魂を磨く

喉が痛い・声が出ない、スピリチュアルではどんなメッセージ?

喉の不調とスピリチュアル
この記事を書いた人

高橋久美(たかはしくみ)

月間25万ページビューの人気サイトGLOBOのライター&編集長、複数のメディア運営に関わっている。

過去にスピリチュアルに依存して多額の借金を作った経験から、依存せずに自分で考え体感して実生活を良くするスピリチュアルとの付き合い方を提案。

プロフィール詳細

はじめまして、GLOBOライターの高橋久美と申します。

喉の痛みやイガイガ、声が出ないなどの不調が起こるとき、スピリチュアル的にはどんな意味があるのでしょうか?

もちろん本当に風邪などで炎症が起こっているときもありますが、他はなんともないのに喉だけ調子が悪いなあ、というときは精神的・エネルギー的な原因に目を向けてみると、何かのサインが分かるかもしれません。

今回は、喉の不調とスピリチュアル、喉にある「第5チャクラ」と呼ばれる体のエネルギースポットについてまとめました。

喉や声の調子が悪くなるスピリチュアルな原因

喉の痛みとスピリチュアル

喉が詰まって声が出ないときは、「本音が言えていないとき」とは良く言われます。

喉は言葉を発する器官ですから、自分の本心を表現できていないことを「声が出ない」ことによって象徴的に表し、私たちに気づかせてくれるのです。

喉が不調なら、何か言えなくて我慢していること、飲み込んでしまっていることはないかな? と自分の中で探ってみると良いでしょう。

ここまでは一般的に言われていることですが、「本音」ということについて、もう少し掘り下げてみましょう。

言いたいことを言った方が良いといっても、

「あなたは、いっつもそう!もう我慢出来ない!!」

と、怒りなどの感情をそのまま相手にぶつければ良いかというと、必ずしもそうではないですよね。

もちろん怒りや悲しみなども全く感情が出ないよりは出たほうが良いでしょう。

でも、相手を非難したり責めたりする言葉は、果たして本心でしょうか?

夫婦喧嘩や親子喧嘩をする多くの場合は、相手のことを愛していて本当に大好きだから、もっと良くなって欲しいと思うし、すれ違いにイライラしてしまうこともあるんですよね。

心と魂は別のもの。魂の本音とは?

本当の本音って?

ここで、心と魂が別のものであるということを確認しておきましょう。

快、不快、喜び、怒り、悲しみなどの感情は心の作用です。心は欲求を満たしたいと思っていて、また安定を好みます。

それに対して、魂は天から与えられた使命を果たしたいと思っています。

そのために、他の人の役に立つことや、成長することを求めます。大きくなりたい、不安定になりたいと思っているのです。

たとえば、もしも長年の夢が叶うような大きなチャンスが目の前にポンと降ってきたとしたら、

魂は「よーし、やるぞ!」と思っていますが、心は「え、ちょっと待って。それって自分じゃなくなっちゃうような気がする。なんか怖いよう」とブレーキを掛けたくなります。

心も自分を守ってくれたり、何かを気づかせてくれるものなので、心が悪いというわけではありません。

しかし、心があんまりにも魂を無視して、魂が持っている使命感と現実にやっていることがズレてしまうと、そのひずみが喉の不調として現れるのです。

天の使命というと「何だか良く分からないなあ」と思われるかもしれませんが、実際、使命は何だかよくわからないものですから、ご安心ください。

ヒントとしては、「理由なく良いと思うこと」は使命に近くなっていくようです。

たとえば、「人を騙してお金儲けをする」だと自分に色んな言い訳をしないと出来ませんよね。生きていくためにはお金が必要だから、とか、この世は騙し合いだから、とか。

でも、「家族に愛情を注ぐ」だとどうでしょうか? そこに理由は不要ですし、無条件に良さそうですよね。

あくまで目安ですが、魂が望んでいることに気づくご参考にしてみてください。

第5チャクラのある喉は、体のエネルギースポット

喉とスピリチュアル、第5チャクラ

「チャクラ」って聞いたことありますか? 体の中にはチャクラと呼ばれるエネルギーのポイントみたいところがあり、喉もその1つです。

チャクラは、具体的に何か物体とか臓器みたいにあるわけではなく、感覚でしか分かりません。

画像のように、1番から7番まで7つのチャクラがあり、その人のエネルギーの高さに応じて、1番から順番に花が開くように「覚醒」すると言われています。

喉は下から数えて5番目の「第5チャクラ」と呼ばれる部分で、「魂の使命感」に関係しています。

第5チャクラが覚醒している人は、超・使命に生きている人です。 「自分の使命はコレだ!!」っていうのがバシっと決まっていて、その使命のためなら何を犠牲にしてでもやり遂げる覚悟を持っています。

熱く燃えているのですが、内側にエネルギーを静かに秘めているので、時にはちょっと怖いような冷たいような印象を受けることもあります。

そのように使命感に生きている人は声の質が変わり、決して大声ではなくてもよく響き通る声になります。

身近な人でピンと来ない人は、天皇陛下を思い浮かべてください。

喉の不調とスピリチュアルまとめ。魂の本音に気付こう

まとめると、喉は第5チャクラのある身体のエネルギースポットで、魂の使命感と関係しています。

本心で考えていること=魂の本音を無視して感情=心が優位になっているとき、喉のイガイガや声が出ないなどの不調が現れる場合があります。

魂は成長したい、人の役に立ちたいと思っています。「理由なく良いと思うこと」は魂がやりたいことに近いものです。

喉が痛い時や声が出ない時には、「魂は本当は何が言いたいのかな?」と考えてみるとスッキリするかもしれません。

私の人生の転機

ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に新しい視点や考え方を知っていただき、心が軽くなったり、悩みが解決したり、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があり、私にとっては「王子様」のような存在です。

私も上手く乗せられて、当時の知り合いからは「別人みたい」と言われるほど明るく元気になり、仕事にも情熱を注げるようになりました。

想一郎さんのメールマガジン「裏カジノから逃げ出し、自由を獲得したストーリー」では、読んでいるだけで自分のことを好きになれるようになり、まわりの人との関係性も変わり、毎日にちょっと幸せを感じられるような温かさが生まれます。

そして、そうやって人生が変わった人たちで集まって、皆で楽しいイベントを沢山開いたりしています。

人生の流れを変えたい! 成長したい!と少しでも思われている人は、ぜひ一度読んでみてください。とってもオススメです。

→ 詳しくはこちらから!