関係を築く

お金を引き寄せるアファメーションのやり方と効果がない時の対処法

お金を引き寄せるアファメーション

こんにちは、グロボライターの高橋久美です。

今回は、お金を引き寄せる「アファメーション」の極意をご紹介したいと思います!

みなさん、お金は好きですよね?!

お金の悩みはあっても、「お金なんか二度と見たくもない!」って言う人はいないと思います。私もお金、大好きです!

お金以外にも人生いろんな問題は出てきますが、大概のことはお金がないのが原因だったり、お金があれば解決できたりします。

「愛はお金で買えない!」とは言いますが、お金がなくてギスギスしてたら愛も枯れ果てますからね。

そこで今回は、引き寄せの法則の基本技「アファメーション」でお金を引き寄せる方法を解説します。

  • アファメーションって何?どうして効果が出るの? やり方は?
  • アファメーションでお金を引き寄せた体験談
  • 効果がない・引き寄せられない時のチェックポイント

…などなどまとめました。

私自身も、そんなに派手に稼いでるわけではないですが、収入が倍になるなどの効果があったので、とてもおすすめできるやり方です!

お金を引き寄せるアファメーションとは?

お金を引き寄せるアファメーション

まずは、「アファメーション」ってそもそも何?という引き寄せの法則の基本の話から確認していきましょう。

願い事は、単純に強く思えば叶う…とは限らないのは、皆さんも実感のあるところかと思います。

神社の絵馬や七夕の短冊の願い事が全部叶ってたら、きっとみんな今頃全員宝くじに7億円くらいずつ当たってインフレ祭りになってますよね!

願いを叶えるには、その願いが叶うのにふさわしい「生き方」を普段からしていなければなりません。

私たちは、今この時も、瞬間、瞬間、どういう行動を取るかによって未来を選んでいます。

そして、ぼーっとしていると、「こんなものだよね」と最もリアルに感じている、過去からの延長上にある未来に進んでしまいます。

そうではなくて、もっとお金を手に入れて豊かな生活をしたい、今までと違った人生にしたい!と思うなら、「そんなの普通に叶うよね」と心から思える自分に、なってしまえば良いのです。

今はまだピンと来なくても大丈夫です。そのために「アファメーション」をやるんですから!

アファメーションとは?

アファメーション(affirmation)とは、日本語では「宣言」の意味です。

引き寄せの法則や潜在意識、自己啓発でアファメーションと言う時には、以下のような意味で使われます。

アファメーションとは、自分自身に対する肯定的な宣言のことです。

英語のaffirmationには、肯定、確定、断定といった意味がありますが、自己啓発のセミナーなどでは、「私はできる」や「私はもっと良くなる」など、自分自身への宣言をアファメーションと呼んでいます。

引用:アファメーションとは?意味や例文、恋愛・復縁・お金に最大効果を出す方法

たとえばお金を引き寄せたい場合は、「もうお金で苦労しません」(否定文)や「年収3000万円になれますように」(不確定)ではなく、「私は年収3000万円です」などと、完了形・現在進行形の肯定文で宣言します。

1回言っただけではまだリアリティがありませんが、何回も何回も繰り返しアファメーションすることによって自己暗示がかかり、宣言した内容がリアリティを増して本当に叶いやすくなる、と言われています。

どうして効果があるの?

宣言するだけでお金を引き寄せるなんて、本当かなあ?と疑いたくなる人もいると思います。

もちろん、ただブツブツ言ってる「だけ」では、現実には何も起こりません。

宝くじに当たるのはめちゃくちゃ低い確率ですが、売り場に行って宝くじを買うことすらしなかったら当せんの可能性はゼロです。
(理由があって、宝くじに当たるのはあまりおすすめしませんが。)

お金を引き寄せるには、現実的に行動する必要があるのです。

自分で稼ぐにせよ、玉の輿に乗るにせよ、何かしら自分の行動を変えなければ、いきなりお金が湧いて出てくるなんてことはありません。

目標が高くて、今とのギャップが大きいほど、行動のハードルも上がって行きます。

あえてお金じゃない例を上げるなら、「オリンピックで金メダルが欲しい」と思ったら、ものすごいトレーニングをしなきゃいけませんよね。

この時、「絶対に金メダルを取るんだ」と確信しているからこそ、大変なトレーニングに耐えられるのであって、「メダルは取れるかなあ、どうかなあ」と不安に思っていたら、どこかでがんばりきれないでしょう。

「未来の私は、オリンピックの金メダリストだ」宣言して、メダルを取る前から「金メダリストの自分」として生きるから、結果的に金メダルが取れるのです。

お金の引き寄せも同じで、「年収3000万円の未来の自分」に完全になりきって、今を生きるのが大事です。

まだ現実にお金がないのに年収3000万円レベルで豪遊しろってことではないですよ。

未来の自分はその3000万円をどうやって稼いでいるのか、税金はどのくらいで、稼いだお金は何にどのくらい使っていて、どんな生活をしているのか、周りにはどんな人がいるのか、リアルにイメージして、感じる、ということです。

今とはスケールの違う仕事をしていて、生活やお金の管理ももっときちんとしているかもしれません。

自分が暮らしていくのにお金の心配がありませんから、もっと周りの人のことを心配してあげられるかもしれません。

そんな未来のレベルアップした自分になったつもりで生きていると、宇宙(神様)からのメッセージが届きます。

たとえば、いつ登録していたかも分からないメールマガジンがパッと目に入ったら、ちょうどビジネスの話が書かれていたり、「絶対にもっと良い仕事があるよ」と友人に転職を促されたりするかもしれません。

そんな周囲の変化を宇宙からのメッセージだと受け止めて、乗っかって行動してみましょう!
(うますぎる儲け話とかは詐欺なので注意してください。笑)

すると、だんだん未来と現実とのギャップも埋まって行って、本気で「そのぐらい当たり前に叶うでしょ」と思えた時、現実にお金を引き寄せるのです。

(参考:今すぐ即効でお金を引き寄るせるのが可能な人と不可能な人の違い。

お金を引き寄せたアファメーションの体験談

「月収が100万円になりました」とか「思いがけず遺産相続で5000万円の臨時収入をゲットしました」とかに比べたらかなり地味で申し訳ないんですけど、私がお金を引き寄せた体験談をシェアさせていただきます。

恥ずかしながら、私は若気の至りで借金を作ってしまい(高橋久美のプロフィール参照)、月々の返済が間に合わないと新たに借金を増やすようなこともして、どんどん借入額が膨らんでいました。

半年前ぐらいに計算したら、月収で最低40万円ないと、返済しながら健康で文化的な最低限度の生活を送ることができないことが判明。

当時の手取り収入は20万円弱で、少し前に大きな売上があったのを切り崩しながら生活している状態です。

それで、「私は月収40万円です」と、アファメーションすることにしました。

今となっては、もっと多めに書いておけばよかったと思うんですけど、私には月の手取り40万円っていうのが「リアルに必要な金額」だったのです。

でも、具体的にどうやったら稼げるかはあんまり考えていませんでした。

月40万円と言ったら、文系で特殊技能もない人が就職していきなり稼げる金額ではないですし、ライティングの仕事を増やしたらワンチャンあるかなあ、ぐらい。

1ヶ月ほど朝晩、アファメーションを続けていましたが、その後、引っ越しだなんだとバタバタして、すっかり忘れてしまいます。

それから半年経った今、アファメーションしていた通りの収入が入ってくるようになりました!

まあ、なんの事はない、結局「倍」働くようになっただけなんですけどね(笑)。

それでも、以前は無理だと思っていたことを「何が何でもやるんだ!」とコミットできるようになったのは、私の中で大きな変化でした。

あとクライアント様が神対応すぎて感謝しかないです!!

結局、宇宙にお願いしても、現実でお金を払ってくれるのは「人」なので、どれだけ人に価値を提供できる自分になれるか、なんですよね。

ということで、今はちゃんと借金を返しながら美味しいご飯をお腹いっぱい食べて何も不自由なく生活できていてとっても幸せです。

が!!私は欲張りなので、良い浄水器とか良い布団とかを買いたいし、セミナーで勉強したり、神社にお参りしたり、資料の本も欲しいし、借金を繰り上げ返済して、結婚式費用とか子供の教育資金も積み立てておきたーい!!!

そしたらもっとエネルギーを高めて、勉強もして、ネタを増やして、もっと面白い文章で読者さんのお役に立てるはず。

私ももっと稼ぎたいので、改めてお金引き寄せのアファメーションをやってみたいと思います。一緒にお金を引き寄せましょう!

お金を引き寄せるアファメーションのやり方

お金を引き寄せたい人

では、ここからはアファメーションの具体的なやり方をご紹介します。

絶対にこうしなきゃダメ!というものではありませんので、ポイントだけ抑えて使いやすいようにアレンジしてもらえれば大丈夫です。

お金の使い道を決めよう

まず、大事なのは「お金の使い道」を先に決めることです。

例えば100万円の臨時収入が欲しいなら、100万円の札束をイメージしているだけでは潜在意識は動いてくれません。

その100万円で何が欲しくて、何がしたいのか、どこで、誰と一緒にいて、どんな気分なのか、などなど、「お金の先」を具体的にイメージする必要があるのです。

月収アップを引き寄せたいなら、理想の生活をイメージして、1円単位まで具体的にいくら必要なのかを計算します。

リアルにイメージして「この金額が自分にとって必要だ」と心底思えれば、願望は叶います。

というか、普通に「何とかしよう」って動きますよね。

今、あなたの手元に入ってきているお金も、多分、あなたが「最低このくらいは必要だ」と思っている金額とトントンになっているんじゃないでしょうか。

その金額にリアリティを感じているから、その金額なのです。

願望を詳細に突き詰めて、リアリティを高めましょう!

しっくり来る言い回しにしよう

一般に、アファメーションを作るときは「肯定文」で「完了形」または「現在進行形」で書くのが良いとされています。

というのも、潜在意識は否定文を理解できず、現在と未来の区別がないためです。

否定文を理解できないというのは、「赤い鳥を思い浮かべないでください」と言われても無理なのと同じです。

「赤い鳥を〜」の時点でもうイメージしちゃいますからね。

なので「お金で苦労したくない!」と宣言したら「お金で苦労しているイメージ」が先行して、お金で苦労する未来を引き寄せてしまいます。

もう一つ、現在と未来の区別がないのも、今のイメージがそのまま未来を作っていくということです。

例えば「お金が欲しい!」とアファメーションすると、文字通り「お金が欲しい状態=今はお金がない状態」を引き寄せてしまいます。

だから、「私は月収100万円で、とても豊かに幸せに暮らしています」「月収100万円を達成しました」などと肯定文の現在形や完了形にするのが良いんですね。

今持ってるお金や物に感謝しましょう、と言われるのも原理は同じで、「お金があるな〜幸せだな〜」と思っていると、ますます「お金があって幸せな状態」を引き寄せるのです。

言い回しについては、あなた自身がリアリティを感じられることが大事ですので、しっくり来るようにアレンジしていただいて構いません。

リアリティを感じられる金額(ちょっと多め)

次に、金額をどうするかですが、これは本心から望んでいる金額で、リアリティを感じられるならいくらでも大丈夫です。

ほとんど無職みたいな状態から半年後に月収100万円を達成した人もいますし、事業をやってる人で1ヶ月以内に億単位の融資を取り付けた人もいます。

私がやってみた経験上、「年収いくら」よりも「月収いくら」の方がイメージしやすくてうまく行きました。

また、宣言した金額に微妙に届かなかった、ということはあっても、宣言した金額以上に入って来ることはありませんから、遠慮せずに金額は多めにしておいた方が良いです!!

こんな風に稼ぎたいな〜と具体的なイメージがあればそれでもいいですが、どうやってその金額を稼ぐかまだわからなくても構いません。

きっと何か良いアイディアが出たり、チャンスが巡ってきたりするだろうな、とコミットしておきましょう。

期限を決める

もう一つ、達成する期限も具体的な日付にコミットします。

「202X年、4月までに月収100万円を達成しました」

…のように。

これは、実際にその日までにお金がないと困る日、または、この時までには絶対にいけるでしょと確信できる日が良いと思います。

セルフイメージの高い人は何ヶ月後、とか強気で書いちゃって平気なんですが、私のようにセルフイメージの低い人は「あと半年しかないのに、叶わなかったらどうしよう!!」と謎に焦ってエネルギーダウンしてしまうことがあります。

プレッシャーにならないぐらいの余裕を持った日付で、でも「叶って当たり前」とコミットできるぐらいの期間が良いんじゃないでしょうか。

どうしても難しい人は、目標を1段階手前の届きやすい金額にして、段階的に叶えていく手もあります。

みんなのアファメーション例文

参考までに、お金を引き寄せたみなさんのアファメーション例文をご紹介しましょう。

「私は日々、お金持ちに向かっている」
「私は起業して成功する方向に向かっている」

引用:効果のあるアファメーションと意味のないアファメーションの違いとは?確実に潜在意識を書き換える方法

いきなり具体的な金額にコミットするのが難しい人は、上のような「成長にコミットする」アファメーションも良いでしょう。

『私の口座に(なぜかよくわからないけど)毎月100万円入ってくる!嬉しい!』

『心から感謝します。ありがとう。』

引用:負け組脱出!お金のアファメーションのやり方

なぜだかよくわからないけれど、がポイントですね(笑)。

「何もしなくても裕福で最高にハッピーな日々を送り続けています。ありがとうございます」

引用:【潜在意識の書き換え】アファメーション例文付き!お金持ちになった4人の成功例体験談!

この人は、1日100回のアファメーションをしたところ、知人の紹介で転職することになり、収入が10倍以上になった、とのことでした。

あなたも、自由にアファメーションを作ってみてくださいね!

時間帯は寝る前と、朝起きてすぐが良い理由

アファメーションは紙書いて、寝る前と、朝起きてすぐに声に出して唱えると効果的です。

寝る前は脳が「変性意識状態」になって、潜在意識にアプローチしやすくなります。

理想の収入を手に入れで楽しいところを妄想しながら眠りに落ちましょう。

また、朝、ポジティブなアファメーションをすると1日いい気分で、気合いを入れて過ごすことができますよ。

アファメーションの効果がないときはココをチェック!

お金になった人

アファメーション、やってもやっても効果がない!という時は、次のポイントをチェックしてください。

  • お金にネガティブなイメージを持ってない?
  • 本心ではそんなにお金が必要ないと思ってる?
  • 「徳」が足りてる?
  • お金を受け取るために具体的に行動してる?
  • お金は忘れた頃に引き寄せる

それぞれ、解説しましょう。

お金にネガティブなイメージを持ってない?

お金が欲しい!と言いながら、どこかでお金は汚い!とかお金もちはクソだ!みたいに、お金に対してネガティブなイメージを持っていると、お金は引き寄せられません。

たとえ引き寄せても、お金が汚いと思っているとサッサと手放したくなって、どうでもいいことに散財してしまったりします。

本来、お金は無色透明でなエネルギーで、良いも悪いもありません。

お金を稼いでもいいんだよ、お金持ちになってもいいんだよ、と自分に許可を出してあげましょう。

本心ではそんなにお金が必要ないと思ってる?

次に、本心では「お金がない方が得だ」と思っているパターンです。

実は、お金がない自分でいることにメリットを感じていないでしょうか?

私の場合は、お金がない自分でいた方が周りの人に心配して構ってもらえることにメリットを感じていました。

でも、そういう気の引き方は周りの人のエネルギーを奪っちゃうし、ちゃんと自分でお金を稼いで、周りの人にも「安心感」を与えられる人になれた方が良いよなあ、と思い直しました。

他にも、嫉妬されなくて済むとか、自分が不幸になることで親とか誰かに復讐できるとか、責任を取らなくて済むとか、いろんなメリットがあります。

そんな時は、「お金があること」のメリットとデメリット、「お金がないこと」のメリットとデメリットを同じ数だけ書き出してみましょう。

メリットとデメリットは同じぐらいあって、どっちでも良いんだな、と思たら、好きな方を選べるようになります。

「徳」が足りてる?

ある個人トレーダーの人は月に数百万円の利益を安定して稼いでいるそうですが、こんなことを言ってました。

「トレードはそれ自体で何かを生み出している訳ではないけれど、世の中に提供した価値の分だけ、お金を受け取れるのはビジネスと同じだ」

だから、周りの人や世の中の人が喜ぶことのために、トレードで儲けたお金をいっぱい使うのだそうです。

「この人のところにお金を集めたら、世の中が良くなるな」という人のところには、お金やチャンスや人脈や、いろんなものが引き寄せられます。

それは神様や人類の集合意識に応援されるということ。

世のため人のために良いことをして積んだ「徳」は、お金を引き寄せるエネルギーの原資になります。

引き寄せられない時は、先に徳を積みましょう!

(参考・陰徳を積むとお金が入ってくる仕組みについて

お金を受け取るために具体的に行動してる?

では、いっぱい徳を積めばすぐに引き寄せられるのかというと、それだけでは足りません。

銀行口座に溜まったお金を引き出すのには通帳と印鑑が必要なように、具体的なアクションが必要なのです。

ビジネスとかいろんなやり方がありますが、まずは「勉強」がオススメです!

福沢諭吉の「学問すすめ」は、「『天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず』と言えり。」から始まりますが、その後で世の中にはお金持ちの人も貧しい人もいて、ちっとも平等じゃないよね!と言っています。

そして、何が貧富の差を分けるのかと言うと「学問」なのだそうです。

されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥どろとの相違あるに似たるはなんぞや。

その次第はなはだ明らかなり。『実語教(じつごきょう)』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。

引用:『学問のすすめ』福沢諭吉, 青空文庫

1万円札にもなった人が言うので説得力がありますね!勉強しましょう。

お金は忘れた頃に引き寄せる

引き寄せにはタイムラグがあるのも忘れちゃいけません。

アファメーションをやってすぐに叶わないな、というときは、紙に書いたのを引き出しにでもしまっておいて、1回忘れて手放すと、ちゃんと忘れた頃に叶うようになっています。

私も、引き寄せるまでには半年くらいのタイムラグがありました。

「月収40万円〜!!」ってゴリゴリ意識していたときは全然何も変わらなかったんですが、すっかり忘れてる間に叶っていたんです。

執着が取れたり、焦りがなくなったりするのが良いんじゃないかなと思います。

お金を引き寄せるアファメーション|まとめ

お金を引き寄せるには、具体的な用途や金額、期日を決めて、未来の自分に宣言(アファメーション)します。

すると、潜在意識が頑張って情報を集めてくれ、目標を達成するためのメッセージを、周りの人を通じて教えてくれます。

あとは、そのヒントをキャッチしてビシバシ行動するだけ。

ポイントは「当たり前に叶う」とリアリティを持って、すでに叶った自分になったつもりで生きることです。

あなたも希望の金額を思いのままに引き寄せられますように!

お金の引き寄せについては、こちらの記事もオススメです。

ABOUT ME
高橋久美
月間25万ページビューの人気サイト「GLOBO(グロボ)」のライター&編集長、複数のメディア運営に関わっている。プロフィールはこちら
私の人生の転機

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんから私は「願いを叶える方法」を教えてもらい、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました。

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいので、このブログでは、想一郎さんの無料音声セミナー「4次元引き寄せプログラム」を紹介しています。

「願いを叶えたい」「目標を達成したい」「人生を変えたい」という人は、ぜひ聞いてみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!
 
佐藤想一郎公式ブログはこちら