関係を築く

新月と満月のパワー|月の周期とスピリチュアル

新月と満月のパワー

見上げれば空に浮かんでいる月。身近な存在でありながら、満ち欠けを繰り返して姿を変える様はどこか神秘的でもあります。

暦や占星術でも月は特別な働きをしており、新月から満月の周期は私達の生活や精神性に影響しています。

人の体調も気分も、ずーっと最高に調子が良いということはありませんよね。平均値に個人差はあるにせよ、誰にでも必ず波はあります。

月の周期のスピリチュアルな意味と、新月・満月がそれぞれどのようなパワーを象徴しているのか知っておくと、やるべきこととタイミングがつかみやすくなり、体調などがいまひとつなときにも必要異常に落ちにくくなります。

今回は、新月と満月のパワーと、月の周期に上手に乗っかる方法についてまとめました。

まずは新月からチェックしていきましょう。

新月の浄化パワー

新月のパワー

新月には気持ちを新たに願い事を

新月はその名の通り「新しい月」、「始まり」を意味しています。英語でも”new moon”ですね。

陰暦では新月の日が1ヶ月の始まりの「ついたち」とされました。

満ち欠けの周期が一周りして、新たな始まりです。新しくまっさらであるということは、それだけでエネルギーが高いものです。

新月は、願い事をするのには非常に適したタイミングです。

年の始めには初詣のお参りでお願い事をするように、気持ちをリセットして決意を新たにできるんですね。

新月にネガティブになる理由、浄化の気

新月のパワーの性質は「浄化の気」です。

スピリチュアルで浄化が起こるときには、現実世界ではけっこう大変なことが起こります。

例えば、体調を崩したり、人間関係で誰かとぶつかったり、気持ちがネガティブになったりすることもあります。

「あの人はいっつも遅刻して来るんだから!プンスカ!」なーんて、小さなことでイライラすることも多くなるかもしれません。

現実的なトラブルが起こるのはあまり気持ちのよいものではありませんね。

しかし、ネガティブに思える出来事や感情によって自分の心の中のトラウマや邪気が顕在化され、気づきや癒やしが生まれます。

新月のときのネガティブは浄化のために存在しているのです。頭の片隅に入れておくと、体調不良やネガティブな感情にあんまり振り回されずに済みますよ。

新月と体調のサイクル

新月の日は本当の自分を見つけるチャンス

新月のパワーは、自分の内面に隠れているものを見つけて本当の自分を知るための原動力になります。

浄化が起こるので現実的にはしんどい時期ですが、そんなときこそ自分に向き合ってみましょう。

人の事を許せないでイライラするときは、自分自身に対しても何か許せないで責めていることが見つかるかもしれません。

体が重くてとにかく体調が優れないというときにはカルマの浄化が起こっていて、しばらくするとビックリするぐらい運気が上がるパターンもあります。

新月のネガティブは逆らわずに受け入れ、どんなスピリチュアルメッセージが隠れているのか出来事や感情の真の意味を謎解きしてみると良いです。

満月に向かってネガティブエネルギーを手放す

新月と満月、パワーが強いのはどっち?

明るい満月は、ほとんど見えないような新月よりもなんとなくパワーが強そうな感じがします。満月の方が新月よりもエネルギーが高いと言う人もいます。

ある意味ではその通りなのですが、パワーが強いか弱いかというよりもエネルギーの種類が違っているのでそれぞれの月のフェーズでやるべきことも違うという方が正確です。

新月のときに見つけたネガティブなエネルギーは、満月に向かっていくのにつれて開放されていき、内面の光が明らかになっていきます。

ネガティブが悪くてポジティブが良いというわけではなく、ぐるぐる回ってバランスを崩しながら成長していけるのですね。

周りが暗くなければ光が見えず、光がなければ影もできないように、光と闇、ポジティブとネガティブ、新月と満月も両方が同時に存在して完璧なバランスを保っています。

大切なのは、そのときの月の象徴するパワーを活用し、そのときの自分にとって何を意味するのか、どんなチャンスが来ているかに気づくことです。

満月のパワー

月は見る人の意識を反映するもの

月は人を支配しようとか、影響を与えようとはしていません。ただ人の意識を反射しているだけなのです。

たとえば、コップにちょうど半分入った水は、「もう半分しかない」ではなく「まだ半分も残っている」でもなく、「ただの半分」でしかありません。

ただ半分の水に対して、見る人が何かの意味をくっつけているのですね。

同じ月を見ても、優しさを感じる人もいれば、狂気を受け取る人もいます。

このとき、月がどんな意味を持つかは、見る人が何を意味づけするかの選択によります。それぞれの人が見たいものが月に投影されているだけです。

月は、「ただの月」でいるだけで人々をコントロールしようとしているわけではありません。

人類の集合意識を映す月

では、なぜ新月は浄化のパワーだとか、満月は解放だとかいうような意味付けが実際に現実とリンクしているのでしょうか?

それぞれの人が勝手に何かの意味を受け取っているだけなら、新月のときに皆が同時にネガテイブになったり体調を悪くしたりすることの説明がつきません。

この謎を解く鍵は、人類に共通する意識「集合意識」にあります。

文化も考え方もライフスタイルも人それぞれですが、なんとなく人類みんなに共通する感覚というものはあるようです。

例えば、空や海や山など大自然の景色を見て美しいと感じたり、赤ちゃんをかわいいと思ったり、太陽や月や宇宙の大きさに怖れを抱いたりするのは世界で共通ではないでしょうか。

また、歴史上では離れた場所で同じタイミングで同時多発的に文明が生まれたり、同じような発明がされたりすることも起こっています。

どうやら人類の意識は繋がっているらしいということで、人類みんなの意識は「集合意識」または「集合無意識」と呼ばれるようになりました。

月から受け取るイメージは月に集合意識が投影されたものですから、月のエネルギー状態を見れば人類の未来を占うことができるというわけです。

新月と満月のパワーを取り入れるには

月光浴

月のパワーを自分の中に取り入れるには、明け方や夜の月が出ている時間に月光浴をするのが効果的です。

パワーストーンをお持ちの方は、月光浴をするときに石も一緒に連れて行ってあげてください。

たくさん邪気を吸ってくれているパワーストーンですので、月の光で浄化してあげましょう。

このとき、ここまで述べてきたようなゴチャゴチャした理屈はいったん忘れてください(笑)。

人から聞いた話よりも、自分で直接体験した感覚のほうがより多くの真実を含みます。

今日の月はどんなメッセージを伝えているのか、スピリチュアル・カウンセラーの先生とか占い師の方の話を参考にしても良いのですが、あまり理屈や言葉にとらわれない方が良いです。

月そのもののエネルギーを肌で感じてみて下さい。

  • 月はどんな印象ですか?
  • その雰囲気を何か別のものに例えるとしたら、何に似ていますか?
  • 月を見ていてひらめいたイメージや言葉は何ですか?

月のパワーの意味は人それぞれです。

あなたにとっての満月・新月・その他の月の意味を謎解きして、月のパワーを生活に活かしましょう。

こちらもおすすめです

体がだるいときのスピリチュアルメッセージとは
体がだるい・重いとき、どんなスピリチュアルのメッセージが来ているでしょうか? 魂の声を聞くとだるさにも意味があるのが分かります。

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、私のメンターでもあり、2,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全(くろさわ ぜん)先生。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

コメントを残す

*