思考を鍛える

引っ越しが意味するスピリチュアル的な導き|人生の方向性を教えてくれる

引越しスピリチュアル

 

※本記事の内容は、音声でも聴くことができます。
作業中や空いた時間に、ぜひご活用ください。(約20分の動画です)

(本文はこちらからです↓)

引っ越しは人生の中でも大きなイベントの一つ。

引っ越すことで今までと違った環境で過ごすことになりますよね。

人によっては、自分の意思ではない、望まない引っ越しもあるかもしれません。

でも、それはスピリチュアル的に読み解くと、人生を変えるための導き

引っ越しを、見えない世界からの導きと捉え、開運につなげていくために、今回は引っ越しにはどんな意味があり、どんなメッセージを伝えてくれているのか、スピリチュアル的にひも解いていきたいと思います。

あの時の引っ越しが、私の人生を加速させてくれた!」と思える日が来ますように。

ぜひ参考にしてみてください。

引っ越しはスピリチュアルな世界からの導き

引越しスピリチュアル導き

家を建てることになり、マンションから一戸建てへ家族みんなで引っ越し。
家族の転勤が理由で、今まで住み慣れた土地を離れる遠方への引っ越し。
通学、通勤の関係で家族のもとを離れて一人暮らしをするための引っ越し。
新しい環境に飛び込みたい!と自らの意思で行う引っ越し。

このように、「引っ越し」と言ってもさまざまな形の引っ越しがあります。

自分の意思で行う引っ越しは、自分で決めているのだから関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、それも含めて全部、「住む環境を変えることで生き方を改めましょう」「人生の方向を軌道修正するタイミングですよ」「開運するにはこちらへ来なさい」といった神様からの導きだと捉えることができます。

私自身も、自分の意志による引っ越しと、自分の意志ではない引っ越し、どちらの経験もしました。

その中で受け取ったメッセージを皆様にもお伝えできたらと思います。

引っ越しが導きだといえる理由

引っ越すと変わるもの・・・それは「環境」。

住む土地も変われば、関わる人も変わる。

転勤ではなく、転職をきっかけに引っ越す人は、仕事の内容も変わります。

国内の引っ越しではなく、国外に出る場合は、言葉も、文化も、食べ物も、、何もかもがガラッと変わりますね。

遠方に引っ越すことになると、家族や友人とも離れますから、人によっては引っ越しを機にそれまで関わってきた人と疎遠になったという話も聞きます。

むしろ、疎遠になりたくて引っ越す人もいるくらいです。

環境は、人生に大きく影響します。

その人の性格をも変える力が、環境にはあるのです。

いえ、性格を変える、というよりも、もともと持っていた良さ、才能が発揮されやすい環境がある、ということ。

環境が人生に与える影響

環境が人生に大きな影響を与える理由は、運命学的にも説明することができます。

占いの多くは生年月日を使いますよね。

それは、「生まれたその日に降りる空気が、その人の本質を決めている」と言われているからです。

では、生年月日がまったく同じ人が、まったく同じ人生になるかというと、そうではないですよね。

たとえ、双子であってもです。

確かに、好みや考え方、雰囲気は似ているかもしれませんが、同じ人生を歩むかというとそうではありません。

社会人になり、それぞれ違う職場で働くようになったり、家を出て暮らすようになったりと、異なる環境で経験を重ねていくうちに、考え方、価値観、そして生き方が変わっていくんですね。

つまり、引っ越すことで「環境」が変わると人生も変わる。

それは、神様からの導きによるものだと思うのです。

スポンサーリンク

引っ越しが示すスピリチュアル的な導き

引越し 導き

ではさっそく、引っ越しが示す、スピリチュアル的なメッセージをお話していきましょう。

手放すチャンス

引っ越しによって手放せるものといえば「物」!

そしてもう一つが「人」です。

まず、物についてお話していきますね。

引っ越しをするとなると、荷物をまとめ、引っ越し先に持っていくという作業が発生します。

ミニマリストの人で、リュックサック一つで引っ越せますよ、と言う人もいるかもしれませんが、多くの人はたくさんの荷物を引っ越し先に持っていこうとするはず。

特に初めての引っ越しとなると、どれくらい持っていけばいいのか検討がつきません。

今まで使っていたから、きっと引っ越し先でも使うはずだ、、と自分の持ち物を全部持っていこうとすると、段ボール箱なん箱分にもなってびっくり!なんてことも。

引っ越し先が、今住んでいる部屋と同じくらいの広さ、または広くなるのであれば、物自体は全部持っていっても問題はありません。

でも、引っ越し作業中に「これはもう使わないか」と思ったり、引っ越した後荷解きをしたら「あれ、なんでこんなもの持ってきたんだろう」と思うようなこともあったりするかもしれません。

一方、引っ越し先が今住んでいる部屋よりも狭くなる場合、荷物をすべて持っていくことは物理的にも厳しいですよね。

そこで、引っ越し作業の際に「これは本当に使うだろうか?」「持っていく必要があるだろうか?」と考える機会をもつことができます。

実家から引っ越す場合は、持っていく必要がないものをそのまま置いておく人もいるかもしれませんが、一人暮らしから一人暮らしへ、などその場に置いておけない場合は、捨てるか、人にあげるなど、手放すほかありません。

引っ越しが、本当に必要なものへと導いてくれた

私も、初めて引っ越しをした際、多くの物を手放しました。

私の場合は実家から1Kの部屋に引っ越す予定だったことと、引っ越し費用をできるだけ抑えたかったことから、車2台に積めるくらいの量に減らしました。

車といっても、軽自動車と小型普通車ですから、たくさんの荷物を積むことはできません。

選んだ部屋は家具家電付きのため、持ち物は衣類、必要最低限の家電のみ。

ですが、部屋に置けるスペースは限られていたので、たくさん持っていた服も、靴も、かばんも、一気に処分しました。

持っていたものを手放したことで、不思議なことにとても身軽になったような感覚がありました。

物理的に物がなくなってスッキリした、というのもそうですが、「物を持ちすぎていたから、本当に必要なものが何なのかわからなくなっていたのだな」と気づくことができました。

当時、自分で物事を決めることが苦手だった私が、少しずつ変わるきっかけになったのも、もしかすると引っ越しによる導きだったかもしれません。

人との別れも開運への導き

別れそして次に「人」を手放すということについて。

「人」を手放すと聞いたら、なんだか冷たい印象を受ける人もいるかもしれませんね。

でも、一緒にいる人が原因でなかなか人生を前に進められない、ということもあります。

例えば、いつまでも実家にいることでなかなか開運できないという方がいます。

もちろん、実家で暮らしている人がみんな開運できないかというと、そういうわけではありませんよ。

ただ、親や親戚の圧力に抑制されて、自分の人生を生きられていない人や、前に進もうとしているタイミングでいつも親に引っ張られてしまう人は、開運したくてもできない状況にあると言えます。

私が以前知り合った方で「結婚したいと思っているのにいい出会いがない」と悩んでいる男性(40代)がいました。

話をよくよく聞くと、学生時代に借りた奨学金も返さないといけないのに、親が勢いで離婚をしてしまい、生活が苦しくなった家にお金を入れ続けないといけない状況。

親のことが心配で、実家を離れたことはないとおっしゃっていました。

引っ越しで“親”を手放したら人生が好転

一方、転勤を機に実家を出ることになり、人生が好転した男性(20代)もいます。

その方の親はいわゆる〝毒親〟。

子どもの頃から、すべて親の許可が必要だったと言います。

ちょっとしたお菓子を買うのも、おもちゃを買うのも、親に聞いてから。

ある日、お小遣いを使って自分の意思で漫画を買ったら「なんのために買ったのか」を追及され、「そんなものは必要ないから返してこい」と言われ、お小遣いは自由に使えるお金じゃないんだと悟ったのだとか。

そんな彼が思い切って就職先を実家から遠く離れた場所に決め、親の干渉を受けない環境に。

そこからは親とも連絡を絶ち、友人とも疎遠になったといいます。

後ろ髪をひかれるような気持ちもあったと思いますが、彼は 「人」を手放したことで、自分の人生を生きられるようになったのです。

就職後、さらに意欲的な仲間と働ける環境へと転職にチャレンジ。

見事成功し、その先で知り合った女性と結婚、しあわせな家庭を築かれています。

このように、「物」や「人」を手放すことは、人生が変わるきっかけになります。

そのきっかけになるように「引っ越し」を使って、神様が開運へと導いてくださっているのでしょう。

実家から出られなくて悩んでいる方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

過干渉な親から家出するには
過干渉な親の元からの家出マニュアル。7ステップで自立を目指そう「親が過干渉で困っている」と人に相談すると「家出すれば?」と言われるけれど、過干渉な親を持って精神的に自立できない人にとって家出は大変!ここでは私の経験を踏まえ、過干渉な親の庇護下から家出するために必要な知識や準備・手続きなどをまとめました。...
スポンサーリンク

出会いを通じて学ぶチャンス

私はこれまでに引っ越しを5回経験したのですが、引っ越しを通じてさまざまな人に出会いました。

人との出会いも、人生に大きく影響しますよね。

「あなたの周りの5人の平均が、あなた」*という考え方もあるくらい、どんな人と一緒に過ごすかが人生の鍵をにぎっています。

*注釈:アメリカの有名な起業家 ジムローン(Jim Rohn)の言葉。5人の法則などと呼ばれている。

引っ越し先での出会いが、「こんな人たちと一緒にいたら成長できそう!!」と思える人たちか、はたまた「ここにいたら、自分まで運気が下がりそう、、」と思ってしまうような人たちか。

引っ越しすべてが自分にとってポジティブな環境につながるとは限りません。

私自身、3度目の引っ越し先で出会った方たちはあまり良いと言える雰囲気ではありませんでした。

それは、ネットビジネスでの成功に憧れていた時期。

ネットビジネスで一攫千金を狙っていた私は、その世界を甘く見ていたのですぐに軌道に乗るだろうと、入るのも出るのも簡単なマンスリーマンションへ引っ越しました。

便利さ、価格などを重視した結果、今までに住んだことのないような(言い方は失礼かもしれませんが)柄の悪い地域だったんです。

そこで始めたバイト先で出会った人は、なぜか全員訳アリ。

傍(はた)から見たら、私ももれなくその一員だったでしょう。

でも、「あれ、このままここにいたら、どんどん良くない方向に引っ張られていく気がする・・」と感じ、怖くなりました。

マンションの契約期間終了と同時に、速やかにその場を去ることにしました。

引っ越し先での出会いによって変わった価値観

その次に引っ越したのは、同じ市内でありながら、ファミリー層や年配の方も多い落ち着いた雰囲気の地域。

そこで就職し、出会った人たちはとても明るい方、穏やかな方、軽やかな方でした。

その出会いによって、私は前に進むことができたと感じています。

それまでは、人生を変えたくて、住む環境を自ら変えてきたものの、まだ心のどこかに「普通の人とは違う生き方はやっぱり間違っているんじゃないか」という不安がありました。

普通というのも、それまで関わってきた人や、生まれ育った環境によって作られた価値観によって決めていた基準なのですが。

でも、その職場で出会った人は「生き方は自分で選べばいい」「周りの意見に振り回されなくていい」を体現されていて、一緒に話したり、働いたりするうちに、今まで抱えていた思い込みが外れていくようになりました。

3度目の引っ越し先で出会った人たちが悪くて、4度目の引っ越し先で出会った人が良い、という話をしているのではありません。

ただ、引っ越し先で出会う人の影響は大きく、その出会いによって学ぶことは多くあります。

つまり、引っ越しが示すスピリチュアル的なメッセージには「人との出会いを通じて学びなさい」というものが含まれているのです。

ここで紹介した私の引っ越しは、自らの意思であるようで、神様からの導きがあったのだと今は捉えることができます。

なぜなら、数ある引っ越し先の中で、「ここに行けばいい出会いがあるはず・・!」なんてわかるわけがないからです。

たまたまそこに引っ越すことになった。

それが導きなのでしょう。

生き方を改めるチャンス

引越し開運では「引っ越したい!思い立ったが吉日!」で、すぐに引っ越すことが開運につながるのでしょうか?

実は、スピリチュアルの世界では、引っ越しが適さないタイミングがあるという話も聞きます。

それが、占いの世界でよく聞く「天中殺」という時期。

細木数子さんはこの時期を「大殺界」という言葉で表現されていて、その言葉が一気に広まったので、もしかすると大殺界と言う方がピンと来る方が多いかもしれません。

この天中殺の時期は一般的に「動かない方がいい、新しいことを始めない方がいい、じっとしておきましょう」と言われています。

ということは、天中殺期間中に引っ越しをすると、開運するどころか不運になるということでしょうか。

いいえ、私が聞いた話によると、天中殺期間中だからといって引っ越しをしてはいけないわけではないそうです。

天中殺というのは、悪いことが起こる時期だという認識が広まっているかもしれませんが、良い・悪いではなく、それまでの生き方が清算される時期なだけだそうです。

天中殺は、算命学でいうと12年間のうちの2年間の時期を指しますので、天中殺に入るまでの10年間、どう生きてきたか、その答え合わせの期間とも言えます。

ですので、この期間に引っ越したことで、思いもよらない(一時的に苦しいな、辛いなと思うような)流れになった場合は、引っ越しを通じて「生き方を改めなさいよ」とメッセージをいただけているということです。

反対に、天中殺期間に引っ越しても問題・トラブルが起きなかった場合は「その方向で大丈夫。引き続き頑張りなさい」というメッセージだと捉えてもいいかもしれませんね。

引っ越しで運気を上げるには?

また、天中殺期間に引っ越す場合には、「自分の欲望のため」だけに引っ越すのではなく、引っ越すことで、その先で出会う人のためにできることを一生懸命やりたいという気持ちや、世の中がよくなるような働き方を選ぶために引っ越すんだ、といった、「誰かのために」という気持ちを持つことで、見えない世界からも応援されます。

実際に、天中殺期間に引っ越しをしたことで開運したという人の話を聞いたことがありますが、その方はまさに「世のため、人のために」という想いを持っての引っ越しでした。

そういう気持ちで引っ越し先を探していたから、たまたま理想通りの家も見つかって、その後、仕事の調子も上がったんだと話されていました。

「よし、前向きな気持ちで引っ越しをします!」という方、神様の応援をさらに受けられると言われている天赦日を選ぶと、さらに運気アップするかもしれません。

天赦日にするといいこととは? そもそも天赦日ってなに?「天赦日にするといい事ってなんだろう。」 「そもそも天赦日ってなに?」 こんな疑問はありませんか。 この記事では天赦日...

引っ越しが示すスピリチュアル的な導きまとめ

引っ越しまとめ今回は、引っ越しが示すスピリチュアル的な導きを、神様からのメッセージと捉えてお伝えしました。

・手放すチャンス
・出会いを通じて学ぶチャンス
・生き方を改めるチャンス

年度が変わるタイミングは引っ越しの機会が多くなりますよね。

思ってもみなかった場所に引っ越すことになって不安な気持ちを抱えている人も、今回お伝えしたことを参考に、前向きな気持ちで引っ越しをお迎えください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

引越しのスピリチュアルな意味
引越しのスピリチュアル的な効果|2段階断捨離で潜在意識を浄化しよう!私の先生は少なくとも年に1回は引越しをするという人で、同じ町内だろうと飛行機の距離だろうと身軽に移動してしまいます。 話を聞くと、...

 

ABOUT ME
ゆっき
ほっとする時間を大切にしている主婦ライター。理想の人生を追い求めていた頃、佐藤想一郎さんに出会い、学び始めました。佐藤さんのおかげで本当の自分に出会い、もっと心を磨いていきたいと思えるようになった今、「みんなと成長し続けたい!!」という気持ちで記事を書かせていただいています。→ 詳しいプロフィールはこちらから
ありのままの自分に目覚める|佐藤想一郎 公式メールマガジン

 
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。管理人の佐藤想一郎と申します。

このメールマガジンでは、

・”5次元マインド”で現実的な成功と精神的な幸福の両方を同時に得るには
・人生の転落を経験し、2万人近くの人に”告白”した結果…
・1億円近く売り上げた先にあった「知られざる成功の闇」とは

といったことを、9つの占いの流派を極める師・北極老人から学んだことを通して、物語形式で伝えています。

また、今なら特典音声『マインドコアセミナー 〜自分軸を強く持ち、しあわせの土台をつくる〜』もお渡ししています。

よろしければ、聴いてみてくださいね。

→ 詳細は今すぐこちらから!