瞬間に満たされた気持ちになるってことが必要なんです。

前述したように、今すでにあるもの、持っているもの、そういうものを意識してみてください。

物質的なもののそうですが、家族や友人だっていいです。

十分幸せだって思えること、豊かだったなって思えることにとにかく意識を集中してみてください。
そしてその時に感じる安心感などの感情を味わってください。

豊かさとは思い出すもの

豊かさというものは多くの人ががんばって獲得するものだと思っています。

僕もそうでしたし、きっとあなたもそうでしょう。

ですがそれがそもそも欠乏マインドなんですよね。

豊かさとは、もともとあったもの。

今までずっと側にあったものなのに、日々のちょっとした不足、例えば口座の残高の数字だったり収入の額なんていう数字だったりを見て忘れてしまったもの。

豊かさはがんばって得ていくものじゃなくて、思い出すものです。

この辺の感覚がないと、なかなか今この瞬間に豊かさを味わっていき引き寄せの法則でお金を現実化させるのは難しいんです。

まとめ

お金と引き寄せの法則は実のところものすごく相性がいいんです。

人によっては引き寄せの法則を知っていとも簡単にびっくりするような大金をぽんっと引き寄せたりしてしまう場合もあるんですよね。

昔の僕はそういう例を聞くと引き寄せの法則の可能性を感じるとともに嫉妬のような感情にも囚われていました。

結局そういう風にうまくいく人たちって、ここまで説明してきたようなことを意識的にか無意識かは別としてきちんとやっていたんです。

お金の明確な使い道を決めて、欲しいものを手に入れ尽くした後のあり方もあって、そして今この瞬間にある豊かさをちゃんと感じて感謝して。

間違いなくポジティブな波動をそうやって出していたことがいい結果に繋がったのでしょう。

対して引き寄せがうまくいかないときの自分の思考と感情はどうでしょうか?

お世辞にもいい状態とは言い難いんじゃないでしょうか。

焦り、苛立ち、不足感に失望感などなど。

こういった感情がきっと渦巻いていたはずです。

引き寄せの法則でお金を引き寄せてそういうネガティブな感情の元になる現実を変えたいって思っていたのに、その感情そのものが足を引っ張っていたんですね。

状況が感情を作るんじゃなく、感情がそれにふさわしい状況を作ってしまうんです。

そういう引き寄せの本質を理解して、今この瞬間に豊かさを味わう努力を始めてみてください。

あなたの望みが引き寄せられることを祈っています。

 

お金を引き寄せるには、合わせてチェック!!
↓↓
お金がどんどん入ってくる引き寄せの方法|潜在意識で金運アップ!


無料メール講座『いきかた教室』|将来不安が90%減り、お金も仕事も安定する”真の仲間”がいる生き方とは?

っと自由に生きていきたい!と思うものの、具体的にどうすればいいか分からない、と悩んでいませんか?

このメール講座では、

・たった1人との出会いで人生が大きく変わる”真の仲間”のパワー!
・今の行動でわかる!10年後の未来で消える人の特徴とは……
・どんな仲間を作れば今後30年安泰な人生を手に入れられるのか?

など、人の繋がりから得られる「不思議な力」と、具体的にお互いに豊かになれる仲間を増やす方法をお伝えするものです。

ぜひ、あなたの人生や仕事にお役立てください。

→ 詳しくはこちら



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク