魂を磨く

十三夜の由来と風習まとめ|後の名月・片見月【スピリチュアル歳時記】

十三夜

お月見といえば、旧暦8月15日の「中秋の名月」が有名ですが、旧暦9月13日の十三夜(じゅうさんや)も「後の名月」と呼ばれます。

2019年の十三夜は10月11日(旧暦9月13日)。

あまり馴染みのない十三夜とは、どんな風習なのでしょうか?

十三夜の由来や言われ、楽しみ方などを色々調べてまとめてみました!

また、お月見がもっと楽しくなる月に関連するスピリチュアルな豆知識もご紹介します!

十三夜とは?

十三夜は中秋の名月に並ぶ名月とされ、古くから月見が行われてきました。

別名、後(のち)の月、二夜(ふたよ)の月、栗名月、豆名月。

十五夜は台風や秋雨前線の影響でスッキリしない天気であることが多いのに対し、十三夜はよく晴れるため「十三夜に曇りなし」とも言われます。

今でも一部では十三夜にちなんだお月見会やコンサートが開かれたり、スーパーで月見団子が販売されたりしています。

由来

中秋の名月は中国で行われていた行事が伝わったものですが、十三夜を祝う風習は日本オリジナル。

由来には諸説ありますが、延喜19年9月13日 、寛平法王が月の宴を催し、詩を楽しんだのが始まりと言われています。

縁起の悪い片見月

十五夜と十三夜は両方ともセットで祝うもので、片方だけ見るのは「片見月」と呼ばれ、縁起が悪いとされました。

しかも、中秋の月見と後の月見は「同じ場所」から見なければならず、自宅以外で中秋の月見をした人は、後の月見も同じ場所に出かけて行きました。

一説によると、この風習は江戸の遊里で客寄せのキャンペーンだったのではないかと言われます。

十五夜のお月見を吉原で見たら、十三夜もまた遊びにこないと「片見月」になって縁起が悪いからです。

満月ではない十三夜

新月から15日目の「十五夜」は満月ですが、十三夜はその手前の満月の8割ほどに欠けた月を愛でます。

なぜ満月ではないのかは、実はハッキリとわかっておらず、様々な俗説があります。

スピリチュアル的に見ると、満月は月のエネルギーが最も強くなる日ですので、その手前の十三夜は最高潮に向けてエネルギーを増幅していく時期と言えます。

また、十三夜の風習に直接は関係ないですが、徒然草に「花は盛りに、月は隈(くま)なきをのみ見るものかは」という下りが出てきますね。

桜の花は満開の時に、月はかげりのない満月の時にだけ見るものじゃないですよ、ちょっと欠けた月もいいじゃないという精神が昔から日本にはあったのかもしれません。

十三夜のお供え・食べ物は?

十三夜では、ちょうどこの時期に収穫される栗や豆をお供えします。

また、月見団子とススキの穂も十五夜と同じくお供えします。

ススキの穂は稲穂に見立てられ、神様が降りてくる依代とされています。

また、ススキの切り口は魔除けになると考えられていて、月見のあとに軒先に吊るす風習もあります。

月見団子は十五夜には15個、十三夜には13個並べます。(または、その年の月の数の12個ないし13個、という説もあり。)

供えた後に食べると神様とのつながりが強くなり、健康と幸せの気運をいただくことができます。

月にまつわるスピリチュアルな豆知識

  • 満月は五穀豊穣の象徴
  • 月の引力が潮の満ち引きに影響を与えることから、月には神が宿ると考えられた
  • 日本神話の月読命(つくよみのみこと)は夜と海を治める神様でツキ(好機)も読む
  • 太陽と月が別々の空で光り輝くのは、ツクヨミが保食神(うけもちのかみ)を殺して太陽を司る神、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が怒ったから

昔の人が五穀豊穣を願い、美しさを愛でてきた「十三夜」。ちょっぴり月を見上げて、祈りを捧げて見てはいかがでしょうか。

月のスピリチュアルな話題は、こちらの記事もどうぞ!

ABOUT ME
高橋久美
月間25万ページビューの人気サイト「GLOBO(グロボ)」のライター&編集長、複数のメディア運営に関わっている。プロフィールはこちら
私の人生の転機

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんから私は「願いを叶える方法」を教えてもらい、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました。

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいので、このブログでは、想一郎さんの無料音声セミナー「4次元引き寄せプログラム」を紹介しています。

「願いを叶えたい」「目標を達成したい」「人生を変えたい」という人は、ぜひ聞いてみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!
 
佐藤想一郎公式ブログはこちら