魂を磨く

親と合わない…親子の確執にはスピリチュアルな意味があった!

人間関係の中でも一番むずかしいのが親子関係ではないでしょうか。

  • 他の人は許せても、親のこととなると感情的になってしまう。
  • 他の人なら気にならなくても、子供のこととなると口を出してしまう。

親子だからこそ、余計にこじれてしまうことが多いようです。

実は、親子関係が上手く行かないのには元からスピリチュアルな理由がありす。

どうして子供はその親のところに生まれてきたのでしょうか?

スピリチュアルから見た親子の縁と子供の役割を見てみましょう。

スピリチュアルで子供は親の魂を成長させる存在

親子とスピリチュアル

「子供は親を選べない」と言います。また、親子でケンカをしたときに「生んでくれなんて頼んだ覚えはない!」という子供側のセリフもありますね。

しかし、魂レベルで見ると子供はちゃんと親を選んで生まれてきているのです。

現実的には親が子供を養育しますが、スピリチュアルな役割でいうと逆のことが起こっています。

子供は親の魂を成長させるために生まれてくるのです。

誤解のないように、必ずしも子供を持たなければ魂が成長できないというわけではありませんよ。

子供以外にもあらゆる人間関係や身に降りかかる出来事の中で、私たちの魂は成長していきます。

川の小石が流れている間に岩にぶつかって角が取れていくように、魂も困難に当たるほど磨かれて輝きを増してゆきます。

子供という存在も、親に気づきを与えて魂を成長させる役割を持っています。

たとえば、赤ちゃんは超ワガママで何をするか分からない未知の生物です。それまでの親の価値観や常識を覆して、一回り器を広げてくれるでしょう。

障害や病気を持つ子供は、親に愛や命の素晴らしさを気づかせるという役目を果たすかもしれません。

そのメッセージは人それぞれですが、スピリチュアル的に必然性があってその子供はその親を選んで生まれてきます。

子ども自身が選ぶというよりも、天(神様/宇宙)の采配で配属されるというイメージが近いかもしれないですね。

親子関係が悪くなるスピリチュアルな理由

子供には親の抑圧された性質が現れる

親子で性格が合わないことが多いのは、上記のスピリチュアルな目的のために親の抑圧された性質が子供に現れるためです。

たとえば、真面目な両親の抑圧された奔放な性格が子供に現れて不良少年みたいになることはよくあります。

親からみたら潜在意識では自分がそうしたかったのに出来なかったことを子供がやっているので、見たくなかったり、押さえ込みたくなったりするわけです。

または、自分はできなかったのに子供はやっていてズルい!と面白くない面もあります。ひどいと嫉妬から毒親化するパターンですね。

親は自分に対してやったのと同じように、子供を抑圧しようとします。

子供は、親の期待を裏切ることで親自身も呪縛から開放することができるのです。


スポンサーリンク


親の期待を裏切ることが最高の親孝行

子供は親の期待を裏切ることが仕事のようなものです。

親はどうしても子供に期待するのは仕方がありません。可愛い子供が幸せになってくれることが、イコール自分の幸せだと勘違いしてしまうからです。

自分がした苦労は子供にはさせたくない、立派な人になって欲しい、勉強していい学校に行って、いい就職をして欲しいetc..

子供がそういった期待を裏切り続けると、絶望した親は気づきます。

生きていてくれるだけでいい。子供には子供の人生がある。

子供への期待を手放したとき、親自身も自分の人生を生きられるようになるのです。

ところが、子供が変な方向に頑張って親の期待に応え続けると親は気づかないうちにどんどん期待をエスカレートさせていき、お互いに不幸になってしまいます。

スピリチュアル的には、それは親の魂を成長しないままにする「親不孝」になのです。

もちろん、育ててくれた親に感謝して家族として大切にしたりするのは良いことですが、「親だから大事にしなければならない」という親からのコントロールを受けていると何かがズレてしまいます。

親から受け取った恩は、親にそのまま返さなくても、自分の子供や周りの人に返して、世の中に恩返しして循環させていけば大丈夫です。

親子ともに魂が喜ぶ真の幸せを目指しましょう。

RELATED POSTS