関係を築く

仕事に飽きたとき、転職の前に考えるべき5つのこと

仕事に飽きて転職したい

仕事に飽きてしまったので、転職したい。以前の終身雇用時代の日本でならば、就職してから3年未満で転職など、身内からは「生意気なことを言うな」と一蹴され、転職活動をするときにも「忍耐力の足りない人物なのではないか」という目で見られがちだった。

そんな、石の上にも三年の常識は、古くなっているらしい。 仕事を変えるのはダメなことではなく、むしろ転職しながら自分の価値を高めてキャリアアップをするという考え方も定着してきている。同じ会社、同じ業種にずっといるよりも、視野を広げて幅広い経験を積むことでより適正に合った仕事に出会える可能性も高くなるというわけだ。

今では、そういったニーズに応える転職エージェントや転職情報のサイトで自分の「市場価格」つまり適正年収を調べられ、一般には非公開の求人情報も得られるなど、転職しようと思えばいつでもできる環境が整っている。

ところが、次の目標が定まらないまま「なんとなく合わないから」、「上司が気にくわないから」と見切り発車で会社を辞めてしまい、その後就職活動をしても実績や経験を示せずにかえって条件が悪化し、また不満がたまって職を転々とする負のスパイラルに陥ってしまう人も後を絶たない。

その「飽き」が本当に転職するべきサインなのか、正しく判断する必要がある。

ここでは、仕事に飽きてしまい辞表を出す前に考えたい5つのことについてまとめた。読み終える頃には、あなたは思い切って転職する決意ができているか、または、今の仕事を前向きに続けるための気持の切り替えができているだろう。

転職のために良い「飽き」とは?

仕事に飽きた

仕事に飽きて転職したい、と思うときに、「飽き」の種類には次の2パターンがある。

  • その仕事の全てを学び終え、卒業して次のステップに進むための飽き
  • 仕事に本気になり切れず、越えるべき壁から逃げるのをごまかすための飽き

前者の場合には、転職する場合にも経験や学びをちゃんと活かせるし、そのような状態ならば黙っていても社内で抜擢されるはずだ。しかかし、後者の場合にはまだ中途半端で本当に飽きるほどやったとは言えないので、まだ今の仕事で出来ることはないか慎重に考えるべき だと思う。

本当にやり切って飽きるということを繰り返すことが、キャリアの面でも人間的な意味でも成長につながっていくが、ただ忍耐力が無くて嫌なことから逃げ回り転職を繰り返すのは人生のステージは次に進んでいかない。 (参考「自分磨きの方法まとめ|内面から自分を磨いて理想の自分になる12の方法」)

自分磨き それでは、あなたの「飽き」がどのぐらいのレベルのものなのか、次で見てみよう。

仕事の飽き飽き度チェック

仕事に飽きているかチェック

最初に、以下の項目に当てはまる数を数えよう。

□仕事に新鮮味を感じなくなった
□時計やカレンダーを見ている時間が長い
□生きるためには働かなければいけない
□休みの日でも次の出勤がゆううつ
□職場の人の話は低レベルだ
□仕事の向上心や工夫が減ってきた
□このまま何十年もこの仕事が続くのが怖い
□ここ最近感動したことがすぐに思い浮かばない
□昇進に魅力を感じない
□仕事以外の遊びに刺激を求めている

1~3個未満は仕事にマンネリ気味

当てはまるのが1~3個だったあなたは、仕事を必死に覚えていた頃に比べ、慣れてきて少々マンネリ化しているかもしれない。好奇心や向上心の方向を変えることで、今の仕事の中でももっと能力を発揮しながら生き生きと働ける余地はある。

次項の「仕事に飽きたときに考えるべき5つのこと」をご自身の状況に当てはめて考えていただくと、仕事の楽しみ方や目標の見つけ方を発見していただけると思う。

4~6個はまだセルフモチベートの余地あり

4~6個当てはまったあなたは、目標を見失ってエネルギーを持て余している。自分にとっての目標を立て直し、日々自分のモチベーションを上げるべく自己感化することによって仕事の新鮮味を取り戻すことができるだろう。

特に、自分にとっての仕事とは何か、働くとは何かをしっかり見つめ直し、その仕事の究極の姿や高い理想を掲げることによって、やる気の炎を燃やすことができるだろう。この後の段では、モチベーションの上がりやすい質問を用意しているので、ぜひ参考にして欲しい。

7個以上は仕事クライシス予備軍

クライシス、と言っても人生が崩壊するわけではないので安心してほしい。これまでの価値観を壊して、次のステージに進むための「飽き」のタイミング が来ているということだ。

本当にやり切って飽きた場合には、次のチャレンジが待っている。ただし、本当にやり切って次に進むタイミングなのか、乗り越えるべき壁から逃げるための天職なのかを見分けることが問題となる。

もし、自分の弱さや能力不足から逃げて転職してしまうと、数年後に全く同じことが繰り返すだろう。「考えるべきこと」には、その見分け方も記載しているので、この機会にじっくり自分と向き合ってみよう。

仕事に飽きて転職、の前に考えるべき5つのこと

1.仕事の何に飽きたと感じているのか?

ルーティンの仕事に飽きる

仕事に飽きた、というのは、仕事のどの部分に対して飽きてしまったのだろうか?

ルーティン・単純作業に飽きた

毎日同じルーティンをしていて、その作業そのものに飽きてしまった場合。特に、器用な人ほどすぐに仕事を効率よくこなす自分なりのやり方を見つけてしまって、「なんだ、こんなものか」となってしまうかもしれない。また、黙々とパソコンに向かう事務や、工場のライン作業など、人との関わりが感じられない仕事では変わり映えが感じにくい。

しかし、ずっと同じルーティンワークこなすのが平気な人もいる。ネジ一筋で何十年という町工場の職人さんもいるし、同じ演目を何十回、何百回とこなす伝統芸能の役者も、ある意味繰り返しを新鮮にしている。毎日、庭を掃除してお経を読んでいるお坊さんは、ほとんどルーティンだけなのに飽きずに仕事に幸せを感じているらしい。

本当にその仕事が合わず、つらくて仕方がない、という場合はちょっと転職も考えなければいけないかもしれないが、ルーティンの「楽しみ方」や「やりがいの見つけ方」を先に考えてみてはどうだろうか。 「4.なぜお坊さんは仕事に飽きないのか?」を参考にしよう。

クリエイエィブな仕事がなくて飽きた

単純作業ではないにしても、頼まれたことをその通りにやるだけ、注文通りに作るだけ、または売るだけ。そんな、創造性の求められない仕事ばかりで飽きてしまう こともあるだろう。

クリエイティブな仕事、オリジナリティの求められる仕事をするには、最初はどうしても下積みの期間 がある。その下積み期間をどうとらえ、何を学ぶべきか、一流の料理人や芸術家から学ぼう。「2.その仕事の学べることは何か?」で詳しく述べている。

会社のコンセプト自体に飽きた

最初は「これだ!」とあこがれを持って入社したものの、現実は思っていたのと違っていた、全然つまらなかった、という事はよくある。または、会社の目指す方向性・コンセプトが以前は良かったけれども時代遅れになり、しかし自分の立場ではどうにもできない という場合もあるだろう。

その場所でできる限りの事をやりつくして、それでも変えられないことに違和感を感じたり、「業界のここがおかしい」と憤りを覚えるのなら、それは世の中に求められて独立起業するタイミング なのかもしれない。

「3.もっといい仕事ができないか?」と「5.成長のタイミングか、逃げているだけなのか?」について特にじっくり考えてみてほしい。

キャリアアップが感じられなくて飽きた

長年営業をずっとやってきたのに成果が出ず、後輩にどんどん追い抜かれてしまう。経理を一手に引き受けてやってきたが、褒められもせずこれ以上昇進もない。そんな成果の見えない状況に飽きた 、というパターンもあると思う。

転職をする人は根性がないと思われるのは過去の話で、今は転職をしながらキャリアを積むという欧米の考え方もだいぶ入ってきた。視野を広げて、もっと得意分野を活かせる仕事や将来性のある仕事を探してみよう。少子化の人手不足から転職も売り手市場、仲介するエージェントや情報サイトも出てきている。

しかし、苦手分野から学べることもある ので、本当にやり切って実力をつけ、惜しまれて辞めるようにしたいもの。 「2.その仕事から学べることは何か?」「3.もっといい仕事ができないか?」の問いを深めて、その仕事を完璧にしてから晴れやかに転職しよう。

ずっと同じ人と働いているのに飽きた

一緒に働くメンバーが固定されていて、新人も入って来ず、人間関係に飽きた…というか嫌になってしまう こともある。

仕事内容は好きだけれども、人間関係でうんざりしてもう辞めたい…というパターンならば、早まって自分が辞めてしまうのは得策ではない可能性が高い。引き寄せの法則(「引き寄せの法則とは何か? 脳科学から見る引き寄せの本質と波動を高める方法」)から考えると、今一緒に働いている人たちは自分の成長のために必要な人たちだからだ。

ちゃんと関わって、自分の内面の課題をクリアでき、自分が高い位置に行くことができると自然と離れられるようになっているのでそういった場合はあせって動かないほうが良い。

もっと単純に、自分の本質が社交的で、知らない人に大勢会いたいという人は迷わずそのような職業に転職するべきである。

給与明細が変わらなくて飽きた

仕事の中身も気に入っているし、人間関係も良好だが、毎年給料があまり変わらなすぎて飽きた、もっと収入を増やしたいという方もあるだろう。

そとのきは、徹底的にお金を追求してみよう 。その会社の中で本気の出世を目指してみても良いし、その会社で限界が見えているのならもっと年収がアップする職業に転職をしてみても良い。

ただし、「お金」もたくさん稼いだらいずれは飽きるものだということを念頭に置いて、また次のステップがあることを忘れないようにしたい。「仕事をする意味を見出す9つの質問。「働きがい」は自分で決める!」も参考に。

仕事に飽きてしまう

ここに挙げたパターンは、ほんの一例に過ぎない。自分の中の「飽き」が何に対して飽きたと感じているものなのかを分解してみよう。

なんとなく、としか出てこない時には1日仕事をしながら自分の心の動きを観察して、どんな時に「飽きたなあ」「つまらないなあ」と感じているのかをチェック しよう。細かく分析できると、飽きの解消のために何が必要なのかも見えてくる。

冷静な判断をするためのメタ認知

 感情的になっている時には、主観が強く入って現状を正しく認識できず、判断も間違えやすい。「もう嫌だ」という鬱々とした気持ちや「転職すれば何もかもうまく行く!」と一時のテンションで決定してしまうことは絶対に避けたい。

冷静になるためには、自分の事を他人事のように 考えてみる と良い。

たとえば「私はもう、今の仕事に飽きて毎日会社に行くのがゆううつだ」という状況を、「Aさんは、今の仕事に飽きを感じていて、毎日会社に行くのをゆううつだと思っている」のように抽象化してみると、「なんでそんなに飽きたんだろう?」等と今までと別の視点から、見えていなかった部分が見えてくる。

このように、自分の感情や思考について意識することを心理学ではメタ認知と言う。メタとは、「高次元の」という意味。メタで考えるとは、より高い視座で自分とその周りの人や出来事を見渡すということである。

自分をはじめとする登場人物をAさん、Bさんのようにして考える他、相手から見たらどうか、上司の目にはどう写るか、関係ない第三者からしたら、等と視点を移動する方法もある。なお、「神様が見たらどう思うか」と考えるのが、最も高い次元となる。(参考「スピリチュアルとは何か?精神世界を客観的に分かりやすく解説」)

メタ認知を使いこなすと客観的になって感情に振り回されにくくなる。 これをマスターすると、判断ミスを減らすことができ、人間関係もトラブルになりにくいので、ぜひ活用しよう。

2.その仕事から学べることは何か?

仕事に飽きやすい人へ

学びのある仕事には飽きることがない

ルーティンワークに飽き飽きしてしまった、もっと頭を使う自分らしい仕事がしたい。そんなときには、今の仕事をしていて学べる事は何か を考えてみよう。

料理人の世界でも、最初はずっと皿洗いをさせられるが、一流のレストランで皿洗いをしていた人は、その後成功する確率が高いと言われる。皿洗いをしながら、先輩シェフの技や雰囲気をコピーして学んでいるのだ。

守破離といって、何事も最初はお手本をそっくりそのまま真似して「守」ることから入り、完璧に身に着いたところでそれを「破」り、最後にはお手本を手「離」す。そうして、本当のオリジナルができるのだ。

歌舞伎界で革新的な挑戦を続けた18代目中村勘三郎も『型を身に付けねば型破りにはなれない』と言う言葉を座右の銘にしていた。芸術家にとって型は非常に大切なものだということが分かる。

今の「非・クリエイティブな仕事」が、もし何かの型を学ぶための下積みだったとしたら、何が学べるだろうか? あなたが思い描いている「もっと面白い仕事」や「クリエイティブな仕事」があったとして、それにはどんなスキルやセンスが求められるだろうか? そのスキルやセンスを今のルーティン的な作業の中で磨くためには、どういう意識を持って働くと良いだろう?

雑用は成功への道

ルーティンや雑用から学べることは、技術や芸術性だけではない。一定期間、誰かの下で徹底的に雑用をすることで人間性を学ぶことも出来る。

たとえば、お金持ちになりたければ社長のカバン持ちをするのが一番手っ取り早い。カバン持ちはアテンダーとか付き人とも言われ、ジミー大西が明石家さんまの付き人出身だったエピソードは有名。最近では、その絶大な効果から「カバン持ちインターン」という研修プログラムまで登場し、1年先まで予約が埋まるほど人気だという。

カバン持ちは、決してその社長にゴマをすって気に入られることが目的ではなく、一流の経営者の考え方や行動を間近で見て自分の中の固定観念を覆し、感覚を伴って学ぶことが重要 である。

普通の人でも運が良ければ一時的にお金が入ってくることはある。しかあし、お金持ちのお金の使い方や考え方の作法を知らないと、パーッと散財してまた元に戻ってしまう。これは、宝くじの高額当せん者のほとんどが破産していることからも明らかだ。ずっとお金持ちな人には、お金持ちらしい「器」やマインドがあり、「在り方」が違う。

さて、あなたの先輩や上司から学べることは何だろう? それはその人の素晴らしい面かもしれないし、逆にとんでもない人で反面教師になってくれているかもしれない。

どんな仕事・どんな人からも学べることはある。それをしっかり吸収して、自分のものにできてから「卒業」という形で離れられるのが理想ではないだろうか。

3.もっといい仕事ができないか?

発見があると仕事に飽きない

仕事に飽きる原因は感動不足

毎日同じようでも、その仕事に本気の全力で取り組んでみると、新しい発見があったり、見え方が変わることがある。飽きるのは、発見や驚きが見えなくなっているせいかもしれない。

たとえば窓口の営業で、毎日何十回も同じ説明をしているとだんだんスムーズになりすぎて感動がなくなり、「飽きた」 ということになってしまう。しかし、お客さん一人ひとりにとってはそれが人生で最初で最後の体験であり、不安もあれば驚きや感動もあるはずだ。

テレビショッピングの販売員を見ると、同じ商品を何回も実演しているのに毎回自分でも驚き、感動しているように見える。演技も当然必要なのだ。

何回もやっていることでも、まるで初めてのような新鮮な気持ちと驚きを持ってかかるだけで、ルーティンはぐっと楽しくなる。ちょっと大げさに、気持ちを込めて演技するつもりでやってみよう。

アルバイトがヘッドハンティングされる方法

また、同じ仕事に向き合うのでも、昨日の自分より1ミリでも越えて今までで最高の仕事をしようと自分で気持ちを盛り上げることも大切だ。

求められるクオリティには既に到達していても、もっと工夫ができないか、もっと早くできないか、お客さんや職場の人にもっと喜んでもらうためにはどうしたらいいかを、自分の役割の中でやってみよう。

ある人は、居酒屋のアルバイトをしながら自分でも仕事帰りに飲み歩くのが好きで、他店のレポートをまとめて店長に渡してあげたという。その後、ヘッドハンティングされて収入が倍になった。さらにその後は独立し、飲食店の経営コンサルタントになった。

飽きずに仕事をするためには「気持ち」が大切

置かれた場所で咲く

今のポジションで、ルーティンをこなしながらも、周りの人のために出来ることを考えて全部やってみよう。

仕事で結果を出す人とそうでない人の違いは、実は仕事に取り組む「気持ち」でほぼ決まっている。人の能力やスキルには、そんなに差がないのだ。

その仕事に出会えた喜びや、人の役に立てる嬉しさをどのぐらい実感できているかが、仕事の面白さにもなるし、結果やチャンスとしても現れる。これはきれいごとではなく、多くの偉人が口をそろえて言っていることだ。(参考「仕事に役立つ自己啓発本ランキング名著TOP15【永久保存版】」) 

その仕事をもらえたことに感謝して、全力で取り組んでみよう。そうすると流れは勝手にやってくる。

置かれた場所で咲く」ことがまず大切で、花を付けていい香りを漂わせていると、引き付けられて蝶やミツバチがやってくる。その時には、思い切って根っこを捨てて飛んでいく決断 も必要だ。

夏炉冬扇、という言葉もある。夏の炉に、冬の扇子は、その時には役にたたないものでも、シーズンが来ると大活躍するものの意味。

仕事の経験も、今の時点では将来役に立つのか良く分からない事でも、しっかり身に着けて財産にしておくと時機が来たときに役に立つ。華やかな仕事をしている人にも、必ず地味な下積みの時代があり、無駄なようなことをコツコツと積み重ねた結果として今の成功があるのだ。

準備の期間は準備に徹し、季節が来たときにはチャンスとしっかりつかみ取ろう。

4.なぜお坊さんは仕事に飽きないのか?

仕事に飽きないお坊さん

お坊さんは、毎日同じことを繰り返しているように見える。掃除をして、お経を読んで、褒められることもなく淡々と日々の勤めを果たしている。

しかし、「一日として同じ日はない」という。掃除をしながらも季節の移ろいを感じたり、自分の内面を見つめたりと、小さな変化を見つけているのだ。

釈迦の弟子に、周利槃特(しゅりはんどく)という人がいた。周利槃特は自分の名前すら忘れてしまうほど愚かで、周りの弟子たちからもバカにされていた。

あるとき、自分があまりにも愚かなので、もう弟子をやめようと釈迦のところを訪れた。すると、釈迦は

「自分が愚かだと知っているものは、愚か者ではありません。自分を賢いと思いあがっている者が本当の愚か者なのです」と言い、掃除が好きだという周利槃特に、

「掃除をしながら、塵(ちり)を払い、垢(あか)を除かん、と唱えなさい」と伝えました。

「それならできそうです」

と言って、周利槃特はそれから毎日ほうきを持ち、「塵を払い、垢を除かん」と唱えながら、ひたすら掃除をするようになった。

修行は20年も続き、その姿勢に他の弟子たちも一目置くようになった。そしてついに、周利槃特心の汚れや曇りを落として悟りを開いたという。

この逸話は、たくさんの事を覚えなくても、何かを徹底してやることによって物事の本質をつかむことができるということを教えてくれる。

ずっと野球ばかりやっているイチローや、ずっと将棋ばかりやっている羽生善治が人生の高い視座を持っているように、一つの仕事の中を通して自分の内面の成長が認められるから、飽きずに、ずっと幸せを感じながら働けるのではないだろうか。

ただ、その仕事自体を好きでないとこれはなかなか難しい。好きなこと・楽しいことなら、いくらでも熱中できる。楽しみを見つけようとすること、今の仕事をやっていて嬉しいことの方に注目してみることが大切だ。

しかし、どうやっても本気になれない、楽しめないという場合は、そもそも本質に合っていないという可能性がある。どんなことなら楽しめるか、自分が好きなことは何か、いくらやっても疲れないことは何か、自分を見つめ直してみよう。

具体的にはならなくても、「あちこち旅行したり、動き回っている方が好き」のようになんとなく自分の気分が上がるときのイメージを持っておくと、楽しみ方も楽しい仕事も見つけやすくなるだろう。仕事は楽しんで打ち込んでこそ、内面を成長させることができる。

5.成長のタイミングか、逃げているだけなのか?

仕事を飽きるまでやり切る

本当にやり切った上での「飽き」なら、それは成長して次のステージに進むタイミングが来ているの証拠である。

そういう時は、いいタイミングで声が掛かったり、背中を押されるような出来事が起こったり、どん底まで落ちて無気力になったりと、何か動かざるを得なような流れがやってくる。その時は、恐れずに流れに乗って行こう。

そうではないとき、自分が乗り越えないといけない課題や、学ばなければいけないテーマを残したまま、逃げるように転職してしまうと、また新しい職場で似たようなことを繰り返してしまう。

たとえば、人間関係のない仕事を求めてインターネットビジネスを始めたのに、そこでも上下関係や派閥があり結局は現実社会の縮図になっていた、ということに皆気づくことになる。できる人は、どこにいても輝いてしまうし、リーダーになるし、何をやっても上手く行くのである。

難しいのは、「仕事をやめること=逃げ」ではない ということ。状況によっては、むしろ次の挑戦をしないといけないタイミングなのに変化を恐れることが逃げになる場合もある。変化して成長するべきなのに、安定を求めて過去にしがみついてもいけない。

はたして、今転職するべきか、しないべきか。どちらなのか見極めるためには、次のようなことをチェックしよう。

「いい飽き」転職チェックリスト

□その仕事を完璧にマスターしたと自信を持って言える
□上司や先輩から仕事のスタイルをしっかり学べた
□今のポジションで出来ることをやり切った
□背中を押してくれるような流れが来ている
□次にやりたいことが明確にある・決まっている
□あせっていない

1つでも当てはまるときは、まだ完全に飽きてはいないかもしれない。今一度、全力でやりきってみよう。そうすると、新しく人が入ってきたり、部署の移動があったり、どこかのツテから転職の声が掛かったり、何かしらタイミングがやってくる。

あせらずにそのチャンスを待つことも大切だ。

GLOBOな視点・成功する時間の感覚について

成功する時間感覚

多くの成功者に共通することに、時間感覚の違いがある。

時間は過去から未来に流れる、というのが普通の感覚だ。今、何か悪いことが起こっているとしたら、過去のミスや何らかの悪い行いが今に結果となって表れていることになる。トラブルが起こると、「あの時ああしておけばよかった」と後悔 したり、過去のトラウマ のせいにしたり、誰か足を引っ張る人のせいにしたりして心のバランスを保とうとすることはよくある。

ところが、上手く行く人は時間が未来から現在へと流れてくる感覚を持っているという。どういうことかというと、現在起こっている出来事は、未来の自分からのメッセージとして受け取るのだ。

たとえば、「恋人に振られる」という出来事があったとき、時間が過去から未来に流れていると自分を責めてしまったり、いつまでもその人の事を忘れられずに執着し続けてしまったりする。一方、未来から時間が流れている場合は、「この別れは、未来の自分がもっと違う出会いがあることを教えようとしているのかもしれない」と前向きに考えることができる。

転職すべきかこのまま続けて働くべきかということも、過去ではなく、どういう未来が待っていて、「飽きる」という今の出来事は未来の自分からのどんなメッセージなのだろうか、と考えてみると良い選択になりやすい。

天職難民にならないために

しかし、繰り返しになるが「逃げる」ことが必ずしも悪いことではない。どうしてもその仕事が自分の本質に合わない場合には、環境を変えてリセットする意味で、一度「逃げる」転職をするのも良いだろう。自分にどういう課題が残っているかを自覚して、新しい環境で向き合っていけば良い。

ただ、どこに行っても、どんな好きなことをやっても、トラブルなど試される事が起こることは覚悟しておこう。毎回その課題から逃げていると、「もっと自分に合った仕事があるはずだ」と永遠に天職を探し続ける天職難民になってしまう。

では、自分の本質に合う仕事とは何だろう? それはきっと、お金よりも仕事にかける「思い」 で決まるのではないだろうか。

人の本質(性格)も価値観も十人十色であり、素の自分を変えて周りに合わせようとするよりも、自分の素を出せる仲間、同じような「思い」を持っている人と関わって行く方が仕事も人生もうまくいきやすくなる。自分らしくいられる仕事が天職なのだ。

仕事に飽きたときに考えること・まとめ

ヘッドハンティングされるには

いかがだっただろうか。あなたの仕事への飽きは転職するべきサインだったかどうか、方向性は見つかっただろうか。

最後に考えるべき項目を再掲する。

1.仕事の何に飽きたと感じているのか?
2.その仕事から学べることは何か?
3.もっといい仕事ができないか?
4.なぜお坊さんは仕事に飽きないのか?
5.成長のタイミングか、逃げているだけなのか?

これらの質問は、仕事に飽きたときだけでなく常に念頭に置いて仕事にあたると、毎日モチベーションを高く保って働くことができるはずだ。どのような選択であろうと、あなたが次の一歩を踏み出して仕事人生をより良くしていけるように願っている。

無料メール講座|願望を実現するメンタルパワーの本質(全15回)

っと豊かに暮らしたいと思いませんか?

このメール講座は、

・お金に対するイメージを根本から変えて無理なくお金を得る方法。
・スピリチュアルや自己啓発、成功哲学などの業界に潜む罠について。
・非現実なオカルトと真の精神性や霊性とを見分けるには。

など、『メンタルパワーを飛躍的に高めて願いを叶える方法』を、15通合計50,000文字を超えるボリュームでお伝えするものです。

講座の講師を務めるのは、私のメンターでもあり、2,500人以上の相談実績を持ち、全国のリーダーから魂の指導者と呼ばれる黒澤全(くろさわ ぜん)先生。

今ならどなたでも無料で参加出来ますので、この機会にぜひご参加ください。
 

→ 詳しくは今すぐこちら

【〈講師:黒澤全〉7月29日(土)仙台市開催】
究極の一体感を生で体感して人生に奇跡を招き入れる
↓ ↓ ↓



GLOBO推奨 超体感型セミナー(残席わずか)


コメント

コメントを残す

*