関係を築く

察してちゃんが職場にいるときの対処方|一緒に仕事をするコツ

察してちゃん・自己中・人を陥れる人への対処法

あなたの職場に”察してちゃん”はいませんか?

直接言ってくれれば良いのに、遠慮するフリして言わないでこっちが声かけるのを待ってチラチラしてくる人…面倒くさいですよね!

特に、職場で一緒に仕事をしていくとなると非情にやっかいです。

この記事では、職場の”察してちゃん”と仕事をするときのコツ・対策をまとめました。

空気が読めない察してちゃんキラーな私が解説します!

職場の地雷!察してちゃんの特徴と対処方

仕事の人間関係がうんざり

察してちゃんの特徴

繊細で、控えめな印象。あまり感情を表に出さず、聞き役に回ることが多いタイプです。

同僚と飲みに行ったり遊んだりするのは好きだけれど、自分からはあまり誘いません。

怒ったときは文句を言わずに黙ってしまい、代わりにちょっと不機嫌な態度でアピールします。

頼まれていないことも気を回して勝手にやってくれる、お母さんのような面も。

察してちゃんのめんどくさいところ

言いたい事が口に出せず、言葉以外のあらゆる方法で「そのぐらい察してよね」と伝えようとオーラを放ちます。

結果、察して動いてもらえないとストレスを溜めてネガティブになります。

何も言わないくせに「はぁ」とこっちに聞こえるようにため息ついたりとかね。

一見して奥ゆかしくサービス精神もあるのですが、不満を持つといつの間にか悲劇のヒロインになってしまうめんどうくさい人。

控えめでひっそりしているだけに責めることもはばかられます。

このタイプが上司にいて、(どうしてほしいんだろう?)と察する合戦になると部下は消耗します。

「察してくれ」オーラに対応して先回りしてやってあげたとしても、別に頼んでなどいないと言わんばかりに喜ぶことも褒めることもなく、また察してオーラを放つでしょう。

一見、遠慮しているようですが、自分から言葉で伝えようという努力を放棄しているのが「わがまま」とも言えます。

察してちゃんへの対処法

察してちゃんタイプは、わざと言わないのではなく言いにくいことを言えないのです。

言いたいことを言ってもらうタイミングを作ってあげましょう

「気が利かないので、何かあれば声をかけくださいね」と先手を打ってしまえばオッケーです。

「察してくれ」オーラに気付いたときは、全部を察するのではなく「エアコンの温度下げますか?」等と言葉で確認して自分が無理のない範囲で対応するのが良いでしょう

まあ、面倒臭ければ天然のフリしてスルーしたら良いと思います!

察してちゃんは気配り上手

察してちゃんも悪い面ばかりではありません。

自分自身が人の気持を察知したり、気配りをするのが上手です。そして、気を遣うことを苦にしません。


スポンサーリンク


偉い人の接待など、気配りが要求される場面ではきっと活躍してくれるでしょう。

職場の察してチャンと仕事するコツ|まとめ

面倒くさい”察してちゃん”には、ときどき言いたい事を言わせてあげつつ、察して欲しそうなときはあえてスルーするのが精神衛生上良いと思います。

人に察することをナチュラルに要求してしまうのは、自身の察する能力が高いからこそ。

察してちゃんの良いところを活かして良い関係を作りましょう!

RELATED POSTS