関係を築く

職場の察してちゃんの対処方|わがままな人と一緒に仕事をするコツ

察してちゃん・自己中・人を陥れる人への対処法
この記事を書いた人

高橋久美(たかはしくみ)

月間20万ページビューの人気サイトGLOBOのライター&編集長、複数のメディア運営に関わっている。

スピリチュアルを依存する対象ではなく、日常の生活や仕事をよくするための「設定」として活用するライフスタイルを提案。

プロフィール詳細

はじめまして、GLOBOライターの高橋久美と申します。

突然ですが、あなたの職場に”察してちゃん”はいませんか?

直接言ってくれれば良いのに、遠慮するフリして言わないでこっちが声かけるのを待ってチラチラしてきて、実はわがままな人…面倒くさいですよね!

特に、職場で一緒に仕事をしていくとなると非情にやっかいです。

この記事では、職場の”察してちゃん”と仕事をするときのコツ・対策をまとめました。

空気が読めない察してちゃんキラーな私が解説します!

職場の地雷!察してちゃんの特徴と対処方

仕事の人間関係がうんざり

察してちゃんの特徴

繊細で、控えめな印象。あまり感情を表に出さず、聞き役に回ることが多いタイプです。

同僚と飲みに行ったり遊んだりするのは好きだけれど、自分からはあまり誘いません。

怒ったときは文句を言わずに黙ってしまい、代わりにちょっと不機嫌な態度でアピールします。

頼まれていないことも気を回して勝手にやってくれる、お母さんのような面も。

察してちゃんのめんどくさいところ

言いたい事が口に出せず、言葉以外のあらゆる方法で「そのぐらい察してよね」と伝えようとオーラを放ちます。

結果、察して動いてもらえないとストレスを溜めてネガティブになります。

何も言わないくせに「はぁ」とこっちに聞こえるようにため息ついたりとかね。

一見して奥ゆかしくサービス精神もあるのですが、不満を持つといつの間にか悲劇のヒロインになってしまうめんどうくさい人。

控えめでひっそりしているだけに責めることもはばかられます。

このタイプが上司にいて、(どうしてほしいんだろう?)と察する合戦になると部下は消耗します。

「察してくれ」オーラに対応して先回りしてやってあげたとしても、別に頼んでなどいないと言わんばかりに喜ぶことも褒めることもなく、また察してオーラを放つでしょう。

一見、遠慮しているようですが、自分から言葉で伝えようという努力を放棄しているのが「わがまま」とも言えます。

察してちゃんへの対処法

察してちゃんタイプは、わざと言わないのではなく言いにくいことを言えないのです。

言いたいことを言ってもらうタイミングを作ってあげましょう

「気が利かないので、何かあれば声をかけくださいね」と先手を打ってしまえばオッケーです。

「察してくれ」オーラに気付いたときは、全部を察するのではなく「エアコンの温度下げますか?」等と言葉で確認して自分が無理のない範囲で対応するのが良いでしょう

まあ、面倒臭ければ天然のフリしてスルーしたら良いと思います!

察してちゃんは気配り上手

察してちゃんも悪い面ばかりではありません。

自分自身が人の気持を察知したり、気配りをするのが上手です。そして、気を遣うことを苦にしません。

偉い人の接待など、気配りが要求される場面ではきっと活躍してくれるでしょう。

職場の察してチャンと仕事するコツ|まとめ

面倒くさい”察してちゃん”には、ときどき言いたい事を言わせてあげつつ、察して欲しそうなときはあえてスルーするのが精神衛生上良いと思います。

人に察することをナチュラルに要求してしまうのは、自身の察する能力が高いからこそ。

察してちゃんの良いところを活かして良い関係を作りましょう!

裏カジノから逃げ出し、自由を獲得したストーリー

ここまでお読みいただきありがとうございます!

申し遅れました、当サイトライターの高橋久美と申します。

一人でも多くの方に新しい視点や考え方を知っていただき、心が軽くなったり、悩みが解決したり、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出します。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

私も上手く乗せられて、当時の知り合いからは「別人みたい」と言われるほど明るく元気になり、仕事にも情熱を注げるようになりました。

想一郎さんのメールマガジンには、人生の壁を乗り越えるヒントがいっぱい詰まっていて、読むだけでも毎日にちょっと幸せを感じられるような温かさがあります。

人生の流れを変えたい! 成長したい!と少しでも思われている人は、ぜひ一度読んでみてください。オススメです。