体を整える

シンデレラ体重にはなれなくても|デブが幸せになる11の事実。

『シンデレラ体重』、それは健康上もっとも良いとされるBMIから10%マイナスして計算される体重です。

「美容体重」「モデル体重」など、似たような言葉は以前から出回っていました。

どの言葉も意味は同じで、健康上は「一番よい」とされるBMI22を下回る、20~21を「理想」と位置づけた体重です。「シンデレラ体重」は、それにさらに0.9をかけているので、BMI18の体重が出てきます。

BMI20、21は、まだ「標準」の領域ですが、18.5未満は「やせ」の領域で、かなりの低体重です。

「シンデレラ体重」をめざす女性の心理とは? 専門家は「生理が止まるレベル」と問題視するも…

計算式
身長(m)×身長(m)×20×0.9

 

例えば、身長160cmの私の場合、1.6×1.6×20×0.9=46.08キロとなります。

いや―、それはだいぶ無理があるだろう…。

実際、ここまで痩せると無月経や骨粗鬆症のリスクが出て来るレベルだらしいです。

しかし、きれい系の女優さんや女性モデルさんが公表している体重はシンデレラ体重よりも更に軽いのです。

例えばちょうどピッタリ身長160cmの有村架純さんは、体重46kg!!

161cmの北川景子さんは40kg!!! ほそい! かるい!きれい!

体重計に乗って40なんて数字は最後に見たのはいつだろう…。

そんな私も、ダイエットしようとしたことがありました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シンデレラ体重になれなかった。

シンデレラ体重に戻れなかった、という方が正確です。

私の身長体重は、ずっとほぼ日本人の標準体型ど真ん中で遷移していて、小学生の頃はまだ40キロ行ってませんでした。

特に痩せてる方ではありませんでしたが、太ってるとかデブとかは言われたことはなかったです。

普通オブ普通の第二次性徴前の女子の体型・体重でした。

それが、中学生になってから急に太り始めます。40キロ台に乗っかったのが最初のショックでした。

足とか腰回りが太くなって、お腹もポッコリ。

同じ部活の友達とか、雑誌のモデルさんとかはスラッとしてるのに、なぜ?!

これはダイエットしなければ…と、ご飯を少なめにしたり、腹筋とかスクワットとか、雑誌に乗ってた「痩せる体操」とか、色々やりました。

ところが、お母さん(デブ)が余計な心配をして

「食べないと力が出ないよ」

と好物のカラアゲなどを並べ、ダイエットを妨害してくるのがホントうざかったです。

うるさい! 力なんかいらないんだ! あんたみたいにブクブク太りたくないんだ! と思ってました。


スポンサーリンク


しかし、食欲には勝てません。

40キロを超えた体重は中学次代にみるみる増え、高校に進学する頃には50キロオーバー。

卒業アルバムはアンパンマンみたいに顔がパンパンにむくんでて、ただでさえブスなのに見るも無残です。

高校から更に食欲がブーストされ、もう開き直って好きなだけ食べ始めました。

普通に家で朝ごはん食べて、学校行く途中にコンビニでパン買って食べて、お弁当食べて、おやつにチョコを一箱とか食べて、夕飯食べて、更に菓子パンかスナック菓子を食べる…っていう1日5食が標準でした。

チョコ1箱っていうのはコアラのマーチとかガーナチョコとかじゃなくて、明治の26枚入りのミルクチョコレートBOXです。

デブに個包装は無意味

これを、1回で全部食べていました。夕飯の前に(笑)

で夕飯の後で勉強してるとまたお腹が空くので、お母さんが戸棚に用意してくれてるクリームパンとかポテトチップスとかをむしゃむしゃ食べます。

しかし不思議なもので、食べまくってても53キロ〜55キロの間で推移するだけで、それ以上無限に太るということはありませんでした。

逆に、体重を落とそうとたまに頑張るのですが、53キロとか52キロまでは下がっても、40キロ台にはどうやっても戻りません。

そんなわけで、根性なしな私は誘惑に負けて自由に食べる方を選択しました。

女優やモデルになるわけでもないし、良いんだ…と。

シンデレラ体重なんて、元から細身な骨格を持って生まれた選ばれし者が、「食べる喜び」を放棄して苦行の末に手に入れるもんだと。

たまに美意識高い系の女から「えー、標準体重とか、太くないですかぁ?」とか言われたり、現実の女性を知らない野郎から「女の子って体重40キロ前後なんじゃないの? おめえデブくね?」とか言われるとカチンときます。

「そうかなぁ、あははー」と笑いながら、心の中では(痩せててよかったなあ、おい、生理止まって不妊で苦しめ、このど美人がぁ!!)(一生アイドル追っかけてろこの【ピ―――】め!!)と呪いをかけていました。

シンデレラ体重に届かない、標準体重以上のデブなみなさん、強く生きていきましょう!

心の支えになりそうなデータをまとめておきますね。

デブが幸せになるために知っておくべき事実

1 世の中にはデブ専の男性がいる

デブはモテない、デブだと彼氏ができない…というのは、エステ業界が儲けるために撒き散らしているデマです。

世の中、折れちゃいそうなスレンダーなのが好きな人ばっかじゃありません。

ぷにぷにした抱き心地がいいとか、ちょっとムチムチしておっぱいがデカイほうがいい、という男性も多いのです。

その証拠に、こちらの画像を御覧ください。女性向け雑誌と男性向け雑誌では理想の女性の体型がこんなにも違います。

女性向け雑誌

男性向け雑誌

女性向けのやつは少年のようにスラッとした手足、直線的な印象のいわゆる『モデル体型』でおっぱいは小さめ。


スポンサーリンク


男性向けの方は、胸や腰の膨らみ、ウエストのくびれなど女性らしい曲線が目立つ『グラビア体型』です。

平均的にも女性より男性の方がよりふっくら体型を好むことが見て取れます。

中にはほんとにもっとコロコロに太ってる人が好きな『デブ専』の人も世の中にはいますので、苦労して痩せてスレンダー市場に参入するよりも、体型はそのままで他の部分の価値を磨きニッチ市場を狙うのもアリではないでしょうか?

え、そんな人はいないですって? いるんです!その証拠に…

2 森三中の大島美幸さんは結婚している

森三中の大島美幸さんは、お世辞にもスレンダーとは言えませんが、結婚しています!

身長166cm、体重は当初88キロから番組の企画で71キロまで減量、その後映画の役作りのために再度80キロ台まで増量と、増減はありますがシンデレラには程遠い体重です。

夫で放送作家の鈴木おさむさんと結婚エピソードが素敵なのをご存じでしょうか?

バラエティ番組で活躍する大島美幸さんに、鈴木おさむさんが興味を持ったのが最初のきっかけでした。

初対面の飲み会で、いきなり「結構しようよ」とプロポースする鈴木さん。「いいっすよ」とノリで返事する大島さん。もちろん、このときは冗談のつもりでした。

ところが、飲み会で顔を合わせるたびに「結婚しよう」と言い続ける鈴木さん(※当時彼女有り)に、森三中の相方・村上知子さんが「冗談で言うのはやめてくれ」と注意しました。

すると、「冗談じゃねーや、だったら本当にやってやるよ!」結婚が決まりました。

初めて二人きりになったのは婚姻届を提出した日、それまで大島さんは鈴木さんの電話番号すら知らなかったそうです。

【理想の夫婦】大島美幸と鈴木おさむの現在までの素敵なエピソードより要約

デブでも一生懸命やってれば、こんなご縁もあるかもしれないですね!

3 森三中の村上知子さんも結婚している

大島・鈴木夫妻のキューピット役となった、森三中の村上知子さんもまた、身長146cm、体重60kgデブですが結婚してます。

28歳のときに2歳年上の一般人の男性と入籍、『笑っていいとも!』番組内で報告しました。

出会って3日後に交際を始め、1週間後にプロポーズされ、なんと3週間でのスピード婚!

「カネ目当てでは?」と周囲の憶測を呼びますが、大島夫妻が会ったところによると、旦那さんは非常に優しくおっとりしているアパレル関係の会社員でオシャレな男性だそうです。

Wikipediaより要約

そんなことって、あるんですねー、実際。なお、森三中のもう一人、かずこさんは未婚。

4 女性を外見で判断するクズ男を判別できる

デブでしかもブスだとなお良いこともあります。

それは、女性を外見で判断するクズ男を見分けられることです。

もしもあなたがダイエットに成功してシンデレラ体重な美人だったとしたら、女は見た目が第一で美人だから好きになりましたっていう人がウヨウヨ寄ってきます。

中には、本質を見てくれる人もいるかもしれませんが、見分けはつきません。

あなたが「美人だから」選んだという人と結婚したら、どうなるでしょうか?

最初はよくても、妊娠出産してまた太ったりオシャレに手がかけられなくなったときに「なんだこいつデブスじゃん」となって、浮気されるのがオチです。

最初からデブスな姿を見せても好きになってくれる人は、あなたの心の美しさを見てくれているか、または美意識がおかしいか、のいずれかです。

どちらにしても、デブスな状態で結婚した方が末永く幸せでいられるでしょう。

5 ぽっちゃりは癒やしを与える

ぽっちゃり、ふっくらした人は、その存在だけで人に癒やしを与えます。

ぬいぐるみや、ゆるキャラの類は、たいてい丸っこい形をしていますよね。

自分を完ぺきにコントロールして体型を維持できる人は、どことなく周りにプレッシャーを与えることがあります。

「この人と結婚したら、自分もメタボなのをダメ出しされるんじゃないか…」

みたいに、勝手にビビられちゃうんですね。本人はそんなつもりがなくても。

相手が太っていれば、好き放題にだらしなくしても許してもらえるような気がします。

マツコ・デラックスさんが毒舌でもなぜか癒やされるのは、太っているからに違いありません!!

6 太っていてもおしゃれはできる

柳原可奈子さんや渡辺直美さんは太っていてもとってもオシャレですよね。

より肥満がすすむアメリカでは、女性の服の平均サイズは日本のLL〜3L相当で、細いモデルさんだと着こなしの参考にならないため、『プラスサイズ』のモデルさんが活躍しています。

プラスサイズモデル

太ってても美しい…そして、オシャレ…!!

7 やせているブスの存在

逆に、地顔がブスだと、痩せても美人にはなりません。ヒョロガリのブスになります!!!

「やせてキレイになったね」と言われるのではなく「どうしたの? 病気?」と心配されます。

美人はデブでも美人。痩せたらキレイになる、なんてまやかしなのです。

8 物理的に強い。

太っていることは、天然の脂肪のクッションに守られているということでもあり、様々なメリットがあります。

まずは、衝撃に強いということ。シリコンケースに入れたスマホのように、少々のことではダメージを受けません。

たとえば、交通事故に遭ったとき。普通の人なら打ち身や骨折をするところ、脂肪に守られてほとんど無傷で済んだ等の例があります。

お相撲さんが筋肉だけでなく脂肪を付けるのも、相手とぶつかり合ったときの衝撃を和らげるためです。

体重が重いこともふっとばされにくく、有利に働きます。

また、刃物で切りつけられた時も脂肪の層が厚いと内臓まで到達しにくく、致命傷になりにくいですね。

また、脂肪の層が保温にも役立ちますので、デブは寒さに強い寒冷地仕様です。なお、夏は死亡フラグです。

このように物理的に体を守ってくれる脂肪の層ですが、いざという時は分解されてエネルギーになってくれるエネルギー貯蔵庫としての役割も担っています。

サバイバルになったとき、最後まで生き延びるのはデブです。

以上のようなことから、デブは「丈夫そう」というイメージがあり、実際丈夫です。

細くて華奢な女性の方が男性に「守ってあげたい」と思わせますのでモテますが、強く生きていきましょう。

9 歌唱テクニックに有利

オペラ歌手って、謎に太ってる人が多くないですか?

実は歌唱テクニックのひとつの「ビブラート」は体重があった方が有利なんだそうです。

歌えるデブを目指すのもいいかもしれません。

10 妊娠してもバレにくい

メリットにもデメリットにもなりますが、元からお腹が出ていると妊娠してもバレにくいようです。

周りに内緒でコッソリ出産も無理ではありません。

なお普段から、妊婦と間違って席を譲ってもらえる模様です。

11 中年になれば皆太る

若い頃は細かった人も、妊娠・出産を経てオバサンになれば、みんなそれなりに太ります。

あなたの体重をバカにする人たちも、みんな一緒にメタボです。

痩せてたところで、おっさん・おばさんなのは一緒です。

美容体重なんて気になるのは今だけ、中年以降は健康診断の数値など、ガチダイエットの話で仲良くなれることでしょう。

それまでの辛抱です。

まとめ

シンデレラ体重はBMIの標準体重よりも10%少ない体重のことです。女優やモデルの多くはシンデレラ体重以下の身長・体重を好評しています。

しかし、デブでもおしゃれはできるし、幸せな結婚もでき、衝撃に強いなど様々なメリットがあり、どうせみんな中年太りになります。

ダイエットは美容と健康のためにチャレンジしても良いですが、痩せたからといって、何か人生が劇的に変わるわけではありません。

むしろ、太ってても、今この瞬間にも人生を楽しむことはできるんです。

物事の捉え方や考え方に自分の中で革命が起こる!読むと成長できる無料メールマガジンをこの下でご紹介しています。

いろんな悩みが自分で解決できるようになっちゃいます。

超おすすめなので、よろしければ合わせてどうぞ!


無料メール講座『アンサー』|理不尽なルール・人から離れ、人生を思い通りで快適に過ごすために必要な全て

っと自由に生きていきたい!と思うものの、具体的にどうすればいいか分からない、と悩んでいませんか?

このメール講座では、

・将来が不明確なままでも安心感を得られるきわめて興味深い方法……
自由になるには3つの要素があればいい。その3つの要素とは?
・最短でお金の自由が手に入る非常識だけど確実な自己投資法!

など、思い通りの人生を生きられる「不思議な力」と、豊かになれる具体的な方法をお伝えするものです。

ぜひ、あなたの人生や仕事にお役立てください。

→ 詳しくはこちら



↓この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます↓




スポンサーリンク

終了しました。

メルマガは終了しました。

コメントを残す

*