魂を磨く

なぜ風の時代は水瓶座の人が生きやすい星座といわれるのか解説します

「風の時代が来た」
様々なメディアでこの言葉を聞くようになってきましたね。

占いに興味がない人でも、ビジネスで成功したいと思っている人にとっては見逃せないキーワードになっているようです。

星というのが、知らぬまにわたし達の生活に影響を与えているとどこかで感じ取っているからかもしれません。

時代の流れにのって生きれば、上手くいく。

今回の記事では、風の時代とは、なぜ風の時代に水瓶座は生きやすい星座といわれるのかというテーマについて解説します。

この記事を読めば、これからの時代を少しでも楽に生きれるようになるでしょう。

それでは、どうぞ。

風の時代に水瓶座の人が生きやすいといわれる理由

風の時代は水瓶座が生きやすい時代といわれています。

なぜ、風の時代と水瓶座が関係しているのかというと、風の時代は別名「水瓶座の時代」とも呼ばれているからです。

占星術の世界では、2021年より、地の時代から風の時代へと変わる200年に一度の大転換期を迎えているのです。

2021年からはじまった風の時代。

風の時代とはいったいどんな時代なのでしょう。

「風の時代」とは、風が目に見えないように、情報や知識などの形のないもの、伝達や教育などが重要視され、人は「知る」ことを求めていくようになるといわれています。

今後は知性、コミュニケーションなど、形のないものが意味を持つようになり、柔軟性が必要になるといわれています。

自分の好きなこと、やりたいことを素直に行動することが大切な時代になるのです。

風の時代は、ものに縛られない生き方や型にはまらない価値観を大切にして自由に多様性をもって生きる時代です。

いくつか例をあげていきますね。

持つ時代から持たない時代へ

シェアハウス、カーシェアリングといった持たない文化が流行っていますが、何かを作り上げたとき、わたしのものだと所有するのではなく、共有する時代がきています。

わたしが参加しているコミュニティの仲間ののんちゃんは、水瓶座です。好奇心旺盛でチャレンジ精神があり仲間の誰よりも色々なことに気付き、わたし達はいつも感化されています。

先ほどもチャットにとても素敵な気付きを載せてくれました。

『サークル仲間?と文芸誌を発行していて、一冊いただきました。
自分のつくったもの、自信のあるものを提供するのは良いのだけど、仮にも共同制作した仲間ならば、、その人の作品も自分のことのように、受け止められたら、喜べたら、もっと幸せな気持ちになれるだろうにな、、と。
誰かのもの、私のものじゃなくて、
私を含んだみんなのしあわせとか、
みんなを含めた私のしあわせとか、
全体性を自分ごとのように喜び、提供する(お仕えできる)ことがまた喜びになるように生きたい。

と思いました。』

お仕事で出会ったお客様が文芸誌を発行していて、一冊頂いたのだそうですがのんちゃんはそのお客様の作品以外に他の方の作品にも感動したのだそうです。

そのことをお客様の作品の感想とともに伝えようとしたら、興味がなさそうにされてしまったということです。

たしかに。人は深い部分でみんなつながっているんですものね。

日常の些細な出来事にも、いつもアンテナを張って生きている彼女はまさに風の時代にぴったりの人です。

家庭のあり方の変化

国籍や性別などに縛られない、個々の幸せの形を追求する生き方も風の時代の特徴です。

これは交友関係にも言えることかと思います。

わたしは4月に入院したのですが、同部屋に中国の方がいました。

病棟内のひとはみんな友達なんじゃないかと思うほど、明るく気さくな人で、わたしもあっという間に仲良くさせてもらい、ライン交換もしました。

退院してからふと、「元気かな?」と思いラインをすると「松葉杖で歩いて病院にいけるようになりした。」

と片言の日本語で返事をくれました。

夫にそのことを話すと、「グローバルだね」と言われ、これも風の時代の影響かななんて思いました。

またお金の面でも、風の時代を反映した価値観が生まれてきているといえます。

お金の価値観の変化

貯金ではなく、お金を循環させる時代です。

知識や情報の価値に対するニーズが高まります。物の価値が体験の価値へ移行します。

例えばクラウドファンディングのように、お金を集めてどう使うかに注目が集まってきています。

「自分の教え子(中学生)が母親の癌の治療費をクラウドファンディングで集めている。」

お客様からこの話を聞いたときに、とても驚きました。

なんて、型破りな。でも年齢さえも風の時代には障害にならないのかも知れません。

もちろん、働き方だって変化してきています。

仕事の形態の変化

組織や会社に依存する社会を嫌い、フリーランスの活動をするようになりさらに個人の力で働く時代になります。

かくいうわたしも昨年、起業しフリーランスで生きることを選んだ人間です。

しばらく、ネイル業界から離れていたのでブランクを埋めるためには実践だな。と思い老舗のサロンに勤めたのですが、このサロンがまさに地の時代の考えのサロンだったのです。

どうにも馴染むことができず、1年も経たずに辞めて起業の道を選びました。

ネイルサロンというのはお客様を美しくするための場所なのに、

バックヤードは洗濯ものが山積み、
使った商材は出しっぱなし
床は切った爪のかけらだらけ
ゴミは捨てられずにゴミ箱から溢れている

すべてアシスタントが片づけるからと使った本人は知らんふり。

まさに昭和の体育会系の匂いがぷんぷんしていました。

そのサロンを立ち上げたオーナーの念もかなり残っており、いつも震えが止まりませんでした。

いつも、誰が怒られるのか誰がクレームを言うのかスタッフみんながキリキリしていて
会計ミスや予約ミスなどの失敗を公開処刑しているようなサロンでした。

我慢して働くという時代は、もう終わりにしなければなりません。

もっとみんなが自由な生き方で、自由に豊かになって、職場の悩みから開放される時代がきています。

時代によって生き方を変えていく

地の時代から思い切って、風の時代の生き方に変えていく。

「はい、すぐ成功しました」というような目に見える成功がすぐに得られるわけではないかもしれません。

でもわたしは少なくとも辛い環境に身を置いたり、我慢して働くようなことがなくなりました。

大好きな家でお客様の施術をして、大好きな書くという仕事もさせてもらっている。

時代の流れに乗って、生きることで心の安定も得られました。

風の時代は水瓶座の人にとって生きやすい時代です。

水瓶座の人は、持っている性質を前面に押し出しながら前に進んでいって下さい。

きっと、風の時代という味方が背中を押してくれ、思っている以上に楽に生きられることでしょう。

水瓶座じゃなくても、大丈夫です。

コミュニティ仲間のリーダーまりりんは住み慣れた土地を離れ、新たな場所で生きていくという選択をしました。

新たな決意、新しいことに挑戦する勇気。

きっとまりりんは水瓶座の人だ。と思い、聞いてみると

『やぎ座は生きづらいみたいですが、活かし方と環境しだいかなって思います』

なんとー!!風の時代に生きにくいといわれるやぎ座の人がこんな前向きな発言をしている!!

いや、こういうところ、見習いたいですね。

活かし方と環境しだいで変わっていく。そう強く信じること大切ですね。

今日もオンラインでまりりんを応援する。

新しい道を切り開いていこうと前を向いて努力する、そんな仲間とつながれてわたしはとても幸せです。

こういうオンラインでのつながりも風の時代の流れの特徴なのでしょう。

風の時代は水瓶座の生き方でスムーズに進もう

今回は風の時代 水瓶座の人は生きやすいをテーマに解説しました。

今まで風の時代を意識して、過ごしていなかった人も地の時代からの変化を徐々に受け入れていけば、色々なことがスムーズに進むようになるかもしれません。

2021年からは、ルールや常識に縛られることなく、自分が心から好き、心からやってみたいと思うことに挑戦していく時代です。

精神的に自立し、自分のハートが喜ぶ生き方をすればきっとあなた自身が輝き、あなたの周りの全ての人に幸せが広がっていくでしょう。

読んでいただきありがとうございました。

女性が占い好きな理由
占いはなぜ女性に人気なのか? 女性が占いに頼りたくなる3つの心理男性の目には女性の占い好きは奇異に映るでしょう。女性に占いが人気なのはどうして? 占いに頼りたくなる心理とは? なぜ、占いで人生を好転できるのか? など、女性に占いが人気なわけをまとめました。 ...
ABOUT ME
atsuko
プライベートサロンをひっそり営むフリーネイリスト兼ライター。自己啓発やスピリチュアルを学ぶうちに、このブログを知り、縁あって大好きな執筆もさせていただいています。世の中に笑顔の人を増やしていきたいと願っています。
RELATED POST