思考を鍛える

夢を叶える!目標達成マンダラートの書き方・PDFシートテンプレート付き

ロサンゼルス・エンゼルスで活躍する大谷翔平選手が高校時代にやっていた目標達成用紙「マンダラート」をご存知ですか?

大谷選手の出身、花巻東高校の佐々木洋監督が導入したもので、「夢を叶える考え方」の方法論として注目されています。

大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 – )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手(投手、外野手)。

投手と打者を共に本格的に行う二刀流であり、2014年にはNPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」(11勝、10本塁打)を達成。翌2015年には最優秀防御率、最多勝利、最高勝率の投手三冠を獲得。翌2016年には、NPB史上初の「2桁勝利・100安打・20本塁打」を達成。

投打両方で主力としてチームのリーグ優勝と日本一に貢献し、NPB史上初となる投手と指名打者の2部門でのベストナインの選出に加え、リーグMVPに選出された。

又球速160km/hの日本のアマチュア野球最速投球記録、更に165km/hのNPB最速投球記録保持者である。

-Wikipediaより

高校時代に球速160kmを出し、プロ野球選手としては珍しい投手と打者を両方本格的に行う「二刀流」として、数々の記録を樹立する「怪物」大谷翔平選手が目標をえた方法とは?

今回は、目標達成マンダラートとは何か、使い方・書き方をまとめ、実際に仕事の目標設定に使ってみた例とA4用紙に印刷して使えるPDF形式のテンプレートも掲載しました。

自分の夢に向かって、または教育する立場の方にもぜひ使っていただきたい方法です。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


大谷翔平が使っていた目標達成用紙『マンダラート』とは?

自身では160kmを投げたことがないという佐々木監督は、指導者として「考え方」を教えなければならない、としています。

私にはプロ野球選手という目標がありましたが、夢と目標と決意の区別がつかず、夢をかなえる秘訣が分かりませんでした。

例えば『太ってきたので、痩せたい』というのは、目標ではなく決意。『今日はこれしかカロリーを摂らない』が目標。

そうやって追っていくと、必ず結果が出ます。

これって足し算や掛け算より、本来であれば小学生のときに教わらないといけないテクニックだと思います

大谷を怪物にした花巻東高校の「目標達成用紙」

そこで、佐々木監督はビジネス書で出会った「目標達成用紙」を指導に導入します。

大谷翔平が書いた目標達成マンダラート

引用元: https://newspicks.com/news/893396/body/

使い方は、中央の3×3マスの中央に目標を書き、その目標を叶えるために必要な要素を周辺の8マスに書きます。

さらに、その8つの要素を周辺の3×3マスの中央に書き、その周辺の8マスずつには達成するために求められるものを書きます。

すると、夢を叶えるための具体的なアクションが分かるというもの。

大谷選手が高校1年のときに中央に書いた目標は「ドラフト1位で8球団から指名される」でした。

実際は、2012年10月25日に行われたドラフト会議では北海道日本ハムファイターズが大谷を1巡目で単独指名し交渉権を獲得。

その頃の本人はメジャーに挑戦したい、と一度は断りますが熱烈なオファーを受けて入団。その後にメジャーの夢も叶えました。


スポンサーリンク


もともとビジネス書のネタというだけあって、仕事の目標にも使えそうですね。

というわけで、マンダラートを使って実際に目標と叶えるためのアクションを書いてみました。

マンダラートの使い方。やってみました。

ステップ1 夢から目標をひとつ設定する

まずは、中央に「目標」を書きます。

目標を設定するには、佐々木監督が言うように夢と目標と決意を区別しなければなりません。

1年生のときの大谷選手の例だと…

夢→メジャーリーグで活躍する
決意→メジャーに行くぞ!
目標→ドラフト1位、8球団から指名

のようになるかと思います。

夢は一番大きな目標、つまり「目的」です。目標は高ければ高いほど、底に向かうエネルギーも大きくなります。

それを叶えるぞー!って強く思うのが「決意」ですね。

目標は、夢に至るまでの中間地点です。最終的にはメジャーリーグに行くとしても、まずは日本一になろう、ってことですね。

夢は抽象的で遠くに、目標は具体的で手が届きそうなところに設定されます。

さて、私の夢は、『世界から愛情不足の子ども(と、元子ども)がいなくなること』です。

私自身、兄弟との比較で親の愛情に不足感を持って育ち、人間関係の作り方に苦しんできて、問題が自分の内面にあったことにようやく気づきました。

本当は皆、愛されていることに気づいて、愛情を受け取れるようになって欲しい…。

そのためにはどうしたらいいか、ということで、いくつかアイディアはあります。

ハリー・ポッター級のベストセラーで、読んだ人が一発で悟ってしまうぐらいの強烈な感動を伝えたいとか、実際に子どもたちを支援したいとか…。

でも今できる事からしかできないので、まずはこんなブログを書きながら力を養っているところです。

当面の手が届きそうな目標としては、自分自身が世の中に対して影響力を持つこと、と考えています。

より具体的には『講演会を開いたら1000人ぐらいのホールが数時間で満席になってしまうぐらいの講師』を目指しています。

あなたの大きな夢は何ですか? そこに向かう途中の、手が届く範囲の具体的な目標は何でしょうか?

ステップ2 目標達成の要素を8個書く

目標を真ん中のマスに書いたら、周辺に要素を書き出していきます。

マンダラートの書き方1

例えば、『講演会を開いたら1000人ぐらいのホールが数時間で満席になってしまうぐらいの講師』になるには…

  1. メールマガジンの読者数が10万人以上に増やす
  2. 話しただけで人が元気になるような「感化力」を身につける
  3. 人の心を動かすライティングスキル(文章力)を磨く
  4. 人から憧れの対象になるような、人間としての魅力を高める
  5. 面白くて伝わるトーク術
  6. 協力してシナジーを起こしていける人とのご縁
  7. 意欲を保ち、行動し続けるエネルギー
  8. 『運』

なんかがあるかな、と思いました。

大勢の人の前で話している…というビジョンだけは以前からボンヤリとあったのですが、要素を書き出してみるとやるべきことが明確になりますね。


スポンサーリンク


ここから更に具体化していきます。

ステップ3 項目を達成するのに求められるものを8個ずつ書く

8つの要素を更に8つに分解し、具体的なアクションに落とし込んでいきます。

マンダラートの書き方2

例えば、みなさんにも共通しそうな要素『意欲を保ち、行動し続けるエネルギー』なら、こんな感じに分解できます。

  1. いい食事を取る。
  2. 睡眠の質を上げる。
  3. 目標や高い感覚を思い出す工夫をする。
  4. エネルギーの高い人(自分よりも上のレベルの人)に会う
  5. 事あるごとにステートチェンジ(いい感覚を思い出す)
  6. ゴールイメージのリアリティを高める(絶対叶う!)
  7. 既に目標を達成した自分になり切る(いつか、じゃなく今!)
  8. 刺激的な行動をしない(エネルギーを無駄遣いしない)

主に日々の健康づくりと、高い感覚に意識を持っていく、というあたりですね。

最後の方にテンプレートをご用意していますので、実際に書いてみてください。方眼ノートに線を引いてもオッケーです。

ステップ4 行動する

マンダラートが完成したら、あとは行動するだけです!

1マスずつのアクションについて、更に「今日は何ができるか」と小さな行動リストとか、毎日これは欠かさずやるぞ、という習慣リストを作ってみても良いかもしれません。

『睡眠の質を上げる』というアクションについてなら、

  • マットレスを買う
  • 就寝時間と起床時間を固定する
  • 寝る前の1時間はスマホを見ない

のように、具体的な行動や生活習慣にできますね。

A4用紙に印刷できるPDFテンプレートはこちら

目標達成マンダラートのテンプレート

文字を右クリックでダウンロードできます。

皆でやってみましょう!

マンダラートの効果・やってみて気づいたこと

マインドマップと似ていますが、マンダラートの方は8個ずつ絶対に書かなきゃいけません。

この「8個書く」というのが強制力が良いみたいで、無理やりひねり出してたら、思いがけない発想が色々出てきました。

これ、すぐにやったらいいのにどうして今まで気づかなかったんだろうと、自分で書いててびっくりしました。

逆にいっぱいあっても8個に絞らなければいけない、という意味もあります。

あれも、これも、やりたい!って分散すると、全部が中途半端になってしまうことがありますね。

仕事で成功したい…、でも婚活もしなきゃいけないし…みたいに。

このマンダラートは、アクションは64個出てきますが、全ては中心の目標に向かっていくものです。

これなら、同時に色々やっても意識が散漫になることはありません。

『講師の仕事』の一環として人脈を広げていく中で、もしかしたらパートナーも見つかっちゃうかもしれません。

大事なのは、目標をひとつに絞って、そこに向かって全ての行動をしていくことだと思います。

まとめ

大谷選手もやっていた、目標達成マンダラートとは…

夢を叶える「考え方」のテクニックです

マンダラートの書き方は…

  1. 9マス×9マスの用紙の中央のマスに目標を記入
  2. 中央周辺の8マスに、目標達成に必要な要素を記入
  3. 周辺の3×3マスのブロック中央に、8つの要素を1つづ転記
  4. それぞれ周囲の8マスに、具体的なアクションを記入

後は実行あるのみです!

マンダラートの効果は…

  • アイディアを強制的にひねり出せる
  • 優先すべきアクションを絞り込める
  • 目標に向かって意識を集中できる

みなさんも「目標達成マンダラート」で夢に向かって前進していきましょう!

ライター高橋の開運★引き寄せ研究部

私は、今でこそ大きな夢が見つかって具体的に動いていますが、最初は特に夢もやりたいこともなくて、何をしていいのか全然分かりませんでした。

小さい頃は単純な憧れで「花屋」とか「パイロット」とか色々言ってましたが、結局は普通に大学を出て普通に会社に就職しました。

就職活動の時は熱い夢みたいなのを語ったものの、現実に追われる日々の中で夢はどっかに消えてしまい、ただその日をやり過ごして定年退職の日を夢見る生活でした。

変化があったのは、今のメンターに出会ってからでした。

最初はお金が大変で副業とかで稼げないかなあといろんなセミナーとか勉強会に出ていたのですが、メンターの講座はビジネス系の中でもちょっと毛色が違っていました。

「高い理想を打ち出して、なぜそれを自分が目指すのか、人や世の中にとってどう良いのかを語れる人が、多くの人を巻き込んで成功します」

そんな話を聞いて、すごく衝撃でした。

私は、ただ自分がお金がなくて会社員よりも稼げる商売は無いかなあ、と目先の自分の事しか考えていませんでした。

こんな自分に一体、何が語れるのか、理想と言っても何を目指したらいいのか、さっぱり思い当たりませんでした。

それまでは、親とか先生とか会社の社長とか、誰かが『こうすると良いよ』って言ったことを目指してきてたので、無理も無いことです。

敷かれたレールの上を走ることはやってきてましたが、自分で目標地点を決めてレールを敷いていくってことは全くやってきませんでしたから。

何をやったらいいか全然わからない。でも、もうしんどいので会社は辞めたい…。

そんな状況で、とりあえず会社はやめて、アルバイトをしながらいろいろ精神修行をしながら目標を見つけていきましょう、ということになりました。

メンターからは、アウトプットの修行にと、ブログを書くのを勧められ、とりあえずブログは書くようになりました。

ブログを書くために自分の人生からいろんなネタを引っ張り出していったら、「あ、過去にあったあの事からすごい影響を受けてたんだな」とか、「自分はこんなことに憤りを持ってたんだな」と内面に気づくようになったんです。

自分が苦労したことや苦しんできたことがあったからこそ、世の中のこういう部分を良くしたい、って思えるんだなあと実感しました。

そうやって、ブログを書きながら目標を見つけて、バージョンアップしていった格好でした。

なので、何を目指して良いかもわからない…という方は、とりあえず色々やりながら目標を見つけていくのでもいいと思います。

マンダラートの中央に、『夢を見つけて目標を決める』って書いて、そのために何をやったらいいか、ってアイディアを出してみてもいいかもしれません。

成長できるきっかけになったわがメンターのK先生の無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。おすすめです!



※メルマガは終了しました。



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク

終了しました。

メルマガは終了しました。

コメントを残す

*