心を育てる

重陽の節句をスピリチュアルに過ごして開運しよう!

日本には、季節にちなんださまざまな行事がありますね。

9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」をご存知でしょうか。

重陽の節句は、桃の節句や端午の節句と並ぶ五節句のひとつと言われています。

今回の記事では、重陽の節句の由来やスピリチュアルな過ごし方についてご紹介します。

秋から開運するポイントが詰まっていますので、ぜひ参考にしてみててください。

季節行事で自然とつながろう

そもそも、平安時代から続く重陽の節句のような季節の行事が、なぜ今も語り継がれているのでしょうか?

なぜならわたし達は季節の花を飾ったり、旬のものを食べて季節感を味わうと「自然とつながれる」と感覚で知っているのです。

人間は日常的に「人工的な環境」の中で生活をしています。

そうすると、人はスピリチュアル的にアンバランスになってしまう。

自然とつながれば、自然の力が味方をしてくれバランスが整うので開運や運気アップにつながるのですね。

節句とは

節句とは、「季節の節目に行われる伝統行事」を指します。

運の流れが切り替わるタイミングであり、一年の中でも大きな変わり目の時期です。

意外と知らない五節句とは?

節句は5つあります。

1月7日 人日(じんじつ)の節句
七草粥を食べて無病息災を願う
3月3日 上巳(じょうし)の節句
女の子の成長と良縁などの幸福を願う
5月5日 端午(たんご)の節句
男の子の成長、健康や出世を願い祝う
7月7日 七夕(たなばた)の節句
願い事を書いた五色の短冊を笹竹に吊るす
9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
菊の節句とも言われ、邪気払や厄除け、不老長寿を願う

古の中国では、奇数は縁起が良い「陽」、偶数は縁起が悪い「陰」とされてきました。

そこでいいイメージのある「陽」の奇数月の重なる日を、季節の節目として「節句」としたのです。

「節句」の日には、由来するものを飾り、季節ごとの旬の食べ物をお供えします。

家の邪気を払い、無病息災を願い、子孫繁栄などを祈り感謝する行事なのです。

9のスピリチュアルな意味

中でも9は奇数の最大数であることから、9月9日と9が重なる重陽の節句は「陽」のパワーが最大に極まる日とされます。

もっとも縁起がいい数字が重なったら、最高に縁起が良くなっちゃうのでは?と思いますよね。

しかし※陰陽思想では

「陰極まりて陽と成す、陽極まりて陰と成す」と言われています。

※陰陽思想とは
古代中国の易学の考え方。
全ての存在は相反する二つの性質を持つものの調和から成っているという考え方

要するに、行き過ぎれば逆に転じるということですね。

そこで、陽のパワーが極まった9月9日に、陰の要素を取りいれ気のバランスを整えると開運すると言われています。

さらに9はスピリチュアル的に「完成」を意味していて、数字が重なると、その数字のパワーはさらに強くなります。

見えない力を味方につけやすく、いらない感情や執着を手放せるときでもあり、善悪や好き嫌いを超え、あらゆることを受け入れるチャンスと言えるでしょう。

春に種を巻き、夏に向けて勢いづけてきた願いが、秋になってついに叶う・・・そういう時期なのです。

重陽の節句に何かを決断し、新しい事を始めるのもいいかもしれません。

そんなとき、開運のコツとしておすすめなのが、菊の花です。

菊の花の由来

重陽の節句は別名「菊の節句」とも言われます。

なぜ、菊の花だったかというと旧暦の9月9日は、ちょうど菊の花が咲くころだったからです。

それだけではありません。

菊の花には、古来から諸国でさまざまな言い伝えや薬効があったのです。

中国の菊の花

「菊の花」はもともと中国では不老長寿の霊草だと信じられており、その香りが邪気を祓い長寿をもたらしてくれるといわれていました。

「菊の花」からしたたる露が川に落ち、その川の水を飲んだ人が長寿になったという「菊水伝説」も伝わっています。

現在でも「菊花茶」として中国では広く愛飲されているようで、熱を下げたり、炎症をとる作用がある定番的な健康茶の一つなのだそう。

ヨーロッパのカモミール

ヨーロッパでは、同じキク科のカモミールが胸やけや胃痛を和らげ、気持ちを安定させるハーブティーとして広く愛飲されています。

お肌にとっても保湿や美白効果があり、ニキビや肌荒れ、敏感肌などの皮膚トラブルに対しても使われます。

そういえば、わたしもこのパッケージの可愛いさと、甘いフルーティーな香りが好きで常用しています。

日本の菊の花

平安時代の貴族の習慣のひとつに、9月9日の前夜に菊に真綿をかぶせておき、当日にその真綿を取り、その香と露を移した綿で身体をなでると長寿を保つという「菊の着せ綿」と呼ばれるものがありました。

奈良時代、宮中ではこの行事を「菊花の宴」と呼び、群臣が詩歌文章を天皇に献上し、天皇の長寿を祝いました。

日本全国でも9月9日は「くんち」と呼ばれ、菊の花を供えて収穫を祝う儀式があったり、菊の花や葉をお酒に浸し、それを神様や先祖の霊にお供えしたりといった風習が今でも残っています。

菊の花で開運しよう

縁起のいい菊の花。

気軽に取りいれて、開運したいですね。

おすすめの取り入れ方をいくつかご紹介しますね。

枕カバーに入れる

9月9日の重陽の節句に枕カバーに菊の花びらを忍ばせて寝ましょう。

身体の邪気を祓ってくれます。

玄関に飾る

玄関に大輪の色とりどりの菊の花を飾りましょう。

邪気を祓ってくれます。

お風呂に入れる

菊の花びらを湯船に浮かべて入り、リラックスしてみてはいかがでしょう。

夏の疲れを癒したり、浄化をしてくれる効果があります。

お酒に入れる

日本酒に菊の花びらを浮かべて菊酒を楽しむのもいいですね。

食べる

菊をお浸しや、サラダ、酢のものにして頂きましょう。

菊には抗菌効果があることから食中毒を防ぐ効果もあるといわれています。

仏花として、ちょっと地味な印象の菊の花ですが、皇室の紋章でもあり日本の代表的な花でもあります。

出来ることを、気軽に取りいれてみましょう。

生の菊が手に入らなければ、同じキク科のカモミールでも代用可能です。

乾燥ハーブを不織布に入れて、枕カバーの中に忍ばせたり、湯船に浮かべたり、カモミールティーにして飲むのも、身体が温まっておススメです。

重陽の節句の食べ物

重陽の節句で開運するには、旬の食べ物をいただくことも大切です。

どのような食べ物がいいのでしょうか?

菊を食べる

先に紹介したような食べ方もありますが、菊もなかという宮中伝統の菓子もあるようです。

甘いもので運気をあげるのもいいですよね。

栗を食べる

また、9月9日は作物の収穫時期と重なるため、庶民の間では「栗の節句」として「栗ご飯」を食べて祝っていました。

この時期に収穫が最盛期になる栄養価の高い栗を食べてパワーを貯えましょう。

おススメは栗ご飯ですが、甘栗や渋皮煮、モンブランなどもいいですね。

ナスを食べる

また、昔から庶民の間では「おくんち(9日)にナスを食べると中風(半身不随や脳血管障害)にならない」といわれています。

わたしのおすすめのメニューは焼きナスです。

ナスのかさの周りに包丁でくるっと切れ目を入れて、中火の魚焼きグリルで上下を返しながら10分ほど焼きます。

ナスの皮がうっすらと茶色に色づき香ばしい香りがしてきたら、取り出し切れ目を入れたところから皮を手ですーっとむきます。(熱いのでお気をつけて)

お皿に盛り付けて、上にシソやねぎ、鰹節、しょうがなどの薬味をのせ、天つゆをかけていただきます。

焼きナスにも色々な調理法がありますが、これはただグリルで焼くだけ。

簡単な調理法で素材そのものの味を楽しむ。

これも開運への近道ではないでしょうか。

重陽の節句で開運する、スピリチュアルな過ごし方について

今回は、重陽の節句の由来やスピリチュアルな開運方法をご紹介しました。

運気を上げていくには、見えない世界=心の持ち方がとても大切です。

自分だけではなく、まわりの人の幸せを祈ったり、いまあるものに感謝する。

そんな穏やかな気持ちで日常を過ごしてみるといいでしょう。

特に、先ほどご紹介したように、季節の花や旬の食べ物には自然のパワーが宿っています。

どんな気持ちで食べるかによっても運気は変わってきますので、以下の点を参考にしてみてください。

開運につながる食べ方

・重陽の節句は切り替わりのタイミングなので、雲の流れを感じながら食べる。

・待ち望んでいた願いが叶う、実りに感謝しながら食べる。

・努力したこと、タネを撒いたことが実りつつあるイメージを持って食べる。

旬の恵みに感謝して、美味しくいただいて開運しましょう。

読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
atsuko
プライベートサロンをひっそり営むフリーネイリスト兼ライター。自己啓発やスピリチュアルを学ぶうちに、このブログを知り、縁あって大好きな執筆もさせていただいています。世の中に笑顔の人を増やしていきたいと願っています。
こまでお読みいただきありがとうございます!

少しでもお役に立てたらいいな、と思い、このブログを書いています。

私たちは何人かで記事を書いていて、色々なメンバーが集まっています。

中には、4年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいた人もいるんです。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・!

それぞれ色々な問題を抱えていました。

ところが、私たちの先生であり、頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、私たちの人生は全く逆の方向に回り始めました。

20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な言葉の力を持っています。

そんな想一郎さんの発信に触れて、次々と奇跡のようなことが起こっています。

たとえば、先ほど紹介したメンバーも、今は過食が治り、ライターとして独立、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えたんです!

多くの人に人生をもっと楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんのことを紹介しています。

ぜひこの下からLINEで繋がってみてくださいね。
佐藤想一郎公式LINEアカウント

こんにちは、佐藤想一郎と申します。

わたしは、古今東西の学問を極めた師から直接教わった口伝をもとに、今まで500名以上の方々の相談に直接乗ってきました。

夫婦関係の悩み、恋愛相談、スピリチュアル、起業、健康、子供、ビジネスについて……などなど。

本当に奇跡としか思えないような変化を見せていただいていて、そのエピソードを発信しています。

今、LINEで友だち追加してくださった方には、音声セミナー『シンプルに人生を変える波動の秘密』をシェアしています。

・成功しても不幸になる人の特徴
・誰でも知っている「ある行動」を極めることで、やる気を一気に高める方法
・多くの人が気づいていない生霊による不運と開運の秘訣

といった話をしました。

よかったら聴いてみてくださいね。

(LINEでは最新情報なども、お届けします。)

友だち追加

RELATED POST