関係を築く

願いが叶う方法|大きな願いごとをすれば、小さな願いは全部叶う。

願いが叶う方法
この記事を書いた人

高橋久美(たかはしくみ)

月間25万ページビューの人気サイトGLOBOのライター&編集長、複数のメディア運営に関わっています。

占いや神社など、願望成就についてプロから学んだことをシェアします!

プロフィール詳細

こんにちは、GLOBOライターの高橋久美です。

今回は「願いが叶う方法」について、もう普通のちょっとした願い事なら全部叶っちゃうぐらいのすごい話をご紹介しますよ!

細かい願いごとは、忘れても勝手に叶う!

何年か前に、「こうなったらいいな、こんなことしたいな」という夢リストというかみたいなものを100個ぐらい書いたことがあったんですが、その存在をすっかり忘れていました。

先日、引越しをする時にたまたまその願いごとを書いた紙を発見しました。

見てみたら、願い事のうち10個ぐらいは叶っていて、もう4個ぐらいは今年中には叶う予定でした。

例えば、「引っ越して今の家は売る」というのがあって、私としては10年、20年先のことのつもりで書いていたのですが、もう引っ越しが完了し、売却も不動産屋さんが今頑張ってくれているのでもうすぐ叶いそうです。

「伊勢神宮と出雲大社にお参りしたい!」とも書いてあったのですが、今年の7月と12月に最高の形で参拝できることになりました!

残りはもう興味がなくなって「別にいいや」と思うことや、まだ叶っていないけどこれからタイミングが来そうなことです。

例えば、「パートナーと運命的な出会いからのスピード婚」「子どもは3人産む」などと書いていて、これは今はまだ叶っていません。

しかし今の時点で独身で身軽だったおかげで、仕事関係の人や仲間がたくさんいる街にひょいっと引っ越すことができました。

だからタイミング的にはまだ叶っていない方が良かったことなのかもしれません。

多分、この先、この界隈で運命の出会いがあるから、今までわざと来なかったんだろうな〜と思っています(笑)

リストの中には、ちょっとぶっ飛び過ぎていて、正直、生きてる間にこれ達成できるのか?!と思うものもありました。

現段階で最も非現実的なのは、この辺でしょうか。

  • ハリー・ポッターを超える物語を書いて、世界中の人に感動を届ける
  • そのお話が映画化し脚本作りに関わる
  • 世界中から講演会のオファーが来て、飛び回る

ちょっと高望みし過ぎじゃないの?と思われるかもしれません。

私もどうしたらそんな風になれるのか、具体的なルートは全く見えていませんが、願いごとをするだけなら誰に迷惑を書ける訳でもないのでどどーんと大きな願いを書いた方がお得なんじゃないでしょうか。

というよりも、この高望みすぎる願いごとを書いたおかげで、そのほかの小さな願いごとが叶っているという意味があります。

どういうことなのか、以下で解説しましょう。

願いが叶う方法の秘訣は「願いごと」そのものにアリ!

願いが叶う願い事のやり方

願いを叶えるためには、まず「どんな願いごとをするか」が非常に大切です。

これは、簡単ですぐに叶いそうな願いごとにした方がいい、という意味ではありません。

むしろ大きくて、はるか高い目標をお願いしておくのをお勧めしたいです。

願い事は、大きく、高く。

小学校で100メートル走の練習をする時に、「ゴールよりも10メートル先に向かって走りなさい」と体育の先生から言われませんでしたか?

ぴったり100メートル地点を目標に走ると、ゴールの近くでフッと力が抜けて「流す」感じになってしまうからですね。

実際のゴールよりも遠くを見ていると、トップスピードに乗ったままでゴールを駆け抜けることができます。

例えば、私は「ブログのアクセス数をもっと増やして月間100万ページビューくらいにしたいなあ」という願望を持っています。

しかし、「月間100万ページビュー!!」を最終目標にしてしまうと、100メートル走と同じでゴール前で力が出ない、またはゴールに届かないことになってしまうでしょう。

じゃあ110万ページビューを目標にしても良いんですけど、どうせならもっとめちゃくちゃ遠くて高いところを目標にしてしまえば100万ページビューなんて当たり前に通り過ぎる中間目標の一つに過ぎなくなります。

そうすることで「やったー!達成したぞー!!」と大喜びする感じではなく「よし、次っ!!」とまたその先の中間目標に向けて走り続けることができるのです。

多くの人が感動するような文章を書くには、もっともっと筆力も磨いていかなくちゃいけないし、人生経験も必要かもしれないし、応援してくれる仲間もいた方がいし、やることがいっぱいです。

だから、いちいち喜んでるヒマはありません。しかし感謝はしています。

今すでに20万ページビューを達成できているのは、運営の相談に乗ってくれた人や、一緒に記事を書いてくれたライターさんたち、ブログやインターネットの仕組みを作ってくれた人たち、検索して見つけてくれた人、フェイスブックやツイッターでシェアしてくれた人、本当にいろんな人たちの応援があってこそですから。

ただ、そこで「達成したぞ、イェーイ!!」と歩みを止めてしまってはいけないと思うんですよね。

受験で合格した途端に勉強しなくなる現象

願い事は叶った瞬間は嬉しいのですが、そこで次の目標がないと「叶ったけど幸せが長続きしなかった」という事態が起こります。

これは、大学受験で経験した人が多いんじゃないかと思います。

志望校に合格するぞー!と目標に向かって頑張って勉強して、見事合格できたとしましょう。

3月とか4月の頭ぐらいまでは、学校の先生や親・親戚も「すごいね、頑張ったね」と褒めてくれるし、自分でも達成感を味わえると思います。

ところが、大学に入ってからの目的・目標がないと、大学で勉強しなくなってしまいます。

合格できたものの、これから何したらいいの? とりあえず、サークルとかバイトとか? と、私はまさにそんな感じでした(笑)。

ですが、受験よりも遥かに先の目標を持っている人は、大学での勉強の仕方が違います。

「人の命を助ける外科医になりたい」と言って、ほとんどサークルに来ない幽霊部員の医学部生の人がいましたが、大学の勉強をちゃんとやってるだけでなく、留学するために英会話学校に通うなどしていました。

彼にとっての目標は、医学部合格ではなく、「医者になって人の命を救い続けること」だからです。

医学部に入ったのはほんのファーストステップに過ぎないので、そこで喜びすぎることも、調子に乗ることもありません。

医師免許を取って医者になった後も、彼は「もっと多くの人を救うにはどうしたらいいか」と自己研鑽を続けていくことでしょう。

座標よりも傾きが大事という話

そして、大きな、高い目標に向かって、駆け抜けているとき、たとえまだその目標には届いていなかったとしても、一瞬一瞬が幸せなのだと思います。

ある人は、そのことを「座標よりも傾きが大切だ」と言っていました。

一次関数のグラフを思い浮かべてください。

座標と傾き

 

今、どの座標にいるのかはあまり問題ではありません。

まだ何も始まっていない原点0にいたとしても、これからめちゃくちゃすごい野望を掲げて「絶対に叶えるんだ!」とコミットしていると、それだけですごいパワーになります。

ONE PIEACEのルフィが「海賊王に俺はなる」ドーン!!と言っていたように。

または、キングダムの政がどのような王を目指しているのか尋ねられて「中華の唯一王だ!」と答えたように。

まだ何の力もなくても、スタートすらできていなくても、遠く、高い目標に向かって傾きが大きければ、自分もエネルギッシュでいられるし、周りの人も巻き込まれ、応援してくれるので本当に願いが叶いやすくなるんですね。

逆に、ものすごく成功して誰もが羨む生活をしているのに、何も目標がなく傾きがマイナスになっていると「満たされているはずなのに、何だか虚しい」ということになってしまいます。

そして、大きな願いを持って熱く動いている人は、神様からも応援されます。

次では、願いが叶う人、神様に愛される人とはどんな人なのか、特徴を見ていきましょう。

願いが叶う人の特徴

願いが叶う人の特徴

願いが叶いやすい人とは、神様から「この人の願いは叶えてあげたいな」と思われている人です。

「神様」は「自分以外の70億人の人類全員」に置き換えてもOKです。

誰が見ても「この人は応援したい」と思うような人は、なぜか奇跡的に願いが叶っていきます。

では、神様・人類みんなに応援される人とはどんな人なのでしょうか?

神様に応援される人

ちょっと神様の立場に立って考えてみましょう。

というとちょっとピント来ないので、ものすごーくスケールダウンして、もしもあなたがコンビニの店長さんだったとしたら、と置き換えてましょう。

店長であるあなたは、来月のシフトを組んでいます。

Aさんは、「この日は用事があってダメです、この日からこの日までは旅行に行くので休みたいです。年末年始とお盆は帰省するので無理です」などと、自分の希望をバンバン遠そうとします。

Bさんは、滅多に自分の都合で欠勤することがなく、むしろ他の人が欠勤したときにピンチヒッターで出てくれるなど、シフトにとても協力的です。

この2人がどうしても同じ日に休み希望が重なってしまい、どちらか1人には出てもらわないといけません。

さあ、AさんとBさん、どちらの願い(シフト希望)を聞き入れますか?

普段みんなのために調整してもらっている分、今回ばかりはBさんの希望を叶えてあげたいですよね。

さすがのAさんも、いつも代わってもらって悪いので、今回は譲ろうという気になるかもしれません。

このように、自分の都合だけでなく周りの人の都合を考えて行動する人は、店長からもバイト仲間からも応援されます。

神様も同じです。

70億人の人類みんなが、好き勝手に自分のための願いごとをしていたら、全員の願いを叶えるなんて不可能じゃないですか。

たとえば、「アイドルの誰々さんと結婚したい!」と思っている人たちが数千人いる一方で、「アイドルの誰々さんは誰とも結婚しないでほしい」と思っている人が同じぐらいいたら、全員を幸せにすることはできません。

そんな中に、ポツンと「世界が平和で、人類みんなが幸せでありますように…」って願いごとをする人がいたらどうでしょう。

「シフトはいつでもOKです!!」っていうBさんですよ。

神様にとっては、非常に助かる有難〜〜い存在です。

だから、神様は「いつも協力的で助かってるから、ちょっと優遇してあげようかな」となって、その人の願いを優先して叶えてくれる、というわけです。

個人的な願い事を、神様が喜ぶ願い事に変える方法

自分の個人的な願いとごをしちゃダメってことではありませんよ。

年収がこのぐらいほしいとか、彼氏が欲しい、みたいな普通の願いごとでも、ちょっぴり言葉を付け足すだけで神様が喜ぶ願いごとに変身します!

言い方は、こうです。

「私には、〜〜〜〜という願いごとがあります。叶った暁には、こんな風に世のため・人のためにお役に立って、周りの人を幸せにしていきたいので、どうかチャンスをください」

たとえば私だったら、

「どうか、優しい素敵な人と結婚できますように。そうしたら、人間的に成長して、今以上にお仕事を頑張れます。それから、全国の未婚アラサー女性に希望を与える記事が書けます。だから、お願いします!」

みたいな感じですね。

自分の願いが叶ったら、どれだけの人を幸せにできるか。どんな風にお役立ちできるのか、を付け足しましょう。

神様は一人だけじゃなく、みんなに幸せになってほしいので、みんなを幸せにしたいという願いごとは叶いやすくなるのです。

そして、世のため・人のためを考えると、願い事もちょっとスケールが大きくなってくるんじゃないでしょうか。

全人類に応援される人になろう!

ただし、神社や流れ星などにお願いごとをするとき「だけ」、立派なことを言っても、残念ながらあまり効果はありません。

大切なのは普段の生活です!!

日々の暮らしの中でも、じゃあ、どうしたらその大きな、高い願いに近づけるだろう、どうしたら周りの人や世の中の役に立てるだろう、と考えて、自分にできることをちゃんとやっていくことです。

今日、何ができるのか。今、目の前の人のために何ができるのか。

そこに常々意識を向けて行動している人のことを、神様も、周りの人も決して見放しません。

願望成就って実はポイントカードの景品みたいなものなんです。

世のため・人のためにいいことをすると、お店のポイントカードにスタンプを押してもらえるみたいに、天にポイントが溜まっていって、満杯になると「何か良いこと」が起こるようになっているのです。

だから、神社とかで願いごとをするのは、レジで景品の交換を申し込むようなもの。

ちゃんとスタンプが満杯になっていれば素敵なプレゼントがもらえますが、まだいっぱいになっていないと「またのご来店をお待ちしています」ってことになってしまいます。

まずはポイントを貯めておかないといけませんね。

徳ポイントのため方

ポイントを貯めるには、急に何か大きなすごいことをやる必要はありません。

まずは、今、与えられた役目をしっかり果たすこと、持ち場を守ることが大事です。

たとえばお仕事をしていたら、担当している仕事を期待以上に徹底的にやること。

仕事をしているとき以外でも「もっとお客さんが喜ぶようなこと無いかな?」と考えたり、体調を整えたり、勉強して知識・スキルを磨いたり、自分の持ってる力の9割を注ぐイメージです。

それだけやっていたら、絶対に何か変わります!

実際に仕事の成果も出るでしょうし、自分の意識も上がるし、周りの人の反応も変わってくるでしょう。

または、家族に心地よく過ごしてもらえるように、家の掃除や整理整頓をする、心を込めてご飯を作る、感謝やねぎらいの気持ちを伝える…などなどできますね。

ポイントは、周りの人の心が明るく、軽く、暖かく、元気になるようにしてあげることです。

具体的に何をしたらいいか分からなければ、「みんなの心が明るく、軽く、暖かくなりますように」と、周りの人の輝くような笑顔をイメージして祈るだけでも潜在意識では何かが伝わります。

そうやって「徳のポイント」を積んでいくと、いつかスタンプカードが満杯になって「願いが叶う」と交換できます。

それもまた、神様からのプレゼント

ただし、何がどの順番で叶うかは分からないし、自分が欲しかったのと違う景品が降りてくるかもしれません。

ただ、それも神様がちゃんと采配して、一番良くなるように選んでくれたもの。

私が東北から関西に引っ越すタイミングで独身で子供もいない身軽な状態でいられたのも、ベストなタイミングでベストな人を神様が用意してくれているから、だと私は勝手に思っています。

徳のポイント制度について、もっと詳しく知りたい人はこちらの記事もどうぞ。
徳を積む7つの方法|徳を積むにはぞうきんがけをせよ!

願いが叶う方法|まとめ

願いごとを叶えるには、その願いが含まれるもっと大きく高い目標を目指しましょう。

そして、「もしもその願いが叶ったら、世のため・人のためにどうお役に立てるのか」を合わせて神様に伝えます。

神様は人類全員を幸せにしたいと思っているので、みんなの幸せを一緒に祈って行動してくれる「助かる人」を応援してくれます。

周りの人や人類全員が「この人は応援したい、この人の願いを叶えてあげてたい」というような行いを普段からやっている人は、どんどん願いが叶ってしまうのです。

大きくて高い目標に向かって、日々、一生懸命に働き、ちょっとでも周りの人を喜ばせることが、てんのスタンプカード「徳」を集めて、当たり前のように願望を成就させていく道なんですね。

あなたの夢も、大きく、高く、叶いますように!

私の人生の転機

ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に新しい視点や考え方を知っていただき、心が軽くなったり、悩みが解決したり、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があり、私にとっては「王子様」のような存在です。

私も上手く乗せられて、当時の知り合いからは「別人みたい」と言われるほど明るく元気になり、仕事にも情熱を注げるようになりました。

想一郎さんのメールマガジン「裏カジノから逃げ出し、自由を獲得したストーリー」では、読んでいるだけで自分のことを好きになれるようになり、まわりの人との関係性も変わり、毎日にちょっと幸せを感じられるような温かさが生まれます。

そして、そうやって人生が変わった人たちで集まって、皆で楽しいイベントを沢山開いたりしています。

人生の流れを変えたい! 成長したい!と少しでも思われている人は、ぜひ一度読んでみてください。とってもオススメです。

→ 詳しくはこちらから!