心を育てる

人生の100のやりたいことリストを作ろう。最高の死に際のために…

人生の100のリスト

もしも、今この瞬間に空から隕石が落っこちてきて死んじゃったとしたら、思い残すことなく成仏できますか?

「あ~、あれやっておけば良かった…」ってことはないでしょうか?

または、もしも余命があと1年だとしたら、死ぬまでに何をして過ごしたいですか?

今回は人生を100%満足して死ぬための『人生の100』のリストをご紹介したいとおもいます。

人は死ぬときにどんなことを後悔するのか、やりたいことをリストアップするメリット、やりたいことリストの作り方のヒント、私の例、などをまとめました。

さっそく、行ってみましょう!

スポンサードリンク


看護師が語る…死ぬ間際に人が口にする後悔の言葉

人が死ぬときに後悔すること

人の死に数多く立ち会う人、それは看護師さんです!

看護師さんが聞いた末期患者の声から、人が死ぬときにどんな後悔をするのか予習しておきましょう。

「もっと自分らしく生きればよかった」

「馬車馬のように働き続けて、人生の時間を無駄にした。もう少し家族との時間を大切にすればよかった」

「言いたいことははっきりと言えばよかった」

「もっと友達と連絡をとればよかった」

「もっと自分の幸せを追求すればよかった」

看護師が語った、死の直前に誰もが口にする「後悔のことば」より抜粋

「生きること」に精一杯でいると、家族や友達との時間、自分の幸せ、自分らしさ、のようなことが後回しになってしまいがちなようです。

死ぬときに後悔しないように、今のうちから人生で大切にしたいこと、やっておきたいことを明確にしておきたいですね。

チャレンジするのには、遅すぎることはありません。

先日、平昌オリンピックでこんなユニークな選手がいたのをご存じでしょうか?

やろうと思えば、できる!33歳のオリンピアン

エリザベス・スウェイニーさん(33歳)は、ハンガリー代表として平昌オリンピクのフリースタイルスキー女子ハーフパイプに出場しました。

その競技の様子はちょっと普通ではありませんでした。

ハーフパイプとは、半円筒状の雪のコースをスキーで滑って空中に飛び出し、その高さや回転技を競う競技です。

そころが、スウェイにーさんは何の技も披露せずに、ただ転ばずに滑り降りてきました。

当然ながら結果は予選の24人中、最下位。大ブーイングを浴びながらも本人は笑顔満面。

この人は一体何者なのか…?

ハーバードの修士を出た、シリコンバレーのエンジニア。その彼女が、どうしても五輪に出たいと願った。

ハーフパイプは世界的に見たときに、比較的、選手層が薄い。それでも米国は競技人口が多い。

そのとき彼女は自分の祖父母がハンガリー国籍をもつことを思い出した。

もうひとつ、彼女がとった戦略があった。世界大会で30位以内という基準をクリアすれば、平昌への出場権が得られる。

彼女はそれを成し遂げた。

2022年のエリザベス・スウェイニー

米ハーバード大の修士号を持つ彼女は、なぜ五輪に執着するのか? 詳細は判然としない。

米ヤフーの取材に「私の人生は五輪サイクルで回っている」と語る。遠征費を稼ぐのに1日18~20時間も働いたこともある。

必死なのは確かだ。

ルールの「抜け穴」を使って五輪に出るなんて、倫理的におかしい。そう批判されても、初志貫徹で「オリンピアン」の称号を手にした。

少なくとも、自分の人生の傍観者ではない。

ハーバード出、何の技も披露しないハーフパイプ選手の謎

詳細は語られていませんが、きっと幼い頃から周囲の期待に応えて勉強しハーバードに進学し、博士号を取ったものの、本当にやりたかったことはなんだろう?と考えたときに、「どうしてもオリンピックに出たい」と思った…そんなストーリーが想像できますね。

「今からオリンピック選手になるなんて無理」「お金がないからできない」「時間がない」etc…いろんな理由で、やらないことはできます。

でも、本気でやろうと思ったらどうにかできるもんです。

人生の100のリストを作るメリット

人生の100のリストを作るメリット

悔いのない人生にするためには『人生でやりたいこと100のリスト』を作るのがおすすめです。

ボンヤリやりたいなあ…と思っているよりも、紙に書く方が叶いやすくなるんですね。

これにはいくつか理由があって、まず一度紙に書きながら意識に上げておくと、後はそれを叶えるように潜在意識が勝手に動いてくれます。

たとえば、「世界一周旅行をする」と書いておけば、なんとなく旅行関係の情報が目に入ってくるようになり、思ったより安く行けるツアーが見つかる、なんてことが起こります。

一度書けば、後は忘れてしまってもいつの間にか叶っていた!ってこともしょっちゅうです。

あとは、100個もやりたいことがあるので非常に忙しくなり、他のどうでもいいことを構っているヒマはなくなります。

余計なことに興味がなくなるので、無駄にお金や時間を使わず、本当に大切なことだけに集中できるのです。

仮に、全部はクリアできないうちに死んじゃったとしても、せいいっぱいチャレンジして終わらなかったのなら悔いは残りませんね。

というわけで人生の100のリストを実際に作ってみましょう。

人生の100のリストの作り方

まずは、何か書くものを手元に準備してください。

紙でもいいし、スマホのメモ帳やタスク管理アプリでも構いません。

あとは、やりたいことを100個以上、書きましょう。

といっても、パッと思い浮かばない方のためにいくつかヒントを…

  • もしも私があなたに「はい、1億円あげます」ってお金をあげて、しばらく仕事を休んで何でも好きなことに使っていいとしたら、何をしたいですか?
  • 楽しそうだと思ってたこと・興味のあったことは?
  • 家族や友達とやりたいこと、話したいことは?
  • 成長して自分の可能性を試したいことは?
  • 行ってみたい国や場所、見てみたいものは?
  • 会いたい人、助けたい人、感謝したい人は?
  • ずっとやりたかったけど諦めていたことは?
  • 世の中に関わりたいこと、残したいことは?
  • 読みたい本、みたい映画、聞きたい音楽は?

私の人生の100のリスト

私の人生の100のリスト
私もリストを作ってみました。ご参考に。

1 長編の児童文学ファンタジー作品を書く

2 全国47都道府県を全部回って講演会ツアーをする

3 ブログを月間100万PVにする

4 プロのWEBライター養成講座を開き、在宅で自由に働ける人を増やす

5 TEDに出演して日本の精神性を世界に伝える

6 ライザップに行って10kgの減量に成功する

7 自家製味噌を作る

8 大学院に行って論文を書く

9 メンターの伝記みたいな本を書く

10 奥入瀬渓流のほとりで瞑想をする

11 全国の児童養護施設の子どもたちに誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントとお年玉とお盆玉をあげる

12 美輪明宏さんの音楽会を聴きに行く

13 いろんなライトワーカーの人にインタビューした本を書く

14 「トキワ荘」みたいなクリエイターの卵を育てる寮をつくる

15 祖母が生きてるうちにもう一回会いに行く

16 引っ越して今の家は売る

17 両親に借金を返して利息に旅行か何かプレゼントする

18 妹と仲直りする

19 パートナーと運命的な出会いからのスピード婚

20 子どもは3人産む

21 子育て系エッセイを書く

22 インドに行ってヨガの聖者に会う

23 映画の脚本を書く

24 出版記念パーティーを開く

25 人の相談に乗れるぐらいのメンタルを作る

26 4時起きを10年以上続ける

27 ホテルオークラに缶詰で執筆

28 ポメラの親指シフト入力をマスターして執筆速度を2倍にする

29 時速8000文字を達成する

30 護身術を習う

31 アウト×デラックスに出演する

32 円明院のUFOの降りたところに行く

33 伊勢神宮にお参り

34 出雲大社にお参り

35 ロシアのワールドカップを見物

36 フィンランドのサウナに入る

37 NLPをマスターする

38 催眠術をマスターする

39 気功術を覚える

40 ヨガスタジオに通う

41 料理教室に通う

42 1年間限定でベジタリアンをやってみる

43 『ONE PIEACE』を一気読み

44 歯列矯正

45 山で合宿イベント

46 高橋久美プロデュース手帳を「手帳の高橋」さんから発売

47 週刊誌にコラムを連載

48 学校の勉強だけじゃなくて『生きる智慧』を教える学校を作る

49 結婚式はディズニーランドを貸し切って読者さんをご招待。

50 カントの『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』に再チャレンジ

51 ガンダムシリーズを全部見る

52 スターウォーズシリーズを全部見る

53 神話学を学ぶ

54 確定申告を税理士に丸投げする

55 発達障害とか社会不適合者が個性を生かして働ける会社を作る

56 人生の転機に役立つ情報を集めたサイトを作る

57 山とか離島とかの環境がいいところに、皆で合宿できる施設を作る

58 温泉宿に1ヶ月滞在して仕事してみる

59 絵本を出版する

60 全国の小中学校で講話する、絶対笑いを取る

61 ラグタイム・ブギウギピアノが弾けるようになる

62 おむすび屋で修行しておむすびマスターになる

63 旦那さんと子どもにお弁当を作ってあげる

64 感動して人が泣くぐらいのブログを書く

65 世界中からセミナー・講演会に呼ばれる

66 猫背を直す

67 足癖が悪いのを直す

68 快適にぼっちで長時間滞在できる会員制のカフェを経営

69 かっこいいサインを書けるようになる

70 占いができるようになる

71 即興でポエムを作るスキルを磨く

72 年収1億円を超える

73 パラグライダーに乗る

74 犬を飼う

75 お世話になった人に会いに行ってお礼を伝える

76 東京スカイツリーに登る

77 メンターの講義録みたいな本を書く

78 『都鄙問答』を解読する

79 ものすごい学べて成長できるけど面白いラノベを書く

80 毎日歯磨きをして死ぬまで自分の歯で食べる

81 内外のスピリチュアルマスターたちにインタビューしに行く

82 Twitterで小説を連載する

83 禅寺で修行する

84 四国八十八箇所巡りをする

85 実家の墓参り

86 母親の実家の墓参り

88 全力で文章修行をする

89 アニソンの作詞をする

90 アニメの脚本を書く

91 舞台の脚本を書く

92 住宅ローンを一括で繰り上げ返済

93 日本の秘境めぐりレポートを連載

94 スキューバダイビングにチャレンジ

95 スカイダイビングにチャレンジ

96 手芸の大作を作る

97 借りたお金は全部返す、請求書は払う

98 パソコンやスマホの中身を遺族に見られても恥ずかしくないように整理する

99 自分の葬式にきてくれた人用のビデオメッセージを準備する

100 辞世の句を詠む

人生の100のリストをやってみた感想とまとめ

やってみて、自分の隠れた願望がわかったのと、自分で何となく思ってた限界をかなり破壊できた気がします!

今日から出来そうなこととか、やろうと思ってやってなかったこととか、いろいろ見つかりました。

また自分も成長すると増えたり変わったりしそうです。

ぜひ、みなさんも作ってみてください!

ライター高橋久美の開運★引き寄せ研究部

目標とか叶えたいことに日付や期限を付けた方が良いかどうかは、悩ましいところです。

自己啓発の本とかだとゴールを決めて逆算しましょう、とあることが多いのですが、期日を決めると意識しすぎる場合があります。

「どうしよう、何年の何月に達成って書いたことがちっとも進んでない、このままだと達成できない…1!」

のように、「叶わない未来」をイメージしてしまうと、叶わない方向に行動してしまいます。

本当に自信があって、「絶対当たり前に叶うでしょ」と思っている場合は日付も書いてオッケーですが、そこまで自信がない人は期日は决めずに、「そのうち絶対叶うでしょ」と思っていたほうが良いかもしれません。

私も最初のうちは大きな目標を書くのがすごく怖かったです。

別に人に見せないものだったとしても、「叶えられなかったらどうしよう?」って思っちゃうんですね。

そういう状態を、セルフイメージが低い、と言います。

セルフイメージの高い・低いは、今までの上手く行っているかどうかとか、今どのぐらいお金を持っているかには関係がありません。

セルフイメージの高い人は、たとえ今破産寸前だったとしても「自分は金持ちだ」と思っていて、そのうち立て直して本当にお金持ちになります。

逆にセルフイメージが低い人は、過去から影響を受けています。

今までやったことがないから出来ないとか、もう破産して人生終わった、とか過去の延長上に自分の限界を决めてしまいます。

セルフイメージを上げる一つの方法として、「死ぬ瞬間から逆算する」というやり方があります。

たとえば今回作ったやりたいことリスト100を全部叶えて、大好きな人達に囲まれて満足して幸せに死んでいく瞬間から見たら、少々の困難も「いい思い出」ぐらいになっているのではないでしょうか。

最高の死に際を考えることが、今を強く生きることに繋がるのです。

私のメンターの無料メール講座をこの下でご紹介していますので、よろしければ合わせて読んでみて下さい。

人生を思い通りにクリエイトしていくマインドが学べて、とってもおすすめです。

無料メール講座『奇跡の扉』|想像を超えた奇跡を引き寄せる方法

らに大きな豊かさを手に入れてみませんか?

このメール講座は、私の先生(メンター)である黒澤全が『成功と幸福の両方を引き寄せるための本質的な考え方』を、13万文字を超えるテキストと450分以上の音声セミナーという大ボリュームでお伝えするものです。

ありがたいことに、すでに参加した人からはこんな感想も頂いています。

・まだ読み始めて数日ですが早速小さな奇跡が起きています。
・薄っぺらい知識ではなく、本物の知識を学べてるので幸せです。
・今まで学んだ中で一番すーっと入ってくる内容でした。


無料で参加できますので、よろしければご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら!

コメントを残す

*